マツダへの転職で後悔するパターンとは?成功の秘訣を解説!

マツダへの転職
マツダへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。
こんなお悩み/疑問をお持ちの方に!
  • マツダへの転職は後悔しがち?
  • マツダへの転職に向いている人は?
  • マツダへの転職で後悔しないために、どんな対策をしておけばいいの?
  • マツダの転職難易度は高い?
  • マツダに実際に転職する方法とは?

この記事を読み終えることで、マツダに転職して後悔しがちなパターンがわかり、マツダへの転職活動で注意するべきポイントが一通りわかります。

マツダへの転職を考えている方には、転職難易度や面接を突破する方法などをご紹介し、具体的にマツダへ転職する方法がわかります。

現役エージェントの知見をもとに、マツダへの転職について徹底的に解説していきます。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

マツダに転職して後悔するパターンは?

他の自動車メーカーと比べて、マツダならではの特徴があるため、向いている人と向いていない人がいます。

実際にマツダに転職した方からお聞きした声をもとに、後悔しがちなパターンをご紹介します。自身がそのパターンに当てはまりそうか否かを考えながら、読んでみてください。

仕事のマネジメント意識が薄い

  • 入社前の印象の通り、社内でも一緒に仕事していて楽しい人は多いと考えている。ただし仕事のマネジメントに関する意識はどちらかというと希薄で、役割分担がなあなあのまま仕事が流れていくことが非常に多い。その為、声が大きい人に振り回されることがとても多い。
    (R&D、男性)

マツダは高学歴の方や、他のメーカーで実績が高い方を多く採用しているため、技術者としてのスキルが高い方が多いです。一方で、マネジメント意識が薄く、上司から細かく指示をされない場合があります。

自ら疑問を持って、上司の発言に対して意見をする必要が出てきます。上司に言われたことを素直に実施するだけでは、空回りしてしまい、働く環境に後悔する可能性があります。回避するためには、自ら上司に提言する力が重要です。

成果を出すには主体性が必要

  • 部門によって文化が全く違う。これは開発だけかもしれないが、トップダウンではなく個人が考えて動くことを求められる。これだけ言うと聞こえは良いが、マネジメントを通じて役割分担がなされてない領域が非常に多い。そのため、物の出来上がりは個人のコミュニケーションにかなり左右される。逆にいえばやりたいことを主張するチャンスは転がっており、割と実現のハードルは低い。それもあり、チャレンジングな技術開発を進めていくことが出来ていると考える。
    (R&D、男性)

マツダでは社員一人一人に細かく業務が分担されますが、その役割が曖昧のまま、渡される場合があります。曖昧のまま、仕事が進み、納品時には出来上がりがずれていて、やり直しといった具合です。

回避するには、主体性が重視されるため、自ら動くことが苦手な方は、転職に後悔する可能性があります。

ただし、自らやりたいことを提言したり、自ら独自性を持ったアイデアを発揮したい方にはおすすめの会社です。

現場の声が上層部に届きにくい

  • 一握りの経営層の意向が非常に強い。社内に反論したり意見したり出来る人はほとんどおらず、上層部(本部長や部長職)が言いなりになっていることが多い。
    運転が楽しいクルマ作りを是としているが、近年は背伸びをしてさまざまな要素(高級感など)を盛り込みすぎており、かつての良くも悪くも尖った商品力が薄れていると感じる。
    また、商品はいいものができてもマーケティング力が弱いので特に米国市場で苦戦が続いている。
    (ビジネス企画、男性)

マツダでは、経営幹部の意見が強く、現場から上層部に意見が通りやすかったとしても、経営方針にはなかなか反映されづらいようです。

自動車業界の技術変革に追随しようと、デジタル化やITサービス化を推進しようとしていますが、研究開発の強化方針が曖昧であったり、開発工数だけがかかりプロジェクトが進まないといったケースもあるようです。上層部の方針に沿って、プロジェクトを進めてしまい、疲弊して入社後後悔することも少なくありません。

ただし、自ら課題を抽出して、仕事を進めたい方にとってはそれほど不満に感じないかもしれません。

仕事の安定感に欠ける

  • 良くも悪くも個性を重視する。良い方へ転べば他社との差別化を図れるが、悪い方向へ転べば相場感の無い商品になる。この振れ幅が大きいように思える。
    安定を求める人とは相性が悪いと考える。
    (開発、男性)

マツダの仕事の風土として、新しいことに積極的に挑戦する文化があります。年功序列の文化からは逸脱しており、自ら「何をやりたいか」の意思が強ければ、どんどんやりたい仕事が与えられます。

一方で、リスクを負わずに仕事を進めたい方や安心感を持って仕事を進め方は、マツダの転職を後悔する可能性があります。仕事を主体的かつ貪欲に進めたい方には、ぜひおすすめしたい会社です。

残業時間が多い部署も少なからずある

  • とてもプライベートを充実させやすい環境である。スーパーフレックスが導入されており、毎日好きな時間に出勤し、帰宅することができる。自分で業務をコントロールできるようになれば非常に働きやすい職場である。また、21:30に事務所が施錠されるので、どれだけ遅くてもそれくらいまでしか仕事はできない。残業時間も増えないよう管理されており、月100時間などはありえない。年間休日120日ほどで多くもなく少なくもないが、満足していた。自動車メーカーは基本的に似たような休日体系であると思われる。
    (技術、男性)

マツダの社員の評判から、残業時間は比較的短いですが、部署によっては多いところもあるようです。基本的には、働き方改革をどんどん推進している会社であり、プライベートを充実できる会社です。

スーパーフレックス制も導入されており、ワークライフバランスは非常に取りやすい企業とされています。

マツダに転職してよかったことは?

マツダへの転職で「失敗した」という声がある一方、マツダでの環境や仕事を好み、「転職してよかった」という声も多数あります。

失敗したという声に反して、転職してよかった理由を4つご紹介します。転職してよかったパターンを知ることで、自身がマツダでの仕事を好めるかどうかがわかります。

  • 仕事の枠が凝り固まっていない
  • 自動車業界初の取り組みが可能
  • 若手から大きなプロジェクトに参画可能
  • プライベートが非常に充実しやすい

マツダで活躍するには自ら仕事を進める主体性が必要ですが、主体性があれば、自ら自分の可能性を広げられる会社です。

マツダは新車種の開発に毎年注力しており、競合他社にはない新機能や技術開発に意欲的です。トヨタや日産自動車などで、若手からは関われないようなプロジェクトに参画しやすい会社です。

若手から主体的に働きたい方やプライベートを重視したい方にはとてもおすすめの会社です。

マツダに向いている人とは?

マツダに転職して失敗した・転職してよかったという声から、マツダに向いている人は以下の要素を満たした人といえそうです。

  1. 主体的に事業に貢献していきたい方
  2. これまでの専門知識を自動車事業の改革に生かしたい方
  3. 若手から成果重視の文化で働きたい方
  4. IoT・デジタル化の大規模なプロジェクトに携わりたい方

4つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、マツダに向いている人といえるでしょう。

自身の嗜好や今後歩みたいキャリアを照らし合わせてみてください。
自動車メーカーの経験がなくても、最先端の自動車事業に携わりたい方や技術者として成長したい方、ソフトウェアの開発経験を自動車に生かしたい方などは4つの要素を満たす方といえます。

マツダへの転職難易度は高い

マツダは知名度が高い企業であることから、転職難易度はとても高いです。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材など、即戦力の人材を多く採用していることからも、転職難易度が高いといえます。

しかし、職種によっては転職エージェントを使うことでマツダへ転職できる可能性が高まります。
マツダへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

ビジネス系

マツダでビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • マーケティング
  • 経営企画・事業企画
  • 人事・総務
  • 経理・財務
  • 法務・知財
  • IT企画・社内SE

ビジネス系では営業や企画、管理部門での経験を持っている方はもちろん、未経験・第二新卒の方も募集しています。未経験・第二新卒の方は、これまでプロジェクトをリードした経験やリーダーシップを発揮した経験をされてきた方はどの職種でも転職するチャンスがあります。

マツダでは、年間数多くの採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】マツダ ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

ITエンジニア・技術系

ビジネス系以上にかなりの数が募集されているのが、ITエンジニア・技術系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • ソフトウェアエンジニア
  • システム開発エンジニア
  • QAエンジニア
  • アプリケーション開発
  • ネットワークの開発・構築
  • 車両系生産技術・製造
  • アフターサービス/品質保証
  • 設計開発
  • 研究開発

ソフトウェア開発やITサービスのシステム開発の経験がある方や機械系や電気系の制御システムのエンジニア経験がある方には、転職するチャンスが非常に広がっています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、技術系への転職には、自動車業界に強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、自動車業界や外資系求人のような高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもITエンジニア・技術系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】マツダ ITエンジニア・技術系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いマツダを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、マツダへの転職難易度は高いといえます。

マツダへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にマツダに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

マツダに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

マツダにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考/適性検査
  2. 最終面接:部門責任者、人事
  3. 内定

場合によっては、ケース面接が行われることや現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

マツダの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

マツダの選考に対する口コミ・評判

・採用予定部署の部長or課長が実際の面接相手となるので、その仕事を遂行できるスキルがあるかの確認が主。なので、今までやってきた仕事のスキルが役立つ事を積極的にアピールすれば、選考通過の可能性が上がるのでは?
(40代後半、研究開発、男性)
・自己pr、志望動機をそれぞれ1分で話した後に質問が飛んできます。面接官は二人で、和やかな雰囲気ながらするどい質問が飛んできます。話したことについて、なぜそうなのか?とひたすら深掘りしてきますが、圧迫する感じではなく、興味本位で聞いてみているという印象でした。全体的に嫌な感じはなく、一般的であると思います
(20代後半、研究開発、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようで、奇をてらった質問はあまりないようです。

志望理由が明確であることと、マツダにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

「不合格だった・内定した」という口コミ・評判から、マツダの中途採用面接で重要なポイントをまとめました。

  1. 企業分析を一通り行うこと
  2. 過去実績から「チャレンジ精神」があることをアピールする
  3. マツダの理念で共感できる部分を伝える

マツダの中途面接は、職務経歴書に沿って、十分なスキルがあるかどうかを見られます。アピールできそうな実績は職務経歴書に満遍なく記載しましょう。また、過去の実績から、マツダの行動方針として大切にしている「チャレンジ精神」がある人材かどうかを見られるため、挑戦して高い実績をあげた経験を整理しておきましょう。

マツダはトヨタや日産自動車と異なるビジョンを掲げているため、共感できる部分を志望動機と共に整理しておくことも重要です。

志望度の高さについては圧迫気味に質問されるため、自身が自信を持って答えられるように、企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

マツダへの転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。
面接では、オーソドックスな質問が中心です。

マツダに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜマツダに転職したいのか
  • マツダが今後改善できそうな部分はどこか
  • マツダにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • マツダで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「マツダに本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとマツダが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、マツダの企業分析を十分に行っておきましょう。
マツダへ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・マツダへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いマツダに転職できる可能性が高まります

選考対策を自分だけで行うことに不安が大きい方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは自動車メーカーへの多くの転職成功例をもとに、書類選考対策から面接対策まで幅広く行ってくれるので、企業HPから応募するよりも選考通過率が格段に高まります。

選考を通過できるか心配な方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】自動車メーカーの転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

転職支援実績No.1
幅広い業界・職種の転職成功事例・選考対策事例が多数

JACリクルートメント

コンサルタントの質No.1
業界・職種別のコンサルタントがサポート

マツダへ転職する方の転職元・転職先は?

マツダへ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

マツダへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業を紹介します。
自分がマツダへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • IHIなどの重工メーカー
  • マツダ、三菱自動車などの自動車メーカー
  • 川崎重工業、ヤマハなどの二輪メーカー
  • 大手メーカー

特に自動車メーカーで働いていた方は、スキルが高いことや専門知識に長けているため、マツダに転職しやすいようです。
また自動車メーカーで働いた経験がなくとも、メーカーで、営業、管理部門、研究開発、技術職、SEとして働いた経験がある方など、専門知識に特化した方は転職しやすくなります。

次に、マツダから退職した後の転職先をご紹介します。
自分がマツダからどんなキャリアを歩めるか確認してみてください。

転職先の例
  • 三菱重工などの重工メーカー
  • 日立製作所、パナソニックなどの大手電機メーカー
  • 日産自動車、トヨタ自動車などの自動車メーカー
  • 富士通、NEC、NTTデータなどの大手SIer
  • 川崎重工業、ヤマハなどの二輪メーカー
  • 大手日系メーカー

マツダから転職する方は、シェアトップのメーカーや大手SIerなどにキャリアアップしやすいようです。自動車メーカーの知見を生かし、日立製作所や日産自動車などの日本トップクラスのメーカーで活躍されている方も多いです。

マツダへの転職で内定しやすい人は?

マツダへの転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、マツダへの転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. 自動車メーカーなどで研究〜生産プロセスに関わった経験がある方
  2. システム開発、ソフトウェア開発の経験がある方
  3. 重工メーカー、電機メーカーで働いた経験がある方
  4. 制御システムの研究開発経験がある方
  5. メーカーの研究開発、設計開発として働いた経験がある方
  6. 営業や事業企画、管理部門(ビジネス系)などで、高い実績をあげた経験がある方

6つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、マツダに内定しやすい人といえるでしょう。

特に、上記の経験で3年以上経験がある方は転職する確率が上がります
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

一方で30代以上の即戦力から第二新卒・未経験まで幅広く中途採用を強化しているため、ビジネス系・ITエンジニア・技術系への転職問わず、比較的転職しやすいです。

マツダの中途採用事情を紹介

代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、マツダの最近の中途採用情報や転職難易度について触れていきます。

事業内容

自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーです。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けています。

2000年代以降には、「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めています。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしています。

売上の推移

マツダは2019年まで売上を純増させており、世界トップクラスの自動車メーカーです。2020年以降、自動車需要の低下に伴い、売上は減少していますが、利益は拡大しています。

▼売上推移

マツダの売上

今後のマツダでの採用は、自動車関連の技術者の採用は引き続き実施されますが、自動車のデジタル化を推進する人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう

マツダでは直近採用に力を入れていることもあり、メーカーでの勤務経験がある方、ソフトウェアやITサービスの技術を持っている方は転職難易度が低くなるでしょう。
(引用:マツダのHP)

採用人数・求人の募集内容

マツダでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年300名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

マツダのHP上には、中途採用の求人が40件募集されていました。(2021年1月時点)
具体的に、実際にHP上で募集されている中途採用の求人を紹介します。

▼求人のカテゴリー一覧

マツダの募集職種

マツダで最も多く募集されているのは、車載のシステム制御開発やソフトウェア開発の求人です。
車両のデジタル化を推進する人材をお幅広く募集しているため、自分の専門分野とマッチすれば、転職難易度は比較的低くなるでしょう。

ビジネス系は中途採用HP上では募集されておらず、転職エージェントに採用を依頼している可能性があります。採用HP上には掲載していない非公開求人が扱われていないか確認してみましょう。

「成長中の世界的な自動車メーカーに関われるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

マツダの平均年収は高い?

マツダの平均年収は664万円です。
職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
開発 600万円
技術 580万円
営業 590万円
研究開発 600万円
事務 680万円
製造 450万円
設計 550万円
マーケティング 730万円

研究開発や技術職は平均600万程度であり、技術系は比較的高い水準の年収を得ることができます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 430万円
30歳 530万円
35歳 650万円
40歳 730万円
45歳以上 800万円〜

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
マツダ 664万円
日産自動車 810万円
トヨタ自動車 860万円
三菱自動車工業 731万円
本田技研工業 817万円
スズキ 691万円
ヤマハ発動機 760万円

自動車業界の平均年収は、国内自動車シェアの順位にほぼ比例しており、トップシェアのトヨタや日産自動車よりはやや劣っています。平均年収は年次が高くなれば、年収が800万円以上を超えます。トップシェアの競合よりも、年収が比較的低いため、転職難易度は競合よりは低くなります。

何よりも売上が安定していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】高年収の転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

年収アップ事例が多数
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

高年収転職実績No.1
年収600万円~1,500万円の求人多数

(引用:Openwork)

マツダへの転職で失敗しない秘訣とは?

マツダに転職したいと思っている方は、マツダへの転職で後悔しないように、徹底的にマツダを理解することが重要です。
転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、マツダへの入社後も納得して働くことができます。

マツダの転職事情についてさらに詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

マツダの企業理解を深める

マツダの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

マツダへの口コミや評判をもとに、マツダへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 マツダの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 社宅・寮あり
  • 通勤費支給あり
  • 平均年収は664万円
ワークライフバランス
  • 年間休日120日以上
  • 平均の有給取得日数は17日
  • 平均の有給取得率は89%
  • 働き改革が浸透している
社風 ■悪い面

  • 仕事のマネジメント意識が薄い
  • 成果を出すには主体性が必要
  • 現場の声が上層部に届きにくい
  • 仕事の安定感に欠ける

■良い面

  • 仕事の枠が凝り固まっていない
  • 自動車業界初の取り組みが可能
  • 若手から大きなプロジェクトに参画可能
  • プライベートが非常に充実しやすい
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。

マツダの特徴を理解した上で、自分が本当にマツダに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

マツダへの転職を考えている方は、大手企業や自動車業界の求人を多く扱った転職エージェントを使うことがおすすめです。

特に、他の転職サイトでは公開していない非公開の求人を多く保有している転職エージェントを活用しましょう。

以下に紹介する転職エージェントは、マツダの求人を保有していた実績があります。

大手の転職エージェントであれば大手企業や自動車業界の求人を紹介してくれる可能性が高く、様々な業界の求人を保有しています。

転職エージェントはマツダの社内事情について教えてくれたり、転職難易度の高いマツダなどの大手自動車メーカーへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手自動車メーカーに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する