転職エージェントが本音を暴露!面談で失敗する人の特徴を解説

転職エージェントが本音を暴露!面談で失敗する人の特徴を解説

転職エージェントを使い始めた方やこれから転職エージェントを使おうか検討している方で、

  • 転職エージェントとの面談では、担当者はどんな本音を持っているのか?
  • 転職エージェントとの面談で失敗しやすい人とは?

と、転職エージェントとの面談に関して疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、転職エージェントの担当者の本音をもとに、面談で失敗する人の特徴や転職エージェントを上手に活用する方法を解説していきます。

転職エージェントの本音を知ることで、転職エージェントから適切なサポートを受けられるようになります。

転職エージェントの立場を踏まえた上で、転職エージェントを存分に使い倒せるようになりましょう。

転職エージェントの本音|こんな人は面談で失敗する!

転職エージェントとの面談を通して、求職者によっては、担当者から「この人は転職しにくそうだな」「この人にはあまりサポートしても損しそうだな」と思われることがあります。

面談でそう思われてしまうと、転職成功するまでに時間がかかったり、転職できない可能性もあります。

転職エージェントとの面談における重要性について、詳しく解説していきます。

転職エージェントとの面談の良し悪しが転職成功を左右する

転職エージェントに登録すると、担当者との初回面談があります。
転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職希望者側の希望も叶えつつ、企業からの依頼された人材紹介を満たすことを目的にしています。

そこで、初回面談の場では、これまでの経歴や転職理由、希望条件などをヒアリングされ、今後の転職活動について話します。

初回面談で求職者の情報を十分にヒアリングすることで、企業に推薦できる経歴や考え方、志向、人物像であるかを確認することができるのです。

転職エージェントとの面談は、求職者の希望を叶えるための準備段階、かつ企業が求める人材かどうかを見定める非常に重要な機会なのです。

転職エージェントとの面談の重要性について理解できたところで、転職エージェントの本音として、面談で失敗しがちな人の特徴を解説します。

転職エージェントとの面談で失敗する人の特徴

転職エージェントの担当者に聞いた本音として、面談で失敗する人の傾向を5つご紹介します。

転職エージェント側の本音を理解することで、面談で好印象を残しましょう。

転職エージェントの本音:面談で失敗する人の特徴
  1. 本音を話さない人
  2. 前職について悪く言う人
  3. 未経験の業界と職種を希望する根拠がない人
  4. 転職を度々繰り返している理由がネガティブな人
  5. 親が口出ししてくる人

本音①:本音を話さない人

転職エージェントの担当者は求職者の本音を求めています
ネガティブな退職理由や印象が良いとは言えない経歴などは、話しづらいかもしれません。
例えば、「上司との相性が合わなかった」「常に成果が求められる働き方についていけなかった」などです。

転職エージェントの本音として、求職者側から本音を話してもらえないと、的確なサポートやアドバイスを提供することができません

ネガティブなことは、企業にそのまま伝えるわけではないため、気にせず、本音を伝えることをおすすめします。

転職エージェントはその本音をもとに、職場環境や働き方、風土などを考慮して、総合的に求人や企業の提案をしてくれるのです。

本音②:前職について悪く言う人

本音を話すことは重要ですが、愚痴や悪口を言うことはできるだけ控えましょう。
例えば、「上司の性格が悪かった」「あの会社は何も社会になることを考えてない」などです。

転職エージェントの本音として、全て前職の環境のせいにしたり、会社を全否定する人はサポートしにくくなります。

担当者に、この人は責任感のない人、選考の途中で言い訳をする人といったように、悪い印象を受けてしまいます。

ネガティブな本音を伝える際は、前職をけなすようなことは言わず、「自分が単に性格が合わなかった」など自分にも責任があることを伝えましょう。

未経験の業界と職種を希望する根拠がない人

転職エージェントの本音として、単に今の会社や職種がいやなことが理由で、未経験の業界・職種に転職したい方には、どんな求人を提案したら良いか困ります。

未経験で転職したい場合は、現職での退職理由や転職理由を明確にする必要があります。

未経験で転職する理由を上手く伝えることができれば、担当者もどんなサポートをしたらいいのかがわかり、十分にサポートしてくれます。

転職を度々繰り返している理由がネガティブな人

転職エージェントの本音として、転職を度々繰り返していて、その理由がネガティブな人は、担当者から悪い印象を持たれます。

社内で解決できる内容にも関わらず、転職で解決しようとする方などが該当します。
例えば、転職理由が、「現職で成果が出なかったから」「学べることに限界を迎えた」などです。

このタイプは「次々と転職を繰り返す人」と採用担当に思われてしまうため、選考が通り辛くなります。

転職を繰り返している理由をネガティブに感じさせないように、退職・転職の理由でポジティブな理由も伝えましょう。

親が口出ししてくる人

珍しいケースですが、転職エージェントとの面談で、親が同伴する場合があります。

親が同伴してしまうと、この求職者は自立できていないと、担当者に悪い印象を持たれる可能性があります。

求人を提案したとしても、求職者自身ではどの転職先にするか決められず、コミュニケーションコストも多くかかってしまいます。

コミュニケーションがスムーズでない人

転職エージェントの目的は、求職者が求める条件を満たし、企業が求める採用を叶えられることです。
そのために、面談では求職者の希望条件をスムーズにヒアリングした上で、今後の転職活動についてアドバイスする必要があります。

コミュニケーションが上手くいかない人の特徴は、一方的にしゃべりすぎる方と質問に対して上手く答えられない人です。

転職エージェントの担当者がヒアリングしたいことと求職者がサポートで求めることのバランスを考えながら、面談を進めていきましょう。

転職エージェントの本音|求職者別に対応の格差がある

転職エージェントは、求職者との面談後、面談の印象の良し悪しによって、求職者ごとに対応の熱量やサポート量に差が出ます。

転職エージェントは転職しやすい人や担当者に都合の良い人に対して、優先順位を上げてサポートする傾向があるからです。転職エージェントがやってしまう行動の本音を解説していきます。

転職エージェントは求職者別に優先順位を付けている

転職エージェントの本音として、担当者は営業ノルマを達成するために、転職しやすい求職者であるかどうかの優先順位をつけようとします

直近転職する意向が薄い方や、未経験業界・職種へん転を希望する方、年収が低い方などに対しては、転職エージェントによっては、親身に対応してくれない場合があるのです。

転職エージェントからのサポートには、応募書類の添削や、面接対策、採用企業との調整など多岐に渡ります。

ただ中にはまともにサポートして貰えなかったり、登録したのに連絡が遅い、質問しても返信が遅い場合などがあります。

転職エージェントに手厚いサポートを受けるために、自分から転職したい意欲を伝えたり、連絡をまめに取ってみるなどの対策は行うことができます。

転職エージェントの対応で、知っておいて欲しい事実

希望条件を全て満たす求人は提案できない

転職エージェントの本音として、転職エージェントは転職が決定してはじめて報酬を受け取れるため、転職しやすそうな求人を選ぶ傾向にあります。

転職が決まりやすい職種・業種の求人を紹介することで、転職成功する確率が高まるのです。

同業界・同職種への転職を希望している場合にも、求職者の能力よりも企業の採用要件の方が高い場合は、担当者は紹介しづらくなります。

未経験の分野に転職したい場合にも、企業は即戦力を求めているため、同職種への転職を薦めてくる場合があります。

採用要件が高い求人は提案しづらい

転職エージェントは転職が決定してはじめて報酬を受け取れるため、転職しやすそうな求人を選ぶ傾向にあります。

転職が決まりやすい職種・業種の求人を紹介することで、転職成功する確率が高まるのです。

同業界・同職種への転職を希望している場合にも、求職者の能力よりも企業の採用要件の方が高い場合は、担当者は紹介しづらくなります。

未経験の分野に転職したい場合にも、企業は即戦力を求めているため、同職種への転職を薦めてくる場合があります。

年収が高い求人を提案しがち

転職エージェントの本音として、年収の高い人のサポートを優先する傾向があります。

転職エージェントのビジネスモデルは、転職が決定した場合に、採用企業から決定した方へ提示した年収の30~35%を転職エージェントに支払うというモデルです。

例えば、年収の30%を成果報酬として支払う契約だとすると、年収500万円で入社が確定した場合、150万円を転職エージェントに支払うようなイメージです。

転職者の年収が高いほど、転職エージェントの報酬は高くなります。

そのため、年収の高い人を紹介すれば、より多くの成功報酬を受け取れる可能性が高くなるのです。

転職エージェントとの面談を上手に活用する方法

転職エージェントとの面談で悪い印象を持たれず、担当者から充実したサポートを受けられるように、面談で話すべき重要なポイントを解説します。

転職エージェントとの面談における重要なポイント
  1. アピールできる経歴を経験を整理しておく
  2. 退職理由・転職理由を率直に伝える
  3. 転職先の希望条件を本音で伝える
  4. 転職活動で心配していること・サポートして欲しいことを伝える
  5. 他社の転職エージェントなどの転職活動の状況を伝える

アピールできる経歴・経験を伝える

転職エージェントとの面談前に、転職エージェントにアピールできそうな経験を整理しておくことが重要です。

これまで実績を上げた経験や生かせるスキルがあれば、求人を提案する際や企業へ推薦する際に非常に役立ちます

気をつけて欲しい点としては、事実とは異なる経歴や経験を職務経歴書に記載することは避けましょう。
転職エージェントとの面談や企業との面談で必ず、ボロが出ます。

これまで経験してきたことを率直に話すことで、自分がアピールポイントと思ってないことでも、転職エージェントが長所を見つけてくれます。

経歴や経験で気になっていることがあれば、あらかじめ伝えておくと良いでしょう。

退職理由・転職理由を率直に伝える

ネガティブな退職・転職理由も含めて、率直な転職理由を伝えることが重要です。

例えば「上司と相性が合わなかった」という退職理由を、「スキルを生かせる会社で働きたい」など、置き換えてしまう場合などです。

具体的でない転職理由を伝えてしまうと、求職者の価値観や考え方が捉えられず、求職者に適する企業や求人を紹介することができなくなってしまいます。

前職の悪口や愚痴にならないように気をつけながら、まずは本音で話すことで、求職者に適したサポートを受けられるでしょう。

転職先の希望条件を本音で伝える

転職理由と同様に、希望条件を本音で伝えることが重要です。

希望をしっかり共有することで、希望の求人を紹介してくれるだけでなく、自分の市場評価に適した条件を知ることができます

自分が理想の転職を実現できるように、希望する条件は出し惜しみせず、初回面談時に率直に伝えておきましょう。

転職活動で心配していること・サポートして欲しいことを伝える

転職活動を本格的に始める前に、サポートして欲しいことは抜け漏れなく伝えておきましょう。

あとで伝えてしまうと、「本当はこんなサポートもできた」「選考通過率をもっと上げられた」と後々知ることになり、損をする場合があります

「この条件は譲れない」「職務経歴書を添削して欲しい」「面接対策してほしい」など、サポートしてもらいたいことがある場合は遠慮せず伝えましょう

他社の転職エージェントなどの転職活動の状況を伝える

他社の転職エージェントを利用している場合や自主応募している場合などは、率直に転職活動の状況を伝えましょう。

特に「複数の転職エージェントを利用している」と伝えると、キャリアアドバイザーはサポートの優先順位を上げてくれます。

転職エージェントを複数利用しているということで、キャリアアドバイザーから、転職意向の高さをアピールすることができるのです。

また、他社の転職エージェントでの転職を阻止しようと、他社のサポート内容を基準に、充実したサポートを提供してくれるメリットもあります。

転職エージェントを複数活用していることは、ぜひ初回面談で伝えておきましょう。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントを使ってみたいと思った方やあらためて評判の良い転職エージェントを探したいと思った方は、転職エージェントに登録してみましょう。

しかし、転職エージェントは数多く存在しているため、「どれを選んだらいいかわからない」といった方もいるでしょう。ここでは、筆者も含めた実際に転職活動を行った方の感想から、おすすめの転職エージェントを以下にまとめました。

登録すべき転職エージェントを、以下の観点で選びました。

  • 求人の取り扱いが多い
  • キャリアアドバイザーの専門性が高い
  • 転職成功例が非常に多く、ノウハウが豊富

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【20代・未経験の転職】に特化した転職エージェント
  • スキルに自信がない方におすすめのサービス
  • フリーター・既卒・第二新卒の求人が豊富
  • 未経験の転職実績が豊富


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

3.6点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

ハタラクティブはスキルに自信がない20代でも、転職成功する確率が他のサービスより高いです。
未経験の求人が豊富にあり、自分に合った求人を提案してくれます。
未経験で転職できるように選考対策も十分に実施してくれるため、未経験で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】ハタラクティブに
登録する

まとめ

転職エージェントとの面談における本音について解説していきました。

転職エージェントとの面談では、悪い印象を持たれないようにしましょう。
面談で自分の魅力を率直に伝えることで、転職エージェントはサポートすべきことを理解し、充実したサポートをしてくれるようになります。

転職エージェントの面談で注意すべきことがわかったら、転職エージェントに登録もしくは、今登録している転職エージェントとぜひ面談してみてください。

最初は上手くいかないこともありますが、何度か面談を繰り返すことで、転職エージェントを上手く活用する方法がわかるようになります。

この記事が、転職が実現した後、「転職してよかった」「この選択が自分にとってベストだった」そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら幸いです。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数