マイクロソフトへの就職難易度は高い?求人・年収なども徹底解説

マイクロソフトへの就職難易度は高い?求人・年収なども徹底解説

日本マイクロソフトは、Microsoft OfficeやAzure、Windowsなどを提供する時価総額世界トップクラスのIT企業です。
ソフトウェアやクラウドサービスの収益が好調で、人気な就職先となっています。

  • マイクロソフトへの就職難易度は高い?
  • マイクロソフトの新卒採用の求人とは?
  • マイクロソフトの新卒選考内容とは?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、マイクロソフトへの就職難易度について紹介し、マイクロソフトの求人や選考内容・年収などの基本情報を詳しく解説します。

この記事を読むことで、マイクロソフトへ就職する魅力がわかり、自身が就職したいと思える企業かどうかがわかります。

マイクロソフトへの就職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

編集部

なお、就職活動で一番おすすめのサービスは、オファーボックスです。

学歴関係なく、自分の経験や個性に興味を持った優良企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業や自分に合った企業との面談機会が得られます。

利用企業数1万社以上、就活生3人に1人が登録している学生利用率No.1のサイトです。

自分の目的に合った就活サービスを併用して使いながら、就職活動を進めていきましょう。

【厳選】目的別おすすめの就活サービス
転職エージェント名 特長
オファーボックス
(スカウトサイト)

大手・ベンチャー企業・官公庁など登録企業数11,400社以上
優良企業が学生のプロフィールを見て、直接スカウトする

キャリアチケットスカウト
(スカウトアプリ)

スマホアプリから手軽に利用可能
学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く

適性診断「AnalyzeU+」
(自己分析ツール)

25項目の診断結果で自己分析でき、今後の選考に生かせる
累計100万人の診断結果に基づいて診断される

 

マイクロソフトへの就職難易度

マイクロソフトでは毎年、新卒採用と中途採用を行っています。
新卒採用では毎年30名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

世界的にも有名な企業であることや高年収であることなどから、就職先として人気があり、就職難易度は高いです。

マイクロソフトへの就職難易度を理解するにあたり、以下の2点についてそれぞれ解説していきます。

マイクロソフトの新卒採用の選考ルート

マイクロソフトは以下のルートで新卒採用を行っています。

  1. インターン
  2. 本選考

インターンは、8月から9月末にかけて、2ヶ月の間、マイクロソフトの実務を経験します。
インターンでは、社員との交流会や成果発表の機会があります。
月額35万の給与が支給されるため、新卒社員同様に扱われます。

応募要件

応募要件は、インターン、本選考とも同様です。
以下は、2024年卒の場合の応募要件です。

  • 2024 年卒の現在大学 3 年生、大学院 1 年生、高等専門学校本科4年生 または高等専門学校専攻科1年生(2023 年7月1日~2024 年 6 月 30 日の間に卒業し勤務を開始できる方)
  • 弊社が指定した日程の選考会に参加できること
  • 大学・大学院、高専卒業後1 年以内に日本国内で勤務可能な方
  • 就業経験 2 年未満の方
  • 理系、文系いずれも応募可 (情報系の専攻もしくはプログラミング経験のある方歓迎)
  • 日本マイクロソフトの職種については、ビジネスレベル以上の日本語力のある方
  • 弊社指定の応募フォームの登録、及び提出物の登録を完了していること

選考フロー

インターン、本選考とも、選考フローは同じです。

  1. 本エントリー
  2. 書類選考
  3. 1次面接
  4. 最終面接

マイクロソフトのエントリーシートでは、マイクロソフトへの志望度や学生の価値観・ポテンシャルがあるかを見極められます。他の採用企業と同様に、端的にアピールできる内容を盛り込むことが重要です。

面接では、エントリーシートの内容を中心に深掘りされるので、面接も見据えて、質問して欲しいポイントを書類作成時点で盛り込んでおきましょう。

特に、学生時代一番頑張ったことについて深掘りされます。

マイクロソフトの新卒採用求人

マイクロソフトの新卒採用は、大きく2つの職種を採用しています。

セールス&マーケティング

ビジネス職では、以下の職種を募集しています。

  • 法人営業
  • パートナー営業
  • 企画・マーケティング
  • プロダクトマーケティング

営業職では、マイクロソフトの各種サービスを法人向けに提案するような仕事を任されます。
インサイドセールス、新規営業、カスタマーサクセスまで幅広いセールスに携わることが可能です。

マーケティング職は、プロモーションの基本戦略を考え、プロダクトを販売促進する役割があります。

その他にも、マイクロソフトでは、様々なビジネス職の仕事があります。

テクニカル

マイクロソフトでは直近、マイクロソフトが運営する各サービスのプロダクト開発が強化されています。

  • テクノロジースペシャリスト
  • テクニカルセールス
  • コンサルタント

テクノロジースペシャリストは、サービス開発を担うエンジニアから社内のDXを推進する担当者など、自社サービスの開発に関わる役割です。

テクニカルセールスやコンサルタントは、セールスと連携して、顧客のテクニカルなニーズをヒアリングし、実現に向けて推進する役割です。

マイクロソフトのサービスが多様化している今、エンジニア採用のニーズがマイクロソフトで急速に広がっています

マイクロソフトの新卒採用の選考対策

マイクロソフトの新卒採用で内定を獲得するポイントを説明します。

年間30名ほどしか採用しないマイクロソフトでの選考では、徹底的に選考対策しましょう。

マイクロソフトの新卒採用基準

マイクロソフトには明確な採用基準は公表されてないですが、社内用にミッションとカルチャーが定められています。

▼ミッション:
地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする

▼カルチャー

  1. GROWTH MINDSET(成長する考え方)
  2. CUSTOMER OBSESSED(お客様に寄り添う)
  3. DIVERSITY AND INCLUSION(ダイバーシティ & インクルージョン)
  4. ONE MICROSOFT(ワン・マイクロソフト)
  5. MAKING A DIFFERENCE(世界を変える)

マイクロソフトの新卒採用では、自ら成長する主体性があることや自信が目指す姿が明確化されていることが重要視されるでしょう。
マイクロソフトでは、カルチャーにあるように、目標に対して自ら考え、周囲と協力し合いながら、達成していく過程をアピールしましょう。

面接官が求める人物像を満たすかどうかを見極めるために、マイクロソフトでよく受ける質問をご紹介します。

新卒採用の面接対策

マイクロソフトの新卒採用面接では、学生時代の経験に加えて、志望度を試される質問が比較的多いです。

具体的には、以下のような質問を想定しておきましょう。

  • 自己紹介
  • 学生時代に力を入れたこと・苦労したこと
  • あなたの強みはなんですか。
  • 志望理由
  • 企業研究で行ったこと
  • マイクロソフトでやりたいことはなんですか。
  • 将来はどんなキャリアを歩みたいですか。

学生時代の経験については、その時思ったことやなぜそう判断したかなど、マイクロソフトの求める価値観であるかが見極められます。

志望度を確かめる質問では、マイクロソフトへの事業理解度や考えの深さが見極められます。

強いアピールができても、マイクロソフトの新卒採用で落ちてしまう多くの理由は、マイクロソフトや事業への理解度不足によるものです。
マイクロソフトへの内定を目指している方は、しっかりとした企業研究を行いましょう。

マイクロソフトの平均年収

マイクロソフトの平均年収は1,281万円です。(引用:Openwork
企業全体として年収が高く、優秀な方には高待遇を惜しみません。
高年収の就職先を狙うなら、おすすめの企業です。

マイクロソフトの給与は、基本給70%+インセンティブ(業績連動インセンティブ+個人目標達成インセンティブ)で構成されています。
部署や職種によって、上記の割合は異なります。一定以上の役職になると、株式報酬を支給されます。

項目 詳細
昇給 ・年1回
賞与 ・年1回(業績・個人評価の連動)
賃金形態 ・年俸制

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,385万円
エンジニア 1,019万円
マーケティング 1,373万円
コンサルタント 1,435万円
サポート 860万円

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 812万円
30歳 907万円
35歳 1,058万円
40歳 1,234万円
45歳以上 1,419万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アップル 598万円
アマゾン 900~1,000万円
Google 1,200~1,400万円
日本IBM 770万円
アクセンチュア 900万円

マイクロソフトの年収は、他の外資系IT企業と並び、高い水準です。

新卒や第二新卒でも年収1000万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

売り上げ純増や1人あたりの生産性の高さが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

マイクロソフトの福利厚生・その他

マイクロソフトの福利厚生についてご紹介します。

マイクロソフトの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フルフレックスタイム制
(コアタイム・フレキシブルタイムともになし)
・1日の標準労働時間:7時間30分
裁量労働制 ・あり
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・夏季休暇(年3日)
・年次有給休暇
・傷病欠勤(年5日)
・ファミリーケア休暇(年5日)
・忌引休暇
・結婚休暇
・ボランティア休暇
・永年勤続休暇
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・交通費全額支給
・社員持株会、退職金制度(確定拠出年金)
・カフェテリアプラン(生活スタイルやニーズにあった福利厚生メニューを各自で選択)
・社内クラブ活動
・資格取得支援制度
・育児支援制度
・ベネフィット・ステーション
・提携銀行等によるローン優待
・提携会社による不動産優待
・社内研修(テクニカルトレーニング、英会話補助、海外研修など)
・社食、無料の自販機あり
・メディカルルーム、マッサージルーム、メンタルヘルスケアサポート、EAP (無料カウンセリングサービスあり)
・社内公募制度(毎年200名以上がキャリアアップやキャリアチェンジを実現。スペシャリスト、コンサルタント、プリセールス、製品開発を行うR&D職など、さまざまなキャリアを目指せます。)

マイクロソフトのワークライフバランス

結局のところ個人の裁量次第。とてもワークライフバランスが取りやすいか否かは個々のハンドリングスキルによる。

プライベートと仕事のバランスは非常に調整しやすい会社であると感じます。 まず、オフィスに出社しなくてもリモートワークで仕事を完了できる環境が整備されています。

マイクロソフトの働き方は、成果を達成することが大前提にありながら、プライベートとのバランスを保てるという声も多くありました。

ただ成果目標のハードルが高いため、入社直後は残業時間が長くなってしまう傾向が多いようです。

成果を安定して出すことができれば、強制的に労働させる文化はなく、ワークライブバランスが安定します。

マイクロソフトの社風・やりがい

外資系特有の「自分の成果を数値とインパクトを明確化し、上司に正しく報告すること」ができなければ生きていけない、という文化はこの会社にも当てはまる。日本の会社では当たり前な「上司から言われたことをやれば、上司は働きを見てくれて正当に評価をしてくれる」や「アピールだけが上手い人が昇進する」ということはない。

日本のみならず世界のITインフラを担っているという圧倒的なブランド力は安心。会えないお客様はまずいないというぐらい社会で認知されているし、一目置かれていると思う。昔は目立ちたがり屋が他人の成功をかっさらっていくような文化があったが、今は他人の成功を支援することでも評価されるようになった。

日本マイクロソフトの文化は、いわゆる日本の大企業と正反対と言っていいでしょう。

年功序列や言われたことをやることで評価される文化ではなく、自ら考えて成果を出すことが重要視されます。

マイクロソフトの企業情報と将来性

マイクロソフトの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

中長期的な将来性も含めて、マイクロソフトへの就職を検討する際の参考としてください。

会社概要

日本マイクロソフト株式会社の会社概要は以下の通りです。

会社名 日本マイクロソフト株式会社
所在地 108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
設立日 1986 年 2 月
代表 代表取締役 社長 吉田 仁志
従業員数 3,040 名 (2022 年 4 月 1 日 現在)

マイクロソフトの事業内容

マイクロソフトは、ソフトウェアやクラウドサービスを提供する世界有数のIT企業です。

ビルゲイツ氏が創業し、時価総額世界トップクラスの世界的企業になっています。

マイクロソフトの主な事業は、以下の3つです。

  • Productivity and Business Processes
    「Microsoft Office」など、様々なソフトウェアやプラットフォームを提供しています。
  • Intelligent Cloud
    クラウドサービスである「Azure(アジュール)」や、サーバ関連ソフトウェアを提供しています。
    市場シェアはアマゾンのAWSに次ぐ2位となっており、AWS以上の成長率を誇っています。
  • More Personal Computing
    PC関連デバイスやゲームなど、個人向けの商品・サービスを提供しています。
    Windows OSのライセンス収入、Surfaceなどの携帯端末、Xboxなどのゲーミング製品、検索エンジン「Bing」からの広告収益などから構成されています。

事業の将来性

マイクロソフトの売上は、純増しており、高い成長率を維持し続けています。

以下は売上・営業利益の推移です。

Productivity and Business ProcessesやIntelligent Cloudの事業の成長が著しく、OfficeやAzureを中心とした法人向けソフトウェアやクラウドサービスの売り上げが好調です。

特にAzureは、AmazonのAWSに次ぐシェアを誇り、今後のさらなる成長にも期待できます。

就職難易度の高い企業の内定を獲得するには?

マイクロソフトのような人気企業には転職したいけど、「大手や優良企業に就職できる自信がない」という不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

学歴フィルターはない企業であっても、就職難易度の高い企業には変わりありません。

スカウト型の就職サイトであれば、自分の経験や個性に興味を持った企業から直接スカウトが届くので、今まで選択肢になかった企業や自分の希望に合った企業と出会うことができます。

自分が思っているよりも企業から高い評価を受けられることも多く、就活難易度が高いと思っていた企業から内定獲得できる可能性があります。

学歴に関係なく、自分の希望に合う企業に就職したいという方はぜひ利用してみてください。

マイクロソフトへの就職におすすめの就活サービス

おすすめのスカウト型就職サービスを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

オファーボックスは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人の中からスカウトが届くため、非常におすすめです。

【スカウト型就活サイトの企業利用数No.1】
  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数11,400社以上
  • スカウト受信率93.6%
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする


総合満足度 利用企業数 大手企業数

5.0点/5.0点

10,003社以上

4.5点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

5.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

OfferBoxでは企業から学生に送れるオファーの数が限られています。 そのため、企業側は学生のプロフィールをしっかり読み、 きて欲しいと思う学生を厳選してオファーを出しています。さらに、OfferBoxでは、無料で受けられる精度の高い適性診断を受けられます。 それによって自己分析を行い、プロフィールに反映することもできます!
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】オファーボックスに
登録する

スマホアプリから手軽に利用できる就活サービス
  • アプリならスキマ時間でも就活できる
  • 決められた質問に回答していくだけで自己PRとガクチカが簡単に作成可能
  • 学生の価値観に興味を持った企業からスカウトが届く


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.5点/5.0点

非公開

非公開
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

キミスカは優秀な大学の学生が多く登録しており、優良企業からのスカウトが豊富に届きます。他のサービスとの違いは、選考結果が実績として残るので、自分に合った企業からのスカウトが届きやすくなります。スカウト型のサービスとしては珍しく、就活コンサルタントに就活全般の相談ができます。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアチケットスカウトに
登録する

【逆求人型就活サービスNo.1】
  • プロフィール入力無料サポート
  • 人気・優良企業をはじめ、契約企業は6,800社以上
  • プロフィールをしっかり記載することで、スカウト受信率が97%


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.0点/5.0点

6,800社以上

3.8点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

3.8点/5.0点

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活支援サービスです。大手企業の契約が多く、自分のプロフィールに興味を持った大手企業からスカウトが届きます。就活の疑問や悩みを解消してくれるコラムも充実しています。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】dodaキャンパスに
登録する

まとめ

マイクロソフトへの就職に関して、一通りの情報を紹介してきました。

マイクロソフトでの仕事は、セールス&マーケティング、テクニカルエンジニア、コーポレートなど多岐に渡ります。

新卒採用では、インターンもしくは本選考に応募することが可能です。
年間30名程度の採用のため、比較的就職偏差値は高いといえます。

マイクロソフトの事業は急成長しており、高い年収で働くことができるので、マイクロソフトにぜひ応募してみてください。

マイクロソフト以外の企業も探してから応募したい方は、以下の就活サービスの中から、自分の気になるサービスを活用してみてください。今まで出会えなかった思わぬ企業や求人に出会えるかもしれません。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数