ホンダへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

ホンダへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • ホンダへの転職は後悔しやすい?
  • ホンダは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • ホンダに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、ホンダへ転職した方の評判をもとに、ホンダへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

ホンダは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・後悔したことを把握しておきましょう。

この記事を読み終えることで、ホンダへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

ホンダへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

ホンダと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、ホンダの候補者が並列してよく検討する企業です。
ホンダと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

ホンダへの転職で後悔する理由は?

ホンダに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

ホンダへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、ホンダに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

ホンダでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 有給消化日数のノルマがある
  • 差し迫った仕事があっても、残業できない

▼入社してよかった理由

  • 100%有給消化できる
  • 残業時間が少ない
  • フレックスタイム制で従事可能

▼具体的な評判・口コミ

有給消化率、残業平均時間だけみれば好ましいと思う人も多くいると思うが、実際は業務量に対してあった働き方ができていないと感じている。 差し迫った業務や突発課題が発生し、十分な時間が必要な時でも残業時間のしばりや有給消化ノルマの達成が優先される。その割に仕事量を減らず増える一方で一度このサイクルにハマると延々と時間のない中で仕事することになる。
業務時間外は全く仕事をする必要がありません。有給100パーセント消化できます。フレックスタイム制でコアタイムなしのため、家庭事情にあわせた仕事の進め方ができます。 基本的に在宅勤務のため、出社は非常に限定的です。
残業時間は他社と比較して少ないと思います。組合が強く、PCのログを監視されているのもあり、サービス残業はしたくてもできない環境です。

ホンダは大企業ならではの文化が根強く、働き方の柔軟さでやや欠けている点があるようです。

有給消化可能、残業がない点はワークライフバランスを保てる点でありながら、仕事がしたくてもしにくい環境です。

ただし、フレックスタイム制や在宅勤務可でもあるため、家庭の時間を大切にすることが可能です。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

ホンダの社内文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 大企業特有の文化
  • 社内調整や資料作成のタスクに追われやすい
  • 年功序列の根強い文化

▼入社してよかった理由

  • 若い内から仕事を任される
  • のんびり仕事を進めることも可能
  • 失敗してもフォローする風土

▼具体的な評判・口コミ

配属される部門ごとに仕事内容はかなり変わるので合う仕事、合わない仕事があると思う。仕事を任されても部門内外との調整や資料作成に追われてやりたいことができないまま1日がおわることもある。
よく言えば若いうちから仕事を任されて挑戦できる。しかし、現実的には人手不足で若手に仕事が回ってきているだけに感じる。
全体的に大企業特有の空気がある。 おかしな体育会系ののりがあり、無茶な業務を根性でこなすような感じです。 若手で役責超え・複数人分の仕事を振られるので、特に中途採用の方は見切りを付けて退職する人が多く、人が減って負荷が増えるのサイクル状態です。 昇進がどんだけ頑張っても年功序列で決まるので、若手のやる気は下がる一方かと…
本田宗一郎の経営理念が強く浸透しており、現場を大事にする社風。また、若手でも関係なく手を挙げればチャレンジさせてくれ、失敗したとしても問われることなく先輩や上司がフォローしてくれる風土

ホンダでは大企業の文化が根強く、仕事を進めるには社内調整や資料作成に多くの時間が必要です。

年功序列の文化ではありますが、40-50代の人は役職が付き、管理側の仕事に周るため、若い内から現場の様々な仕事に挑戦できます。

良くも悪くも、若い内からチャレンジングな環境であることは間違いないです。

年収に対する評判・口コミ

ホンダの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 短期的に給料を大幅に上げることは難しい
  • 入社3年間は評価が固定される
  • 評価基準が曖昧

▼入社してよかった理由

  • 毎年安定して給料が上がる
  • ボーナスが5~6ヶ月支給される
  • 福利厚生が充実

▼具体的な評判・口コミ

毎年少しずつお給料は上がります。 昇給チャンスは3段階で、チーフ、主任、管理職の順で給料が大きく上がります。 ボーナスは大体5〜6ヶ月の間です。 控除が多いので手取りは控えめですが、社宅に入ることができれば余裕はあると思います。 ボーナスの際に頑張った人が追加で数万円のご褒美がもらえる制度があります。これもほぼ持ち回り運用となっていて、もらえる基準がよくわかりません。
・新卒/中途問わず入社3年間は評価が固定されています。 どんなに仕事をしても毎年評価が返ってこないため、若手のモチベーションは低いです。
・また、評価自体が部や課内での枠の取り合いのため、資格試験を受けさせる社員にA評価をつけるような運用になってしまっています。結果的に誰からみても素晴らしい仕事をした人がB評価で、何もしていないけど資格試験を受けるのにちょうどいい年齢の人がA評価というような例が散見されます。相対的な評価基準が崩壊しています。
基本給は、評価に応じて年一回の改定。賞与は年2回。業績次第ではあるが、特に賞与の水準が極めて高い。5ヶ月を下回ることはほとんどない。基本給の水準もそれなりに高いが、加えて残業手当や家族手当などが手厚い。また、家賃補助などの福利厚生も充実しており、源泉徴収票に載らないないものも含めた実質年収はかなり高い。

ホンダの給与は、月給に加えて、5~6ヶ月の賞与が支給されます。

入社3年間の評価は固定されるものの、賞与分で比較的高い年収になります。

ただし、頑張って成果を出しても年収は上がりにくい制度になっており、役職を上げるにはある程度時間を要すようです。

ホンダに向いている人とは?

次に、ホンダへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、ホンダに向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、ホンダへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 若い内から様々な仕事を経験したい方
  2. 中長期的に安定して年収アップしたい方
  3. ワークライフバランスを整えたい方
  4. チャレンジングな環境で働きたい方
  5. 福利厚生が整っている企業で働きたい方

ホンダへの転職は、スキル・年収・プライベートをバランスよく得られる会社です。

ただし、大企業ならではの文化を嫌う人にとっては、やや不満に思う点もあるでしょう。

評価制度や働き方の自由度を許容できるようであれば、ホンダは安定して働けるおすすめの会社です。

ホンダへの転職難易度は高い?

ホンダでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年500~600名程度、中途採用も同様に600名程度採用しています。

中途採用の規模としては、かなり大きいので、経験が多少乏しくても、転職しやすい企業といえます。

転職難易度が高いポジションや希望のポジションがない場合は、転職エージェントを使うことでホンダへ転職できる可能性が高まります。
ホンダへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

事務

ホンダでビジネス系として、頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 購買・調達
  • 営業
  • マーケティング・商品企画
  • 経営企画・事業企画
  • 広報
  • 人事・総務
  • 経理・財務
  • 法務・知財
  • 物流・生産管理

最も多く募集されているポジションは、営業や経営企画・事業企画、購買・調達です。

サービスの拡充や海外マーケットへの拡大により、経験者が求められています。
求人の中には、その職種の経験があれば応募可能なものも多く、経験が浅くても応募しやすい求人もあります。

ホンダでは、採用HPや社員紹介経由で採用されることもありますが、中途採用の多くは、転職エージェントに採用を依頼しています。

そのため、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】ホンダ ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

IT

ホンダでIT系として、頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 生産技術開発
  • 研究開発
  • DX推進
  • IT企画・社内SE

ホンダでは、新しいモビリティや四輪事業の開発が促進されており、ロボットや自動運転、コネクテッドカーのIT技術者が多く募集されています。

また社内でDXが推進されており、プロジェクトマネージャーやデジタル技術の企画開発者も募集されています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニアで高年収を狙いたい方の転職には、高年収求人かつエンジニアに強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手企業や外資系企業の求人における高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】ホンダ IT系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

技術

ホンダで技術系として、頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 生産技術開発
  • 研究開発
  • 設備
  • 品質
  • 施設管理

技術職も、IT系の職種と同様に、新モビリティや四輪事業の研究開発者が数多く募集されています。

コネクテッドカーや自動運転などの技術以外にも、次世代エンジン・自律移動モビリティ・燃料電池など最先端の研究開発がなされています。

技術職への転職に興味がある方は、特定の業職種専門の転職エージェントの求人もご覧ください。
専門の転職エージェントは、技術職などの専門的な求人を扱っています。

以下に多数の技術職の求人が掲載されている転職エージェントを紹介します。

【厳選】ホンダ 技術職の転職におすすめ!
転職サービス名 特長
JACリクルートメント

【あなたのスキルを生かせる転職エージェント】
・専門職への転職サポートに強み

選考難易度の高いホンダを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、ホンダへの転職難易度は比較的高いです

ホンダへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にホンダに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

ホンダに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

ホンダにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 適性検査
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 最終面接
  6. 内定

ホンダの選考に対する口コミ・評判

・なぜホンダを志望したか、やりたいことのイメージを明確に持って挑むのが良い
・1次面接は人事、2次面接は現場となる。ものづくりへの気概、熱意をアピールする必要がある。
・3回のオンライン面接があり、OBとの面談→キャリア相談的な面談→3段階評価がある。その評価により、最終面接の内容が異なる。
※引用:転職会議

これまでの自分の経験をアピールした上で、ホンダへ転職したい熱意を伝えられるかが重要です。

求人に沿った経験がありながらも、選考に落ちてしまう方の多くは、ホンダへの志望動機を論理的かつ感情的に伝えられていないからです。

とにかく他社との違いなどを踏まえて、なぜホンダでないといけないのかの質問への回答を徹底的に洗練させておきましょう。

中途採用の面接対策

ホンダでの中途面接では、以下のような質問を想定しておきましょう。

  • これまでの仕事でやってきたことはなんですか。
  • これまでの仕事で最も困難だった課題を解決できた経験を教えてください。
  • 今まで一番成果をあげた経験はなんですか。
  • 今後の夢はなんですか?
  • ホンダへの志望動機
  • 〇〇の知識はどのくらいありますか?
  • ホンダでないといけない理由は?

ホンダの面接では、基本的な自己PR以外に、事業や実際に行う仕事に関しての知識を問う質問があります。

ホンダの企業研究と同時に、自分がやりたい仕事に対しての知識を言語化しておきましょう。

また、ホンダのビジョンと自分の夢を重ねて話すことで、ホンダでないといけない理由をしっかり伝えることが可能です。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

ホンダの企業情報

ホンダの事業や採用についてあまり知らない方は、まずホンダへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

ホンダへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性を把握しておくことで、自分の納得できる転職につながります。

会社概要

ホンダ株式会社の会社概要は以下の通りです。

会社名 本田技研工業株式会社
所在地 〒107-8556 東京都港区南青山2-1-1
設立日 1948年(昭和23年)9月
代表 代表執行役社長 三部敏宏
資本金 860億円
従業員数 連結211,374名
単独35,781名

ホンダの事業内容

ホンダは、日本トップクラスのトータルモビリティカンパニーとして様々な事業を運営しています。

ホンダの主な事業は、以下の5つです。

  • 二輪事業
    自転車用の補助エンジンから始まった二輪事業はホンダの原点とも言える事業です。「スーパーカブ」や「Dream CB750 Rour」など、多くの人気製品を販売し、オートバイの世界シェアはNO.1を誇っています。
  • 四輪事業
    1963年の軽トラック「T360」の発売以来、軽自動車の「Nシリーズ」や「NSX」など、様々な人気車種を販売してきました。ハイブリッド車の車種も拡充しています。
  • 汎用製品事業
    ホンダは車両だけでなく、発電機や耕運機など様々な分野で活用される機器や、住宅用太陽電池や船外機といった汎用エンジン、ガスエンジンの開発にも力を入れています。
  • ロボット開発
    ホンダは「ASIMO」に代表されるようなロボットの開発を長年にわたり行なってきました。福島第一原発の内部調査にも用いられた「高所調査用ロボット」などもあります。
  • 航空機開発
    小型ジェット機の「Honda jet」には、主翼上面エンジンや、独自開発の自然層流翼やノーズなど、ホンダの技術とこだわりが搭載されています。他社機よりも3割ほど広いキャビン、および静粛性などが評価され、2017年から4年連続で小型ジェット機カテゴリーにおいてデリバリー数1位となりました。

事業の将来性

ホンダの売上は、2020年に一時低下したものの、2021年から売上・利益とも回復しています。

以下は売上・営業利益の推移です。

二輪事業や四輪事業の売上が好調で、主にアジアでの販売台数が増加しています。
また、販売費や管理費の抑制の影響で、営業利益も伸長しています。

国内やヨーロッパでの売上高も大きく、部品の供給が回復するとされており、今後のさらなる売上向上が期待できます。

ホンダの平均年収は高い?

2022年の有価証券報告書によると、ホンダの平均年収は799万円です。
ここ5年間の平均年収は809万円と、800万円前後の年収となっています。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 679万円
研究開発 682万円
管理 698万円
企画 787万円
生産技術 679万円
事務 566万円
購買 617万円

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 812万円
30歳 907万円
35歳 1,058万円
40歳 1,234万円
45歳以上 1,419万円
※引用:Openwork

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
マツダ 664万円
日産自動車 810万円
トヨタ自動車 860万円
三菱自動車工業 731万円
スズキ 691万円
ヤマハ発動機 760万円

ホンダの年収は、トヨタと日産と同程度の年収で、日本トップの自動車メーカーと同じくらいの給与を得られる会社です。

30代前半で年収800万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収1,000万円クラスを目指すことも可能です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

ホンダの福利厚生・その他

ホンダの福利厚生についてご紹介します。

ホンダの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フルフレックスタイム制
・1日の標準労働時間:8時間00分
・定時退社日:週1回
休日 ・年間休日121日
・完全週休2日制、祝日あり
・年次有給休暇
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・独身寮/社宅/住宅手当・家賃補助/持家促進制度
・社内食堂/食事補助
・通勤手当
・健康管理/厚生施設/社員販売制度/互助会/積立制度

ホンダへの転職で後悔しない秘訣とは?

ホンダへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にホンダを理解することが重要です。
ホンダへ転職する際の注意点を気をつけておけば、ホンダへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、ホンダの特徴を一覧にまとめました。

もっとホンダの転職事情について詳しく知りたいと思った方やホンダのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

ホンダの企業理解を深める

ホンダの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

転職で後悔しやすい項目 ホンダの口コミ・評判
働き方
  • 有給消化日数のノルマがある
  • 差し迫った仕事があっても、残業できない
  • 100%有給消化できる
  • 残業時間が少ない
  • フレックスタイム制で従事可能
仕事・社内文化
  • 大企業特有の文化
  • 社内調整や資料作成のタスクに追われやすい
  • 年功序列の根強い文化
  • 若い内から仕事を任される
  • のんびり仕事を進めることも可能
  • 失敗してもフォローする風土
給与・福利厚生
  • 短期的に給料を大幅に上げることは難しい
  • 入社3年間は評価が固定される
  • 評価基準が曖昧
  • 毎年安定して給料が上がる
  • ボーナスが5~6ヶ月支給される
  • 福利厚生が充実
ホンダに向いている人
  • 年収アップを目指している方
  • 若い内に多少無理をしても大きく成長したい方
  • 成果重視や主体性重視の環境を望む方
  • 多少の残業時間を許容できる方
  • 福利厚生が整っている企業で働きたい方

ホンダの特徴を理解した上で、自分がホンダに転職した際に、失敗・後悔しない会社と自信を持って言えるか、しっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ホンダで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

この記事を通して、「ホンダで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「ホンダのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数