2回目以降の転職は不利になる?転職を優位に進めるポイントは5つ

2回目の転職
・2回目以降の転職は不利になるの?
・2回目以降の転職を有利に進めるコツは?
・1回目の転職よりキャリアアップするには?

といった悩みを解決できる記事になっています。
「2回以上転職経験がある方」が経験してきた悩みや2回目以降の転職成功談をもとに、この記事をまとめています。

記事の前半では、「2回目以降の転職がどのように評価されるのか」を解説し、記事の後半では、「2回目以降に転職成功するコツ」を解説します。

この記事を読み終えることで、「2回目以降の転職で気を付けるべきポイント」が理解できるとともに、2回目以降の転職活動を有利に進めるコツを身に付けられるため、転職活動を自信を持って進めることができるようになります。

2回目の転職がネガティブに思われる場合とは?

2回目以降の転職は2つの条件のいずれかを満たす場合、ネガティブに見られる可能性があります。
採用企業から見たときに、あなたのことが信頼でき、活躍しそうな可能性が高いかどうかが重要です。

  • 現職での勤続年数が短い場合
  • 現職での転職理由がネガティブな場合

現職での勤続年数が短い場合

現職での勤続年数が少なくとも2~3年以上あるかどうかが、ポジティブに見られるかどうかの目安になります。
3年働いた方は、「仕事に責任を持ち、継続して働いてくれる」と信頼を勝ち得ることができます。

ただし、3年働いていなくても、「上司と合わない」「やりたい仕事とのギャップが大きかった」といった悩みを持つ方も多くいるのではないかと思います。

そのような方には、「2回目以降の転職で成功するポイント」を記事の後半で解説しますので、ご覧ください。

現職での転職理由がネガティブな場合

 

  • 年収が低い
  • どの仕事も面白くなかった
  • 会社の文化や人が嫌い

といった印象を与えるような理由は、採用する企業から好まれません。
このように、ネガティブな理由が転職のきっかけになることは少なくありません。

ただし、ネガティブな理由の裏には、ご自身が「本当に働きたい仕事や会社」の軸が隠れているはずです。

例えば、「年収が低い」ことが転職理由なら、「自身のスキルに対して正当な評価をくれる会社」「自身の成果に応じて、収入が上がる仕事」などが転職理由となり得ます。

2回目以降の転職は慎重にするべき?

2回目以降の転職でも、転職する理由が自身で納得してさえいれば、問題ないでしょう。

ただし、まだ納得していない方は、2つのポイントをしっかり考えた上で、転職活動するかどうか決めましょう。

  • 入社前後の現職への印象のギャップを振り返る
  • ギャップが生じないような転職先の目星を付ける

入社前後における現職への印象のギャップを振り返る

転職するかどうかを決めるために、まずはギャップが生じた理由を突き止めましょう。
よくあるギャップが生じてしまう要因を紹介します。

  • 自身が転職で重要にしたいことが明確ではない
  • 面談での情報収集を十分にしていない

といったことが要因としてあります。

転職で重要にしたい例は、興味のある業職種であること、年収が今より高いこと、相性が良いと思える上司がいることなど様々です。

重要にしたい軸が決まったら、その軸が本当にその会社で実現できるか情報収集しましょう。
あなたにとって、本当に働きたい会社かどうかが鮮明になるはずです。

ギャップが生じないような転職先の目星を付ける

転職で重要にしたいことが明確になったら、それを実現できそうな転職先を探してみましょう。
よくギャップが生じる理由として、多いものを紹介します。

  • 現職の業職種はやりたいことに合致していない
  • 給与が十分ではない
  • 環境に満足いっていない

このような転職先を探す上で、自身が転職先に求めたいことを整理しましょう。

20代で2回目以降の転職の印象は悪い?

20代で2回目以降の転職だからといって、印象が悪くなることはありません。

ただし、採用企業側にとって、転職理由がネガティブな場合、印象が悪くなることもあるでしょう。

1回目の転職で失敗することはよくある

20代で1回目の転職は、自身が仕事で重要にしたい軸が定まらず、失敗する方も多いです。

採用する企業も、そうした事情を理解し、20代が短期間で転職することを許容してくれます。

1回目の転職で失敗した理由を明確にした上で、2回目の転職活動では自らが本当に働きたいと思える転職先を見つけましょう。

20代の2回目の転職は成功しやすい

1回目で転職に成功している方も、失敗している方も、20代の2回目の転職は実現しやすいです。

20代の2回目の転職が実現しやすい理由は2つです。

  • 複数の会社での経験があるため、採用企業側は育成コストがかからない
  • 若手採用のため、採用リスクは少ない

採用する企業側にとって、20代の2回目の転職は比較的有利に働くため、現職への不満が大きい方は、次の転職先を積極的に調査してみましょう。

2回目以降の転職で成功するポイントとは?

1回目の転職で成功した方も失敗した方も、採用する企業側にメリットがあるように、率直な自分を評価してもらいましょう

2回目の転職で成功するポイントは2つです。

  • 退職理由と志望動機をポジティブにする
  • 企業との面談を多数繰り返す

退職理由と志望動機をポジティブにする

採用企業側が転職が複数回ある方に対する選考でみるポイントは、現職での仕事に責任を持っていたかどうかです。

「給与が低い」、「上司に恵まれなかった」、「現職での仕事が好きじゃなかった」などの退職理由はネガティブに見られがちです。

ただし、「現職で月間目標を外したことはないが、給与が低い」、「顧客からの満足度は常に高かったが、現職での仕事は好きではない」という印象が与えられれば、仕事に対する責任感がアピールできます

企業との面談を多数繰り返す

企業との選考が終盤に近づいてきたら、選考を受けている企業をよく知ることに努めましょう。

1回目や2回目の転職で失敗する一番多い理由は、入社前後の企業に対するギャップが大きいことです。

ギャップをできるかぎり小さくなるようにしておけば、自身が転職する際に描く思いを転職先で実現できる可能性が高くなります。

2回目以降の転職でキャリアアップするには?

1回目の転職が成功した方は、現職よりさらにキャリアップできるか不安な方も多いのではないでしょうか。

2回目の転職でさらにキャリアアップするポイントは2つです。

  • 1回目の転職で成功した要因を押さえる
  • 成長できる環境かどうかを見極める

1回目の転職で成功した要因を押さえる

1回目の転職で成功した方は、現職で生き生きと働けた場面を振り返りましょう
転職成功した経験は、今後のキャリア形成につながっていきます。

転職はネガティブなところに目が行きがちですが、ポジティブに働けたポイントを整理してみてください

成長できる環境かどうかを見極める

現職での成長よりもさらなる成長を遂げるため、自身の課題を払拭できる環境を選びましょう

「コミットしない文化だ」「年齢層が高い職場だ」「必要以上な労働を強いられる」などの環境が要因で、自身の成長を妨げていると感じることもあるのではないでしょうか。

転職先を選ぶ際に、現職の環境では解決しづらい課題を解決できる環境かどうかを見極めることも重要です。

さらにキャリアアップするコツは転職サービスを活用すること

ここまで解説した4つのコツを実践することで、2回目以降の転職を有利に進められますが、実践することが難しい場合もあるでしょう

そういった方には、転職サービスを活用することをおすすめします。

転職サイトを活用する

転職サイトで求人に応募することで、転職が2回目以降の方にとって、3つのメリットがあります。

  • 興味のある求人が見つかる
  • 書類選考を通して、希望する仕事への転職難易度がわかる
  • 転職したい仕事の年収相場がわかる

当たり前かもしれませんが、転職サイトを通して得られる情報は、自らの転職を客観的に確認できる良い材料になります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録して、担当者に相談することで、転職が2回目以降の方にとって、2つのメリットがあります。

  • 希望条件(業職種、年収、企業文化など)を加味した上で、求人を提案してくれる
  • 採用企業に関する情報提供を行ってくれる

転職エージェントから得られる情報は、一人一人の求職者にカスタマイズしてくれるため、自分にマッチした転職先が見つかりやすいです。

まとめ

2回目以降の転職の成功・失敗事例をもとに、2回目以降の転職を成功に導くコツを5つ紹介しました。

  • 退職理由と志望動機をポジティブにする
  • 企業との面談を多数繰り返す
  • 1回目の転職で成功した要因を押さえる
  • 成長できる環境かどうかを見極める
  • 転職サービスを活用する

これまでの転職で成功した方も失敗した方も、5つのコツを実践することで、採用する企業から正当な評価を受けることができます。
あなたが本当に働きたいと思える企業への転職が実現する可能性も高まるでしょう。