DAZNへ転職する方法とは?中途採用情報や転職難易度を徹底解説

DAZNへの転職

  • DAZNへ転職する方法とは?
  • DAZNへ転職したいけど、評判はどうなの?
  • DAZNでは中途採用を実施しているの?

といったDAZNへの転職に関する悩みを解決できる記事になっています。

この記事は、実際にDAZNへ転職して、「転職してよかった」「転職して失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「DAZNの中途採用情報や評判」について紹介し、記事の後半では、「DAZNへの転職難易度や転職する方法」について解説します。

この記事を読み終えることで、DAZNの転職に必要な中途採用情報が一通りわかるとともに、DAZNへ転職する方法がわかります。

本記事で解説する次の5つの点は、中途採用の基本情報なので、DAZNへ転職する際は十分把握しておきましょう。

  1. 事業成長に伴い、人員募集中
  2. 10件以上の幅広い求人を募集している
  3. 転職後の平均年収は高い
  4. 福利厚生が充実している
  5. 有給休暇は取りやすい

​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

DAZNと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、DAZNの候補者が並列してよく検討する企業です。
DAZNと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

DAZNなどの大手動画配信サービス業界へ転職するには

DAZNなどの大手企業や動画配信サービス業界への転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

DAZNの中途採用事情とは?

DAZNの代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用動向、平均年収を紹介することで、DAZNの評判や転職難易度について触れていきます。

事業内容

DAZN(ダゾーン)は、2016年夏に立ち上げたDAZNグループが運営するスポーツ専門の定額制動画配信サービスです。

DAZNは「DAZNグループ」が運営しており、日本法人は「DAZN Japan Investment株式会社(旧:Perform Investment Japan株式会社)」となっています。

DAZNは、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。明治安田生命Jリーグやプロ野球をはじめとする国内コンテンツに加え、アメリカのメジャーリーグや、UEFAチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ サンタンデール、セリエA TIMなど欧州サッカーも放映しています。

さらにF1、テニス、バスケットボール、格闘技など、130以上のコンテンツ、年間10,000試合以上を提供し、「スポーツの新しい本拠地」として世界最高峰のあらゆるスポーツの興奮をお届けしています。

売上の推移

2017年には、Jリーグの放映権を獲得しましたが、その放映権料が10年間で2,100億円と破格の契約料で話題になるなど、世界中の有力スポーツコンテンツの放映権を次々と獲得しています。

DAZNの収入源は視聴者からの配信料です。
ロンドン本社の2018年度の売上高は785億円程度になります。

ただ、前述したとおり、放映権獲得などの投資額がまだ大きく、約670億円の赤字となっています。

日本部門だけで見ても、約150億円の売上と、年々会員数も伸びており、売上額は増えている(2017年度からは2倍の成長)ものの、Jリーグに支払った放映権料(年間210億円)すらペイできていない状況となっています。

現在はWOWOWに代わり、DAZNが巨額の資金を元に国内・海外のスポーツ業界と放映権契約を結び、着々と世界中でスポーツの配信を行っていることから、いずれ黒字になる期待が持てます。

今後のさらなる事業拡大に向け、採用人数も拡大傾向にあり、「DAZNに転職するなら事業拡大中の今が絶好の機会」という評判が多いです。
(引用:DAZNのHP)

採用人数・求人の募集内容

DAZNでは新卒採用も中途採用も採用実績が公開されていません。

しかし、DAZNの中途採用ページでは、実際に募集されていた求人は14件でした。(2021年1月時点)

ここでは、正社員募集の詳細な求人内容をご紹介します。

  1. Jリーグ/NPBとのパートナーシップのアクティベート責任者
  2. カスタマーサービススタッフ
  3. 広告運用
  4. メディア部門クライアントマネージャー
  5. ビジネスアナリスト
  6. JリーグのLIVE中継制作
  7. 広告営業マネージャー
  8. 広報補佐
  9. 事業戦略
  10. 放映システムのエンジニア

以上の通り、DAZNでは日本市場の売上を拡大するべく、幅広いポジションを募集しています。

営業の経験がある方は、DAZNの放映に載せる広告の営業ポジションがおすすめです。

Jリーグの中継制作やJリーグ・NPBとのパートナーシップの目標達成を推進する責任者など、上流で働けるポジションも複数あるため、活躍できる機会は幅広いです。

広告運用やPRのメンバークラスから、営業マネージャーやエンジニア、ビジネスアナリストのマネージャークラスを募集しているため、経験が浅い方はメンバークラス、深い方はマネージャークラスへの募集が可能です。

「動画配信サービスに関われるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

平均年収

DAZN平均年収は、公開されていませんが、正社員の年収は800万円〜1000万円は保証されるでしょう。

日本法人のDAZNは2016年に設立されたことから、まだまだ少数で運営している状態です。

募集されているポジションも要件が高いものが多く、比較的高い年収での転職が実現しやすいでしょう。

ただし、IT企業全体の平均年収450万円と比べると、非常に高い年収となっています。

福利厚生

DAZNでは様々な福利厚生をご用意しています。

DAZNの求人内容に記載のあった福利厚生を例にいくつかご紹介します。

  • 社会保障有り(医療保険、従業員年金制度、雇用保険、労働個人事故保険)
  • 年次健康診断
  • 15日間の年間有給休暇(開始日に応じて比例配分)
  • 従業員福利厚生パッケージ(宿泊施設、スポーツクラブ、レジャー施設、身体検査の割引など、50,000を超えるサービスへのアクセス)
  • 会社の医師(毎月のオフィスの検査とストレスチェック)
  • 自動販売機1杯80円割引
  • 毎日DAZN(ライブまたはオンデマンドのスポーツストリーミングサービス)への無料アクセス
  • すべてのJリーグの試合、場合によっては他のスポーツの無料チケット
  • 月額3万円までの通勤手当

DAZNで特徴的な福利厚生は、DAZNのサービスを無料で使用できたり、スポーツ観戦チケットを無料でもらえることです。

スポーツ好きにとっては、とてもおすすめの福利厚生です。

DAZNへ転職する方の転職元・転職先は?

DAZNへ転職し得る方や退職後の転職先をまとめてみました。

DAZNへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業・業界を紹介します。
自分がDAZNへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • WOWOW、スカバーなどの大手動画配信サービス業界
  • ヤフー、サイバーエージェント、ソフトバンクなどのIT事業会社

大手動画配信サービス業界からの転職の他に、大手IT企業企業で働いていた方は、スキルが高いことに加え、企業文化に柔軟に対応できるため、DAZNに転職しやすいと考えられます。

転職先の例
  • 大手IT企業
  • 成長中のベンチャー企業

DAZNから転職する方は、大手の有名企業に転職される方が多いようです。

DAZNは営業力やマーケティング、エンジニアのスキルが高い会社のため、転職先ではそういった職種でキャリアアップを図りやすくなるでしょう。

DAZNへ転職した方の評判・口コミは?

DAZNに転職した方の評判から、DAZNに転職してよかったことや後悔したことを紹介します。

自分がDAZNに転職して後悔しないかどうかを考えながら見てみてください。

・プロダクションは大門、マーケティングは六本木とそれぞれ別々の場所にオフィスがあり、部署間での連携は上手く取れていない印象。イギリス本社から突貫案件が降ってくるなど、良い意味でも悪い意味でもフットワークが軽い。外資なのに、英語が話せる管理職がほとんどいないので、トップダウンしようにも上手く行っていない。また、逆に現場の意見がマネージメントに届きにくい。社員はみんな明るく、良い人が多いが、組織としての一体感や協調性はあまりない。
(プロダクション、女性)
・企業文化としては良くも悪くも個人技集団の集まりという感じの文化だった。個々人の最良に任されている分、あまりチームワークを意識した業務の振り分け方はされず、個人のエゴが出るような仕事も多く見受けられた。またスポーツが好きな人間の集まりなので、会社に行ってスポーツコンテンツの内容について会話が弾んだり、共通の話題作りは比較的容易で、個人集団ながらも従業員間は非常に友好的な関係を築けていたと思う。
(マーケティング、男性)
・外資のためいい意味で緩く、休みは比較的取りやすいが、もちろんチームによって人手が足りず休めず連勤の人もいる。
(ディレクター、女性)
・技術者の人数が少なく業務の調整がしにくい。休日や夜間でも仕事やミーティングの依頼が入り、迅速な対応が求められるため休みも取りにくい。チームリーダーが夜勤させたくないのか、エンジニアが夜居ない。
深夜帯に海外のスポーツ配信してるのにちょっとしたエラーが起きた時に対応する人が居ないのはおかしい
(エンジニア、男性)
・若くして大きな事業、自分よりも経験年数の多い相手に対して話を動かしていくポジションにつくことができるので、交渉力、提案力の成長は同年代に比べて大きく伸ばすことが可能。成長拡大していた時期は他事業では考えられない大規模な予算を投入してマーケティングを行っていたため、大きな施策をドライバーとして動かしていくことができたのが何よりの経験。
(マーケティング、男性)
・まだまだ発展途上の業界であり、短期的に結果を求められる職場の為、成果主義が好きな人には向いていると感じた。また、スポーツ業界に携わり、放映権オーナーという立場上VIP席で試合が見れる機会も多く、時には選手にも近づける機会がある。ファン目線で働いている方にとってはこの上ないやりがいと思われる。優秀な若手には早期に抜擢の機会を与えていると思う。
(マーケティング、男性)

以上の口コミから、DAZNの特徴をまとめました。

  1. 組織体制が築かれていない
  2. 休暇は取りやすい
  3. 高いマーケティングのスキルが身に付く
  4. 英国の判断により、突発的な仕事が入る
  5. 部署によっては人員が足りてない

DAZNでは、常に組織や仕事内容が変化するため、自分のやる仕事が左右されますが、自分で制度や仕事を企画提案したい方にとっては、非常におすすめの会社です。

DAZNは立ち上げの時期のため、組織体制や育成制度が築かれておらず、自分自身で仕事を進める必要があります。

部署によっては人員が足りておらず、特にエンジニアは不足しているようです。

自身で考えて仕事を推進できる方やマーケティング力を身につけたい方にはとてもおすすめな企業ですが、周囲に左右されるため変化に柔軟に対応する必要があります。

DAZNへの転職難易度は高い?

急成長中の企業のため、DAZNへの転職難易度は高いといえます。

DAZNへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にDAZNに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

DAZNにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 内定

DAZNでの選考難易度は、特に面接の難易度が高く、入念に対策しておきましょう。

1次面接では、転職理由や志望動機などオーソドックスな質問に加えて、ケース面接が行われる場合があります。

2次面接では、オーソドックスな質問に加え、自分がやりたいこととDAZNでやりたいことがマッチしているかをアピールする必要があります。
一次面接に比べ、DAZNで働く覚悟や臨機応変さ・思考力の柔軟性が求められます。

面接突破の対策

転職難易度が高い理由の一つが、面接の合格ラインが高いことにあります。

DAZNに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接で聞かれることをご紹介します。

  • なぜDAZNに転職したいのか
  • なぜ他の動画配信サービス業界ではダメなのか
  • DAZNにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • DAZNで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験やその経緯

以上の質問は、仕事に対する考え方や姿勢、自身の強みや弱みの自己認識、DAZNへの転職意向を聞く質問です。

面接を突破するには、DAZNの企業分析に加えて、他の動画配信サービス業界の特徴も理解しましょう

どの質問に対しても、これまでの仕事に対する考え・自身のアピールポイント・DAZNへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いDAZNに転職できる可能性が高まります

DAZNへの転職で失敗しない秘訣とは?

DAZNに転職したいと思っている方は、DAZNへの転職で後悔しないように、徹底的にDAZNを理解することが重要です。

DAZNの転職事情についてさらに詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

DAZNの企業理解を深める

DAZNの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

DAZNへの口コミや評判をもとに、DAZNへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 DAZNの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 大手IT企業以上の年収
  • 毎日DAZN(ライブまたはオンデマンドのスポーツストリーミングサービス)への無料アクセス
  • すべてのJリーグの試合、場合によっては他のスポーツの無料チケット
  • 月額3万円までの通勤手当
ワークライフバランス
  • 15日間の年間有給休暇(開始日に応じて比例配分)
  • 部署によって人員が不足しているため、忙しい部署もある
社風
  • 組織体制や仕事内容がよく変化する
  • 成果主義
  • 強いトップダウン文化
  • 自分で企画提案する文化が強い
  • 個人技文化
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度有り。
  • フレックスタイム制有り。

DAZNの特徴を理解した上で、自分が本当にDAZNに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

DAZNへの転職を考えている方で転職成功するには、大手動画配信サービス業界の求人を扱う転職エージェントを使うことがおすすめです。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

ぜひこの記事を参考に、DAZNへの転職を検討してみてください。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数