民間から公務員への転職で後悔する理由とは?失敗しない秘訣を解説!

公務員への転職
  • 民間から公務員に転職すると後悔しやすい?
  • 公務員への転職に向いている人とは?
  • 公務員への転職で後悔しないようにするには?

といった公務員への転職に関するお悩みを解決する記事になっています。

この記事は実際に民間企業から公務員へ転職した方の経験談をもとに作成しています。

記事の前半では、「民間から公務員への転職で後悔しがちなパターン」を紹介し、記事の後半では、「公務員への転職で失敗しないようにする方法」を解説します。

この記事を読み終えることで、自身が公務員に向いているかどうかがわかり、公務員への転職を成功させるために大切なポイントを身に付けることができます。

公務員に転職する際に、大切なポイントは3つです。

  1. 中長期的な準備を覚悟する
  2. 公務員の仕事の実態を知る
  3. 公務員を通じたキャリアの必要性を問う

3つのポイントを押さえることで、公務員へ転職した際に後悔する可能性が低くなります。

民間から公務員への転職先とは?

公務員の種類には、大きく2種類あります。
地方公務員と国家公務員に分けられます。

地方公務員と国家公務員で大きくミッションや仕事内容が異なるため、民間から公務員に転職して後悔するパターンも異なってきます。

まずは自身がどちらの職務に該当するか判別しましょう。
すでに判別できている方は、読み飛ばしてかまいません。

地方公務員への転職

地方公務員は、各地域の地域課題を解決するために政策を推進する仕事です。

地方行政の政策をもとに、施策の企画・執行や施策のサポートに携わるため、一連の政策を実施するまでの仕事を経験することができます。

仕事に就いた直後は、資料作成や資料の確認など、下流工程の業務が多くなるようです。

国家公務員と比べると仕事のスケールは小さくなりますが、地域に根ざした政策を全うできることが醍醐味です。

国家公務員への転職

国家公務員は、国家単位の課題を解決するために国家施策を推進する仕事です。

国家公務員は、中央省庁や外局・国会・裁判所などの国家機関に勤務して、全国あるいは国際社会を視野に入れた企画・執行に携わります。

自身の業務が国家レベルの政策に紐づく業務が多いため、社会へのインパクトを感じながら仕事を行うことができます。

民間から公務員に転職して後悔するパターンは?

民間から公務員へ転職すると、民間企業との文化や働く人、制度、キャリアの違いにより、大きなギャップを感じる人が多いです。

後悔するパターンを事前に理解しておけば、自身が後悔するかどうかがイメージしやすくなります。

後悔しやすいパターンを5つご紹介します。

  • 意思決定のスピードが遅い
  • 昇進・昇給のスピードが遅い
  • 成果が評価されにくい
  • 残業時間が多い
  • 雑務が多い

意思決定のスピードが遅い

  • 民間の企業でも直属の上司から部長への意思決定のスピードが遅いと感じていたが、公務員ではさらにそのスピードが遅いと感じた。
    (20代後半・男性・前職メーカー)
  • 公務員で何か企画を通すには、社内の根回しや中長期的な目線で動く必要があるのだと分かった。
    (30代前半・男性・前職建設業界)

といった不満の声がありました。

公務員の仕事は昔からの慣習のせいか、一つの決断に十分吟味する時間を必要とします。

さらに、政策に紐づく業務が多いことから、企画や執行の際に大きな決断となることも意思決定に時間を要する一因といえるでしょう。

昇進・昇給のスピードが遅い

  • 一つの昇進までに4年程度かかった。周りを見ると、4年での昇進はまだマシな方で、10年経ってようやく昇進という例も稀ではなさそうだった。
    (20代後半・男性・前職メーカー)
  • 給料は安定しているのだが、自分の仕事のレベルが上がっても、全然給与が上がる見込みがなかった。ただし、給与は下がることはなく、安定はしていたと思う。
    (30代前半・女性・前職金融業界)

といった不満の声がありました。

国の仕事を請け負っているため、安定している反面、給与や役職は上がりづらい傾向にあります。

給与の上がり幅も小さいため、生活レベルが一気に上がるほどの昇給は見込みづらいでしょう。

公務員の勤続年数は一般の民間企業より長いため、ポストが空きにくいのです。
年功序列の慣習も残っている中で、昇進するには相応の成果が必要になるでしょう。

成果が評価されにくい

成果の評価のされやすさは、地方公務員と国家公務員で異なります。

地方公務員の方が成果が評価されにくいです。
地方の方が年功序列の慣習が根強く残っているため、成果が自身の評価に直結しにくいと考えた方が良さそうです。

国家公務員は政府直下の機関で働くため、「働き方改革」の政策にもあるように、年功序列の文化がアップデートし始めているといえます。

残業時間が多い

残業時間は、地方公務員と国家公務員によって大幅に異なります。

一般的には地方公務員の残業時間は、民間企業よりも短いです。
国家公務員は残業が多いところが多く、多少のタフさが求められます。

地方公務員の残業時間は10時間〜15時間、国家公務員は30時間〜70時間程度というデータがあります。

地方公務員、国家公務員ともに、配属先や仕事内容によって変動するため、事前に残業時間の目安は把握しておきましょう。

雑務が多い

  • 仕事に就いた当初は、簡単な資料確認や資料作成などの雑務的な仕事が多く、徐々に現場作業や現場監督の仕事が増えてきた。施策の企画立案のような上流工程の業務はまだ先になりそう。
    (20代後半・男性・前職金融業界)
  • 事務的な仕事が多い。派遣社員が行うようなレベルの業務が多いため、最初はなかなか成長実感を持つことができなかった。
    (20代前半・女性・前職IT業界)

といった不満の声がありました。

仕事の就き始めは仕事を覚える意味も含めて、雑務的なタスクが多くなりそうです。

雑務的なタスクを通じて、タスクの処理に慣れていくイメージです。

民間から公務員に転職してよかったことは?

公務員に転職して後悔する一方で、転職してよかったと感じる方もいます。

自身が公務員に合うかどうか考えながら、よかったと感じるポイントを読んでみてください。

公務員に転職してよかったと思えるパターンを4つご紹介します。

  1. 意思決定のフローが確立している
  2. 給与が安定的
  3. 昇進後の地位が安定的
  4. 大きなプロジェクトに挑戦可能

4つのパターンに当てはまりそうな方は、公務員での働き方に合っている可能性が高いです。

公務員は国や各地域の政策に基づいた仕事を行うため、「安定的」な働き方を実現しやすいです。
働き始めは小さなタスクをこなすことが多いですが、長年働くことで大きなプロジェクトに挑戦することも可能です。

特に国家公務員は、国民や日本経済を左右するプロジェクトに関わることができるため、社会で大きなインパクトを与えたいという方には適しているでしょう。

公務員に向いている人とは?

公務員に転職してよかったと思える人には特徴があります。
公務員に向いているかどうかを理解することで、転職して後悔することが少なくなります。

公務員に向いている人の特徴を3つご紹介します。

  1. 変化の大きい環境が苦手な方
  2. 給与変動するリスクを減らしたい方
  3. 公務員ならではのプロジェクトに取り組みたい方

プラスにもマイナスにも大きく変化する環境が苦手な方は、公務員で働く環境はとても適しています。
安定的に働きたい方が多く集まっているためです。

給与が急に低くなるリスクを負いたくない方は、減給することが少ない公務員への転職をおすすめします。
ただし、給与を20代の内に大幅にアップしていきたいという方には向かない仕事です。

公務員になることの一番のメリットは、民間企業では携われない規模の仕事に関われることです。
日本の政策を自ら動かしていきたい方や社会貢献欲が強い方は、国家公務員になることを目指すことをおすすめします。

民間から公務員への転職で後悔しないようにするには?

公務員が自分の嗜好と合っていると思った方は、公務員への転職で後悔しないように徹底的に転職活動で事前対策をとっておきましょう。

転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、公務員への入社後も納得して働くことができます。

3つの重要なポイントを転職前に実践することで、入社後に後悔することを事前に防止することができます。

  1. 中長期的な準備を覚悟する
  2. 公務員の仕事の実態を知る
  3. 公務員を通じたキャリアの必要性を問う

中長期的な準備を覚悟する

公務員になるために最も重要なことは、中長期的に準備していくことです。

公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があります。
公務員の試験勉強は1年間近くの時間を要します

試験に合格するだけではなく、公務員の中でもどの仕事に就きたいかを事前に明確にする必要があります。

公務員試験を勉強する前に、以下の3つのポイントを明確にすることが重要です。

公務員の仕事の実態を知る

公務員の仕事の実態を知るために重要なポイントを2つ解説します。

  • 実際に働いている方に話を聞く
  • どの職種で働きたいかを知る

公務員の仕事の実態を知るためにおすすめなのは、学生時代のOBや知り合いを通じた公務員の方へ訪問して話を聞くことです。
公務員の働き方や文化、給与事情などは調べることが難しいため、リアルな意見を伺うことが重要です。

自身がどの職種で働きたいか、そしてどの職種なら働けるかを把握することも重要です。
国家公務員は、行政・司法・立法に関わるかで、3種類に分けられます。

行政の国家公務員はさらに、3つの役割があります。
どの役割を担うかによって、政策の上流工程を担うのか、下流工程を行うかが異なってきます。

  1. 国家総合職
  2. 国家一般職
  3. 国家専門職

地方公務員は、どの管轄で働くかで担う役割が異なります。
どの管轄で働くかによって、関わる政策の規模も異なるでしょう。

  1. 都道府県
  2. 市町村
  3. 政令指定都市
  4. 東京特別区

公務員を通じたキャリアの必要性を問う

公務員でのキャリアが、自身が中長期的に思い描くキャリアにどのような影響を与えるのかを明確にしましょう。

公務員の仕事は民間企業での仕事内容や働き方と大きく異なるため、求められるスキルや求められる働き方も異なってきます。

以下の2点を明確に言語化した上で、公務員での転職活動を行いましょう。

  • 公務員になぜ転職する必要があるか
  • 現職ではその転職理由を満たすことができないか

この2点が明確になっていれば、公務員で転職活動する際の転職理由の軸になります。

まとめ

民間から公務員への転職で、よく起こりうる後悔しがちなパターンを紹介してきました。
以下の3つの特徴に当てはまる方は、公務員の仕事に向いている可能性が高い方といえます。

  1. 変化の大きい環境が苦手な方
  2. 給与変動するリスクを減らしたい方
  3. 公務員ならではのプロジェクトに取り組みたい方

公務員に向いていると思った方は、入社後のギャップを感じないように、転職前に対策を入念にしておきましょう。

  1. 中長期的な準備を覚悟する
  2. 公務員の仕事の実態を知る
  3. 公務員を通じたキャリアの必要性を問う

3つのポイントに注意して、公務員への転職に向けて準備しておくことで、後悔する可能性が低くなります。
公務員の仕事が自身に合うかどうか問い続けてみてください。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する