GAFAへの転職は可能?転職成功する人の特徴や選考対策を解説

GAFAへ転職する方法

ここ最近話題のGAFAでの仕事に興味を持っている方や働いてみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • GAFAへの転職事情とは?
  • GAFAへ転職できる人とは?
  • GAFAに転職するためにどんな対策をすればいい?

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事を読み終えることで、GAFAへの転職事情がわかり、自分がGAFAへ転職できる可能性がわかります

GAFAへ転職したい方にとっては、転職成功する手がかりを見つけることができるでしょう。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。 リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。 20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。 転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。
リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

GAFAの中途採用情報

GAFAは、米国の主要IT企業であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonの総称です。

人々のインフラとなっているサービスを提供する上記4社に働いている日本人がここ数年多くなっています。

直近の転職動向を紹介するので、自分の転職先候補の参考としてください。

GAFAの直近の採用情報

4社それぞれの採用情報を紹介します。 
GAFA各社によって、違いが多少ありますので、これまで採用情報を詳しく見たことがない方は、ぜひご覧ください。

Google

Googleへ転職した人で最も多いのは、セールス職です。

Google広告やGoogleアドセンスなどの広告商品を広告主やメディア、広告代理店へ提案する仕事です。

その他にも、エンジニア、マーケティング、アナリスト、ファイナンスなど多岐に渡り、日本でも比較的多くの人材を採用しています。

googleの募集職種

(引用:Googleの募集職種

主な応募条件は、4年生大学卒であること、特定の職種の従事経験が3年以上あること、英語力があることです。

Apple

Appleでも、セールス職をはじめ、コーポレートやエンジニア、デザインなど多岐に渡り募集しています。

セールス職では、一般のお客様や法人に対して、ソリューションを提供する仕事です。

アカウントマネジメントや直営店のセールスなどの仕事があります。
英語力を生かせるセールス職として活躍したい方におすすめの求人です。

Facebook

Facebookでは、セールス職やマーケティング職、プロダクト開発など多岐に渡り募集しています。

セールス職では、FacebookやInstagramなどの広告商品を広告主やメディア、広告代理店へ提案する仕事です。

GoogleやAppleに比べると、日本での採用人数は少なく、狭き門といえるでしょう。

Amazon

Amazonは、営業や事業開発、コーポレートなど、日本でも数多くの募集を行っています。

セールス職は、amazon.co.jpにおける販売事業者の開拓やサポート、バイヤーと呼ばれる仕入れ業務の仕事があります。

さらなる市場拡大に欠かせない仕事のため、1年中募集されている職種です。

amazonの募集職種

(引用:Amazonの募集職種

GAFAへ転職した後の年収

GAFA各社の平均年収はどの会社も高いです。
各社の平均年収を見比べてみましょう。

企業名 社員の平均年収
Google 800万円〜1000万円
Apple 700~1200万円
Facebook 800~1200万円
Amazon 600~1000万円

GAFAのどの企業でも、一般的なIT企業での平均年収よりも高い収入が見込めそうです。

職種や年代により年収の増減はあるものの、30代の営業やストアスタッフでも、平均年収の100万円前後(500~700万円)の年収を狙うことができます。

GAFAの選考プロセス

GAFAの選考プロセスは大きく3つに分かれています。

各選考プロセスの概要やポイントを押さえておくことで、自分がGAFAの選考を通ることができるかがわかります。

履歴書審査

まずは外資系企業でスタンダードな英文レジュメの審査です。

これまで在籍していた企業の経歴や実績を中心に、GAFAでも活躍できることをアピールできるように記載しましょう。

レジュメを記載するポイントは、2つです。

  • 何のスキルがあるかがわかりやすい
  • どんな実績を出してきたか

これまで身につけてきたスキル範囲を明示することで、活躍できる領域が明確になります。

加えて、実績を明示することで、スキルの高さの裏付けとともに、基礎となるビジネススキル(戦略思考、分析思考、実行力、企画力など)の高さが裏付けされます。

ケース面接

ケース面接とは、ある課題に関して、一定の仮説を置きながら構造化し、ボトルネックを特定して、解決策を導き出すことです。

ケース面接では、英語での回答が要求されるため、少なくとも日常会話レベル以上の英語力が求められそうです。

ケース面接までは、一定の英語力(TOEICでいうと、800点以上)があり、対策を行えば突破することができます。

ケース面接の対策方法は、英語でのケース面接形式での回答練習を重ねることです。 ケース面接での回答方法や単語の知識を身に付けることができます。

最終面接

最終面接では、ビジネスマンとしての英語力とGAFAの採用基準を満たしているかどうかを確認されます。

採用基準は、各社で異なりますが、これまでの経歴で得られたスキルや強み、思考プロセスを明確にしておきましょう。

最終面接では、役員や直属の上司との面接であるため、「働きたい」と思われるかが非常に重要です。

最終面接前後には、リファレンスチェックと呼ばれる、現職の上司や同僚に面接を受けてもらう必要がある場合があります。
これまでの実績を保証できる人に依頼できるようにしておきましょう。

GAFAへ転職成功しやすい人とは?

GAFAへ転職している方の特徴をもとに、成功しやすい人の共通点を紹介します。

下記のいづれかに当てはまる方は、採用基準の高いGAFAでも合格する可能性があります。

  1. 英語力が高い
  2. 外資系文化がある会社で働いた経験がある
  3. これまでに「転職しやすい」業種・職種を経験していること

留学経験や海外勤務経験がある方は、英語力が高いと評価され、GAFAの日本支社が求める人材になり得るでしょう。

そして、外資系企業や公用語が英語の日系企業で従事していた経験がある方は、外資の文化にフィットしやすいと評価されやすいです。

転職しやすい業種はIT業界・コンサルティング・広告です。
職種は法人営業・マーケティング・コンサルタント・エンジニアです。

上記の業種・職種に該当する方は、スキルが高い人材として評価されやすいでしょう。

GAFAへの転職を成功させる方法とは?

GAFAでの転職活動をお考えの方は、転職成功するためにノウハウをご覧ください。

これまでGAFAへ転職活動した方の意見をもとにまとめています。

GAFAで生かせる強みを身に付ける

現状、「英語力に自信がない」「2~3年以上の経験がある専門スキルがない」「ビジネス力に自信がない」といった方は、中長期的なキャリア設計を行いましょう。

  • 専門スキルを磨く
  • ビジネス力(戦略思考、企画力、実行力など)を身に付ける

今後のGAFAなどの外資系IT企業への転職を見据えて、今後2~3年でどのようなキャリアを歩むべきか考えましょう。

身に付けるべき専門スキルは、外資系の法人営業や企業のマーケ部門、広告代理店での経験があると、即戦力として採用されやすいため、おすすめします。

選考の準備を行う

選考の準備で重要なポイントは2点です。

GAFAでのキャリアが自分が求めるものかどうかを明確にすることと、GAFAの求人にたくさん出会うことです。

GAFAでのキャリアを設計する(面接対策)

ケース面接よりも重要なのが、GAFAでのキャリアを描くことです。

これまでのスキルを活用して、GAFAでやりたい仕事や身につけたいスキル、中長期的な目標を一貫して設計することで、面接官から「働きたい」と思われる可能性が高くなります。

GAFAは優秀な人も多く、高いレベルを要求される環境ではありますが、自分の求めるキャリアであるかどうかが最も重要です。

転職エージェントで求人を探す

GAFAの求人は年収が高い希少な求人ばかりのため、高年収や希少な求人を多数保有する転職エージェントを使ってみてください。

高年収求人を保有する転職エージェントを使うことで、自分の希望に沿った求人を提案してくれます。

特におすすめの転職エージェントを2つだけご紹介します。 GAFAに転職したい方ににおすすめのサービスは「JACリクルートメント」と「キャリアカーバー」です。

他におすすめの転職エージェントが気になる方は、以下の記事を読んでみてください。

20代に役立つおすすめの転職サイト
20代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
新卒から数年が過ぎ、自分にマッチした仕事で働きたい、次のキャリアに挑戦したいと思い始めた方も多いのではないでしょ
 
30代に役立つおすすめの転職サイト
30代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
30代はこれまでのビジネス経験が身を結び、転職で大きくキャリアアップできる可能性が高まります。一方で、20代より
■JACリクルートメント

総合評価:★★★★

公式サイト: https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントの特徴は、保有する求人の年収が高く、500万円以上での転職を叶えたい方におすすめの転職エージェントです。

保有する求人は、日系大手や外資系の求人が多く、20代~30代でキャリアップ・年収アップしたい方には魅力的です。

コンサルタントは企業別で専任制のため、応募したい企業の魅力を深く知ることができ、同時に求職者にマッチした求人を紹介してくれる傾向にあります。

登録はこちら

■キャリアカーバー

総合評価:★★★★

公式サイト: https://careercarver.jp/

「キャリアカーバー」は国内最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

職務経歴を登録すると、経営幹部層の転職支援実績が豊富なヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメッセージが届きます。

また、自らヘッドハンターを選んで、相談することも可能です。 高年収の求人が多いことが特徴で、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

登録はこちら

LinkedInで求人を探す

LinkedIn上にプロフィールを登録しておくことで、興味を持った転職エージェントや企業のリクルーターからダイレクトメッセージ(DM)が届きます。

LinkedInを通じて、受け取れる求人は他の転職サイトよりも高年収の求人が多いです。

興味を持った上で連絡をもらえるため、大手の転職エージェントよりもより厳選された求人をもらえるのが特徴です。

海外ではLinkedInが採用ツールとして一般的に活用されているため、GAFAなどの外資系企業のリクルーターがよく活用しています

LinkedInの詳細が気になる方は以下の記事を読んでみてください。

LinkedInを活用した転職
LinkedInは転職に役立つ!使って分かったおすすめの活用法を解説
LinkedInを転職活動で使うメリットとは? LinkedInを転職活動で使いこなす方法とは?
 

GAFA以外の注目の外資系企業は?

GAFAのほかにも、海外から日本に進出している成長中の外資系企業を紹介します。

下記の企業は、直近採用人数を増やしているため、働けるチャンスが広がっています。

  • Netflix
  • HJホールディングス(Hulu)
  • Uber Japan
  • WeWork Japan
  • Airbnb Japan

ユニコーン企業とも呼ばれ、GAFAに追随する勢いで成長しています。

GAFAと同じ外資系企業で、次なるGAFAとも呼ばれる存在のため、刺激的な環境で働けることは間違いないでしょう。 キャリアの選択肢を広げるためにも、一つの選択肢として見ておいて損はないです。