ブリヂストンへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

ブリヂストンへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • ブリヂストンへの転職は後悔しやすい?
  • ブリヂストンは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • ブリヂストンに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、ブリヂストンへ転職した方の評判をもとに、ブリヂストンへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

ブリヂストンは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・悪かったことを網羅する必要があります。

この記事を読み終えることで、ブリヂストンへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

ブリヂストンへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ブリヂストンへの転職で後悔する理由は?

ブリヂストンに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

ブリヂストンへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、ブリヂストンに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

ブリヂストンでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 部署によって、忙しさが異なる
  • 管理職になると負担が一気に増す

▼入社してよかった理由

  • 休暇は取得しやすい
  • ほとんど残業がない部署へ配属された
  • リモートワークの利用が推奨されている

▼具体的な評判・口コミ

会社として年休取得の推進や残業時間の削減をすすめているのでだいたいの部署では年休は取得しやすい。忙しい部署とそうでない部署の差が激しい、理解のない上司は減ってはきているがまだ存在する。 よって、ワークライフバランスを保てるかどうかは部署にかかっている。 万が一ひどい部署になっても、同期には社内公募で他の部署に異動し救われた者もいるのでどうにかなるかもしれない。女性の育休取得に文句を言う部署はないが、復帰後に理解のない部署にあたると退職せざるをえない場合があり、復職前によく人事と調整する必要がある。 管理職になると年休や残業管理から外れるため、一気に社蓄感が増し、会社に振り回されて疲弊している人も多い。若手が管理職に魅力を感じられず、なりたくないと感じるひとが増えている。
(20代後半・女性・総合職)
部署による差が大きく、ほとんど残業のない部署も、残業が多く忙しそうな部署も存在します。しかし、多忙な部署も業務の外部委託などの活用により改善が進められている印象があります。私の所属部署に関しては、遅めに出社(10時まで)することも早めに退社(14時以降)することもでき、リモートワークも積極的に利用するよう上司から言われていて、実際にかなり高頻度でリモートワークしている人もいます。有給休暇を取得しづらいということも一切なく、プライベートとのバランスを取りやすい部署です。
(20代後半・女性・開発)

多かった声としては、部署によっては、繁忙期にワークライフバランスが崩れてしまうという声です。
配属される部署の働き方を把握しておくことは必須です。
さらに、理解のない上司にあたると、残業が多くなってしまうようです。

一方で、有給取得が推奨されていたり、残業削減の方針が推奨されているなど、半強制的に労働を強いられるようなことはありません。

社内文化に対する評判・口コミ

ブリヂストンの社会文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 保守的な文化
  • マーケットインの考え方が薄い

▼入社してよかった理由

  • 個人が成長する機会を多く提供してくれる
  • 堅実な経営方針
  • ソリューション事業に注力

▼具体的な評判・口コミ

2018年頃から個人が成長するための機会を創出する取り組みが以前より増してきている。 新卒で入る人はここ3年くらいでTOEIC700点以上ある。 特に他の会社と変わるところはないが、タイヤ重視の経営体質からは変わりない。 社風を変えようと役員は頑張っているが、下の方がそれを腹落ちして行動しているかというと別。 不満を言いつつ時間がないことを理由に変われてない。 全員がそうではないが、意識レベルが低い人もいる。
(20代前半・男性・総合職)
歴史のある企業だけに、伝統やCSを重んじる風潮がある。これらは、創業者の社是・思考から来ていることも伝わる。よく言えば堅実・安定、悪く言えば保守的。経営層はソリューション事業の強化による付加価値増大を掲げているが、各種事業所にはまだ浸透していないように思われる。組織体制は事業部制で、大企業ゆえに事業部間のつながりは弱く、それぞれの文化が形成されている。市場は安定、タイヤに関してはシェアも高く、(おそらく)財務状況も堅実で企業としての安定感は感じるが、それゆえに内部は事業に対する危機感や外部環境の変化に対する対応は、低い・甘いと感じる。
(30代前半・男性・開発企画職)

ブリヂストンは保守的な文化のため、新しいソリューションを生み出す風潮は薄いですが、堅実な経営体質のため、事業基盤がしっかりしています。事業に安定性を求めたい方には魅力的な企業といえるでしょう。

最近では、ソリューション事業に注力しているため、タイヤ以外のソリューション提供を推進しているところです。

確固とした事業基盤で、多くの成長機会を与えてくれる環境があることは他社より優位な特徴です。

年収に対する評判・口コミ

ブリヂストンの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 給与は年功序列で決まる
  • 昇進したとしても、昇給できないことがある

▼入社してよかった理由

  • 給与は比較的高水準
  • 徐々に成果重視の評価制度へ移行
  • 勤続年数が長いと、給与はかなり上がる
  • 裁量労働手当が手厚い

▼具体的な評判・口コミ

若年層賃金は比較的高い水準で、国内の自動車・サプライヤー最大手級と同等以上。 福利厚生は同業他社と比較しても普通くらい、住宅補助は脆弱。転勤・別居への手当は厚い。 総合職としてキャリアを積んでいけば、年収は20代中盤で500万円、20代後半で600~700万円。 30代前半で800万円、30代後半~40代で1,000万円。その後は肩書次第。
評価制度としては、従来はほぼ完全な年功序列型。2020年でも基本マインドは変わらず。 一方で、学歴にとらわれない役職への登用は少なからず実績あり。 また、徐々に実力・成果重視の評価制度への転換が進む。 昇給・賞与は評価に応じた格差付けが年々高まり、一部では飛び級などの活用も始まる。
(30代前半・男性・生産技術)
給与は年功序列の要素が強い。 給与水準は、若い年代は水準が低く、昇級していけばかなりの額になるよと先輩らからもいわれており、確かにその通りとなった。 2014年の官製春闘スタート以降は、改善が進み、総合職として大きいのは裁量労働手当が55千円から10万円に大幅アップされた。 最近は年功序列要素をなくす方向で労働組合と交渉しているようだ。 評価制度としては、昇級の際、昇給考課の高い査定が大きなポーションを占めていて、今年は誰々さんが昇級の年だからごめんね、と自分がアウトプットを出していても、評価されないことがあった。 ただ昨年あたりから問題視され、改善が進むような感触あり。
(30代後半・男性・開発企画職)

ブリヂストンの年収は若いうちは高くないこともあるようですが、長く働いていると年収がかなり上がるようです。
30代・40代で年収1,000万円に到達することもあるようです。

従来は年功序列型の給与となっており、成果が大きいにもかかわらず、年収が低いといった不満を持つ方もいるようです。

一方で、直近は年功序列型から成果重視型に見直されつつあり、成果を出せば昇給する制度に改善され始めているようです。

ブリヂストンに向いている人とは?

次に、ブリヂストンへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、ブリヂストンに向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、ブリヂストンへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 給与を安定させたい方
  2. 業績が安定した堅実な会社に勤めたい方
  3. ワークライフバランスを重視したい方
  4. 新しい市場創出(ソリューション事業)に挑戦したい方

ブリヂストンに転職する何より大きなメリットは、安定した給与を得ることができることです。成果重視や主体性重視の会社の場合、給与が下がってしまうことがありますが、ブリヂストンは年功序列の要素が強いため、減給することがありません。何より経営基盤がしっかりとしているため、大きな赤字を招くことはありません。

そして、直近はタイヤ事業以外に、ソリューション事業というゴムを生かした新しいソリューションの創出に取り組んでいます。新しい市場での製品開発を推進していきたい方には魅力的でしょう。

自分自身がブリヂストンに向いていそうか、しっかり見極めましょう。

ブリヂストンへの転職難易度は高い?

急成長中の企業かつ人気企業のため、ブリヂストンへの転職難易度は比較的高いといえます。

ブリヂストンへの転職難易度は高いですが、頻繁に募集する求人があります。頻繁に募集するポジションは、転職するチャンスが広がっている可能性が高いです。

ブリヂストンで頻繁に募集する求人について、詳しく解説していきます。

採用人数・求人の募集内容

ブリヂストンでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年100名程度用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

過去募集されていた求人を中心に、ビジネス系と技術系・エンジニア系のポジションを紹介します。

ビジネス系

ビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  1. 営業
  2. 企画(商品開発、マーケティングなど)
  3. 管理
  4. 事務

以上の通り、ブリヂストンでは営業・マーケティング・管理などを募集した実績があります。

新しいソリューションへの投資が盛んに行われていることから、商品開発やマーケティング職はブリヂストンの魅力的なポジションといえるでしょう。

今後も事業拡大が見込まれるからこそ、様々なスキルをブリヂストンは必要としており、新たに挑戦する機会が広がっています。

ブリヂストンほどの大手企業になると、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

もう少し詳細な求人を見てみたい方は、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録をおすすめします。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ詳細な求人をみてみてください。

【厳選】ブリヂストン ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

技術系・エンジニア系

ビジネス系以上にかなりの数が募集されているのが、エンジニア系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

▼技術系

  • 研究開発
  • 機械設計
  • 電気・電子設計
  • 品質管理・品質保証
  • 生産技術
  • サービスエンジニア
  • 施工管理
  • プラント

▼エンジニア系

  • アプリケーションエンジニア
  • WEBサービス系エンジニア
  • インフラエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • 社内SE

技術系・エンジニア系とも非常に多岐にわたり募集しているため、メーカーで経験がある方やアプリケーションやシステム開発の経験がある方には、転職するチャンスが広がっています。

タイヤ事業だけでなくソリューション事業の新たな製品開発に注力しているため、メーカーでの経験がある技術者の募集が数多く行われています。

ITエンジニアでも、デジタルソリューションの拡大・ITプラットフォームの構築を目指しており、システム開発経験がある方は優遇されるでしょう。

エンジニア系の求人を見てみたい方は、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニア求人・技術職の求人を見てみたい方は、大手企業への転職に強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手IT業界の求人から大手メーカーの求人まで、多くの優良求人を扱っています。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりも数多くの技術系・エンジニア系の求人から気になる求人を見つけることができます。

【厳選】ブリヂストン 技術系・エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いブリヂストンを突破するには?

ブリヂストンへの転職までには、いくつかステップがあります。

実際にブリヂストンに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

ブリヂストンにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. 1次面接:現場社員・人事
  4. 2次面接:本部長・人事課長
  5. 内定

筆記試験では、SPIが実施されます。

ブリヂストンの選考に対する口コミ・評判

ブリヂストンの中途採用の選考に対する口コミをもとに、ブリヂストンの選考の特徴を以下にまとめました。

  • オーソドックスな質問が多い
  • 候補者からの質問タイムがある場合がある
  • 企業情報に関する質問がある

▼中途採用の選考に対する評判

・中途採用面接としては、ごくごくオーソドックスな面接であった。過去の職歴を話して、面接官から気になったことを質問されるスタイル。面接者は直属の上司になる部長格の人と人事の担当者であった。人員不足解消のためだと思うが、一度の面接で決まった。
(20代後半、経理、男性)
・30分が面接で向こうからの質問に答えるオーソドックスなスタイル。残り30分がこちらからの質問タイム。雰囲気は和やかで受け答えしやすい。面接の質問内容は一般的なものが中心で、ホームページや事業計画を読んでおけば対応できる。こちらからの質問は30分あるので事前に5問以上は考えておくべき。ここでの盛り上がり方で合否が決まるかもしれない。
(30代前半、企画、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が問われ、奇をてらった質問はあまりありません。

ただし、志望動機については企業理解が深くないと、納得してもらえない可能性があるため、十分な準備が必要です。
また、候補者が質問する時間が設けられることもあるため、3問〜5問は用意しておいた方がいいです。
(引用:転職会議)

面接突破対策

ブリヂストンの中途採用面接で、よく聞かれる質問をいくつかご紹介します。

ブリヂストンに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、ピックアップしてみました。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜブリヂストンに転職したいのか
  • 将来やりたいことは何か
  • ブリヂストンで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯
  • 仕事で大切にしていることは何か。
  • 自動車業界の今後の展望
  • ブリヂストンに足りないものは何か。

以上の質問は、「生かせるスキルや経験があるか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「ブリヂストンでやりたいことがマッチするか」を聞く質問です。を聞く質問です。

面接を突破するには、これまでの仕事でアピールできる経験を整理するとともに、ブリヂストンの企業分析を十分に行っておきましょう。
ブリヂストンへ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・ブリヂストンへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、ブリヂストンに転職できる可能性が高まります。

ブリヂストンの企業情報

ブリヂストンの事業や採用についてあまり知らない方は、まずブリヂストンへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

ブリヂストンへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性、直近の採用情報を把握しておくことで、最低限自分が転職したいと思える会社かどうかが判断できます。

ブリヂストンの事業内容

ブリヂストングループの事業区分は「タイヤ部門」と「多角化部門」に分かれています。

「タイヤ部門」では主としてタイヤ・チューブの製造及び販売、タイヤ関連用品の販売、リトレッド材料の製造及び販売・関連技術の供与、自動車整備・補修等を行っています。「多角化部門」では化工品、BSAM多角化、スポーツ用品、自転車、その他各種事業を展開しています。

代表的な事業をご紹介します。

  • タイヤ部門
    乗用車、トラック・バス用、建設・鉱山車両用、産業車両用、農業機械用、航空機用、二輪自動車用のタイヤ・チューブ、タイヤ関連用品などを製造・販売しています。
  • 多角化部門
    多角化部門では、加工品(自動車関連部品、建築資材関連用品など)やスポーツ用品(ゴルフボール、ゴルフクラブなど)、自転車などを製造・販売しています。

ブリヂストンの従業員数は、単体15,000名、連結で140,000名と、かなりの企業規模を誇ります

事業の将来性

ブリヂストンの売上はここ数年純増で、営業利益も安定しています。
純利益で見ると、年々増加していることがわかります。

ブリヂストンの売上の中核は、タイヤ事業です。
直近はタイヤの販売本数は減少傾向にあるものの、需要増加により、回復傾向にあるようです。

▼ブリヂストンの売上・営業利益

ブリヂストンの売上

(引用:ブリヂストンの企業情報から抜粋)

タイヤ販売に関しては、さらに高付加価値商品、技術を拡大・拡充させていく戦略をとっています。

ソリューション事業も展開しており、成長事業であるサブスクリプションモデルをグローバルに展開させるなど、現状の売上を回復させるために、海外顧客向けの契約を拡大しようとしています。

ブリヂストンはタイヤ製品の強みを生かし、今後もグローバルで安定した売上・営業利益を維持できるでしょう。

ブリヂストンの平均年収は高い?

2019年12月期のブリヂストンの有価証券報告書によると、平均年収は728万円でした。
5年前の平均年収は680万円程度でしたが、年々上がり続けており、700万円を超える平均年収となっています。

日本の平均年収が440.7万円(「平成30年民間給与実態統計調査」から引用)であるため、ブリヂストンは比較的高年収を得られる会社といえるでしょう。

次に、職種別、年齢別に年収の差があるかどうかを確認してみましょう。

▼職種別の平均年収

職種 平均年収
管理 818万円
営業 718万円
開発 833万円
企画 837万円
技術 720万円
総合職 770万円
※引用:Openwork

どの職種も700万円以上の年収となっており、開発や企画、管理などの職種では800万円近い年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 470万円
30歳 604万円
35歳 711万円
40歳 843万円
45歳 1026万円

ブリヂストンでは、30代で700万円台、40代で800〜1000万円台の年収が基準といえそうです。

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
ブリヂストン 728万円
住友ゴム工業 668万円
横浜ゴム 624万円
TOYO TIRE 603万円

ブリヂストンの年収は業界の中で、トップクラスの年収を誇ります。

20代で500〜600万円程度の年収を得られる可能性もあるため、若いうちに年収を上げたい方にはおすすめの転職先です。

30代以降も順調に年収が上がるため、即戦力として入社する場合も年収アップしやすい会社でしょう。

何よりも競合他社と比べて、売上が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職すると、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方もいると思います。そんな方には、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

ブリヂストンへの転職で後悔しない秘訣とは?

ブリヂストンへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にブリヂストンを理解することが重要です。
ブリヂストンへ転職する際の注意点を気をつけておけば、ブリヂストンへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、ブリヂストンの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとブリヂストンの転職事情について詳しく知りたいと思った方やブリヂストンのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

ブリヂストンの企業理解を深める

ブリヂストンの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

項目 ブリヂストンの概要・口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 平均年収は728万円。業界内でもトップクラスの年収。
  • 住宅手当、通勤手当あり
  • 給与は年功序列で決まる
  • 徐々に成果重視の評価制度へ移行
  • 勤続年数が長いと、給与はかなり上がる
  • 裁量労働手当が手厚い
ワークライフバランス
  • 年間休日120日以上
  • 年間有給休暇あり
  • 部署によって、忙しさが異なる
  • 管理職になると負担が一気に増す
社風
  • 保守的な文化
  • マーケットインの考え方が薄い
  • 個人が成長する機会を多く提供してくれる
  • 堅実な経営方針
  • ソリューション事業に注力
働き方
  • 在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。

ブリヂストンの特徴を理解した上で、自分がブリヂストンに転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ブリヂストンで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

転職エージェントは、優良企業や大手企業が募集する、求人サイトには載っていない非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っていることはもちろん、ブリヂストンのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、内定までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、JACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることが多いです。

この記事を通して、「ブリヂストンで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「ブリヂストンのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。