転職成功者が実践するキャリアの棚卸し (自己分析) のコツを徹底解説

キャリアの棚卸し
  • キャリアの棚卸しって何?
  • キャリアの棚卸しはなぜやるの?
  • どのように棚卸しすればいいの?

といった悩みを解決できる記事になっています。

転職成功者が実際に転職する前に実践した声をもとにまとめています。

記事の前半では、「キャリアの棚卸しで得られること」を解説し、記事の後半では、「キャリアの棚卸しのコツ」につい解説します。

この記事を読み終えることで、キャリアの棚卸しの方法を身に付けることができ、今後の転職活動を優位に進めることができるようになります。

キャリアの棚卸し (自己分析) とは?

一言でいえば、「これまで仕事で築いてきた経験を整理する」作業、いわゆる自己分析と同じ意味です。

具体的には、これまで従事してきた会社やプロジェクト単位で、どんな仕事を経験し、どんな実績を出してきたのかを書き出します。

その振り返りを通じて、自己分析や今後のキャリアに対する気付きを得ることができます

キャリアの棚卸しを行っている人と行っていない人では、転職してよかったと思えるかどうかに大きなギャップが生じます。

キャリアの棚卸しをせずに、直感的に決めてしまうと、その時の感情に左右され、後悔することになってしまうのです。

棚卸し (自己分析) を行う目的は?

棚卸しを行う目的は、大きく2つです。

  • 自分に合った転職先を見つけること
  • 希望する転職先の選考に合格すること

最終目的は、自分が本当に望む転職先に転職することです。

そして、自分に合った転職先に転職するには、選考に合格できるレベルの準備が必要になるのです。

2つの目的を達成するために、キャリアの棚卸しが担う役割は4つあります。

  • 経験してきた仕事を俯瞰できる
  • 自分の強みや弱みが見つかる
  • やりたい仕事が見つかる
  • 選考の準備が整う

キャリアの棚卸しを行う際に注意すべきなのは、棚卸しを行うことが目的化していないかどうかが非常に重要です。
棚卸しする目的がこれまでの仕事を洗い出すことに終始してしまうことは少なくありません。

これらの4つの段階を踏むことで、キャリアの棚卸しが転職活動で大きな意味を持ってくれるものになるので、具体的に4つの段階が何を意味するのか理解してください。

経験してきた仕事を俯瞰できる

これまで経験した仕事を整理することで、抜け漏れなく振り返ることができます。

この作業をしないで転職先を探し出してしまうと、転職したい明確な理由も明確にならず、転職活動に違和感を持ちながら転職することになってしまいます。

抜け漏れなく洗い出すことで、キャリアの棚卸しをしなかったら言語化できなかった思わぬ経験から、自らのキャリアにインパクトを与えた経験が見つかる可能性があります。

自分の強みや弱みが見つかる

経験してきた仕事を書き出し切れれば、自己分析できる材料が揃います。
これまでの経験から、うまくいったことと失敗したことを抽出しましょう

アピールポイントや失敗から乗り越える姿勢がわかり、面接でアピールすることにつながります

そして、転職先に生かせることや改善すべきところが見つかるため、次の仕事が自分の成長にとって適切なものかがわかるようにもなります。

成功・失敗経験から、自分の強い・弱みを見つけてみましょう。

やりたい仕事が見つかる

さらに、洗い出した経験からキャリアを変えようと思ったきっかけを見つけることができます。

なんとなく「そろそろ転職したい」という思いを抱いている方も多くいるのではないかと思います。

その思いを持ったきっかけが見つかれば、本当に転職したい理想の転職先が明確になります。

具体的には、キャリアの棚卸しを行うことで、今のキャリアに対する不満と目標が見えてきます。
誰しも現職に対して、多少の不満や自分の理想から外れている要素を抱えているはずです。

選考の準備が整う

定性的な自己分析に加えて、将来の転職先を見つけるヒントが見つかるため、志望動機とアピールポイントが見つかります

志望動機は業界や企業分析を行った上で明確になるものですが、自分が興味を持った業界や企業が自分のやりたい仕事かどうかを振り分けられるようになります

その上で、なぜやりたい仕事かどうかが明確になるため、志望動機も明確になりやすいのです。

アピールポイントはキャリアの棚卸しを行うことで、経験をもとに強みや弱みが言語化できるので、そのまま選考時に生かせるでしょう。

棚卸し (自己分析) のやり方は?

これまでキャリアを十分に振り返ってない方は、以下に説明するテンプレートを使用して、抜け漏れのない振り返りを心がけましょう。

自己分析に慣れていない方はよく失敗するので、これまで転職した方の声に基づいて作成した項目をまずは網羅してみてください。

紹介する項目を網羅することができれば、キャリアの棚卸しが一通りできている状態といえます。

テンプレートを使う

キャリアの棚卸しに慣れていない方は、まずは以下のテンプレートをベースに洗い出してみましょう。
キャリアの棚卸しのテンプレートは大きく2ステップです。

  • 「いつ」「何の」仕事をしたかを洗い出す
  • 洗い出した仕事ごとに、棚卸し項目を書き出す

過去の仕事を洗い出す(STEP1)

キャリアの棚卸しをする際に、まずは「いつ」「何の」仕事をしたかどうかをできるだけ網羅できるように書き出しましょう。

会社ごとに記載するよりも、プロジェクト単位・仕事単位で書き出すのがおすすめです。会社単位で書いてしまうと、印象に残っている出来事しか書き出せないからです。

ただし、これまでキャリアの棚卸しを幾度か実施したことがある方は、印象に残っているプロジェクトを記載するのみでも問題ありません。

キャリアの振り返り項目(STEP2)

各プロジェクトごとや各仕事ごとに、キャリアの気付きが得られるように、下記の項目を網羅してみてください。
キャリアを振り返るポイントは、「その仕事から何を感じたか」です。

印象的に感じたことが自分の定性的な強みやこの先やりたい仕事への気付きにつながってきます。

言語化できるまで詳細に過去の経験を詳細に振り返ってみてください。

会社/プロジェクト/仕事 どんな仕事をしていたか。
仕事の実績 どんな実績を出したか。(数値で現した方がベター。)
うまくいったこと
失敗したこと
生かせそうな経験やスキル、失敗してどう乗り越えてきたかまで記入しましょう。
自分の強み/弱み 上記から、定性的な特性を記入しましょう。
入社理由
退職理由
入社理由と退職理由のギャップを見つけしょう。
楽しかったこと
いやだったこと
楽しかった仕事とそうでない仕事の特徴を見つけましょう。
転職しようと思ったきっかけ 上記から、転職への思いが芽生えた体験を振り返りましょう。
次の転職先に望む条件 上記から、次の職場に望む条件を記入しましょう。

上記の項目は、定性的な特性や次の転職先の条件に気付ける構成になっています。

まずは思いのままに自由に記載してみてください。

キャリアの棚卸し (自己分析) が終わったら?

棚卸しが終わったら、自分の希望に沿った求人を探してみてください。
まずは希望の条件に沿った形で、求人サイトで探してみてください。

求人サイトをみることで、興味のある求人に出会えると共に、新たな気付きが生まれます

キャリアの棚卸しで気づいた軸以外に、「この求人も面白そう」といった新たな軸が生まれてきます。

キャリアの棚卸しの記入項目を見比べ、その求人が本当に自分に合った求人かどうか見極めながら、求人に応募してみてください。

キャリアの棚卸し (自己分析) がうまくいかないときは?

キャリアの棚卸しを行ってみて、うまくいかない方もいると思います。

  • 自分の納得のいく転職先が見つからない
  • 強みといえるものが見つからない

といった方には、転職のプロに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職エージェントでは、自分の希望に沿った転職先を見つけてくれるだけでなく、自分の定性的な強みや弱みまで深ぼってくれます。

希望に沿った転職先を提案する前に、初回面談時に希望条件をヒアリングしてくれます

大手のエージェントを中心に、丁寧にヒアリングしてくれるので、キャリアの棚卸しに納得のいかない方は、信頼できる大手エージェントに相談してみてください。

また、初回面談時だけでなく、都度メールでのやり取りや選考の際に適切なアドバイスをくれるエージェントもあります。

まとめ

これまで経験してきた仕事を洗い出すことで、自らの定性的な強みや弱みを把握できると共に、自分に合った希望の職場や転職先が明確になるでしょう。

まずはキャリアの棚卸しのテンプレートを活用して、2つのステップで振り返りましょう。

  1. 「いつ」「何の」仕事をしたかを洗い出す
  2. 洗い出した仕事ごとに、棚卸しの項目を書き出す

作成した棚卸しの項目は簡易的なものですが、自分に合った転職先が見つかり、選考対策にもなるような構成になっています。

これまでの経験を2つのステップを通じて網羅できれば、今まで気づかなかった転職への新しい気付きを得ることができます。ぜひお試しください。