村田製作所への転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

村田製作所への転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • 村田製作所への転職は後悔しやすい?
  • 村田製作所は中途採用でどんな求人を募集してる?
  • 村田製作所に実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、村田製作所へ転職した方の評判をもとに、村田製作所へ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

村田製作所は魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・悪かったことを網羅する必要があります。

この記事を読み終えることで、村田製作所への転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

村田製作所への転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

村田製作所への転職で後悔する理由は?

村田製作所に転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

村田製作所へ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、村田製作所に転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

村田製作所での働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 異動が多い
  • 製造に関わる部署は比較的忙しい
  • 残業時間が30時間を超える場合がある

▼入社してよかった理由

  • 異動するチャンスが多い
  • 有給が取得しやすい
  • 週に1回定時日がある
  • フレックス制度も使える

▼具体的な評判・口コミ

異動が多いため、結婚や家を建てる、子育てといったライフプランを組み立てるのに苦労すると感じます。一方で、日常生活においては、有給休暇の取得、育休などが取得しやすいと思うので、プライベートとのバランスを調整しやすいと思います。残業に対しては、週に必ず定時日が設けられており、徹底した管理が行われているため、平日も自分の時間を作ることが可能です。ただし、これらは部署によって異なると思います。製造現場の業務に近くなれば、なるほど忙しさは比例し、なかなかワークライフバランスを考える余裕は無いというのが、実態かと思います。
(20代後半・男性・技術系)
非常に激務な時期もあり、その時期は早朝(6時頃)から夜遅く(といっても23時あたり)まで働くことはざらにある。その時期は当然平日にゆっくりと過ごす時間はない。その時期は休日出勤もざらにあり、なかなかスタミナが求められる職場であると認識している。それ以外の時期はそこそこの残業時間(月35時間程度)であり、また週に一度は残ゼロデーも設けられているため平日においてもそれなりに自分の時間を確保することは可能ではないかとおもう。
(20代後半・男性・商品開発)
有休は取るのは当然の権利という意識が上にもある。事前に調整さえすれば有休を取れないようなことはまずない。部署にもよるが、自律した時間管理ができると認められた場合はフレックス制度を使うこともでき、比較的プライベートに合わせた柔軟な働き方ができる。
(20代後半・男性・事務)

多かった声としては、部署によっては、繁忙期にワークライフバランスが崩れてしまうという声です。
残業時間が30時間を超えたり、早朝出勤や夜遅くまで働かざるを得ない場合などです。

また、異動が多いという声もあり、異動直後は負荷がかかり、自分の時間を充てることが難しいこともあるようです。

一方で、週に1回は定時で退勤する日が設けられていたり、有給休暇が推奨されているなど、しっかりと休む風土が形成されていることも特徴的です。

企業文化に対する評判・口コミ

村田製作所の社会文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 仕事のスピード感はやや遅い
  • 成果が出ないと、やりたい仕事がもらえない
  • 管理職にならない限りは、一気に昇給することは難しい
  • プロダクトアウトの思考が強くなっている

▼入社してよかった理由

  • 学閥や派閥文化がない
  • 仕事で成果が上がれば、大きな仕事を任せてもらえる
  • 管理職への権限委譲の範囲が大きく、裁量がある

▼具体的な評判・口コミ

風通しはよく、上司とも立ち話で済むことが多かったりと、働きやすい文化だと思います。また学閥や派閥なども一切なく、仕事に対して非常にフラットに見てくれる組織で、仕事ができる人なら若いうちからどんどんとたくさんの仕事、大きな仕事を任せてもらえると思います。 しかしながら、スピードに関しては良くも悪くも大きい会社なので、意思決定のスピードや行動自体はそこまで早くなく、そこに対しての不満などを感じる人も一定数います。
(30代前半・男性・設計)
管理職への権限が集中しており管理職の負荷が高いが、その分管理職の給与水準はかなり高い。管理職になるためには社外の研修で一定水準のレベルに達しないと、仕事がいくら出来ても昇進しなく管理職になれない人も多い。 一般社員の給与水準はモデル賃金として公表されており平均以上の水準となっているが、モデルは昇格試験に順当に合格した場合であって昇格試験に合格する率が30~40%と低く、実質賃金は世の中平均レベル大手では見劣りするレベルかもしれない。 出世するためには、論理性と専門性が求められる。体育会系のノリは嫌われる。 よくも悪くも実力主義である。
(40代後半・男性・技術職)
製品郡毎に事業部制を取っており、営業は各事業部に伺いを立てながら拡販戦略を進める。 プロダクトアウトの思考が高く、マーケットインの戦略が弱いと感じる。 基本的には保守的な組織風土であり、新しい事に対する取り組みが弱い。目先の利益に捕らわれ、先見の明ががやや足りていないように感じる。 その為、先行投資という概念やチャレンジングという概念が弱く、長く働けば働くほどにモチベーションを保つのが難しい。
(30代前半・男性・営業)

村田製作所の社内文化は、体育会系ではなく、実力主義よりの文化といえます。学閥や派閥の文化がない分、20代でも成果を出せば、大きな仕事を任せられます。

自分がやりたい仕事に対して挑戦する機会は多いですが、管理職にならない限りは一気に昇給することは難しく、事業の方針や戦略に関わるには、管理職になる必要があります。

また、保守的な文化があり、部署によっては、先進的なことへ関わることが難しいです。成果次第でチャンスを掴める風土を生かして、自分がやりたい仕事や事業に挑戦することはできるでしょう。

年収に対する評判・口コミ

村田製作所の年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 成果を上げても昇給しづらい
  • 最良の評価は得にくい
  • 上司から詳細なフィードバックを受けられない場合もある

▼入社してよかった理由

  • 給与が安定している
  • 昇給試験に合格すれば、一気に昇給できる
  • 評価制度は公正

▼具体的な評判・口コミ

給与制度は、年に1回の昇給で、昇給の幅は大きくない。 賞与の査定も存在するが、成果を上げた人と仕事をしていない人で数万円程度しか差がない事が多いので、業務のモチベーションが下がっている社員も散見される。 評価制度は、7段階評価になっているが、最高評価、最低評価を受けた社員の話は聞いた事がないので、実質3段階評価であると考えている。(良い、悪い、普通)
(20代後半・男性・生産技術)
定期昇給はあるが、同じ職級に滞留年数が長いと、昇給幅は反比例する。 一定年数(通年の考課が良ければ短縮もある)たった後の昇格試験に合格しない限り、大幅な昇給は期待できない。 評価制度は、基本的に制度としては公正な制度である。一方で、上司により、詳細なフィードバック(各評価項目及びその点数)を実施して部下に結果を伝えるマネージャーもいれば、結果のみで余り詳細なフィードバックをしない上司もいて、部下の改善する機会は上司の属性により大きく異なる。
(30代後半・男性・企画)
残業代などはしっかりとでており、特に給料に関しては大きな不満がある方は少ないように感じます。 また各種手当についても、全く足りないといったことはなく、そこに対しての愚痴程度で大きく不満を持っている人は少ないように感じます。 評価制度はある程度実力成果主義となっています。多少の年功序列はあると思いますが、30歳を超えるくらいから徐々に差が出てきます。
(30代前半・男性・設計)

村田製作所の給与は成果を上げてもすぐ上げることができません。
一方で、給料は下がることはなく、安定した給料を得ることが可能です。

昇給する方法としては、管理職になるための昇給試験に合格すると、一気に年収を上げることが可能です。

評価制度はフラットに成果を評価してくれ、上司との関係性が良いから・勤続年数が長いからといって、評価が高くなるということはあまりないようです。

村田製作所に向いている人とは?

次に、村田製作所へ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、村田製作所に向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、村田製作所へ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 給与を安定させたい方
  2. 実力主義の環境で仕事をしたい方
  3. 公正に評価してほしい方
  4. 残業時間を30〜35時間に抑えたい方

村田製作所に転職する何より大きなメリットは、安定した給与を得ることができることです。成果に重きを置いた会社や業績が不安定な会社では、給与が下がってしまうことがありますが、村田製作所では減給することがありません。

年功序列の風土もなく、実力があれば、社内評価を上げやすい環境です。実力主義の風土がありながら、社員のワークライフバランスを保てるように、管理が徹底されていることも特徴的です。

自分自身が村田製作所に向いていそうか、しっかり見極めましょう。

村田製作所への転職難易度は高い?

急成長中の企業かつ人気企業のため、村田製作所への転職難易度は比較的高いといえます。

村田製作所への転職難易度は高いですが、頻繁に募集する求人があります。頻繁に募集するポジションは、転職するチャンスが広がっている可能性が高いです。

村田製作所で頻繁に募集する求人について、詳しく解説していきます。

採用人数・求人の募集内容

村田製作所では毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年200〜300名程度用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

過去募集されていた求人を中心に、ビジネス系と技術系・エンジニア系のポジションを紹介します。

ビジネス系

ビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  1. 営業
  2. マーケティング
  3. コーポレート
  4. 施設管理
  5. 商品開発

以上の通り、村田製作所では営業・マーケティング・コーポレート・商品開発を担当するポジションを募集した実績があります。

新しい電子デバイスや電子部品の研究開発が盛んに行われていることから、その技術を商品として成り立たせる商品開発、その商品を販促するマーケティング職は今後さらに必要とされるポジションといえるでしょう。

今後も事業拡大が見込まれるからこそ、様々なスキルを村田製作所は必要としており、新たに挑戦する機会が広がっています。

村田製作所ほどの大手企業になると、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

もう少し詳細な求人を見てみたい方は、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録をおすすめします。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ詳細な求人をみてみてください。

【厳選】村田製作所 ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

技術系・エンジニア系

ビジネス系以上にかなりの数が募集されているのが、技術系・エンジニア系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

▼技術系

  • 研究開発
  • 電気・電子設計
  • 生産技術
  • 製造技術
  • 品質・生産管理
  • 資材調達

▼エンジニア系

  • 社内情報システム
  • 製造システム
  • セールスエンジニア
  • ソフトウェア開発

技術系・エンジニア系とも非常に多岐にわたり募集しているため、電気・電子業界で経験がある方やアプリケーションやシステム開発の経験がある方には、転職するチャンスが広がっています。

コンデンサ事業に関連する技術開発に注力しているため、メーカーでの経験がある技術者の募集が数多く行われています。

ITエンジニアも、通信機器や車載向けのソフトウェア開発に注力しているため、システム開発経験が少しでもある方は優遇されるでしょう。

エンジニア系の求人を見てみたい方は、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニア求人・技術職の求人を見てみたい方は、大手企業への転職に強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手IT業界の求人から大手メーカーの求人まで、多くの優良求人を扱っています。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりも数多くの技術系・エンジニア系の求人から気になる求人を見つけることができます。

【厳選】村田製作所 技術系・エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高い村田製作所を突破するには?

村田製作所への転職までには、いくつかステップがあります。

実際に村田製作所に転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

村田製作所における中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 適性検査
  3. 1次面接:現場社員、人事
  4. 2次面接:本部長、人事部長
  5. 内定

村田製作所の選考に対する口コミ・評判

村田製作所の中途採用の選考に対する口コミをもとに、村田製作所の選考の特徴を以下にまとめました。

  • これまでの仕事のエピソードを問われる
  • 他社ではなく、村田製作所を志望する動機を問われる
  • 語学力の高さについて問われる場合もある

▼中途採用の選考に対する評判

・書類選考、SPI、面接2回でした。一次は担当課長×2名、人事1名。最終は担当部長×2名、人事課長1名。
自己紹介、転職理由、現職での成果、工夫努力したこと、活かせる経験と一般的な内容。
(30代前半、マーケティング、男性)
・取り立ててむつかしい質問や、奇をてらった質問はされない。一次面接の前にSPIがあり、二次試験が最終面接である。最終面接は部門長、部長クラスが担当する。転職理由を明確にすること。経験はわかれば問われないが、30以上だと経験がある程度問われる可能性が強い。グローバル化が進んでいるので語学力はそこそこ問われる。他社の受験動向を聞かれるケースがあるが、職種や業種に関連性がないと転職動機を疑われる。
(50代、資材調達、男性)
・本来は1次面接⇒2次面接ということらしいが、職務経歴を送ったところ最終面接のみで判断された。(今考えると職務経歴でそれなりには判断されていて面接で意思だけ確認するような感じだったのかも)課長・部長級・人事と4名で面接された。
(30代前半、開発主任、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が問われ、奇をてらった質問はあまりありません。

ただし、志望動機については企業理解が深くないと、納得してもらえない可能性があるため、十分な準備が必要です。
部署や職種によっては、語学力を問われる可能性があるため、仕事で英語を活用した経験があれば、効果的です。

これまでの仕事に関するエピソードでは、困難な仕事を乗り越えた経験や工夫した経験をメインに整理しておきましょう。
(引用:転職会議)

面接突破対策

村田製作所の中途採用面接で、よく聞かれる質問をいくつかご紹介します。

村田製作所に転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、ピックアップしてみました。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜ村田製作所に転職したいのか
  • 将来やりたいことは何か
  • 村田製作所で具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「生かせるスキルや経験があるか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「村田製作所でやりたいことがマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、これまでの仕事でアピールできる経験を整理するとともに、村田製作所の企業分析を十分に行っておきましょう。
村田製作所へ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・村田製作所への志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、村田製作所に転職できる可能性が高まります。

村田製作所の企業情報

村田製作所の事業や採用についてあまり知らない方は、まず村田製作所への転職に関する概要を把握しておきましょう。

村田製作所への転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性、直近の採用情報を把握しておくことで、最低限自分が転職したいと思える会社かどうかが判断できます。

村田製作所の事業内容

村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っています。

電子デバイスは、パソコンやスマートフォン等の電子機器、クルマの電装機器に使われています。より高性能で高機能な部品の提供により、新たな電子機器の実現に貢献しています。

具体的な製品として、コンポーネント(コンデンサ・圧電製品等)、モジュールの電子部品の開発及び製造販売を主たる事業として展開しています。

村田製作所の従業員数は、単体9,000名、連結で74,000名と、かなりの企業規模を誇ります

事業の将来性

村田製作所の売上・営業利益ともここ数年増加傾向で、営業利益率も高まっています。

村田製作所の売上の中核となっているのは、コンデンサ事業です。
ここ数年、モジュール事業を超える勢いで、コンデンサ事業の売上割合が増えています。

▼村田製作所の売上・営業利益

村田製作所の売上

(引用:村田製作所の企業情報から抜粋)

コンデンサ事業が拡大している要因は、5Gの普及にともなう通信インフラ向けの新規需要、通信端末向けの需要、自動運転の普及、EV化による自動車向け需要増加などです。
圧電製品やモジュール事業など、他の事業も安定しています。

今後も、自動車市場を通信市場に続く基盤市場と位置付け収益の柱にするために、投資し続けるようです。
エネルギー、メディカル・ヘルスケア市場にも長期的な視点で挑戦を続けていく予定です。

村田製作所の事業基盤は安定していることに加え、今後も新しい市場への投資を継続していくため、引き続き安定した売上・営業利益を維持できるといえるでしょう。

村田製作所の平均年収は高い?

2021年の村田製作所の有価証券報告書によると、平均年収は724万円でした。
過去5年間の平均年収も724〜759万円となっており、安定した年収が保証されています。

日本の平均年収が440.7万円(「平成30年民間給与実態統計調査」から引用)であるため、村田製作所は比較的高年収を得られる会社といえるでしょう。

次に、職種別、年齢別に年収の差があるかどうかを確認してみましょう。

▼職種別の平均年収

職種 平均年収
開発 714万円
営業 606万円
エンジニア 737万円
企画 624万円
技術 648万円
管理 575万円
事務 586万円
生産技術 550万円
研究開発 592万円
※引用:Openwork

どの職種も500万円以上の年収となっており、技術やエンジニアなどの専門職では600万円近い年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 443万円
30歳 562万円
35歳 694万円
40歳 791万円
45歳 782万円

村田製作所では、30代で500〜600万円台、40代で700万円台の年収が基準といえそうです。

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
村田製作所 724万円
三菱電機 807万円
日立製作所 903万円
ソニー 1050万円
東芝 870万円
三菱重工業 870万円
パナソニック 750万円

村田製作所の年収は業界の中ではやや低いようですが、他の電機業界の大手企業と肩を並べる程度の高い年収となっています。

20代で500〜600万円程度の年収を得られる可能性もあるため、若いうちに年収を上げたい方にはおすすめの転職先です。

30代以降も順調に年収が上がるため、即戦力として入社する場合も年収アップしやすい会社でしょう。

何よりも売上・営業利益が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職すると、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方もいると思います。そんな方には、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

村田製作所への転職で後悔しない秘訣とは?

村田製作所への転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的に村田製作所を理解することが重要です。
村田製作所へ転職する際の注意点を気をつけておけば、村田製作所への入社後も納得して働くことができます。

以下に、村田製作所の企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっと村田製作所の転職事情について詳しく知りたいと思った方や村田製作所のような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

村田製作所の企業理解を深める

村田製作所の社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

項目 村田製作所の概要・口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 平均年収は724万円。大手企業と肩を並べるくらいの高年収。
  • 成果を上げても昇給しづらい
  • 給与が安定している
  • 昇給試験に合格すれば、一気に昇給できる
  • 住宅補助有り
  • 社宅・寮有り
  • 社員食堂有り
ワークライフバランス
  • 製造に関わる部署は比較的忙しい
  • 残業時間が30時間を超える場合がある
  • 有給が取得しやすい
  • 週に1回定時日がある
社風
  • 学閥や派閥文化がない
  • 仕事で成果が上がれば、大きな仕事を任せてもらえる
  • 管理職への権限委譲の範囲が大きく、裁量がある
  • 仕事のスピード感はやや遅い
  • 成果が出ないと、やりたい仕事がもらえない
働き方
  • 在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。

村田製作所の特徴を理解した上で、自分が村田製作所に転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

村田製作所で働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

転職エージェントは、優良企業や大手企業が募集する、求人サイトには載っていない非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っていることはもちろん、村田製作所のような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、内定までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、JACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることが多いです。

この記事を通して、「村田製作所で働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「村田製作所のような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。