KDDIの転職難易度は高い?内定しやすい人の特徴や面接内容を解説

KDDIへの転職

  • KDDIへ転職したいけど、転職難易度が高いって本当?
  • KDDIから内定をもらいやすい人はどんな特徴がある?
  • KDDIの面接を突破する方法とは?

といったKDDIへの転職に関する悩みを解決できる記事になっています。

この記事は、実際にKDDIへの転職活動をして、「内定した」「落ちた」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「KDDIへの転職難易度」について解説し、記事の後半では、「KDDIに転職する方法」について解説します。

この記事を読み終えることで、自身がKDDIに転職できる可能性を計れるとともに、実際にKDDIに転職する方法がわかります。

本記事で解説する次の6つの点に当てはまる方は、KDDIに転職できる可能性が高い方といえます。

  1. 通信キャリアに在籍した経験がある方
  2. ITベンチャーで事業立ち上げに関わっていた経験がある方
  3. 5G関連、DX関連の事業に携わっていた方
  4. 大手企業のコーポレート部門に在籍していた方
  5. 金融業界に勤めていた方
  6. 営業での経験が2〜3年ある方

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

KDDIなどの大手通信キャリアへ転職するには

KDDIなどの大手企業や通信キャリアへの転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

KDDIの中途採用事情とは?

代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、KDDIの最近の中途採用情報や転職難易度について触れていきます。

事業内容

KDDIグループは個人向け移動体通信サービスをはじめとする「パーソナル事業」、企業を対象としたICTソリューションを提供する「ビジネス事業」を主な事業として展開しています。

各事業の概要をご紹介します。

  • パーソナル事業
    「パーソナル事業」では、個人向けの通信サービス(au・MVNO携帯電話、FTTH、CATV)及びエネルギー、教育サービス、コマース、金融・決済、エンターテイメントサービス等を提供しています。本事業の主要な関係会社は、KDDIと連結子会社の沖縄セルラー電話、ジュピターテレコム、UQコミュニケーションズ、ビッグローム、持分法適用関連会社のカカクコム、auカブコム等です。
  • ビジネス事業
    「ビジネス事業」では、企業向けの通信サービス及びICTソリューション・データセンターサービス等を提供しています。本事業の主要な関係会社は、KDDIと連結子会社の中部テレコミュニケーション、KDDIまとめてオフィス、KDDIエボルバ、日本インタネットエクスチェンジ、KDDI America等です。

KDDIでは、通信業界の競争がより激化している中で、5Gを積極的に展開していく方針です。

また、顧客へのビッグデータ活用や決済金融サービスの拡大を軸に事業拡大していく予定です。

売上の推移

KDDIは業界第3位の通信キャリアです。

売上や営業利益ともに、年々純増しており、パーソナル事業・ビジネス事業ともに拡大しています。

売上の拡大要因は、端末販売台数の増大や固定通信サービス契約数の増加、法人顧客の需要増加によるところが大きいです。

KDDIの売上

今後も5Gプランの推進やau PAYなどのキャッシュレス決済の推進、法人顧客のDX化を推進するなど、今後の事業拡大に注力していきます。

通信キャリアでの経験がある方はもちろん、5G関連のテクノロジーに精通している方、金融業界に勤めていた方は、転職難易度が低くなる可能性が高いでしょう。
(引用:KDDIのHP)

採用人数・求人の募集内容

KDDIでは通年で中途採用を行っていますが、中途採用の人数は公開されていません。

具体的に、実際に募集されている求人を紹介します。(2021年1月時点)
KDDIのHP上では20件の求人が募集されています。
自分が興味のある求人かどうか参考にしながら見てみてください。

  1. 事業企画・新規事業推進
  2. コーポレート
  3. マーケティング・サービス開発
  4. UI / UX
  5. アプリケーションエンジニア
  6. インフラエンジニア
  7. IT企画

インフラエンジニアが最も多く募集されており、DX推進・5Gインフラの構築・ビッグデータの活用といった注力領域の拡大を推進する人材が多く求められています。

次に多く募集されているのが、事業企画です。
KDDIの事業基盤を活用した新規事業の戦略立案やグローバルパートナーとのビジネス開発を推進する方を募集しています。

さらに、コーポレートでは、グローバル化や人事制度改定・事業の多角化に伴い、法務・人事・海外子会社内部監査・経営企画のポジションなどの募集が行われています。

KDDIでは、事業の多角化に伴い、5Gインフラを核とした事業拡大や新規事業の立ち上げ、コーポレート部門の採用が強化されています。

これらの役割に関わる専門知識やスキルが高い方は、転職しやすく、転職難易度は低くなるでしょう。

平均年収

KDDIの有価証券報告書(2020年6月期)によると、KDDIの平均年収は930万円です。
KDDIのここ5年の平均年収の推移は、930万円〜950万円であり、事業が非常に安定しているため、平均年収の変動も非常に少ないです。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 600万円
エンジニア 680万円
企画 860万円
技術 700万円
事務 600万円

どの職種も平均年収600〜700万円程度となり、比較的高い年収です。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 450万円
30歳 600万円
35歳 750万円
40歳 900万円
45歳以上 1000万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
KDDI 930万円
ソフトバンク 782万円
NTTドコモ 870万円
楽天 756万円

KDDIの年収は通信キャリアのなかで、最も高い年収となっています。

20代で500〜600万円程度の年収を得られるため、若いうちに年収を上げたい方にはおすすめの転職先です。

年々増収増益であることで、事業が安定していることが平均年収の高さに繋がっています。
(引用:Openwork)

KDDIへの転職難易度は高い?

認知度の高い人気企業のため、KDDIへの転職難易度は高いといえます。

KDDIへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にKDDIに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

KDDIにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接:現場社員の部長クラス
  3. 2次面接:人事部長
  4. 内定

場合によっては、現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

KDDIの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

KDDIの選考に対する口コミ・評判

・面接は、対象部門の部長面接、その後役員面接でした。役員には競合他社を受けてるかをしつこく聞かれました。その後内定辞退するまで人事部の方から割と頻繁に電話が。あとSPI対策はした方がいいです。結構難しかったです。
(30代後半、女性)
・前職が通信業界ではなかったため、通信業界に関してどのような印象を持ち、何をしていきたいかを聞かれた。面接に当たり、あらかじめ通信関連…特に自分の場合は、携帯・内線網に限らず基本的な知識は身に着けておいた。また、競合がある程度絞れるので、そこに対してどのような対策を考えていくかなど事前に検討しておいた。
(30代後半、男性)
・-どのような面接準備をしたか-
貫性のある転職理由と志望理由
企業分析、auのサービス内容、通信業界の動向、競合他社の戦略など
-選考のプロセス-
書類⇒適性(Web、TAL)⇒1次(現場上長)⇒2次(人事、役員)
(30代前半、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようで、奇をてらった質問はあまりないようです。

志望理由が明確であることと、KDDIにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

自身が自信を持って答えられるように、自己分析や企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

KDDIへの転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。

面接では、オーソドックスな質問に加え、ケース問題を出題されることがあります。

KDDIに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • なぜKDDIに転職したいのか
  • なぜ他の通信キャリアではダメなのか
  • KDDIが今後改善できそうな部分はどこか
  • KDDIにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • KDDIで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験やその経緯

以上の質問は、「KDDIに本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとKDDIが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、KDDIの企業分析に加えて、他の通信キャリアとの違いも理解しましょう。
KDDIへの転職意欲が企業分析の深さに表れます。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・KDDIへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いKDDIに転職できる可能性が高まります

KDDIへ転職する方の転職元・転職先は?

KDDIへ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

KDDIへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業を紹介します。
自分がKDDIへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • ソフトバンク、NTTなどの大手通信キャリア
  • 楽天などの大手IT企業
  • 三菱UFJ、三井住友などの金融業界
  • 中小のIT企業

特に大手通信キャリアで働いていた方は、スキルが高いことや会社の風土に柔軟に対応できるため、KDDIに転職しやすいようです。
また、通信キャリアで働いた経験がなくとも、IT業界や金融業界などに在籍していた方は、知識や経験が類似しているため転職しやすくなります。

転職先の例
  • 大手通信キャリア
  • 大手IT企業
  • 外資系トップファーム
  • ベンチャー企業

KDDIから転職する方は、通信キャリアへの転職はもちろん、外資系トップファームや少数ベンチャーでの役員で活躍されている方も多いようです。

KDDIへの転職で内定しやすい人は?

KDDIへの転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、KDDIへの転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. 通信キャリアに在籍した経験がある方
  2. ITベンチャーで事業立ち上げに関わっていた経験がある方
  3. 5G関連、DX関連の事業に携わっていた方
  4. 大手企業のコーポレート部門に在籍していた方
  5. 金融業界に勤めていた方
  6. 営業での経験が2〜3年ある方

6つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、KDDIに内定しやすい人といえるでしょう。

どの人材もKDDIの事業拡大に合わせて必要な人材です。

特に、上記の経験で3年以上経験がある方は即戦力の部類に入ります。
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

通信キャリアでの経験がない方でも、IT業界、大手企業、営業、エンジニア、コーポレートでの経験がある方は内定しやすいでしょう。

KDDIへ転職した方の評判・口コミは?

KDDIに転職した方の評判から、KDDIに転職してよかったことや後悔したことを紹介します。
自分がKDDIに転職して後悔しないかどうかを考えながら見てみてください。

・軍隊的で上意下達な企業文化であり、典型的な昭和型大企業である。中間管理職は役員クラスの顔色ばかり窺っているので、経営幹部の考えに振り回されることもしばしば。最近は人事制度を改革しようとKDDI型のジョブ型制度の導入、経営基幹職の導入なども進めているが、それにより社員の士気は下がっている。携帯料金の値下げ圧力などもあり、人件費削減(給与カット)の動きは加速していくと思う。実力ある人のみが稼げる会社になろうとするところは世の中の方向性として間違っているとも言えないが、そもそもそれほど意欲がある社員は外資系やコンサルなどにとっくに転職しているので、30代半ばを過ぎても残っているKDDI社員には酷な話でしかない。
(企画、男性)
・企業文化は保守的。インフラ企業ということもあり変革よりも保守を望む社員が多い。変革や失敗を極端に恐れて避けがちな企業文化である。組織体制として、今ある仕事=ミッションと信じて働いている上層部が多い。経営戦略と紐付きの薄い仕事をしている社員にとってはミッションドリブンとは到底言えない状況となっており、経営層や人事と現場との温度差を非常に感じるシーンが多い。エンゲージメントは低いが、給与がいいので居残り続ける社員がおおくいる。
(人事、男性)
・手を挙げればやれる事はある。やる気次第。優秀な人は外へ行く。中途社員をみていると、中堅→KDDI→一流・外資、このように転職をして行く方が多い。バリバリ行きたい人はもっと活躍するところがあるかもしれない。
(営業、男性)
・働き方改革により2015年頃より全社的に残業削減・週一回のノー残業デー実施を推し進めている。残業は基本的に月30時間を超えないように指示され、どれだけ忙しくても45時間を超えての残業はできない。また、20時完全退社が義務付けられている。20時以降の残業が発生した場合、上長の評価にも関わるため厳しく管理されている。上記を含めた働き方の変革は進んでいるが、業務量が減るわけではないため以前より効率的に業務を遂行することが求められるようになった。
(カスタマーサービス、男性)

以上の口コミから、KDDIの特徴をまとめました。

  1. トップダウンの企業文化
  2. 成果主義の制度を導入しつつある
  3. 部下からの提言が取り入れられづらい
  4. 大手通信キャリアの中でトップクラスの年収
  5. 働き改革を推進中

KDDIはトップダウンの企業文化で、現場社員の意見と乖離が生まれることもしばしばあります。

保守的な会社であるため、部下からの提言も取り入れられづらい一面もあります。

最近はジョブ型制度という、スキルや専門知識が高い人を積極的にアサインする制度もあり、雇用に対する不安定さに不満の方もいるようです。

しかし、働き方改革に伴う残業時間の短縮や平均年収が高いため、社員の勤続年数が高いことも特徴的です。

KDDIへの転職で失敗しない秘訣とは?

KDDIに転職したいと思っている方は、KDDIへの転職で後悔しないように、徹底的にKDDIを理解することが重要です。

KDDIの転職事情についてさらに詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

KDDIの企業理解を深める

KDDIの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

KDDIへの口コミや評判をもとに、KDDIへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 KDDIの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 副業制度有り。
  • 人材育成トレーニング有り。
  • DX人財育成プログラム有り。
  • ビジネス留学/海外トレーニー制度/語学学習支援有り。
  • ジョブローテーション制度、キャリアプラン申告制度など、キャリア形成制度有り。
  • 平均年収は900万円程度。
ワークライフバランス
  • 年間休日120日以上
  • 有給休暇は年間15日まで。
  • 残業時間は20時間程度
  • 20時退社が義務化
社風
  • トップダウンの企業文化
  • 成果主義の制度を導入しつつある
  • 部下からの提言が取り入れられづらい
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。

KDDIの特徴を理解した上で、自分が本当にKDDIに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

KDDIへの転職を考えている方は、通信キャリアの求人を多く扱った転職エージェントを使うことがおすすめです。

特に、非公開の求人を多く保有している転職エージェントを活用しましょう。

以下に紹介する転職エージェントは、KDDIの求人を保有していた実績があります

大手の転職エージェントであれば大手通信キャリアの求人を紹介してくれる可能性が高く、他にも様々な業界の求人を保有しています。

転職エージェントはKDDIの社内事情について教えてくれたり、転職難易度の高いKDDIなどの大手通信キャリアへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手通信キャリアに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

 

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する