年収ダウンでも転職すべき場合とは?年収ダウンで転職成功するコツ

年収アップの方法
  • 年収ダウンで転職するのは仕方ない?
  • 年収ダウンでも転職するべき場合は、どんなとき?
  • 年収ダウンを避けるコツを紹介してほしい

といった、年収ダウンでの転職に対する悩みを解決する記事になっています。

採用側と求職者の声から、年収ダウンでも転職成功し、年収ダウンを最大限免れた事例をもとにポイントをまとめています。

記事の前半では、「年収ダウンでも転職成功に導くポイント」を解説し、後半では、「年収ダウンを避けるコツ」について解説します。

この記事を読み終えることで、年収ダウンで失敗しないための知識を身に付けられ、年収ダウンで損をしないコツを知れるため、年収ダウンの転職に対しても納得して転職活動を進められます。

よくある年収ダウンで転職する場合とは?

年収ダウンで転職するパターンは未経験で転職するか否かで2パターンに分かれます。

  1. 異業種・異職種に転職するとき
  2. 経験を生かし、新しい挑戦ができるとき

異なる業職種に転職すると、未経験であることから、企業側にとって教育コストがかかります。
「営業からマーケに転職した際に、年収が80%程度になった」との声もあるようです。

経験を生かした転職でも、役職が上がる場合やスキル以上の仕事が要求される場合は、企業側にとって大役を任せることにリスクがあります。
「転職でメンバーからマネージャーに役職が上がったが、年収はやや下がった」との声もあります。

年収ダウンでも転職すべきケースは?

年収ダウンのデメリットよりも転職するメリットが大きいかを見極めることが重要です。
年収がダウンしても、転職で享受できるポイントを解説します。

  1. 就きたい仕事・会社である
  2. 将来性のある仕事・会社である
  3. 今後、年収が上がる見込みがある

この3つのポイントがクリアされていれば、自信を持って年収ダウンでの転職を決断できるようになります。

就きたい仕事・会社であること

就きたい仕事・会社であるかどうかは、これまで何を重要視して仕事や会社を選んできたかを振り返りましょう。
人によって、重要視する項目は様々ですが、いくつか就きたい仕事・会社であるかどうかを判断する項目を紹介します。

就きたい仕事かどうかの判断ポイント
  • 希望の業職種とマッチするか
  • 希望の仕事とマッチするか
  • スキルアップできる仕事

 

就きたい会社かどうかの判断ポイント
  • 企業の方針や理念に共感するか
  • 企業制度が整っているか
  • 働いている人との親和性は高いか

自らの価値観に合わせて、キャリアを選ぶ軸を整理しましょう。
上記で紹介した判断ポイントは、よく転職で失敗するポイントともいえますので、これから転職しようとしている求人が上の項目をクリアしているか確認してみてください。

将来性のある仕事・会社である

将来性のある仕事・会社であるかどうかは、事前調査を綿密に行うことで正確に判断できるでしょう。
将来性のある仕事かどうかを判断するには、市場価値が高いかどうかを見極める必要があります。

市場価値を高める条件
  • 同じ職種で、これまで以上のスキルが要求されるか
  • 違う職種で、これまで以外のスキルが要求されるか

2つの条件のうち、1つを満たせば、将来性のある仕事である可能性が高いでしょう。

将来性のある会社であるかどうかを判断するには、会社の成長性を見極める必要があります。
業界の成長率や会社の財務諸表を確認すれば、転職して失敗する懸念も少なくなるでしょう。

今後、年収が上がる見込みがある

今後、年収が上がるかを確認する際は、求人や企業との面談から情報を吸い上げましょう。
確認するポイントは3つです。

  1. 求人内容に記載されている年収例を確認する(例:30歳 550万円→35歳 650万円)
  2. 企業との面談時に、年収アップの条件を聞く(例:売上アップの施策成功)
  3. 企業との最終面談時に、年収アップの条件交渉をする(例:2つのプロジェクト成功後)

求人の応募時から年収が上がるかどうかを意識しておけば、入社時の年収が低くても、後々年収アップできる準備を整えられます。

年収ダウンでの転職を避けるコツとは?

企業との面談時に入社後の年収アップを交渉したものの、年収が上がる見込みもなく不安が大きな方は、最大限年収ダウンを免れるように交渉してみましょう

企業側も年収提示は非常にシビアになり、候補者の今後の貢献度合いと見合わせた上で年収を提示しています。
候補者が活躍しなければ、採用は企業側にとってリスクもあり、年収ダウンでの提示をしがちです。

年収交渉で、これまでの実績を最大限評価してもらいましょう。

年収アップの交渉術を使う

年収交渉を行うタイミングは、企業側から正式に条件提示を受けたときです。
条件提示は、内定時もしくは内定後に受ける形となります。
条件提示を受けた際、交渉の進め方としては、2つのポイントで交渉するとよいでしょう。

  • 現状の生活(住居、世帯人数など)について率直に伝える
  • 他社で高い条件提示をもらった場合、その条件を伝える

内定をもらった会社の条件が現在の生活レベルに見合わないような条件の場合、企業側は寄り添ってくれる可能性が高くなります。

また、他社からの条件提示の方が高い場合も、年収のダウン幅を抑えられる材料の1つとなります。

条件交渉がうまくいかない時は?

年収アップの条件交渉に自信がない方やこれまで年収交渉がうまくいかなかった方もいるのではないでしょうか。

転職を複数回経験していないと、スムーズに条件交渉を進めていくことは難しいです。
慣れない条件交渉で企業側との関係が悪くならないように、転職のプロに相談してみましょう。

転職のプロに相談する

転職エージェントに登録することで、転職に対するアドバイスをもらえるだけでなく、企業側との交渉も進めてくれます

転職エージェントへ相談することで、希望条件を事前にすり合わせた状態で選考を進めていけます。
面談で交渉がうまくいかなくても、転職エージェントがサポートしてくれます。

転職エージェントには、年収ダウンの転職に対しても、客観的な意見を聞くことができるため、次の転職先をより納得して決断できるようになります。

まとめ

年収ダウンでも転職すべきかどうかを3つのポイントで見極めれば、年収ダウンで失敗する可能性も低くなります。

  1. 就きたい仕事・会社である
  2. 将来性のある仕事・会社である
  3. 今後、年収が上がる見込みがある

どうしても、年収のダウン額を抑えたい場合は、2つのポイントを押さえることで効果的に条件交渉を進めやすくなります。

  • 現状の生活(住居、世帯人数など)について率直に伝える
  • 他社で高い条件提示をもらった場合、その条件を伝える

ただし、条件交渉をスムーズに進めることは難しい一面もあるので、その時は転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。