日本年金機構への就職は難しい?就職偏差値や採用大学をもとに解説

日本年金機構への就職は難しい?就職偏差値や採用大学をもとに解説

  • 日本年金機構への就職難易度は高い?
  • 日本年金機構へ就職できる採用大学は限られている?
  • 日本年金機構に就職するにはどうしたらいい?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、日本年金機構への就職に興味がある方に、日本年金機構への就職偏差値・採用大学を中心に紹介します。
さらに、日本年金機構が就活で人気な理由や選考情報、就活対策などについても詳しく解説します。

この記事を読むことで、日本年金機構へ就職できる可能性や日本年金機構に就職する方法を理解することができます。

編集部

なお、就職活動で一番おすすめのサービスは、オファーボックスです。

学歴関係なく、自分の経験や個性に興味を持った優良企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業や自分に合った企業との面談機会が得られます。

利用企業数1万社以上、就活生3人に1人が登録している学生利用率No.1のサイトです。

自分の目的に合った就活サービスを併用して使いながら、就職活動を進めていきましょう。

【厳選】目的別おすすめの就活サービス
転職エージェント名 特長
オファーボックス
(スカウトサイト)

大手・ベンチャー企業・官公庁など登録企業数11,400社以上
優良企業が学生のプロフィールを見て、直接スカウトする

キャリアチケットスカウト
(スカウトアプリ)

スマホアプリから手軽に利用可能
学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く

適性診断「AnalyzeU+」
(自己分析ツール)

25項目の診断結果で自己分析でき、今後の選考に生かせる
累計100万人の診断結果に基づいて診断される

 

日本年金機構への就職難易度は高い?

日本年金機構の就職難易度を相対的に比較しているものはありませんでした。

しかし、企業の人気度ランキングが公開されており、文系大学生のランキングで、51位にランクインしています。(引用:マイナビ・日経 大学生就職企業人気ランキング

名だたる企業を押さえて、比較的上位にランクインしていますが、就職偏差値や採用倍率、採用大学一覧の観点からも読み解いていきましょう。

就職偏差値

日本年金機構の就職偏差値を、他の企業の偏差値も参考にしながら見ていきましょう。

日本年金機構の就職偏差値は56で、あえて大学のレベルに言い換えると、MARCH関関同立で比較的優秀であれば就職しやすいといえます。

【55】国家公務員一般職・大卒(旧国家Ⅱ種)

【56】日本年金機構、沖縄科学技術大学院大学、放送大学学園

【58~59】地方上級公務員、物質・材料研究機構、日本学生支援機構、国民生活センター、日本貿易振興機構JETRO、国際協力機構JICA

【60~63】日本銀行、宇宙航空研究開発機構JAXA、国家公務員総合職(旧国家I種)

【64~】日本政策金融公庫JFC、日本政策投資銀行DBJ、日本中央競馬会(JRA)

偏差値60以上の企業に就職するなると、MARCH関関同立の優秀層や地方旧帝大・早慶のレベルであれば就職しやすいといえます。

採用倍率・採用人数

日本年金機構の採用倍率は非公開となっています。
新卒採用人数は、毎年400名程度となっています。

日本年金機構は、公務員試験がいらない公的機関のため、比較的誰でも受けやすい企業です。

就活生からの人気ランキングが上位に入ってることを加味すると、就職難易度は比較的高いでしょう。

採用大学

日本年金機構の採用大学実績をご紹介します。

全国のいろいろな大学から採用しており、MARCH関関同立より偏差値が低いとされる大学でも十分内定獲得できる可能性があります。

そして「愛愛名中」の大学カテゴリーからもランクインされていることから、学歴フィルター関係なく就職できる会社であると言えるでしょう。

<大学院>
茨城大学 、 岩手大学 、 大阪大学 、 香川大学 、 金沢大学 、 関西学院大学 、 群馬大学 、 神戸大学 、 滋賀県立大学 、 首都大学東京 、 成蹊大学 、 成城大学 、 中央大学 、 筑波大学 など
<大学>
愛知大学 、 愛知教育大学 、 愛知県立大学 、 青山学院大学 、 秋田大学 、 茨城大学 、 岩手大学 、 宇都宮大学 、 愛媛大学 、 大分大学 、 大阪大学 、 大阪教育大学 、 大阪市立大学 、 大阪府立大学 、 岡山大学 、 小樽商科大学 、 香川大学 、 鹿児島大学 、 金沢大学 、 関西大学 、 関西外国語大学 、 関西学院大学 、 学習院大学 、 北九州市立大学 、 九州大学 、 京都大学 、 京都府立大学 、 近畿大学 、 熊本大学 、 群馬大学 、 慶應義塾大学 、 県立広島大学 、 高知大学 、 甲南大学 、 神戸大学 、 国学院大学 、 国際基督教大学 、 駒澤大学 、 埼玉大学 、 佐賀大学 、 滋賀大学 、 滋賀県立大学 、 静岡大学 など

大学群の偏差値ランキングを以下に掲載しておきます。

順位 大学群
1 東京一工:
東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学
2 旧帝国大学:
東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学
3 早慶:
早稲田大学、慶應義塾大学
4 筑横千:
筑波大学、横浜国立大学、千葉大学
5 電農名繊:
東京農工大学、京都工芸繊維大学、名古屋工業大学、電気通信大学
5 金岡千広:
金沢大学、岡山大学、千葉大学、広島大学
7 SMART:
上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、東京理科大学
8 地方国立大学:
埼玉大学、新潟大学、静岡大学、信州大学、滋賀大学など
8 MARCH(またはGMARCH):
明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学
8 関関同立:
関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学
11 STARS:
佐賀大学、鳥取大学、秋田大学、琉球大学、島根大学
12 成成明学:
成城大学、成蹊大学、明治学院大学
12 四工大:
芝浦工業大学、東京都市大学、東京電機大学、工学院大学
14 日東駒専:
日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学
14 産近甲龍:
京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学
16 外外経工佛:
京都外国語大学、関西外国語大学、大阪経済大学、大阪工業大学、佛教大学
17 愛愛名中:
愛知大学、愛知学院大学、名城大学、中京大学
18 大東亜帝国:
大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学
18 摂神追桃:
摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学
20 関東上流江戸桜:
関東学園大学、上武大学、流通経済大学、江戸川大学、桜美林大学
21 中東和平成立:
中央学院大学、東京国際大学、和光大学、平成国際大学、立正大学

採用大学は気にしなくていい?

企業に応募する際、採用大学はどうしても気にする必要があります。
日本企業の採用文化として、学歴社会の上で成り立ってきた経緯があるからです。

採用企業としても、学力が高い人を採用したい意向があるはずです。

ただし、大学入試では、学力が高い人が偏差値の高い大学に合格しますが、就職活動では、学力が高い人が社会で必ずしも活躍するわけではありません

そのため、学力がなくても社会で活躍する素養があれば、就職難易度や人気度が高い企業でも、十分に就職できる可能性があることを忘れないでください。
就職難易度や人気度が高いからといって、内定獲得することを諦めるには早いです。

日本年金機構はなぜ就活生に人気なのか

日本年金機構の就職人気ランキングは毎年上位になっており、就職企業人気ランキングによると学生からの人気度が51位になっています。
男性62位、女性45位と、男女問わず人気度が高いです。

日本年金機構が就活生に人気の理由は以下の通りです。

  1. 公務員試験を受けなくていい
  2. 福利厚生が民間企業より良い
  3. 給与が非常に安定している

日本年金機構は文系の学生、特に公務員志望の方に人気があります。
その理由の多くが、公務員試験を受けずに、福利厚生や給与の待遇が良好な職場で働くことができるからです。

年間休日は120日以上あり、残業も非常に少ないです。

公的機関のため、会社が潰れることは考えづらく、給与が安定しています。

安定感のある会社で働きたい方にはとてもおすすめできる会社です。

就職難易度や人気度の高い企業に就職するには?

日本年金機構のような人気企業には転職したいけど、「大手や優良企業に就職できる自信がない」という不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

学歴フィルターはない企業であっても、就職難易度の高い企業には変わりありません。

スカウト型の就職サイトであれば、自分の経験や個性に興味を持った企業から直接スカウトが届くので、今まで選択肢になかった企業や自分の希望に合った企業と出会うことができます。

自分が思っているよりも企業から高い評価を受けられることも多く、就活難易度が高いと思っていた企業から内定獲得できる可能性があります。

学歴に関係なく、自分の希望に合う企業に就職したいという方はぜひ利用してみてください。

日本年金機構への就職におすすめの就活サービス

おすすめのスカウト型就職サービスを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

オファーボックスは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人の中からスカウトが届くため、非常におすすめです。

【スカウト型就活サイトの企業利用数No.1】
  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数11,400社以上
  • スカウト受信率93.6%
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする


総合満足度 利用企業数 大手企業数

5.0点/5.0点

10,003社以上

4.5点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

5.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

OfferBoxでは企業から学生に送れるオファーの数が限られています。 そのため、企業側は学生のプロフィールをしっかり読み、 きて欲しいと思う学生を厳選してオファーを出しています。さらに、OfferBoxでは、無料で受けられる精度の高い適性診断を受けられます。 それによって自己分析を行い、プロフィールに反映することもできます!
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】オファーボックスに
登録する

スマホアプリから手軽に利用できる就活サービス
  • アプリならスキマ時間でも就活できる
  • 決められた質問に回答していくだけで自己PRとガクチカが簡単に作成可能
  • 学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.5点/5.0点

非公開

非公開
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

キミスカは優秀な大学の学生が多く登録しており、優良企業からのスカウトが豊富に届きます。他のサービスとの違いは、選考結果が実績として残るので、自分に合った企業からのスカウトが届きやすくなります。スカウト型のサービスとしては珍しく、就活コンサルタントに就活全般の相談ができます。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアチケットスカウトに
登録する

【逆求人型就活サービスNo.1】
  • プロフィール入力無料サポート
  • 人気・優良企業をはじめ、契約企業は6,800社以上
  • プロフィールをしっかり記載することで、スカウト受信率が97%


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.0点/5.0点

6,800社以上

3.8点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

3.8点/5.0点

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活支援サービスです。大手企業の契約が多く、自分のプロフィールに興味を持った大手企業からスカウトが届きます。就活の疑問や悩みを解消してくれるコラムも充実しています。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】dodaキャンパスに
登録する

日本年金機構への就職に関してよくある質問

日本年金機構の就活で学生がよく気にかける点も理解しておきましょう。

日本年金機構への就職活動を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本年金機構の離職率は高い?

日本年金機構の離職率は、11.4%です。
(入社した職員に対して入社3年以内に離職した職員の割合を離職率とします。)

厚生労働省によると、新入社員の離職率は30%程度です。

平均よりも離職率が低く、長く安定的に働く人が多いことがわかります。

新卒採用の募集要項

日本年金機構の新卒採用では総合職を募集しています。

総合職は、厚生労働大臣から委任・委託を受けた公的年金(国民年金、厚生年金保険等)に係る一連の業務を担当します。

募集要項 詳細
初任給 ・2021年4月実績 四年制大学卒218,640円
(東京都特別区内に勤務する場合・地域調整手当を含む)
・2021年4月実績 四年制大学卒182,200円
(地域調整手当が支給されない地域に勤務する場合)
諸手当 地域調整手当【(基本給+扶養手当)× 調整率(0%~20%)※】
※調整率は勤務地により異なります。
(東京都特別区内の場合は20%)上記のほか、
通勤手当、時間外勤務手当、扶養手当、住居手当など
勤務地 本部(東京都)
年金事務所(全国312か所)
事務センター(全国15か所)

新卒採用の選考内容

日本年金機構の新卒採用のビジネス職選考ルートは以下の通りです。

  1. エントリー
  2. エントリーシート提出
  3. 適性検査
  4. 複数回の面接
  5. 内定

まとめ:日本年金機構への就職難易度は高い

日本年金機構への就職難易度は比較的高いですが、学歴フィルターはありません。
学歴に自信がない方でも、挑戦しやすい企業といえます。

ただし文系学生からの人気が非常に高く、学生に人気の企業となっているため、しっかりと選考対策を行う必要があります。

日本年金機構をはじめとした人気企業への内定確率を高めたい方は、「オファーボックス」を活用してみてください。

学歴関係なく、自分の経験や個性に興味を持った優良企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業や自分に合った企業との面談機会が得られます。
多くの就活生に人気のサービスであり、ぜひ一度自分にどんなスカウトが届くのか確認してみてください。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数