リクルートへの就職難易度は?募集職種・選考内容なども解説

リクルートへの就職難易度は?募集職種・選考内容なども解説

リクルートは人材サービスを始め、様々な事業に展開を行う日本トップクラスのIT企業です。
就活生の中でリクルートブランドは非常に高く、人気があります。

  • リクルートへの就職難易度は高い?
  • リクルートへ就職した方の選考の口コミは?
  • リクルートの新卒採用の求人とは?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、リクルートへ就職した方の口コミをもとに、リクルートへの就職難易度について紹介します。
さらに、リクルートの求人や選考内容・年収などの就職に関する基本情報を詳しく解説します。

この記事を読むことで、リクルートから内定の確率を高める方法が分かるとともに、リクルートへの就職情報を一通り知ることができます。

編集部

なお、就職活動で一番おすすめのサービスは、オファーボックスです。

学歴関係なく、自分の経験や個性に興味を持った優良企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業や自分に合った企業との面談機会が得られます。

利用企業数1万社以上、就活生3人に1人が登録している学生利用率No.1のサイトです。

自分の目的に合った就活サービスを併用して使いながら、就職活動を進めていきましょう。

【厳選】目的別おすすめの就活サービス
転職エージェント名 特長
オファーボックス
(スカウトサイト)

大手・ベンチャー企業・官公庁など登録企業数11,400社以上
優良企業が学生のプロフィールを見て、直接スカウトする

キャリアチケットスカウト
(スカウトアプリ)

スマホアプリから手軽に利用可能
学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く

適性診断「AnalyzeU+」
(自己分析ツール)

25項目の診断結果で自己分析でき、今後の選考に生かせる
累計100万人の診断結果に基づいて診断される

 

リクルートへの就職難易度は高い?

リクルートでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年400〜500名程度採用しています。

日本トップクラスの事業会社であることから、就職先として人気があり、就職難易度は高いです。

リクルートへの就職難易度を理解するにあたり、以下の5点についてそれぞれ解説していきます。

新卒採用の募集職種

リクルートの新卒採用は、大きく2つの職種を採用しています。

ビジネス総合職

リクルートでビジネス総合職として、配属される可能性のある職種は以下の通りです。

  • 顧客接点
  • 事業企画
  • コーポレートスタッフ
  • IT総合職

ビジネス総合職では、あらゆる職種への配属される可能性があり、新卒を育成していくために、いろいろな部署で経験を積むことが可能です。

自分の適正に応じて、配属が決まっていきます。

リクルートは採用人数が多く、採用HPだけでなく、就活エージェントに採用を依頼している可能性があります。

就職エージェントでは一部選考を免除する特別選考ルートがあり、内定する確率が高まります。

以下に大手優良企業の紹介が可能なおすすめの就活エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】リクルート ビジネス総合職の就職におすすめ!
就活エージェント名 特長
キャリアチケット

大手優良企業への内定実績多数。顧客満足度No.1
即日内定可能な有名企業とのマッチングイベントあり

キャリアパーク

大手企業からの面談オファーあり。
最短3日で内定も狙える。書類選考、一次面接免除のルートあり

IT総合職・エキスパート職

リクルートでIT総合職、エキスパート職として、配属される可能性のある職種は以下の通りです。

  • ソリューション・エンジニア
  • データサイエンティスト
  • AIアーキテクト
  • クリエイティブ
  • マーケティング
  • デザイン
  • コンテンツデザイン

以前は営業色の強い会社でしたが、エンジニアやデザイナーなども年々募集人数が増えています。

エンジニア職などの専門職の場合は、就活エージェントによって特別選考フローが用意されています。
就活エージェント経由だと、選考通過率が高く、自分に合った企業を紹介してくれます。

エンジニア系への就職には、エンジニアの内定実績が多い就活エージェントの活用がおすすめです。
レバテックルーキーは、IT・WEBエンジニア専門のエージェントで、専門のアドバイザーが徹底的にサポートしてくれます。

IT業界に就職したい方は、IT系エンジニアに加えて、WEBデザイナーなどIT業界ならではの職種に特化したIT求人ナビがおすすめです。

以下の就活エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもITエンジニアやIT業界へ内定する確率が上がります。

【厳選】リクルート IT総合職・エキスパート職の就職におすすめ!
就活エージェント名 特長
レバテックルーキー

就活サポート内定率85%、ITエンジニア支持率No.1
ITエンジニアに精通したプロが企業を紹介

IT求人ナビ

13年以上のIT業界での支援実績がある
IT業界専門のアドバイザーが多数在籍

リクルートの初任給・平均年収

リクルートの平均年収は962万円です。(引用:2019年3月期の有価証券報告書)
リクルートの年収はここ3年で90万円ほど上がっており、高年収で働きたいなら、おすすめの企業です。

初任給は月給32万6千円+賞与と(2022年時点)、大卒初任給の平均22万6千円と比べると非常に高いことがわかります。
リクルートでは1年目で、年収470万円程度となるため、30代で多くの方が700万円以上の年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 962万円
30歳 800万円
35歳 1000万円
40歳 1200万円
45歳以上 1500万円〜

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
リクルート 962万円
JACリクルートメント 774万円
パーソルHD 637万円
ワールドHD 606万円
メイテック 600万円

リクルートの年収は、他の人材紹介会社と並び、高い水準です。

新卒や第二新卒でも年収1000万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

初任給が高いことからも、就活生から人気があり、就職難易度が高いことがわかります。

新卒採用の選考内容

リクルートの新卒採用の選考ルートは以下の通りです。

  • 本選考
    1. エントリーシート
    2. WEBテスト(SPI)
    3. 書類選考
    4. 面接複数回
    5. 内定

エントリーシート

▼リクルートのエントリーシートの質問項目例をいくつかご紹介します。

  • 学生時代頑張ったこと
  • 上記質問のご自身の役割
  • 上記質問の成果

ごく普通のエントリーシートですが、端的かつ具体的に記載することがポイントです。

面接でかなり深ぼられるので、表面的なアピールより率直に自分が頑張ったことを記載しましょう。

面接

リクルートの面接では、以下のような質問が行われます。
学生時代に頑張ったこと・志望動機の質問に対する対策を徹底しましょう。

  • 自己紹介
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 入社後に実現したいこと
  • 自分の強み、弱み

とにかく頑張ったことを深堀されます。

頑張ったことのエピソードの中で、なぜその行動をしたのか、どのように考えたのか、なぜそのように考えたのか、なぜをたくさん繰り返して深ぼっておくことが重要です。

就職した方の口コミ・評判

リクルートの内定を見事に獲得した方の声を中心にご紹介するので、選考のエッセンスを把握する上で参考にしてみてください。

・自己分析を行い、自分が描く未来を想定して、何故リクルートに入社したいのか熱意を持って伝えることが大切なように感じました。志望動機以上に、学生がどのように考えどのように行動するのか、そしてそれがリクルートにマッチするかどうかを見ているように感じました
・自己分析をしっかりしたほうがいいと思います。
リクルートの人には嘘をついたらすぐバレます笑 自分に正直になって話して行けば考えを尊重してくれます。
・お互いが納得するまで時間をかけて選考してくれる点。役員面接の後の人事面談で迷っていることを伝えると社員さんを紹介してもらえた。
リクルートは風土に合っているかどうかで決まるといっても過言じゃないので、沢山の社員さんに会って深掘りしてもらった方がいいです。
※引用:楽天みん就

リクルートの新卒採用では、面接難易度が高く、自己分析が当たり前のようにできていなければなりません。

学生時代までの経験を振り返り、自分をアピールできる言葉に整理しましょう。

リクルートの内定獲得のポイント

リクルートに就職した方の口コミをもとに、内定獲得するべきポイントをまとめました。

  1. 面接官に一番アピールできる学生時代の経験を用意する
  2. 事実に基づいて話すこと
  3. 頑張ったエピソードを多角的に深ぼること

リクルートの面接では、大前提、学生時代頑張ったことに対する質問を言語化できていなければなりません。

面接で言語化するためには、そのエピソードを多角的に整理しておく必要があります。
面接官は、なぜ頑張れたのか、なぜその判断をしたのか徹底的に深ぼってきます。

エピソードを見繕っても、深ぼられるとどこかでボロが出てしまうのです。

また、エピソードをしっかり話せたとしても、高い成果を出した学生が評価されやすいです。
最もアピールできる学生時代の経験を選びましょう。

就職難易度の高い企業の内定を獲得するには?

リクルートのような人気企業には転職したいけど、「大手や優良企業に就職できる自信がない」という不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

学歴フィルターはない企業であっても、就職難易度の高い企業には変わりありません。

スカウト型の就職サイトであれば、自分の経験や個性に興味を持った企業から直接スカウトが届くので、今まで選択肢になかった企業や自分の希望に合った企業と出会うことができます。

自分が思っているよりも企業から高い評価を受けられることも多く、就活難易度が高いと思っていた企業から内定獲得できる可能性があります。

学歴に関係なく、自分の希望に合う企業に就職したいという方はぜひ利用してみてください。

リクルートへの就職におすすめの就活サービス

おすすめのスカウト型就職サービスを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

オファーボックスは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人の中からスカウトが届くため、非常におすすめです。

【スカウト型就活サイトの企業利用数No.1】
  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数11,400社以上
  • スカウト受信率93.6%
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする


総合満足度 利用企業数 大手企業数

5.0点/5.0点

10,003社以上

4.5点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

5.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

OfferBoxでは企業から学生に送れるオファーの数が限られています。 そのため、企業側は学生のプロフィールをしっかり読み、 きて欲しいと思う学生を厳選してオファーを出しています。さらに、OfferBoxでは、無料で受けられる精度の高い適性診断を受けられます。 それによって自己分析を行い、プロフィールに反映することもできます!
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】オファーボックスに
登録する

スマホアプリから手軽に利用できる就活サービス
  • アプリならスキマ時間でも就活できる
  • 決められた質問に回答していくだけで自己PRとガクチカが簡単に作成可能
  • 学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.5点/5.0点

非公開

非公開
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

キミスカは優秀な大学の学生が多く登録しており、優良企業からのスカウトが豊富に届きます。他のサービスとの違いは、選考結果が実績として残るので、自分に合った企業からのスカウトが届きやすくなります。スカウト型のサービスとしては珍しく、就活コンサルタントに就活全般の相談ができます。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアチケットスカウトに
登録する

【逆求人型就活サービスNo.1】
  • プロフィール入力無料サポート
  • 人気・優良企業をはじめ、契約企業は6,800社以上
  • プロフィールをしっかり記載することで、スカウト受信率が97%


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.0点/5.0点

6,800社以上

3.8点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

3.8点/5.0点

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活支援サービスです。大手企業の契約が多く、自分のプロフィールに興味を持った大手企業からスカウトが届きます。就活の疑問や悩みを解消してくれるコラムも充実しています。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】dodaキャンパスに
登録する

まとめ

リクルートへの就職に関して、一通りの情報を紹介してきました。

リクルートでの新卒採用は、ビジネス総合職とIT総合職・エキスパート職が募集されています。

就職先として非常に人気で、新卒採用で年間500名程度と比較的多く採用しています。

選考では、過去の就職成功者の口コミを参考にした上で、内定獲得のポイントを押さえておきましょう。

就職難易度は比較的高いですが、就活エージェントを利用することで、他の就活生よりも短期で内定獲得が可能です。

リクルート以外の他の大手優良企業にも出会えるので、以下の就活サービスの中から、自分の気になるサービスを活用してみてください。今まで考えていなかった企業や特別選考フローのある企業を紹介してくれる可能性もあります。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数