不動産業界での転職で高年収が実現?未経験から転職するコツを解説!

不動産業界へ転職
  • 未経験でも不動産業界への転職はしやすい?
  • 不動産業界へ高年収での転職は実現できるの?
  • 不動産業界へ転職するコツはあるの?

といったお悩みを解決できる記事になっています。

この記事は不動産業界に転職した方の声をもとに、不動産業界への転職に関するノウハウをまとめた記事になっています。

記事の前半では、「不動産業界へ転職する際に気を付けるポイント」を解説し、記事の後半では、「不動産業界へ転職するコツ」について解説します。

この記事を読み終えることで、不動産業界の転職事情がわかり、転職成功するポイントを身に付けることができます。

未経験から不動産業界へは転職しやすい?

未経験から不動産業界に転職した人の中には、以下のような声がありました。

・30代男性、元人材業界に勤務
人材業界での知識しかなく、どんなスキルが生かせるか心配だったが、営業での経験が不動産仲介での仕事でも活かすことができた。

・20代後半男性、元金融業界に勤務
金融業界で所属していた会社では成果に対する給与が低く、自分の営業力を生かせる不動産業界へ転職することにした。現在勤務している不動産の会社には、実力があることが認められ、希望条件を飲んでもらえた。

異業界から不動産業界へ転職には、ポジティブな声が多く、比較的幅広い業界から転職することが可能といえそうです。

不動産業界への転職はしやすい

クライアントとの折衝能力があれば、未経験からでも転職しやすいといえそうです。
不動産業界での仕事は、クライアントからの依頼を「建てる」、「販売する」、「貸す」、「管理する」の4種類のいずれかで解決する仕事です。

ただし、4種類の分野によって、転職のしやすさが異なります。

  1. 不動産デベロッパー(土地の仕入れ)
  2. ゼネコン・ハウスメーカー(建設)
  3. 不動産販売会社(販売)
  4. 不動産仲介会社(仲介)
  5. 不動産管理会社(管理)

デベロッパーやゼネコンの転職難易度は高く、土地の仕入れ経験者や建設に関する知識を持っている方を募ることが多いです。

不動産販売会社や管理会社は、資格(宅建や建物管理など)を持っている方を優遇する場合が多いですが、未経験で募集することもあるようです。

不動産仲介会社は、営業経験やクライアントとの折衝経験があれば、転職しやすい分野といえます。未経験の方の場合、まずは不動産仲介会社に転職し、不動産販売の会社にキャリアを変えていくといった方もいました。

不動産業界で活躍しやすい人

営業や接客の仕事が好きな人は、不動産業界に適しているといえます。

  • 営業目標を達成することが楽しい
  • 成果に応じた年収を望む
  • 難易度が高い仕事に取り組みたい

といった思いを持っている方は、不動産業界にぜひ挑戦してみましょう。
大きい商材のため、不動産に関わる仕事を楽しめるでしょう。

不動産業界の市況は?

不動産業界に転職に対する印象をまとめました。

  • 成果を上げれば、どんどん収入が上がっていく
  • 商材の単価が大きいため、達成感が大きい
  • 営業スキルが高い環境で成長できる

といったポジティブなイメージの一方で、以下のようにネガティブなイメージを想起する方もいるでしょう。

  • 不動産市場は今後どうなっていくか不安
  • 厳しい環境下で、疲弊していくか不安

印象が悪い声もあったため、不動産業界の実情で抑えておくべきポイントを解説します。

今後も市況は安定する

財務省の法人企業統計調査では、平成29年における不動産業界の市場規模は約43兆円です。
1位の自動車業界や2位の建築業界、3位の医療業界についで4番目に大きな市場規模となります。

直近の市場規模は拡大しており、2021年には東京オリンピックが開催されることから、不動産業界の市場はさらに拡大することが予想されます。

引用元:財務省「法人企業統計調査」

したがって、市場の伸びとともに、引き続き企業は人材を必要とし、全体の給与に大幅な変動が起こる可能性は低いでしょう。

不動産業界の働き方の変化

不動産業界の勤務時間は、他の業界より長いと言われていますが、企業によって状況が異なります。
不動産業界は昔からの慣習が残っているため、福利厚生や社員の働き方を確認しておきましょう。

特に不動産販売や仲介をしている会社では、営業目標のハードルが高い場合、労働時間が長くなる傾向になります。

会社の雰囲気も企業それぞれですが、営業畑で長年働いてきた社員や体育系の文化がある側面は否定できず、そういった環境に順応できるかは転職前に確認しておきましょう。

働き方改革が徐々に浸透してきているものの、不動産業界は一歩出遅れている業界の一つといえるでしょう。

未経験でも不動産業界で高年収の転職が実現?

不動産業界へ転職すると、年収が高まるイメージを持たれる方は多いでしょう。
一方で、それだけ大きな成果が問われる業界といえます。

不動産業界へ転職する際の年収事情を解説します。

転職直後は年収ダウンの可能性

転職直後は、年収ダウンの可能性は否めません。
年収ダウンの理由は、先に入社している同僚よりも、やはり知識は不足してしまうからです。

不動産仲介会社への転職が比較的しやすいことは解説しましたが、成果をあげるまでに知識を身に付ける期間が必要になります。

ただし、年収ダウンするかどうかで最も見られる点は、これまでのクライアントとの折衝経験や社内営業の経験が知識不足を補完してくれるかどうかです。

これまでの実績を棚卸しした上で、これまでの経験をアピールできれば、十分年収アップの可能性はあります。

キャリアの幅が広がる

知識が身に付いていけば、年収は他の業界よりも年収は上がりやすいでしょう。
未経験から不動産業界への転職をしようとする方の中には、不動産業界へ業界を変えていいものなのか心配な方もいるでしょう。

今後も不動産業界でのキャリアを築いていけば、さらに年収アップの可能性が出てきます。成果を出せば出すほど、評価されやすい業界でもあり、不動産業界に振り切ってキャリアを築くことも可能でしょう。

不動産業界から転職しようとした場合でも、不動産業界での仕事を全うしていれば、仕事への責任感や高い目標達成能力が評価されるでしょう。

不動産業界から転職して活躍した例は様々であり、金融業界や広告業界、人材業界、サービス、IT業界など多岐に渡ります。

不動産業界へ転職するには?

何をアピールすればいいかわからず、不動産会社での面接でよく失敗するケースが多いです。
失敗する理由の多くは、2つです。

  • 自分の強みをアピールできていないこと
  • 不動産業界の知識や働き方に関する情報不足

2つの失敗要因を押さえることで、不動産業界へ転職成功する可能性も高まります。

自分の強みをアピールする

自分をアピールできる志望動機とこれまでの経験を用意しておきましょう。

志望動機は不動産業界ならではの志望動機でなくても問題ありません。
未経験の方が志望動機を述べる際は、不動産業界の仕事に対するやり方に寄せすぎず、キャリアアップの一部のステップとして高い目標を掲げていることをアピールしてみましょう。

「トップ営業マンとしての位置を確立する」「大きな商材を売れる提案力を身に付ける」「成果に応じた評価をしてくれるところで働きたい」など、率直に不動産業界を選ぶ理由を準備しましょう。

加えて、これまでの経験を自分のキャリアから棚卸ししておきましょう。

  • 不動産業界で活躍できそうな強み
  • 不動産業界に転職したいと思った、仕事での経験
  • これまでの仕事から生まれてきた将来の理想像

といった点から、キャリアを俯瞰して言語化してみましょう。

複数の会社に応募する

不動産業界の知識や働き方に関する情報不足は、希望条件に沿った不動産の会社に転職することが遠ざかるとともに、採用企業側から不動産業界への転職意欲が低いとの見方をされてしまいます。

不動産業界に関する情報が不足していると、不動産業界の仕事や働き方の実情が分からず、転職後に後悔することになってしまいます。

また、面接官から何も知らない状態で選考を受けにきた転職者という印象が残り、選考に落ちてしまう可能性があるでしょう。

不動産業界の複数の会社へ応募することで、以下のメリットを享受できるので、絞らずに最低2〜3社は応募してみましょう。

  • 不動産業界へのリアルな実情がわかる
  • アピールポイントが見つかる
  • 本当に行きたい会社が見つかる

まとめ

転職前には、以下の2点を押さえることで、不動産業界へ転職する際に失敗しなくなります。

  1. 不動産業界の中で転職しやすい分野に転職活動を絞る
  2. 不動産業界特有の働き方や求人条件をチェックする

未経験の方が不動産業界へ転職する際は、まずは不動産販売会社や不動産仲介会社へ転職することをおすすめします。
デベロッパーやゼネコンは、経験者を募集することが多いためです。

不動産業界の働き方や年収の条件は、現職とのギャップが生じる可能性があるため、この点は選考時に確認しましょう。

不動産業界へ転職活動する際には、以下の2点を押さえることで、選考でつまづくことも少なくなります。

  1. 自分の強みをアピールする
  2. 複数の会社に応募する

上記を実践すれば、未経験でもよりスムーズに不動産業界へ転職する可能性も高まりますので、ぜひ実践してみてください。