ByteDanceへ転職する方法とは?中途採用情報や年収を紹介

ByteDanceへ転職する方法とは?中途採用情報や年収を紹介

  • ByteDanceへ転職する方法とは?
  • ByteDanceでは中途採用を実施しているの?
  • どんな求人を募集しているの?

といったByteDanceの中途採用に疑問をお持ちではありませんか。

ByteDanceでは、日本でも馴染みが出てきたTikTok、 BuzzVideoなどの代表的なアプリをグローバルに提供しています。
サービスの知名度は高まっているものの、あまり企業や採用の実態について知る機会はありません。

この記事では、ByteDanceの知られざる中途採用情報や社風について紹介し、ByteDanceへの転職難易度や転職する方法について詳しく解説します。

この記事を通して、ByteDanceがどんな会社か、そしてどんな働き方ができるかを知ることができ、転職したいと思える会社かどうかが一通りわかります。

ByteDanceでどのような仕事・働き方ができるのか鮮明にしていきましょう。

本記事で解説する次の5つの点は、ByteDanceの特徴的な情報なので、詳細を十分に理解しておきましょう。

  1. TikTokの収益拡大に向けて、求人募集
  2. 営業、マーケ、バックオフィスなどの求人が頻繁に募集される
  3. 転職後の平均年収は500〜1200万円
  4. 未経験でも、様々な職種で働けるチャンスがある
  5. 大手IT企業出身者が多い

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ByteDanceなどのテクノロジー企業へ転職するには

ByteDanceなどの成長企業やテクノロジー企業への転職を検討している方は、非公開求人を多く保有する転職エージェントの活用がおすすめです。

求人サイトには載っていない希少な求人を紹介してくれるため、ByteDanceのようなおおやけには募集していない求人が見つかる可能性があります。

転職エージェントの中で、最もおすすめなのは、リクルートエージェントです。私も転職活動中、何度も貴重なアドバイスを頂いたのがリクルート エージェントでした。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職したい企業や業界・職種に応じて、希望に沿った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントよりは求人数が少ないですが、高年収での転職をご希望の方は、JACリクルートメントに登録することがおすすめです。ByteDanceのような外資系企業をはじめ、日系大手企業の高年収求人を保有していることで有名です。

幅広い求人から探したい方はリクルートエージェントを、高年収での転職を希望する方はJACリクルートメントに登録してみてください。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

ByteDanceの中途採用事情を徹底解説

ByteDanceの中途採用事情を理解する上で、代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上・採用動向・平均年収を紹介していきます。

ByteDanceへの転職を考え始める前に、ByteDanceの中途採用情報を詳しく把握していきましょう。

事業内容

ByteDanceは、様々な言語、文化、地域の人々に情報、教育、エンターテインメント、インスピレーションを提供する一連のコンテンツプラットフォームを運営するテクノロジー企業です。

創造性とインタラクションのグローバルプラットフォームの構築に強みを持つByteDanceは、現在では150以上のグローバル市場、75の言語で利用できるアプリ製品を提供しています。

▼代表的なアプリ製品

  • ショートビデオプラットフォーム『TikTok』
  • コンテンツアプリ『BuzzVideo』

日本拠点は2016年に設立され、今では500名以上の社員で構成されています。

売上の推移

ByteDance全体、ByteDance(日本法人)とも売上高・純利益ともにここ数年純増となっています。

まずはByteDance全体の収益について解説します。
2019年の売上高は2018年の約74億ドルから倍以上となるくらい、急成長しています。2019年は170億ドル(約1兆8300億円)を超える売上高と30億ドル余りの純利益を記録しています。

次に、ByteDance(日本法人)の収益について解説していきます。
日本法人では、2017年までは赤字でしたが、2018年以降、黒字化しており、純利益を増やしています。TikTokの市場拡大すべく、設立数年は多大な投資をしてきましたが、ユーザー数が増えるとともに、広告収入が増加したことが早期黒字化の要因です。

ByteDanceにおけるTikTokは、日本市場のニーズがさらに拡大し、利益も拡大していくフェーズといえるでしょう。

採用人数・求人の募集内容

ByteDanceでは新卒採用も中途採用も採用実績が公開されていませんが、過去求人サイトで募集していた求人内容を紹介します。

ByteDanceでは過去、以下のポジションが中途採用で募集されていました。

ここでは、正社員募集の詳細な求人内容をご紹介します。

  1. セールス(自社アプリの販促、広告主への提案など)
  2. マーケティング担当
  3. カスタマーサクセス
  4. ソフトウェアエンジニア
  5. コーポレート
  6. ゲーム運営
  7. プロデューサー
  8. 事業開発

以上の通り、ByteDanceでは日本市場のサービス規模を拡大するべく、幅広いポジションを募集しています。

営業系の職種からマーケティング、事業戦略まで、募集職種も様々です。

また、どのポジションでもIT企業出身者や外資系企業での経験をお持ちの方は親和性が高いでしょう。

事業拡大中の今だからこそ、様々なスキルをByteDanceは必要としており、新たに挑戦する絶好な機会といえます。

平均年収

ByteDanceの平均年収は、公開されていませんが、OpenWorkの口コミによると、正社員の年収は500万円〜1200万円程度のようです。

ByteDanceの給与制度は、基本給・ボーナスに加えて、成果の高さに比例して、インセンティブを受け取ることも可能です。

営業、バックオフィス、オペレーションなど、どのポジションも同じ業界の平均より、年収が高いです。

実際の年収事例は、以下の通りです。

年収に関する口コミ・評判
  • WEBマーケティング:1200万円(32歳)
  • セールスディレクター:1200万円(32歳)
  • プロデューサー:500万円(27歳)

ByteDanceの平均年収は、IT企業全体の平均年収450万円と比べると、上回る年収になっており、高年収で働ける可能性の高い企業といえます。

福利厚生

ByteDanceでは様々な福利厚生をご用意しています。成長中の企業にしては、かなり充実しています。

ByteDanceの代表的な福利厚生は以下の通りです。

  • 交通費
  • 社会保険完備
  • 在宅勤務手当
  • 時間外手当
  • 食事の提供

ByteDanceの特徴的な福利厚生は、一般的な手当が揃っています。

従業員一人一人の仕事を充実させるために、食事やおやつを無償で提供していることは特徴的です。

福利厚生はごく一般的なものですが、不安な点はないでしょう。

ByteDanceへ転職した方の評判・口コミは?

ByteDanceに転職した方の評判から、ByteDanceに転職してよかったことや後悔したことを紹介します。

自分がByteDanceに転職して後悔しないかどうかを考えながら見てみてください。

・社長がいつもベンチャー企業と自称する。最終成果を重視する体制となる。360度成果評価主義、リーダーではなく他の人から評価することも大事にする。若いリーダーが多くて、かなり自由な社風を持っている。
(マーケティング、女性)
・働きがいはかなりあると思う。部署にもよるが、世間のトレンドを作ろうとしている会社なので大手総合広告代理店とやりとりして誰もが知る有名な人をキャスティングして動画を制作し、テレビCMなどで広告を打つまでかなり影響力の大きなことができる。
(管理、男性)
・給与も比較的高く残業時間も0なので、やりがいもあるしワークライフバランスもとれてとても働きやすい環境であることは間違いない。 同僚もGoogle, Facebook, Yahoo, Amazon, Netflix出身者など大手IT系からきている人が多数おり、非常に刺激になる。 副業もOKなため個々人で法人を持っている方も多く、非常に面白い。
(管理、女性)
・強みは、急成長している、高効率を持って、完備な制度があります。弱みはブランドイメージを重視しない。そして人事異動が多くて、安定性が欠く事です
(マーケティング、女性)

以上の口コミから、ByteDanceの特徴をまとめました。

  1. 成果重視の風潮がある
  2. リーダーシップの高い社員が多い
  3. 残業はほとんどない
  4. 大手IT企業出身者が多い
  5. 様々な職種で働くチャンスがある

ByteDanceはサービス規模が拡大していく中で、従業員数も徐々に増えています。

社内の雰囲気は、リーダーシップの高い社員が多く、成果に対する意識が強いです。

急成長中の企業のため、社員の配置が確立しておらず、未経験の方でもいろいろな職種に挑戦可能です。

ByteDanceへの転職難易度は高い?

急成長中の企業かつ人気企業のため、ByteDanceへの転職難易度は比較的高いといえます。

一方で、急成長中の企業のため、管理職・専門職から一社員の求人まで幅広く募集しています。

広告営業やバックオフィス、エンジニアの仕事はテクノロジー企業にとって、ある程度人数が必要です。
人数を要するこれらの職種は比較的転職するチャンスが高いといえます。自分に合った求人や気になる求人を一度見てみるとよいでしょう。

ByteDanceへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にByteDanceに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

ByteDanceにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 内定

特に、ByteDanceでの面接は入念に対策しておきましょう。

1次面接では、転職理由や志望動機などオーソドックスな質問に加えて、ケース面接が行われる場合があります。

2次面接では、オーソドックスな質問に加え、自分がやりたいこととByteDanceでやりたいことがマッチしているかをアピールする必要があります。
一次面接に比べ、ByteDanceで働く覚悟や臨機応変さ・思考力の柔軟性が求められます。

面接突破の対策

転職難易度が高い理由の一つが、面接の合格ラインが高いことにあります。

ByteDanceに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接で聞かれることをご紹介します。

  • なぜByteDanceに転職したいのか
  • ByteDanceにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • ByteDanceで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験やその経緯

以上の質問は、仕事に対する考え方や姿勢、自身の強みや弱みの自己認識、ByteDanceへの転職意向を聞く質問です。面接の質問には地頭や人間性を問うような質問もあるようです。

面接を突破するには、ByteDanceの企業分析に加えて、他の競合他社の特徴も理解しておきましょう

どの質問に対しても、これまでの仕事に対する考え・自身のアピールポイント・ByteDanceへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いByteDanceに転職できる可能性が高まります。

ByteDanceへの転職に興味を持った方へ

ByteDanceへの転職に興味をお持ちの方は、ByteDanceが自分が望む転職先かどうかを確認するために、ByteDanceで働くイメージをさらに鮮明にしておきましょう。

以下に、ByteDanceの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとByteDanceの転職事情について詳しく知りたいと思った方やByteDanceの他にも魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

ByteDanceの企業理解を深める

ByteDanceへの口コミや評判をもとに、ByteDanceの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

項目 ByteDanceの概要・口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 交通費
  • 社会保険完備
  • 在宅勤務手当
  • 時間外手当
  • 食事の提供
  • 平均年収は500~1200万円
ワークライフバランス
  • 残業はほとんどない
  • 在宅勤務可能
社風
  • 成果重視の風潮がある
  • リーダーシップの高い社員が多い
  • 残業はほとんどない
  • 大手IT企業出身者が多い
  • 様々な職種で働くチャンスがある
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度有り。
  • コアタイム有り。

ByteDanceの特徴を理解した上で、ByteDanceの求人情報や詳細な転職事情を把握していきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ByteDanceで働くことや実際に募集している求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

転職エージェントは、優良企業や大手企業が募集する、求人サイトには載っていない非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っていることはもちろん、ByteDanceのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、内定までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、JACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

この記事を通して、「ByteDanceで働く魅力がわかった」「ByteDanceのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。