ホンダ(本田技研工業)への転職難易度は高い?面接内容や評判も解説

ホンダへの転職
ホンダへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。
こんなお悩み/疑問をお持ちの方に!
  • ホンダへ転職したいけど、転職難易度が高いって本当?
  • ホンダへ転職した方の評判は良い?
  • ホンダへの転職を失敗しないようにする方法は?

この記事を読み終えることで、ホンダの中途採用の情報について一通りわかり、実際にホンダに転職する方法がわかります。

現役エージェントの知見をもとに、ホンダへの転職について徹底的に解説していきます。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ホンダ(本田技研工業)への転職難易度は高い

ホンダの転職難易度はとても高いです。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材など、即戦力の人材を多く採用していることからも、転職難易度が高いといえます。

しかし、職種によっては転職エージェントを使うことでホンダへ転職できる可能性が高まります。
ホンダへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

ビジネス系

ホンダでビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 営業
  • マーケティング
  • 経営企画・事業企画
  • 人事・総務
  • 経理・財務
  • 法務・知財
  • IT企画・社内SE

ビジネス系では営業や企画、管理部門での経験を持っている方はもちろん、未経験・第二新卒の方も募集しています。未経験・第二新卒の方は、これまでプロジェクトをリードした経験やリーダーシップを発揮した経験をされてきた方はどの職種でも転職するチャンスがあります。

ホンダでは、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】ホンダ ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

ITエンジニア・技術系

ビジネス系以上にかなりの数が募集されているのが、ITエンジニア・技術系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • ソフトウェアエンジニア
  • システム開発エンジニア
  • QAエンジニア
  • アプリケーション開発
  • ネットワークの開発・構築
  • 生産技術・製造
  • アフターサービス/品質保証
  • 研究開発

ソフトウェアやITサービスのシステム開発の経験がある方や機械系や電気系、エネルギー系の研究開発経験がある方には、転職するチャンスが非常に広がっています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、技術系への転職には、自動車業界に強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、自動車業界や外資系求人のような高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもITエンジニア・技術系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】ホンダ ITエンジニア・技術系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いホンダを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、ホンダへの転職難易度は高いといえます。

ホンダへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にホンダに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

ホンダに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

ホンダにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接:人事
  3. 最終面接:現場社員の部長クラス
  4. 内定

場合によっては、ケース面接が行われることや現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

ホンダの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

ホンダの選考に対する口コミ・評判

・圧迫面接をよしとすると非常に古い風潮がある。リクルートが採用に入っているのでまずはリクルートに登録するのが最短。部門によるが課長と部長の二段階の面接で採用可否が決まる場合が多い。
(30代後半、ソフトウェア開発、女性)
・ホンダに対してどのようにチャレンジするか、ということを深堀されて聞かれる。短期的な内容だけでなく、3年後、5年後にどのようなチャレンジするかも聞かれます。自分がやりたいことを中心に聞かれますが、やりたいことだけを答えると落ちます。やりたいことを通じて、企業や社会にこのように貢献してゆきたい、とPRしたほうが良い。
(30代前半、物流、男性)
・なんでこの業界なのかなぜうちなのか、そしてどのような人物に今後成長したいのかなどを聞かれます。ちゃんと自己分析をしたほうがよろしいかと思います。
(20代前半、営業、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようで、奇をてらった質問はあまりないようです。

志望理由が明確であることと、ホンダにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

「不合格だった・内定した」という口コミ・評判から、ホンダの中途採用面接で重要なポイントをまとめました。

  1. 企業分析を一通り行うこと
  2. 過去実績から「チャレンジ精神」があることをアピールする
  3. 圧迫面接には冷静に答える

ホンダの中途面接は、職務経歴書に沿って、十分なスキルがあるかどうかを見られます。アピールできそうな実績は職務経歴書に満遍なく記載しましょう。また、過去の実績から、ホンダの行動方針として大切にしている「チャレンジ精神」がある人材かどうかを見られるため、挑戦した上で高い実績をあげた経験を整理しておきましょう。

志望度の高さについては圧迫気味に質問されるため、自身が自信を持って答えられるように、企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

ホンダへの転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。
面接では、オーソドックスな質問が中心です。

ホンダに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜホンダに転職したいのか
  • ホンダが今後改善できそうな部分はどこか
  • ホンダにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • ホンダで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「ホンダに本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとホンダが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、ホンダの企業分析を十分に行っておきましょう。
ホンダへ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・ホンダへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いホンダに転職できる可能性が高まります

選考対策を自分だけで行うことに不安が大きい方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは自動車メーカーへの多くの転職成功例をもとに、書類選考対策から面接対策まで幅広く行ってくれるので、企業HPから応募するよりも選考通過率が格段に高まります。

選考を通過できるか心配な方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】自動車メーカーの転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

転職支援実績No.1
幅広い業界・職種の転職成功事例・選考対策事例が多数

JACリクルートメント

コンサルタントの質No.1
業界・職種別のコンサルタントがサポート

ホンダへ転職する方の転職元・転職先は?

ホンダへ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

ホンダへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業を紹介します。
自分がホンダへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • IHIなどの重工メーカー
  • マツダ、三菱自動車などの自動車メーカー
  • 川崎重工業、ヤマハなどの二輪メーカー
  • 大手メーカー

特に自動車メーカーで働いていた方は、スキルが高いことや専門知識に長けているため、ホンダに転職しやすいようです。
また自動車メーカーで働いた経験がなくとも、メーカーで、営業、管理部門、研究開発、技術職、SEとして働いた経験がある方など、専門知識に特化した方は転職しやすくなります。

次に、ホンダから退職した後の転職先をご紹介します。
自分がホンダからどんなキャリアを歩めるか確認してみてください。

転職先の例
  • 三菱重工業などの重工メーカー
  • 日立製作所、パナソニックなどの大手電機メーカー
  • 日産自動車、トヨタ自動車などの自動車メーカー
  • 富士通、NEC、NTTデータなどの大手SIer
  • 川崎重工業、ヤマハなどの二輪メーカー
  • 大手日系メーカー

ホンダから転職する方は、シェアトップのメーカーや大手SIerなどにキャリアアップしやすいようです。自動車メーカーの知見を生かし、日立製作所や日産自動車などの日本トップクラスのメーカーで活躍されている方も多いです。

ホンダへの転職で内定しやすい人は?

ホンダへの転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、ホンダへの転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. 自動車メーカーなどで研究〜生産プロセスに関わった経験がある方
  2. システム開発、ソフトウェア開発の経験がある方
  3. 重工メーカー、電機メーカー、二輪メーカーで働いた経験がある方
  4. メーカーの研究開発者として働いた経験がある方
  5. 営業や事業企画、管理部門(ビジネス系)などで、高い実績をあげた経験がある方

5つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、ホンダに内定しやすい人といえるでしょう。

特に、上記の経験で3年以上経験がある方は転職する確率が上がります
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

一方で30代以上の即戦力から第二新卒・未経験まで幅広く中途採用を強化しているため、ビジネス系・ITエンジニア・技術系への転職問わず、比較的転職しやすいです。

ホンダの中途採用事情を紹介

代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、ホンダの最近の中途採用情報や転職難易度や評判について触れていきます。

事業内容

ホンダは「The Power of Dreams」をスローガンとして、従来の二輪、四輪、汎用製品の製造・販売事業以外にも、ロボットや航空機などの新規事業の開発も手掛けています。

各事業についてご紹介します。

  • 二輪事業
    自転車用の補助エンジンから始まった二輪事業はホンダの原点とも言える事業です。「スーパーカブ」や「Dream CB750 Rour」など、多くの人気製品を販売し、オートバイの世界シェアはNO.1を誇っています。現在は、走行中に二酸化炭素を一切排出しない電動バイクの発売など、地球環境に目を向けた製品の販売も開始しています。
  • 四輪事業
    軽トラック「T360」の発売以来、軽自動車の「Nシリーズ」や「NSX」など、様々な人気車種を販売してきました。ハイブリッド車の車種も拡充し、2012年にはハイブリッド車の販売数が累計100万台を達成しました。
  • 汎用製品事業
    発電機や耕運機など様々な分野で活用される機器や、住宅用太陽電池や船外機といった汎用エンジン、ガスエンジンの開発にも力を入れています。家庭用のプロパンガスで動く発電機など防災などの多様なシーンで活躍する製品の開発も進めています。
  • ロボット開発
    ホンダは「ASIMO」に代表されるようなロボットの開発を長年にわたり行なってきました。こうして生み出された技術と生産された製品の中には福島第一原発の内部調査にも用いられた「高所調査用ロボット」もあります。
  • 航空機開発
    小型ジェット機の「Honda jet」には、主翼上面エンジンや、独自開発の自然層流翼やノーズなど、ホンダの技術とこだわりが搭載されています。2012年には量産1号機の生産が開始されました。

今後の取り組み

ホンダでは、Honda eMaaS」(モビリティサービスとエネルギーサービスをつなげることで、人々に自由な移動を提供しつつ、再生可能エネルギーの拡大に貢献すること)」を掲げています。

モビリティーサービスの確立については、自動車業界全体の技術変革に伴い、電動化、安全運転支援技術、コネクテッドなどの次世代技術を搭載した製品・サービス開発に取り組んでいきます。

エネルギーサービスについては、エネルギー機器を動力として「つかう」だけでなく、電力を「つくり」、家庭の電源と「つながる」ことで、必要な時に必要な場所で電気を使えるようになるなど移動する電源としての領域への取り組みが必要になる。

売上の推移

トヨタは2019年まで売上を純増させており、四輪事業を中心に売上を伸ばしています。。2020年以降、自動車需要の低下に伴い、売上は減少していますが、利益は拡大しています。全体に対する四輪事業の売上は7割を占めており、ホンダの中核をになっている事業です。

また、経常利益の低下は、需要の低下に加えて、新車種への投資や航空機事業、デジタル化に向けた研究開発への投資が影響しています。

▼売上推移

ホンダの売上

▼利益の推移

ホンダの利益

今後のホンダでの採用は、自動車や二輪関連の技術者の採用は引き続き実施されますが、自動車のデジタル化を推進する人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう

ホンダでは直近採用に力を入れていることもあり、メーカーでの勤務経験がある方、ソフトウェアやITサービスの技術を持っている方は転職難易度が低くなるでしょう。
(引用:ホンダのHP、DODAのHP)

採用人数・求人の募集内容

ホンダでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年1000名程度(高卒、大学卒、大学院卒等含む)採用しており、中途採用でも700名程度を採用しています。2019年度の採用実績は、新卒採用で910名、中途採用で676名でした。ホンダでは、2017年以降、全体に占める中途採用人数が100名ほど増員しており、自動車関連の技術者に加えて、IT分野のスペシャリストを数多く採用する方針が伺えます。

ホンダの採用HP上では、63件の求人が掲載されていました。(2021年1月時点)具体的に、実際にHP上で募集されている中途採用の求人を紹介します。

▼求人のカテゴリー一覧

ホンダの募集職種

ホンダで最も多く募集されているのは、ソフトウェア開発の求人です。また、エネルギー系や空の次世代モビリティに関わる研究開発の求人も募集されています。

具体的に募集されている職種は以下の通りです。

  • 研究開発(エネルギー、新モビリティなど)
  • 研究開発(パワープロダクツ)
  • 研究開発(四輪)
  • 研究開発(二輪)
  • 生産・製造技術
  • 営業
  • 経営企画・事業企画
  • 人事・総務
  • 経理・財務
  • 法務・知財
  • IT企画・社内SE

ソフトウェア開発では幅広く募集しているため、自分の専門分野とマッチすれば、転職難易度は比較的低くなるでしょう。

ビジネス系では、企画や戦略、経理、人事など多岐に渡り、求人を掲載しています。

「成長中の世界的な自動車メーカーに関われるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

ホンダの平均年収は高い?

ホンダの平均年収は817万円です。
職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 645万円
管理 670万円
研究開発 660万円
企画 770万円
購買 600万円
生産技術 660万円
技術 650万円
設計 640万円
製造 800万円

どの職種も平均600万を超えており、どの職種でも高い水準の年収で仕事をすることができます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 480万円
30歳 600万円
35歳 750万円
40歳 880万円
45歳以上 950万円〜

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
本田技研工業 817万円
日産自動車 810万円
トヨタ自動車 860万円
三菱自動車工業 731万円
マツダ 664万円
スズキ 691万円
川崎重工業 708万円
ヤマハ発動機 760万円

平均年収の第1位はトヨタ、第2位は本田技研工業と非常に高い水準となっています。
新卒や第二新卒でも年収500〜600万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。ホンダでは新卒入社時はそれほど年収が高くなりませんが、2〜3年すると、一気に年収が上がります。

何よりも売上が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】高年収の転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

年収アップ事例が多数
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

高年収転職実績No.1
年収600万円~1,500万円の求人多数

(引用:Openwork)

ホンダへ転職した方の評判・口コミは?

ホンダに転職した方の評判から、ホンダに転職して成功したことや後悔したことを紹介します。
自分がホンダに転職して後悔しないかどうかを考えながら見てみてください。

・企業の組織体制として、人の入れ替わりによる組織変動が頻繁に行われており、その事に伴い新組織が根付かないまま次の組織へ移行する場合も多々見受けられる。付いていくのに結構大変である。1つの担当職務を専門的に学びながら突き詰める事は中々難しく、3〜4年スパンで次の担当へシフトチェンジするパターンが多いです。企業文化としてチャレンジ精神が求められており、組織の入れ替わりのスピードも企業文化の1つと捉えてもいいのかなと思いました。様々な分野にチャレンジしたいという方にとってはうってつけの会社だと思います。
(製造、男性)
・同じ完成車メーカでもトヨタやホンダとは全く異なる企業文化と考えた方が良い。社員の大半が認めるボトムアップカルチャーであり、上位からの指示待ちでは仕事は何も生まれない。ボトムアップカルチャーゆえに新たなことは自ら企画し、周辺部門における同志を募りながら影響範囲を拡げていくことが求められる。マネジメントはボトムから生まれた企画内容が面白いと思えば予算は付けるし、サポートするようになる。自らスキルを磨き人間関係を構築し、面白いことを自らやっていこうというタイプの人間にとっては居心地の良いカルチャーなのではないか。
(企画、男性)
・この会社で働いていて,必要に感じたことをスキルアップとして身につけていった.自動車開発技術のスキル→他の部署とコミュニケーションをうまくとるためのコミュニケーションスキル→商品開発に活かすマーケティング,戦略,プロジェクトマネジメントなどのスキルなどである。仕事の変化とともに自分の成長もあったので,それなりに働き甲斐があった。
(開発、男性)
・有休取得は組合の強力な管理推進もあり、組合員なら100パーセント取得できる、というより年間20日以上残すことは許されない。また、部門により多少の差はあるものの、取得を躊躇うような雰囲気も無いと言える。
特別休暇については、介護や育児を想定した専用の休暇制度もあり、活用率は高いと感じる。
さらに、在宅勤務制度もあり、もともとは週1ペースしか認められていなかったものの、今はコロナ禍もあって取得制限は一時的に撤廃されている。この制度の活用率も非常に高いと言える。
(営業、男性)

以上の口コミから、ホンダの特徴をまとめました。

  1. 組織変動が比較的多い
  2. 様々な分野に挑戦できるチャンスがある
  3. ボトムアップを大切にするカルチャー
  4. 専門知識に加え、PM、マーケティングなどのビジネスに必要なスキルも身につけられる
  5. 有給取得を推奨する文化

ホンダへの転職は、モビリティメーカーで高い汎用スキルを身につけたい方におすすめの会社です。
ホンダでは、大手企業には珍しく、保守的な文化やトップダウンを嫌う文化で、社員一人一人の意見やアイデアが尊重されます。仕事での成果を出していけば、希望する部門や仕事に挑戦することができ、専門知識やスキルの幅を広げることができます。

一方で組織変更が多い面もあり、専門知識をかなり深めづらい点は否めないでしょう。
ワークライフバランスは他の大手企業よりも推奨されており、有給休暇取得率や残業時間が徹底的に管理されています。

ホンダへの転職で失敗しない秘訣とは?

ホンダに転職したいと思っている方は、ホンダへの転職で後悔しないように、徹底的にホンダを理解することが重要です。
転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、ホンダへの入社後も納得して働くことができます。

ホンダの転職事情についてさらに詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

ホンダの企業理解を深める

ホンダの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

ホンダへの口コミや評判をもとに、ホンダへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 ホンダの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 社員食堂あり
  • 通勤手当あり
  • 社宅・寮あり
  • 平均年収は817万円
ワークライフバランス
  • 年間休日121日以上
  • 年間有給休暇あり
  • 平均残業時間16.5時間
  • 有給取得を推奨する文化
社風
  • 組織変動が比較的多い
  • 様々な分野に挑戦できるチャンスがある
  • ボトムアップを大切にするカルチャー
  • 専門知識に加え、PM、マーケティングなどのビジネスに必要なスキルも身につけられる
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。

ホンダの特徴を理解した上で、自分が本当にホンダに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ホンダへの転職を考えている方は、大手企業や自動車業界の求人を多く扱った転職エージェントを使うことがおすすめです。

特に、他の転職サイトでは公開していない非公開の求人を多く保有している転職エージェントを活用しましょう。

以下に紹介する転職エージェントは、ホンダの求人を保有していた実績があります。

大手の転職エージェントであれば大手企業や自動車業界の求人を紹介してくれる可能性が高く、様々な業界の求人を保有しています。

転職エージェントはホンダの社内事情について教えてくれたり、転職難易度の高いホンダなどの大手自動車メーカーへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手自動車メーカーに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する