転職回数が多すぎても採用される方法を徹底解説!

転職回数が多い

これまで数多く転職してきた方の中には、次の転職活動で不利になるのではないかと、不安に感じる方もいると思います。

  • 転職回数は何回目から不利になる?
  • 転職回数はごまかしてはいけない?
  • 転職回数が多くても採用されるには?

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事を読み終えることで、転職回数が多い方でも採用されるポイントがわかり、自身の転職活動にすぐ生かすことができます。

3つの構成でまとめているため、仕事に忙しい方でも5分程度で手軽に読むことができます。

転職回数が多いとなぜ不利になる?

各年代に対する平均の転職回数よりも多くなると、採用企業から不利に見られる理由を紹介します。

採用企業側からは、「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われてしまいます。

すぐ辞められるのではと思われる主な理由は、4つです。

  • 継続することができない(性格)
  • 会社に馴染むのが困難(人間関係)
  • 今後のキャリアが不明確(自己分析)
  • 家族やこれまで所属した会社での出来事(外部要因)

3つ目までは、自分が原因となって生じてしまう事で、辞めてしまう理由です。

自身の性格が仕事に向かなかったり、人間関係に偏りが生じてしまう部分は、すぐ解決することが難しいため、弱みとして認識しておきましょう

自己分析が不足していることで辞めてしまう方で多いのは、自己認識が不十分なため、自分のやりたいことが移り変わってしまうのです。すぐ解決できる部分ですので、後ほど解説します。

家族内で重大な出来事やこれまで所属した会社の経営悪化など、転職せざるを得ない場合もあります。

自分がこれまで転職回数が多い理由を把握しておきましょう。

転職回数は何回で不利になる?

企業の採用担当者が「転職回数」が多すぎる人に対して、どう捉えているかを説明します。

自分の転職回数が多すぎるのか、平均の転職回数と比較してみてください。

年代別の平均転職回数

年代別の平均転職回数は、どの年代でも2回以下という結果となっているようです。

年代別の平均転職回数は以下の通りです。

年代 転職回数
20代 約0.3回
30代 約1.0回
40代 約1.4回
50代 約1.6回

(引用:リクナビNEXTの調査結果)

年代別の転職回数

20代では、転職経験者の割合は24%程度、40代ではその割合が62%まで上昇します。

市場全体で転職経験者の数は増えていくものの、回数は1~2回の方が多く、3回以上転職する割合は少数派のようです。

各年代別に「転職回数が多い」・「転職回数が多すぎ」と見られる基準は以下のまとめられます。

  • 20代~30代で転職経験が3回以上ある方や、40代~50代で4回以上ある方は、転職回数が多いと見られる可能性が高い
  • 転職回数が6回~10回以上ある方は、転職回数が多すぎると見られる可能性が高い

3回目から気になる企業が多い

どの年代を採用するかにもよりますが、企業の採用担当者は、3回目以降の転職から、すぐ転職されるのではないかと懸念をちます。

リクナビNEXTの調査の通り、市場全体で3回以上転職する方が少なく、転職に対するハードルを高く考えている採用担当者が多いことが理由です。

20代で3回以上の転職をされた方は、2年に1回のペースで転職していることになり、企業は2年後退職する可能性を見据えて、選考しなければならないからです。

40代で3回以上転職された方の割合は、24%程度であり、40代以上の方は転職回数が3回以上でも比較的安心して転職活動できるでしょう。

6回目からの転職は多すぎる

転職回数が6回から10回以上経験されている方は、どの年代も2%以下の割合なので、十分に対策しておきましょう。
転職回数が多すぎる部類に入ります。

日本ではまだまだ転職の文化が浸透していないこともあり、「転職回数」で評価される側面が残っています。

後述する「転職回数が多すぎても」採用される方法をご覧ください。

転職回数が多すぎても採用される方法とは?

採用企業側から「転職回数が多い」「転職回数が多すぎ」と見られる可能性がある方は、転職回数が多い理由をポジティブに捉えられるように対策していきましょう

転職回数が多すぎる方でも、これまでのキャリアをポジティブにすることができます。

転職回数が多い方でも、転職をスムーズに行うポイントは5つです。

  • 自分のスキルや実績を整理する
  • 経歴をごまかすのはNG
  • 職務経歴書でうまくアピールする
  • これまでの転職理由に一貫性を持たせる
  • 「転職回数が多い理由は?」の問いには、前向きに答える

自分の強み・スキル・実績を整理する

職務経歴書や面接で自分自身のアピールポイントを明確にしておきましょう。

強みやスキル、仕事の実績を整理するポイントは2つです。

  • 「いつ」「何の」仕事をしたかを洗い出す
  • 洗い出した仕事ごとの気付きを振り返る

洗い出した仕事ごとに「その仕事から何を感じたか」を振り返ることで、自分の強みやこの先やりたい仕事への気付きにつながっていきます。

洗い出した仕事ごとにキャリアを振り返るポイントは以下の通りです。

会社/プロジェクト/仕事 どんな仕事をしていたか。
仕事の実績 どんな実績を出したか。(数値で現した方がベター。)
うまくいったこと
失敗したこと
生かせそうな経験やスキル、失敗してどう乗り越えてきたかまで記入しましょう。
自分の強み/弱み 上記から、定性的な特性を記入しましょう。
入社理由
退職理由
入社理由と退職理由のギャップを見つけしょう。
楽しかったこと
いやだったこと
楽しかった仕事とそうでない仕事の特徴を見つけましょう。
転職しようと思ったきっかけ 上記から、転職への思いが芽生えた体験を振り返りましょう。
次の転職先に望む条件 上記から、次の職場に望む条件を記入しましょう。

上記の項目は、定性的な特性や次の転職先の条件に気付ける構成になっています。

まずは思いのままに自由に振り返ってみてください。

強みやスキル、仕事の実績を整理する際のポイントを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

キャリアの棚卸し
転職成功者が実践するキャリアの棚卸し (自己分析) のコツを徹底解説

キャリアの棚卸しって何? キャリアの棚卸しはなぜやるの? どのように棚卸しすればいいの?

転職回数をごまかすのはNG

転職回数が多いからといって、ごまかすことはおすすめしません

転職回数をごまかして、もし転職することができたとしても、バレる可能性が高いからです。

入社前の面接だけでなく、入社後に同僚や知人、友人からバレる可能性があります。

バレてしまえば、会社からクビを通達されてたり、最悪の場合、法的措置が為される場合もあるようです。

職務経歴書でうまくアピールする

転職回数が多い人が職務経歴書でアピールするためのポイントをご紹介します。

  • 業務内容別に記載する
  • 応募先の業務内容に関連した内容を重点的に記載する
  • スキルや実績を記載する

応募先企業が欲しい人材であることをいかにアピールできるかが非常に重要です。

職務経歴書に記載する業務内容は、時系列順に記載しがちですが、業務内容別に記載していると、どのようなスキルを持っている人材かがわかりやすくなります。

そして、そのスキルが企業の求める業務内容と適しているかが記載されていれば、なおアピールできます。

業務内容に加えて、保有するスキルや実績、資格を追記しておけば、魅力的な人材と見えるでしょう。

これまでの転職理由に一貫性を持たせる

転職回数が多くても、転職成功している方の共有点は、転職理由が1回目の転職から直近の転職まで一貫していることです。
これまで経験してきた仕事を振り返っておくことで、自分が転職してきた理由に共通点が見えてきます。

転職理由は個人の価値観によって異なりますが、例として以下のような転職理由があります。

  • お金を稼ぐこと
  • 職場環境が自分と合うこと
  • 難しい仕事を乗り越えること
  • 社会貢献できること
自分が経験してきた仕事から、どんな転職理由で次の転職先を決断してきたか一貫性を持たせましょう。

「転職回数が多い理由は?」の問いには、前向きに答える

面接の際に転職回数が多い方によくされる質問に、「転職回数が多い理由は?」があります。
この質問は、応募者が「これまでネガティブなことが理由で転職してきたのではないか」を確認する質問です。

転職理由に一貫性があること、前向きな理由があることを伝えることがポイントです。

前向きな理由を伝える際におすすめなのは、「中長期的なビジョンを見据えていたため」というニュアンスを伝えることです。

■おすすめの回答例
〇〇や▲▲の役割を全うできるようになるためです。〇〇や▲▲を全うするためには、A企業でのプロジェクトの経験やB企業での経験が必要だったため、転職しました。
今在籍しているB企業では、自分がやりたかった〇〇の仕事ができないことに気付き、今回御社に応募いたしました。

転職エージェントを利用すれば、アドバイスがもらえる

転職回数が多い・転職回数が多すぎて、転職活動がうまくいきそうにない場合は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは、自分のこれまでのキャリアや自分が望む仕事についての相談をもとに、求人を提案してくれます。
転職回数が多い方にとっては、キャリアの分析や内定をもらうまでの選考対策まで幅広いサポートをしてくれるのが特徴です。

転職回数が多くて不安を抱いている方は一度、転職エージェントに登録してみてください。