楽天モバイルへ転職した方の評判は?中途採用情報や面接内容を解説

楽天モバイルへの転職

  • 楽天モバイルへ転職したいけど、評判はどうなの?
  • 楽天モバイルへ転職する人はどんな人?
  • 楽天モバイルの面接難易度は高いの?

といった楽天モバイルへの転職に関する悩みを解決できる記事になっています。

この記事は、実際に楽天モバイルへ転職して、「転職してよかった」「転職して失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「楽天モバイルへ転職した方の評判」について紹介し、記事の後半では、「楽天モバイルへの転職難易度や転職する方法」について解説します。

この記事を読み終えることで、楽天モバイルに転職する際の不安を払拭できるとともに、楽天モバイルへ転職成功する方法がわかります。

本記事で解説する次の4つの点は、楽天モバイルへ転職した方からよく聞く特徴なので、楽天モバイルへ転職する際は十分留意しておきましょう。

  1. 組織体制がよく変化する
  2. 仕事はスピード重視
  3. 非常に強いトップダウン文化
  4. 休日・夜間まで仕事が残ることもある
  5. 自分で企画提案する文化が強い

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、リクルートダイレクトスカウトです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

楽天モバイルなどの大手通信キャリアへ転職するには

楽天モバイルなどの大手企業や通信キャリアへの転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

楽天モバイルの中途採用事情とは?

楽天モバイルの代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用動向、平均年収を紹介することで、楽天モバイルの評判や転職難易度について触れていきます。

事業内容

楽天モバイルでは、携帯事業(MNOおよびMVNO)をはじめとする情報通信や、電力・エネルギー関連ソリューションなどのサービスを展開しています。

主な事業を以下にご紹介します。

  1. 楽天モバイル
    楽天モバイルは楽天グループから新規事業としてモバイル事業に参入し、ここ3年半で150万人のお客様から支持を受けるなど目覚ましい成長を遂げてきました。そして楽天はMVNO事業(仮想移動体通信)の成功をきっかけにMNO事業(移動体通信)に進出しています。
    更に新規事業ながら5Gネットワーク回線への挑戦など常にイノベーションを求めています。
  2. 楽天エナジー
    小売電気事業者として、電気料金を『基本料金0円・(使用電力量に応じた)従量料金単価も1つ』とシンプルにした家庭向け「楽天でんき」と、「楽天市場」・「楽天トラベル」などへ出店していただいているお客様を中心に、電気料金の削減をご提案する法人向け「楽天でんきBusiness」を提供しています。
  3. 楽天ひかり
    NTT東日本/NTT西日本が提供する光回線と、プロバイダ「楽天ブロードバンド」をセットにした通信速度最大1Gbpsの高速光回線インターネットサービスです。
  4. 楽天シニア
    健康寿命の延伸をサポートするサービスです。
    専用アプリを使用した日々の歩数測定や、各種イベントの予約と参加、対象施設へのチェックインで「楽天ポイント」を貯めることができます。また人生100年時代を見据え、主にシニア世代のITリテラシー向上を目的したスマートフォン教室をオンライン上や楽天モバイルショップで定期開催しています。

売上の推移

楽天モバイルは、携帯キャリア事業サービスとして、第4の通信キャリアとして成長し続けています。

事業開始時から先行投資をし続けており、年々コストが膨らんでいますが、売上は純増しています。

楽天モバイルの売上

 

コストが増え続けているのは、通信基地局の建設によるものです。
今後も投資は増え続けますが、2022年以降の黒字化を目指しています。

すでに5Gサービスは開始されており、今後も基地局の建設や店舗の拡大を行う予定です。

楽天モバイルのサービスマップ

今後のさらなる事業拡大に向け、採用人数も拡大傾向にあり、「楽天モバイルに転職するなら事業拡大中の今が絶好の機会」という評判が多いです。
(引用:楽天モバイルのHP)

採用人数・求人の募集内容

楽天モバイルでは新卒採用も中途採用も人数が公開されていません。

しかし、楽天モバイルの中途採用ページでは、数多くの募集求人があるため、年間50〜100人程度は採用していると安易に予測できます。

楽天モバイルへの転職した方の評判が多くなってきていることからも、ここ数年の採用人数が多くなっていることがわかります。

楽天モバイルでは、「携帯電話事業・エネルギー事業の正社員」と「ショップスタッフ」を募集しています。
実際に募集されていた正社員の求人は49件でした。(2021年1月時点)

ここでは、正社員募集の詳細な求人内容をご紹介します。

  1. 営業(モバイルショップコンサルタント)
  2. エンジニア
  3. UXデザイナー
  4. カスタマーサポート
  5. コーポレート

幅広い職種が募集されており、特にエンジニアの採用ポジションは多岐に渡っています

モバイルショップコンサルタントは、新規販売店オープン時の店舗開発や既存販売店の戦略企画及び運営サポートなど、楽天モバイル販売店の業績や顧客満足度の向上など、成功を幅広くサポートする仕事です。
営業経験がある方にはおすすめの職種です。

エンジニアの具体的な職種は、ソフトウェアエンジニア、ネットワークエンジニア、アプリケーションエンジニア、データベースエンジニアなど多岐に渡ります。

コーポレートでは、労務や税務を募集しており、時期によりますが少数のポジションの募集に限られているようです。

「通信キャリアや5G関連の事業に関われるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

平均年収

楽天モバイル平均年収は、公開されていないため、楽天の平均年収を参考にしてください。

2019年度の有価証券報告書によると、楽天の平均年収756万円程度です。
楽天での20代の平均年収は500万円に近く、一般的なIT企業の年収よりも高いといえます。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 600万円
企画 730万円
エンジニア 720万円
マーケティング 730万円

企画、エンジニア、マーケティングの職種が全体的に高い傾向にあるようです。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 500万円
30歳 600万円
35歳 700万円
40歳 850万円
45歳以上 1000万円〜1200万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
楽天 756万円
ソフトバンク 782万円
NTTドコモ 870万円
KDDI 930万円

(引用:2019年有価証券報告書)

楽天の年収は他の通信キャリアのなかでは、比較的低い年収ですが、20代から500万円以上の年収を目指せるため、20~30代前半の方には非常に人気が高い会社です。

ただし、IT企業全体の平均年収450万円と比べると、非常に高い年収となっています。
(引用:Openwork)

楽天モバイルへ転職する方の転職元・転職先は?

楽天モバイルへ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

楽天モバイルへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業・業界を紹介します。
自分が楽天モバイルへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIなどの大手通信キャリア
  • ヤフー、サイバーエージェントなどのIT事業会社
  • 成長中のベンチャー企業

大手通信キャリアからの転職の他に、大手IT企業や成長中のベンチャー企業で働いていた方は、スキルが高いことに加え、ベンチャーならではの文化に柔軟に対応できるため、楽天モバイルに転職しやすいようです。

転職先の例
  • 大手IT企業
  • 成長中のベンチャー企業

楽天モバイルから転職する方は、大手の有名企業に転職される方が多いようです。

楽天モバイルは営業力やエンジニアのスキルが高い会社になりつつあるため、転職先ではそういった職種でキャリアアップを図りやすくなるでしょう。

楽天モバイルへ転職した方の評判・口コミは?

楽天モバイルに転職した方の評判から、楽天モバイルに転職してよかったことや後悔したことを紹介します。

自分が楽天モバイルに転職して後悔しないかどうかを考えながら見てみてください。

・楽天の他の部署と違い、転職組がかなり多いので、企業文化が楽天とは程遠い。また、業種的にメーカーやTHE日系企業からくる人も多く営業のやり方も今までの楽天とは大幅に違ってきている。数値目標に対しては、かなり貪欲に追っている面もあるが、マネージャー陣があまり下を営業として育てる意識はないように思える。というのもなかなか同じ部署に長くいる感じではないため。私も楽天モバイルでは何度か仕事内容は変わっているため、あまり落ち着いて仕事ができる感じではない。
(基地局管理、女性)
・とにかくスピード感を重視する風潮。ロジックを謳う割に根拠に乏しい。ジェットコースターのように過ぎ去る毎日を楽しめる人は最高の環境。合う合わないがはっきりわかれる社風だと感じます。優しい人が多い反面、本当に大事な内容も社内チャットにて完結させてしまう為、腹落ちをして動くと言うよりは手探りで何事も進めていく事を念頭に従事する事になります。
(営業、男性)
・良くも悪くも社長第一主義。鶴の一声でなんでも決まる。新卒でいろんなことができるよと言われ入社し、殆どがモバイル出向。。
(営業、女性)
・技術者の人数が少なく業務の調整がしにくい。休日や夜間でも仕事やミーティングの依頼が入り、迅速な対応が求められるため休みも取りにくい。
(エンジニア、男性)
・どんな仕事でも任せてもらえる環境が今はあります。新興の会社ということもあり、組織体制がまったくととのっていません。自ら手を挙げやりますの姿勢が、常に求められる。
(カスタマーサポート、男性)

以上の口コミから、楽天モバイルの特徴をまとめました。

  1. 組織体制がよく変化する
  2. 仕事はスピード重視
  3. 非常に強いトップダウン文化
  4. 休日・夜間まで仕事が残ることもある
  5. 自分で企画提案する文化が強い

楽天モバイルでは、常に組織や仕事内容が変化するため、自分のリソースが左右されますが、自分で制度や仕事を企画提案したい方にとっては、非常におすすめの会社です。

楽天モバイルは立ち上げの時期のため、社長の一声により、事業の方針が左右されることが多々あるようです。

特にエンジニアは不足していることもあり、休日や夜遅くまで仕事することもあります。

楽天モバイルへの転職難易度は高い?

認知度の高い人気企業のため、楽天モバイルへの転職難易度は高いといえます。

楽天モバイルへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際に楽天モバイルに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

楽天モバイルにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接/適性検査
  4. 内定

楽天モバイルでの選考難易度は、特に面接の難易度が高いという評判が多く、入念に対策しておきましょう。

1次面接では、転職理由や志望動機などオーソドックスな質問を聞かれます。

2次面接では、オーソドックスな質問に加え、自分がやりたいことと楽天モバイルでやりたいことがマッチしているかをアピールする必要があります。
一次面接に比べ、楽天モバイルで働く覚悟や臨機応変さ・思考力の柔軟性が求められます。

楽天モバイルの選考に対する口コミ・評判

・短所・長所・自己PRを聞かれましたけども志望動機は聞かれませんでした。面接自体はWeb面接だったので自宅で受けることができたのがとても助かりますね。雰囲気としては雑談や和やかな雰囲気はありません。私と気が合わなかったようで面接は威圧的な印象がありました
(20代後半、男性)
・面接官によると思いますけど次々に質問があるのでしっかり準備して臨んでください
(20代後半、女性)

楽天モバイルは立ち上げ期にあり、これまでの実績や人間性についてかなり深ぼられる質問が多いようです。

口コミ・評判を見ると、自分の性格や考え方、自分の特性に関する質問が多く、自己分析を十分に行っているかがとても重要になります。
(引用:キャリコネ)

面接突破の対策

転職難易度が高い理由の一つが、面接の合格ラインが高いことにあります。

楽天モバイルに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接で聞かれることをご紹介します。

  • なぜ楽天モバイルに転職したいのか
  • なぜ他の通信キャリアではダメなのか
  • 楽天モバイルにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • 楽天モバイルで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験やその経緯

以上の質問は、仕事に対する考え方や姿勢、自身の強みや弱みの自己認識、楽天モバイルへの転職意向を聞く質問です。

面接を突破するには、楽天モバイルの企業分析に加えて、他の通信キャリアの特徴も理解しましょう

どの質問に対しても、これまでの仕事に対する考え・自身のアピールポイント・楽天モバイルへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高い楽天モバイルに転職できる可能性が高まります

楽天モバイルへの転職で失敗しない秘訣とは?

楽天モバイルに転職したいと思っている方は、楽天モバイルへの転職で後悔しないように、徹底的に楽天モバイルを理解することが重要です。

また、楽天モバイルの転職事情について詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

楽天モバイルの企業理解を深める

楽天モバイルの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

楽天モバイルへの口コミや評判をもとに、楽天モバイルへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 楽天モバイルの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 大手IT企業並みの年収
  • カフェテリア(朝食・昼食・夕食無料)
  • ジム、ヘアサロン、マッサージ施設有り。
  • 英会話無料サポート
ワークライフバランス
  • エンジニアは忙しい
  • 有給休暇は取得しやすい。
  • 残業は比較的多い。
社風
  • 組織体制がよく変化する
  • 仕事はスピード重視
  • 非常に強いトップダウン文化
  • 自分で企画提案する文化が強い
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度有り。
  • フレックスタイム制有り。

楽天モバイルの特徴を理解した上で、自分が本当に楽天モバイルに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

楽天モバイルへの転職を考えている方で転職成功するには、大手通信キャリアの求人を扱う転職エージェントを使うことがおすすめです。

楽天モバイルに転職しようと考えている方は、非公開の求人を多く保有している転職エージェントを活用しましょう。

以下に紹介する転職エージェントは、楽天モバイルの求人を保有していた実績があります

大手の転職エージェントであれば自分が望む大手通信キャリアの求人を紹介してくれる可能性が高く、他にも様々な業界の求人を扱っています。

転職エージェントは楽天モバイルの社内事情について教えてくれたり、転職難易度の高い楽天モバイルなどの大手通信キャリアへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手通信キャリアに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

 

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウトに
相談する