Amazon(アマゾン)への就職難易度は?出身大学・選考内容なども解説

Amazon(アマゾンジャパン)へ転職する!中途採用の難易度・年収を紹介

アマゾンジャパンはEコマースサイト「Amazon.com」を運営する日本法人であり、、高年収の就職先としても有名な外資系企業です。
アマゾンジャパンは、流通総額が年々拡大し、販売事業者・ユーザー数とも伸び続けています。ここ数年の売上の成長率はさらに高くなり、就職先として非常に人気です。

  • アマゾンへの就職難易度は高い?
  • アマゾンへ就職した方の選考の口コミは?
  • アマゾンの新卒採用の求人とは?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アマゾンへ就職した方の口コミをもとに、アマゾンへの就職難易度について紹介します。
さらに、アマゾンの求人や選考内容・年収などの就職に関する基本情報を詳しく解説します。

この記事を読むことで、アマゾンへの選考対策法が分かるとともに、アマゾンへの就職情報を一通り知ることができます。

アマゾンへの就職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

編集部

なお、就職活動で一番おすすめのサービスは、オファーボックスです。

学歴関係なく、自分の経験や個性に興味を持った優良企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業や自分に合った企業との面談機会が得られます。

利用企業数1万社以上、就活生3人に1人が登録している学生利用率No.1のサイトです。

自分の目的に合った就活サービスを併用して使いながら、就職活動を進めていきましょう。

【厳選】目的別おすすめの就活サービス
転職エージェント名 特長
オファーボックス
(スカウトサイト)

大手・ベンチャー企業・官公庁など登録企業数11,400社以上
優良企業が学生のプロフィールを見て、直接スカウトする

キャリアチケットスカウト
(スカウトアプリ)

スマホアプリから手軽に利用可能
学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く

適性診断「AnalyzeU+」
(自己分析ツール)

25項目の診断結果で自己分析でき、今後の選考に生かせる
累計100万人の診断結果に基づいて診断される

 

アマゾンへの就職難易度は高い?

アマゾンでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年50~100名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

世界トップクラスのIT企業であることから、就職先として人気があり、就職難易度は高いです。

アマゾンへの就職難易度を理解するにあたり、以下の4点についてそれぞれ解説していきます。

アマゾンの新卒採用の選考

採用基準や選考フロー、選考内容の詳細を解説していきます。

新卒採用の選考基準

Amazonでは、「チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、全員がリーダーである」という考えに基づいて、「Our Leadership Principles(以下OLP)」という、全社員が大切にすべき16項目の行動指針があります。

OLPは、採用をする際にも重視しているポイントです。

例えば、OLPの1つに「オーナーシップ」に関する行動指針があります。この行動指針に基づいた質問の中では、「今までで一番オーナーシップを発揮したことは?」という質問がよく聞かれます。

Amazonの選考を受ける前に、以下16個のOLPから質問を想定しておくことが重要です。

  • Customer Obsession:顧客視点
  • Ownership:オーナーシップ
  • Invent and Simplify:創造をシンプルに体現する
  • Are Right, A Lot:正しい判断
  • Learn and Be Curious:学びと探究心
  • Hire and Develop the Best:優れた人材の雇用と成長
  • Insist on the Highest Standards:高い水準を掲げる
  • Think Big:大胆な方針
  • Bias for Action:スピード感のある行動
  • Frugality:倹約
  • Earn Trust:信頼を得る
  • Dive Deep:細部への気配り
  • Have Backbone; Disagree and Commit:信念を持って議論する
  • Deliver Results:成果を出す
  • Strive to be Earth’s Best Employer:同僚の成功
  • Success and Scale Bring Broad Responsibility:物事をより良い方向へと導く

選考フロー

アマゾンの新卒採用は主に2種類の選考ルートがあります。

  • サマーインターン選考
    1. エントリーシート
    2. WEBテスト
    3. グループディスカッション
    4. グループ面接
    5. サマーインターン
    6. 面接複数回
    7. 内定
  • 本選考
    1. エントリーシート
    2. WEBテスト
    3. グループディスカッション
    4. グループ面接
    5. サマーインターン
    6. 面接複数回
    7. 内定

選考内容

  • アマゾンのエントリーシートの質問項目をご紹介します。

(1)AmazonのOur Leadership Principlesという14項目の信条の中から1つを選び、なぜそれが重要だと思うか、具体的な事例を交えて記述してください。
(2)Amazonを志望する理由を教えてください。

主に、学生時代に一番頑張ったことと、アマゾンの志望理由の2つのパートに分かれており、OLPに基づいて記述することが重要です。

  • アマゾンのWEBテストは玉手箱です。
  • アマゾンの面接では、OLPに沿った回答を意識しましょう。
ESの設問をもとに、面接が行われるため、OLPをもとに面接で深ぼられそうなことを想定して、アピールポイントを盛り込むことが重要です。学生時代一番頑張ったことに対する質問では、どんどん深ぼられるため、起こした行動や考えから、自身の価値観や強みを伝えましょう。志望動機に関する質問では、なぜアマゾンでないといけないのかを論理的に説明して、面接官を納得させるレベルまで仕上げましょう。

アマゾンへ就職した方の口コミ・評判

アマゾンへの就職に成功した勝ち組の方や、落ちた方の声をいくつかご紹介した上で、実施すべき選考対策を解説していきます。

アマゾンへの就職勝ち組の口コミ

・やはりOLPへの理解が最も大切だと思います。それぞれのOLPへの理解とある程度の英語力があれば、インターンには参加できる可能性が高いと思います。
その後の最終面接で結果を残すためには、それぞれのOLPに紐づく原体験や考え方などを用意しておくと良いと思います。
・英語力は必須だと思います。またロジカルに考えれる力がとても重要だと思いますので
面接の際にも一つ一つの返答は大事にした方が良いと思います。
また事業理解についても深く聞かれたので事前に調べておくことをおすすめします。
・英語の勉強は継続しておくべきだと感じる。また、リーダー経験がある且つ、データに基づいた意思決定をしたかどうかを必ず聞かれていくので、しっかり受かりたい人は、予めそういった経験が積めるような企業での長期インターンやサークル活動経験を積むべきであると考える。
※引用:楽天みん就

アマゾンの内定獲得のポイント

アマゾンに就職した方の口コミをもとに、内定獲得するべきポイントをまとめました。

  1. OLPへの理解があること
  2. 英語での質問回答ができること
  3. 明確な強みがあること

アマゾンの選考で最も重要なのは、OLPを理解した上で、選考に臨んでいるかどうかです。
エントリーシートや面接、インターンでも、OLPの要素を満たしているかどうかが見極められます。

OLPに基づいて、自分の経験や志望動機を英語で伝えられるようにしておきましょう。
英語で面接を実施することも多々あるようです。

また、アマゾンでは学生時代の経験に基づいたリーダシップ、論理的思考力、データ活用力など、アマゾンで働く上で最低限必要な能力があるかどうかも求められます。これらの能力をアピールできるように、自分の経験を整理しておきましょう。

アマゾンの新卒採用求人

アマゾンの新卒採用は、大きく2つの職種を採用しています。

ビジネス 職

アマゾンでビジネス系として、募集されている求人は以下の通りです。

  • コンシューマー総合職
  • カスタマーサービスマネージャー

コンシューマー総合職は、メーカーや販売事業者への開拓・交渉折衝を通じて、パートナーシップを確立する役割です。

カスタマーサービスマネージャーは、アマゾンのカスタマーサービス拠点にて、スタッフのマネジメントを行う役割です。

取引先企業に直接関わる職種が新卒採用では、積極的に募集されています。

英会話が可能で、リーダーシップ・地頭力が伴っていれば、比較的就職しやすいポジションです。

スペシャリスト職

アマゾンでスペシャリスト職として、募集されている求人は以下の通りです。

  • ファイナンシャルアナリスト
  • サプライチェーンスペシャリスト
  • オペレーションエンジニア

アマゾンの新卒採用では、専門職も募集されています。

事業計画を策定するフィナンシャルアナリストや、物流インフラの設計を行うサプライチェーンアナリスト、フルフィルメントセンターの設備改善を行うオペレーションエンジニアです。

これらの職種は比較的、就職難易度の高いポジションで、高いポテンシャルもしくは、学生時代に身につけた専門知識が必要になります。

アマゾンへ就職する人の出身大学

アマゾンへの就職実績を確認したところ、日東駒専以上の学歴のある大学で内定された方が多いようでした。

旧帝大、難関国公立、地方国公立、早慶、上智、MARCH、日東駒専あたりの大学であれば、就職しやすいようです。

もちろん、自身のスキルが高ければどこの大学でも就職可能ですが、上記の大学にレベルの高い学生が集まっているため、実際には上記以外の大学からの就職は少ないようです。

アマゾンの平均年収

アマゾンへ就職した後の年収と給与形態を詳しく解説します。

口コミサイトの Openwork(2021年9月時点)によると、アマゾンジャパンの平均年収は1,022万円です。

アマゾンジャパンの給与は、年俸制となっており、基本給に加えて、RSUが加算されます。
昇進時の給与の上げ幅は自分の職種・ジョブレベルのレンジでどこに位置してるかによります。

以下は新卒採用で入社した場合の給与形態です。
初任給の水準は比較的高く、IT企業の中ではトップクラスの初任給といえます。

項目 詳細
初任給 ・Amazonでは、給与について「トータルコンペンセーション」という考え方をもっています。これは、基本給に加え、各種手当などを含めた総報酬にて管理するということです。また、貢献度に応じた実力主義の報酬体系(個人の業績だけでなく、チームへの貢献度や周囲への影響度も含めたトータルな実力を評価)としています。
・月額基本給:354,584円以上(年俸制12分割支給)
基本給には、月70時間の時間外労働手当に相当する時間外労働手当、深夜勤務手当、法定休日勤務手当分(固定残業代)が含まれている。
ただし70時間分を超える時間外労働手当、深夜勤務手当、法定休日勤務手当(固定残業代)についての割増賃金は追加で支給。
基本給が月額354,584円の場合、固定残業代の額は月額125,358円であり、固定残業代を含まない基本給の額は229,226円である。
※諸条件により異なります。
※別途、株式、サイニングボーナスの付与有
昇給 ・年1回
賞与 ・上記の通り
賃金形態 ・年俸制

アマゾンジャパンの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,098万円
マーケティング 1,257万円
管理 944万円
バイヤー 1,215万円
オペレーション 722万円
事務 632万円
※引用:Openwork

営業、バックオフィス系の年収とも1,000万円近くの年収となっており、いずれの職種も1,000万円超の年収を狙うことができます。

どの職種も自社株をもらえるため、安定した企業で長く働いて、とにかく高年収を目指して就職したい人にとってはうってつけの転職先といえるでしょう。

アマゾンジャパンの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 578万円
30歳 722万円
35歳 903万円
40歳 1,037万円
45歳 1,095万円
※引用:Openwork

アマゾンジャパン では、20代から30代前半の平均年収は1,000万円を超えておらず、仕事の難易度の高さが伺えます。

一方で成果を出せば、新卒や第二新卒でも年収1,000万円程度を目指すことができ、早期に高年収を得られる希少な会社です。
40代になると、2,000万円近くの年収を稼ぐ社員も多くいるようで、アマゾンジャパンで長いキャリアを考えている方にとって、年収の上げ幅も申し分ないものといえます。

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アップル 598万円
マイクロソフト 1,281万円
Google 1,200~1,400万円
日本IBM 770万円
アクセンチュア 900万円

アマゾンの年収は、他の外資系IT企業と並び、同じくらい高い水準です。

アマゾンの福利厚生・その他

アマゾンの福利厚生についてご紹介します。

アマゾンの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フルフレックスタイム制
(コアタイム・フレキシブルタイムともになし)
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・年次有給休暇初年度14日
・傷病欠勤
など
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・制限付株式(RSU)の付与
・確定拠出年金(DCプラン)
・社内公募制度
・通勤交通費
・社員割引 (Amazon.co.jpの商品を社員割引価格で購入可能)

アマゾンのワークライフバランス

有給は取りやすい(申請して断られることはない)が、休暇中でも仕事をしている人も部内には一定数いる。また勤務時間も全体的に長く、現在在宅ということも相まって朝の8時〜22時ぐらいまでは常にメールが飛び交っている。休暇中の仕事や残業が奨励されているわけでは無いので個人の判断だが、タスクが多すぎて時間に追われているチームが多い印象。

時間が自由になるという意味では、非常に働きやすいです。 フルフレックスのためいつ仕事を抜けても問題ありません。 ただし仕事量は膨大であり、有給を取ろうが休み中にカバーしてくれることは無いので結局家で週末など働くことになります。 仕事が大好きだけど、フレキシブルに働きたいという方はぴったりですが、第一優先でなく、プライベートを優先、充実させたい人にはとても荷が重いです。

アマゾンジャパンのワークライフバランスについては、勤務時間が比較的長い人が多くいるようです。

働く時間に縛りはないものの、仕事量が多いため、結局平日の夜や週末まで仕事をしているという口コミが多かったです。有給休暇は自由に取ることができるようです。

アマゾンジャパンは、自分の裁量で働き方を自由に変えられる会社ですが、仕事を効率的に行わないと、長く働く方も多いようです。

仕事を最優先にして働きたい方にはおすすめの就職先です。

アマゾンの社風・やりがい

OLPの熟読と理解、Amazon Writingの事前練習が入社前に絶対必要。 OLP(Our Leadership Principles)という企業理念、行動規範が非常に細部まで行き届いており、社員は皆それを意識して働いているし、それ自体が評価される。 入社検討している方は事前に面談などで同意できる行動規範を積極的に言葉にし、自身のバックグランドや過去の業績と結び付けた話し方をする必要がある。

会社として進むべき方向が全員にわかりやすく共有されており、日本企業にありがちな人間関係や組織間の余計な仕事がない。そのため自分の仕事に自信がある人にとっては非常にやりやすく、成果も出しやすい。 その代わりに、能力不足やスピードについていけない人には、大変厳しい職場。

アマゾンジャパンの社風は、OLPという行動規範に基づいて、成果を追求する人が多いです。
成果主義をもとに働く社員が多く、自身の成長にも主体的な方が多いです。

その行動指針や成長スピードについていけない人は、短期間で転職してしまうこともあるようです。

アマゾンジャパンは難易度の高い仕事が多いですが、成果や成長を重視したい人にとって非常に魅力的な就職先です。

アマゾンの企業情報と将来性

アマゾンの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

中長期的な将来性も含めて、アマゾンへの就職を検討する際の参考としてください。

会社概要

アマゾンジャパンの会社概要は以下の通りです。

会社名 アマゾンジャパン株式会社
所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1
設立日 2000年7月
代表 ジャスパー・チャン、ジェフリー・ハヤシダ
資本金 1,000万円
従業員数 9,393名

事業内容

Amazon.comは、1995年に書籍販売サイトとして誕生しました。今では書籍だけにとどまらず、家電や玩具、衣料品や食料品等、幅広いジャンルの商品を販売し、世界15カ国にてECサイトを展開、100を超える物流センターを抱える世界的なリーディングカンパニーへと成長を遂げました。

日本においても、2000年にアマゾンジャパンを設立。総合オンラインストアとして顧客志向を起点とした数多くのイノベーションを起こしながら、「品揃え、低価格、利便性」を追求した結果、Amazon.co.jp は取り扱い商品が数億点を超える国内最大級の総合オンラインストアへと進化を続けています。

売上の推移と将来性

アマゾンジャパンの売上はここ数年、拡大し続けています。

どの業界・企業も業績が落ち込んでいる中で、アマゾンジャパンの売上は毎年10%〜20%程度成長しています。製品売上や第三者が販売するサービス手数料、サブスクの売上が拡大し続けていることが好調な要因となっています。

アマゾンジャパンの流通総額は年々成長しており、日本の中小企業からの出品・出店や購入者が増加しています。

アマゾンジャパンはさらなる開発投資の拡大・営業体制の強化をさらに行っていることから、さらに売上の成長が見込める企業といえるでしょう。アマゾンジャパンへの転職を検討している方にとっては、絶好な機会といえます。

就職難易度の高い企業の内定を獲得するには?

アマゾンのような人気企業には転職したいけど、「大手や優良企業に就職できる自信がない」という不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

学歴フィルターはない企業であっても、就職難易度の高い企業には変わりありません。

スカウト型の就職サイトであれば、自分の経験や個性に興味を持った企業から直接スカウトが届くので、今まで選択肢になかった企業や自分の希望に合った企業と出会うことができます。

自分が思っているよりも企業から高い評価を受けられることも多く、就活難易度が高いと思っていた企業から内定獲得できる可能性があります。

学歴に関係なく、自分の希望に合う企業に就職したいという方はぜひ利用してみてください。

アマゾンへの就職におすすめの就活サービス

おすすめのスカウト型就職サービスを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

オファーボックスは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人の中からスカウトが届くため、非常におすすめです。

【スカウト型就活サイトの企業利用数No.1】
  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数11,400社以上
  • スカウト受信率93.6%
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする


総合満足度 利用企業数 大手企業数

5.0点/5.0点

10,003社以上

4.5点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

5.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

OfferBoxでは企業から学生に送れるオファーの数が限られています。 そのため、企業側は学生のプロフィールをしっかり読み、 きて欲しいと思う学生を厳選してオファーを出しています。さらに、OfferBoxでは、無料で受けられる精度の高い適性診断を受けられます。 それによって自己分析を行い、プロフィールに反映することもできます!
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】オファーボックスに
登録する

スマホアプリから手軽に利用できる就活サービス
  • アプリならスキマ時間でも就活できる
  • 決められた質問に回答していくだけで自己PRとガクチカが簡単に作成可能
  • 学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.5点/5.0点

非公開

非公開
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

キミスカは優秀な大学の学生が多く登録しており、優良企業からのスカウトが豊富に届きます。他のサービスとの違いは、選考結果が実績として残るので、自分に合った企業からのスカウトが届きやすくなります。スカウト型のサービスとしては珍しく、就活コンサルタントに就活全般の相談ができます。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアチケットスカウトに
登録する

【逆求人型就活サービスNo.1】
  • プロフィール入力無料サポート
  • 人気・優良企業をはじめ、契約企業は6,800社以上
  • プロフィールをしっかり記載することで、スカウト受信率が97%


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.0点/5.0点

6,800社以上

3.8点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

3.8点/5.0点

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活支援サービスです。大手企業の契約が多く、自分のプロフィールに興味を持った大手企業からスカウトが届きます。就活の疑問や悩みを解消してくれるコラムも充実しています。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】dodaキャンパスに
登録する

まとめ

アマゾンへの就職に関して、一通りの情報を紹介してきました。

アマゾンでの新卒採用は、ビジネス職とスペシャリスト職が募集されています。

年間50-100名程度の採用のため、採用人数は限られており、優秀な学生を求めていることから、就職偏差値は高いといえます。

選考では、過去の就職成功者の口コミを参考にした上で、内定獲得のポイントを押さえておきましょう。

アマゾンの事業は物流事業を中心に安定して成長しており、高年収で働くことができるので、興味を持った方はアマゾンにぜひ応募してみてください。

アマゾン以外の企業も探してから応募したい方は、以下の就活サービスの中から、自分の気になるサービスを活用してみてください。今まで出会えなかった思わぬ企業や求人に出会えるかもしれません。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数