転職エージェントが「使えない」理由は?上手に活用する方法を解説

転職エージェントが「使えない」理由は?上手に活用する方法を解説これまで転職エージェントを利用した際に、

  • 全然合わない求人を提案された
  • 連絡が遅いし、丁寧な対応でもない

といった悩みを持ったことはありませんか。

この記事では、「転職エージェントが使えない」と思われる理由を網羅した上で、使えない転職エージェントを回避する方法を解説します。

この記事を読み終えることで、「使える」転職エージェントに出会える方法がわかり、転職エージェントと気持ちよく転職活動を進めることができます。

転職エージェントが「使えない」と思われる本当の理由:デメリット

転職エージェントが使えないと思われる背景には、転職エージェントのビジネスモデルが根本的に関わっています。
まずは、ビジネスモデルを理解することで、この後説明する転職エージェントが使えないと思われる3つの理由に対する理解がスムーズになります。

1. 転職エージェントは転職決定ではじめて報酬が発生する

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデルは、転職が決定した場合に、採用企業から決定した方へ提示した年収の30~35%を転職エージェントに支払うというモデルです。

そのため、転職決定するまでの経緯は転職エージェントの売上に左右されません。転職エージェントの担当者は「転職しそうな人を優先的にサポートする」傾向になってしまうのです。

転職エージェントに対する不満として、「希望の求人とは全然違う求人を提案された」「サポートが雑」「キャリア相談には乗ってくれない」という声が上がる理由が納得できると思います。

2. 求職者からは企業が募集している求人を全て閲覧できない

求職者に提案される求人は、あくまでも転職エージェントを介しての提案のため、他にどんな求人があるかわかりません。

そのため、担当者が求人をどんな条件でピックアップしたかを知ることができません。自分に合わない求人があったとしても、他にどんな選択肢があるかわからないため、求人の条件を間接的に要望することしかできないのです。

自ら求人のデータベースを見て、検索することができないビジネスモデルとなっています。

転職エージェントのビジネスモデルが弊害となって生じている、転職エージェントが使えないと思われている理由を具体的に紹介します。

希望した求人と違う求人を提案される

転職エージェントのビジネスモデルで説明した通り、転職エージェントは転職が決定してはじめて報酬を受け取れるため、転職しやすそうな求人を選ぶ傾向にあります。

転職が決まりやすい職種・業種の求人を紹介することで、転職成功する確率が高まるのです。

同業界・同職種への転職を希望している場合にも、求職者の能力よりも企業の採用要件の方が高い場合は、担当者は紹介しづらくなります。希望した求人の条件よりもずれた提案で最も多いケースの代表例です。

未経験の分野に転職したい場合にも、企業は即戦力を求めているため、同職種への転職を薦めてくる場合があります。

サポートが雑

転職エージェントからのサポートが雑になる理由は、担当者が営業ノルマを達成するべく、転職しやすい求職者であるかどうかの優先順位をつけているからです。

転職エージェントからのサポートには、応募書類の添削や、面接対策、採用企業との調整など多岐に渡ります。

ただ中にはまともにサポートして貰えなかったり、登録したのに連絡が遅い、質問しても返信が遅い場合などがあります。

キャリア相談に乗ってくれない

転職エージェントは求職者ごとに優先順位をつけてしまう傾向があります。

転職を1年後に考えている方や今は転職を考えていない方への対応は「キャリア相談」とみなされ、対応の優先順位が下がってしまいます。

また、直近転職したい方でも、まずは求人を提案して欲しい、自己分析のやり方だけ教えて欲しいという断片的な転職情報を得たい方ですと、転職を本格的に考えていることが伝わらず、親身に対応してくれない場合があります。

転職エージェントが「使える」と思われる理由:メリット

転職エージェントはデメリットもありますが、転職市場では転職エージェント経由による成功実績が大半で、使うメリットもあります。転職エージェントを使うメリットを3つです。

非公開求人を提案してくれる

非公開求人は、転職サイトや企業ホームページなど、インターネット上に掲載されていない、非公開の求人のことです。

企業が事業戦略に直結する人材を採用することや企業の採用活動を効率的に進める手段として、非公開求人を転職エージェントで募集しています。

企業名や募集職種、仕事の内容などを一般に公開していないため、これまで探しても出会えなかった求人が見つかることがあります。

手間がかからない

転職エージェントが企業の求める人物像とマッチングして求人を紹介するため、公開求人に応募するよりも効率的に転職活動を進めることができます

企業の採用ページから直接応募する場合は自分で転職活動を全て進める必要があります。

まずは自分の希望に合った企業をWEB上で探す手間もあります。

転職エージェントでは、企業との日程調整や交渉、面接対策を効率的に実施してくれるメリットがあります。

転職ノウハウが豊富

転職エージェントを利用すると、担当者からの転職サポートを受けることができます。
自分で直接応募の場合、書類選考や面接対策まで全て自分で対策を練る必要があります。

転職エージェントは、これまでの豊富な転職実績があるため、内定する確率が高まります。

また、企業は転職エージェントに採用を代行している関係上、転職エージェントが求職者を選んでいる一面もあり、転職エージェント経由の書類選考は合格しやすいです。

求職者にとっても、エージェントを使わないと、希望の求人も見つかりにくく、転職までのサポートもないため、内定しにくいでしょう。

使える・使えない転職エージェントの見分け方

使えない転職エージェントを活用して、時間を浪費しないように、見分け方を紹介します。
見極め方は2つです。

連絡が丁寧かつ迅速か

初回面談後の担当者からの連絡が丁寧かどうか・迅速かどうかに着目しましょう。

すぐ希望した求人を紹介してくれるかどうか、求人の条件に再度要望し直した後の対応はどうか、欲しい情報をすぐ提供してくるかどうか、などです。

転職成功するには、担当者との連絡がスムーズかどうか、要望に応えてくれるかどうかが重要です。

転職意欲が高いことを示すこと、求人の希望条件が広げることで、転職エージェント側にメリットがあるようにコミュニケーションを取っておくことが重要です。

提案してくれる求人が希望したものか

転職エージェント登録後の初回面談で、担当者から転職理由と、転職を希望条件についてのヒアリングを受けます。
優秀な担当者であれば、ヒアリング内容を詳細にした上で、提案する求人を精査してくれます。

面談後即日に提案される求人情報がマッチしたものか確認しましょう。

提案された求人が希望と異なる場合は、担当者の専門業界・職種への知識が不足している可能性があります。
再度条件を伝えても、提案される求人がしっくりこない場合は、担当者の変更希望を伝える手段もあります。

使えない転職エージェントへの対処法

転職エージェント自体に対する信用も低くなり、使うことが嫌になる方もいると思います。

ここで覚えて欲しいのは、全ての転職エージェントの担当者が使えないというわけではないということです。

転職エージェントは会社によって大きく異なり、同じ会社でも担当者によって能力が大きく異なります。

担当者を変更する

転職エージェントの担当者がどうしても合わない方には、別の担当者に変更してもらうことをおすすめします。

担当者の中には、「ノルマを達成するため」「転職しやすい人を転職させる」といった意識が強い人がいる一方で、求職者のために親身になり、キャリア相談に乗ってくれる担当者の方もいます。

今の担当者がいまいちだからといって諦めず、新しい担当者に相談してみましょう。

担当者の変更には、転職エージェントのお問い合わせフォームなどから依頼可能です。

転職エージェントを選び直す

担当者の質がかなり低いと感じた方は、転職エージェント自体を変えてみましょう。

転職エージェントによって、得意な業種・職種・年収帯の求人があります

大手の転職エージェントでは希望の求人を紹介してもらえなかったけど、専門の転職エージェントはたくさんの求人を紹介してもらえることもあります。

転職活動開始時点に複数の転職エージェントに登録して、担当者が合わなかった際に、別の転職エージェントを使える準備をしておくこともおすすめです。

事前に自己分析を行っておく

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらったり、担当者のサポートの質を上げるために、初回面談前に自己分析をしておきましょう。

自己分析を行うことで、面談時のヒアリングの際に、転職エージェントの担当者が希望する求人に対する理解度が高くなり、転職意向の高さも示すことができます

自己分析をせず、以下の状態だと、転職エージェントが今後あなたの転職活動へのサポートを積極的に行ってくれない可能性が高いです。

  • 自己認知が十分でない
  • 自分の市場価値を理解していない
  • スキルの棚卸しと自分の強みを理解していない

転職エージェントにしっかりサポートしてもらえるように、自己分析は事前にやっておくことをおすすめします。