ユーザベースへ転職!中途採用の求人・選考内容・難易度を解説

ユーザベースへ転職!中途採用の求人・選考内容・難易度を解説

ユーザベースは経済情報に関する事業を多岐にわたり展開し、現在急成長中の企業です。
直近の利益が黒字化し、平均年収が100万円程度増えるなど、転職先として非常に人気になっています。

  • ユーザベースの中途採用求人はどんな職種がある?
  • ユーザベースの中途採用の選考内容は?
  • ユーザベースの転職難易度は高い?

といったユーザベースへの転職に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ユーザベースの求人情報や選考内容など中途採用について紹介し、年収・福利厚生・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します

この記事を読むことで、ユーザベースへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

ユーザベースへの転職を検討中の方も、まだ未検討の方もぜひご参考ください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、リクルートダイレクトスカウトです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ユーザベースの事業内容と将来性

ユーザベースの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

ユーザベースへの転職を検討中の方には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、ユーザベースへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

ユーザベースの会社概要は以下の通りです。

会社名 ユーザベース株式会社
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
設立日 2008年4月
代表 稲垣 裕介
資本金 71.7 億円
従業員数 611名

事業内容

ユーザベースは多岐にわたる事業を展開しています。

以下の4つの事業がユーザベースの主要事業です。

  • SPEEDA
    世界中の企業・市場データ、業界レポート、M&A、特許動向等、戦略策定や市場分析に必要な情報を提供を行う経済情報プラットフォームです。
  • NewsPicks
    国内外100メディアのニュース、オリジナル記事・動画を配信し、専門家のコメントと併せて閲覧可能な経済ニュースメディアです。
  • INITIAL
    スタートアップの事業概要、資金調達、オリジナル記事などを提供する、スタートアップ情報プラットフォームです。
  • FORCAS
    B2B領域でサービス展開する企業のAccount Based Marketing(ABM)の実行を支援するマーケティングプラットフォームです。ユーザーが保有する顧客データと企業属性情報を組み合わせ、制約角度の高い顧客を特定するための分析を行います。

売上の推移と将来性

ユーザベースの売上はここ数年、年10~15%以上の成長率を誇っています。

その中で、売上の割合が大きいのが、SPEEDAとNewsPicksの事業です。
SPEEDAでは、金融機関や事業会社、コンサルティングファームをはじめ、世界中の顧客へサービスを提供しています。
NewsPicksでは、広告の売上高が成長し続けており、ここ数年需要が拡大しています。

経常利益は2021年に黒字に転じており、今後のさらなる収益拡大が見込めるでしょう。

ユーザベースの中途採用求人について

ユーザベースの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

ユーザベースへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのようなスキルや経験が求められるのか知っておきましょう。

ユーザベースの採用HPリクルートエージェントの求人情報をもとに、ユーザベースで募集されている代表的な職種をご紹介します。

他にも、マーケティングや経理・社内SEなどのコーポレートなど、様々な職種が募集されています。

セールスの求人内容

ユーザベースの営業職は、役割別に細分化されています。

各職種の役割をそれぞれ解説していきます。

  1. インサイドセールス
    電話、メール、ビデオ会議システム等を用いて顧客とのコミュニケーションを行い、商談機会の創出から提案、成約までを行います。
  2. フィールドセールス
    インサイドセールスによって構築された顧客関係と、蓄積された顧客/見込み客情報を活用して、営業訪問、提案、クロージング活動を行う営業手法です。
  3. カスタマーサクセス
    顧客が製品・サービスを使うことで、望ましい結果や目的を達成することをサポートします。
  4. エンタープライズセールス
    大企業をターゲットに、成約から顧客の目的達成までサポートする役割です。

いずれのセールス職も、ユーザベースの各事業の売上に貢献する仕事です。

営業への転職における必須要件は、以下のいずれかの経験をお持ちの方です。

▼必須要件:

  • 法人向けソリューション営業の経験

ユーザベースで募集している営業職では、ソリューション営業を経験している方が優遇されますが、未経験の募集が行われています
「セールスオープンポジション」として募集されており、「無形商材における法人営業経験」があれば応募可能です。

また、幅広い業界向けに営業をされていた方や大手企業への営業経験がある方は歓迎されるでしょう。

営業職の求人例を1つご紹介します。
2021年11月時点で、リクルートエージェントでは、フィールドセールスの求人をはじめ、178件の求人が掲載されていました。

ユーザベースの求人1

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

エンジニアの求人内容

ユーザベースのエンジニア職で、多く募集されているのがソフトウェアエンジニアです。

ユーザベースでは、SPEEDAや、FORCASの開発を行うポジションを募集しています。

ソフトウェア開発の特徴は、アジャイル開発、モブプログラミング、リファクタリングなどを推進し、新しい技術を協力して取り入れていく文化があります。

ソフトウェアエンジニアへの転職するには以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • Webアプリケーション開発経験3年以上 (言語:Java/Kotlin/JavaScript/TypeScript/Go/Rust等)
  • オブジェクト指向言語での開発経験
  • コンピュータサイエンスの基礎知識 (アルゴリズム、データ構造、データベース、ネットワーク等)
    など

ユーザベースでは技術力の高い社員が多く、転職難易度は比較的高いでしょう。

エンジニアの求人例を1つご紹介します。

2021年11月時点で、採用HPでは、ユーザベースのCREエンジニアの求人が掲載されていました。

ユーザベースの求人2

他のエンジニアの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

中途採用の選考内容

ユーザベースの中途採用を受けても、転職できるかどうか不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。

選考合格率を高めるには、選考フローや中途採用の基準を把握しておくことが重要です。

実際にユーザベースに転職活動した方の口コミをもとに、各職種における中途採用の選考内容やその対策を解説します

中途採用フロー

ユーザベースのエンジニア以外の中途採用フローは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 2〜3回の面接
  3. 内定

基本的な面接が行われ、一つのエピソードに対して深掘りされることが特徴的です。

中途採用基準

ユーザーベースが採用で重視している点は、ユーザベースが制定した7つのバリューに合致している人材かどうかです。

このバリューはユーザベースで活躍する上で必須なため、事前に共感できるか確認しておくことをおすすめします。

面接では、ユーザベースとの親和性があるかどうかを3つの観点で見極めています

  1. やりたいことがユーザベースのミッションとリンクしているか
  2. 学生時代から今までどんなことを行ってきたか
  3. ユーザベースが求める能力があるか

この3つの観点を軸に、ユーザベースのミッション・バリューにマッチするか、活躍できる人材であるかを見極めています。

ユーザベースでの面接では、具体的に以下の質問は言語化しておきましょう。

  • 今後やりたいこと
  • 中長期的なビジョン
  • 今まで一番成果を出した経験
  • 今まで一番頑張ってきたこと
  • 挫折をどう乗り越えてきたか
  • 自分のスキルが最も生かせれた経験

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

ユーザベースの転職難易度が高い理由

セールス、エンジニアとも、同職種での一定の経験が求められます。
しかし、セールスの職種では未経験の方も募集されており、転職難易度が低くなります。

ユーザベースへの転職難易度を理解するにあたり、重要なポイントをいくつかご紹介します。

自身がユーザベースで働いてみたいか、活躍できるかを考えながらご覧ください。

ユーザベースへの転職に向いている人

ユーザベースへの転職に向いている人は、「自分の意思と責任感を持ち、行動できる人」です。

ユーザベースの最上位のバリューの中に、「自由主義で行こう」というバリューがあります。

圧倒的な成果を社会に還元するために、一人一人が責任感を持った上で、自由に思考を巡らせ、行動することを促すものです。

周囲の社員や顧客への責任感を持つこと、そして自分の意思を自由に主張することを楽しめる方は、おすすめの転職先といえます。

ユーザベースへの転職に求められる経験・スキル

ユーザベースへの転職に求められるのは、ユーザベースで働きたい仕事に関連する実務経験です。

営業職はソリューション営業の経験、エンジニアはアプリケーション開発の経験など、高いスキルや長い経験年数は必要とはなっていません。

ユーザベースは成長中の企業のため、メンバークラスの人員確保を行っているフェーズです。

ビジネス職、エンジニア職とも実務経験がある方は、ユーザベースへの転職に生かせます。一方で、経験が深くなくとも、要件が緩和されている求人や未経験募集の求人が募集されており、転職難易度は低くなります。

ユーザベースへ転職後の年収

ユーザベースは仕事の難易度が高い一方、ユーザベースの年収が見合うものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ユーザベースでは、成果を出せば出すほど、年収が非常に高くなることで有名です。

ユーザベースへ転職する際に、魅力的な要素である転職後の年収について解説します

ユーザベースの平均年収は797万円超

2020年の有価証券報告書によると、ユーザベースの平均年収は797万円です。

ユーザベースの給与は、基本給・ボーナスから構成されています

昇給するためには、エグゼキューション(実行力)、エッジ(能力)、バリュー(会社の文化の実現度)の3つの軸で評価されることが必要です。
さらに、年に2回、上司含め周囲の社員から360度で評価されます。

IT企業の中では高年収で、評価制度が明確なことから、転職市場で人気になっています。

ここ数年の平均年収の推移

有価証券報告書に基づいた、ユーザベースの平均年収の推移は以下の通りです。

2019年から2020年にかけて、平均年収が100万円程度増えています
これは、営業利益が黒字化しはじめた影響が大きいです。

決算発表によると、今後の売上高も増加見込みのため、今後さらなる平均年収アップが期待できるでしょう。

確実に年収を高めたい方は、高年収の求人を多く保有し、転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトにに登録して高年収のスカウトを受け取る

ユーザベースの福利厚生

ユーザベースの福利厚生をいくつかご紹介します。

  • フルフレックス制度
  • 育休制度
  • 副業OK
  • カフェ代補助
  • 自転車通勤補助
  • 結婚休暇&お祝い金

ユーザベースの福利厚生は、カフェ代や自転車通勤など、生活費の一部費用を補填してくれるものが多いです。
社員がストレスなく働けるように、プライベートやライフイベントの部分でもサポートしてくれます。

年収に加えて、福利厚生の良さもユーザベースへ転職する一つのメリットになります。

ユーザベースへ転職した方の評判・口コミ

ユーザベースは「急成長中の企業」「年収はそれほど高くないのでは」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にユーザベースに転職した社員はどのように感じているのでしょうか。

口コミサイトの Openworkをもとに、ユーザベースに転職した方の評判・口コミをご紹介します

働いている社員の声を確認することで、ユーザベースの気になる評判を知ることができます。

  1. 社風・やりがいに関する評判:様々な国籍の社員が在籍!
  2. ワークライフバランスに関する評判:有休・育休とも取得しやすい!

社風・やりがいに関する評判:様々な国籍の社員が在籍!

服装、働く場所も完全に自由、目標も自分たちで主体的に決めることができます。働いている社員も意欲的で人間性が素晴らしい人が多く、高い目標を自分たちで立てて、全員で立ち向かっていく企業文化は素晴らしいと思います。
(エンジニア・男性)

オープンでフラットを体現している。また非常にボトムアップである。 口だけのベンチャー企業は多いが、ユーザベースは非常にトップがその企業文化にコミットしている。 自分の意見が求められ、それが業務に反映されるため、自分自身の業務に言い訳ができず、コミットメントが高くなる。
(営業・女性)

ユーザベースでは自由主義の文化が強く現れているようです。

企業文化自体がボトムアップであることもあり、社員一人一人の意見が尊重されます。
一人一人が当事者としての意識を強く持ち働ける環境があるようです。

主体的な意思で仕事に取り組みたい方にはぜひおすすめしたい転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:有休・育休とも取得しやすい!

家族を大事にする社員が多い。営業だとどうしても飲みに行きがちだったり、家族の都合よりも数字優先になりがちだが、カレンダーの朝と夕方は子供送り迎えでブロックされていたり、家族都合でチームメンバーと予定調整することも少なくない。子どもを会社に連れてきたりするメンバーもいる。
(営業・男性)

コロナ以前から、フルリモート可能で、スーパーフレックスのため、自由に働き方を選べます。 また、ロングバケーション制度が特徴的で、長期休暇が2週間分取得できるので、欧米のようにクリスマス休暇みたいな取得も可能です。
(エンジニア・男性)

ユーザベースでは、働き方が柔軟かつ、社員の多くが家族を持っている方への理解が深いことが特徴的です。

働き方が縛られたくない方にはおすすめの転職先です。

まとめ:1分でユーザベースの中途採用情報がわかる

ユーザベースへの転職に興味をお持ちの方は、ユーザベースの中途採用関連の情報をを一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、ユーザベースの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた内容を一覧にまとめました。

ユーザベースへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
事業内容と将来性
  • SPEEDAやNewsPicksが主要事業
  • 売上は年10-15%以上の成長率
  • 経常利益は2021年に黒字化
  • 決算では今後の売上増加見込みと発表
中途採用の募集職種
  • セールス
    └インサイドセールス
    └フィールドセールス
    └カスタマーサクセス
    └エンタープライズセールス
  • エンジニア
    └ソフトウェアエンジニア
    など。
中途採用の選考内容
  • 中途採用の選考基準は、ユーザベースが制定する7つのバリューとの親和性が高いかどうか。
  • 面接で特に見極められる点は3点
    └やりたいことがユーザベースのミッションとリンクしているか
    └学生時代から今までどんなことを行ってきたか
    └ユーザベースが求める能力があるか
ユーザベースの転職難易度
  • ユーザベースへの転職に向いている人は、「自分の意思と責任感を持ち、行動できる人」。
  • 営業職への転職では、「ソリューション営業の経験」をお持ちの方が必須要件。
  • エンジニア職への転職では、「アプリケーション開発の経験」「オブジェクト指向言語での開発経験」などいずれかをお持ちの方が必須要件。
転職後の年収
  • 平均年収は797万円超
  • 給与の内訳は、基本給・ボーナス。
  • 2019〜2020年にかけて、平均年収が100万円増。
代表的な福利厚生
  • フルフレックス制度
  • 育休制度
  • 副業OKカフェ代補助
  • 自転車通勤補助
  • 結婚休暇&お祝い金
社風・やりがい
  • 自由主義かつボトムアップの文化
  • 意欲的かつ人間性が素晴らしい社員が多い
ワークライフバランス
  • 社員の多くが家族を持っている社員への理解が深い
  • フルリモート、スーパーフレックス可能

ユーザベースの魅力は、売上が急成長中、企業文化が社員に好評、年収がアップし続けているなど、転職者に非常に人気があります。

一定の経験が求められる求人もあれば、未経験の方も募集中のため、転職の間口が広がっています。

この機会にユーザベースへの転職を考えている方は、ぜひ応募を検討してみてください。

自分だけで転職活動を進めるのが不安な方は、一度転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

ユーザベースへの転職におすすめの転職エージェント

ユーザーベースへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、ユーザベースのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まるでしょう。

転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートダイレクトスカウトに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあります。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、年収アップの転職実績が多いJACリクルートメントもおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

ぜひこの記事を参考に、ユーザベースへの転職を検討してみてください。