Twitter Japanへ転職するには?年収や中途採用情報を紹介

Twitter Japanへ転職するには?年収や中途採用情報を紹介

Twitter JapanはSNS「Twitter」を運営する日本法人であり、、高年収の転職先としても有名な外資系企業です。
Twitterは、月ごとのアクティブユーザーは3億人超・日本国内では4500万と、サービスの規模が年々拡大し続けています。ここ数年は非常に高い成長率を維持しており、転職先として非常に人気になってきています。

  • Twitter Japanへの転職難易度は高い?
  • Twitter Japanへの転職後年収はどれくらい?
  • Twitter Japanへ転職する方法は?

といったTwitter Japanへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Twitter Japanへの転職難易度について紹介し、Twitter Japanの募集職種や選考内容・年収・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します

この記事を読むことで、Twitter Japanへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

Twitter Japanへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

Twitter Japanへの転職難易度

Twitter Japanの求める人材要件のハードルは高く、転職難易度が高いです。

さらに、Twitter Japanの年収は非常に高く、業界的にも安定していることから、転職希望者にとって非常に人気のある企業です。

Twitter Japanへの転職はその後のキャリアアップにもつながるため、転職希望者にとってTwitter Japanへ転職するメリットが多いのです。

Twitter Japanへの転職難易度を理解するにあたり、重要なポイントをいくつかご紹介します。

Twitter Japanの中途採用の難易度が高い理由

Twitter Japanの中途採用では、高い採用要件が設けられています。
採用要件の難易度を上げている要素は、「Twitter Japanの企業風土に合う人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

Twitter Japanの風土に合わない人材は、Twitter Japanの社員や環境からポジティブな影響を受けにくくなり、活躍できる可能性が低くなります。

求めているスキルを持たない人材は、Twitter Japanの難易度の高い仕事を遂行できる素養がないとみなされます。

以下に、Twitter Japanに向いてている人と求められるスキルについて詳細に解説します。

Twitter Japanへの転職に向いている人

Twitter Japanへの転職に向いている人は、「成果主義の風土」「柔軟な働き方」を望んでいる人です。

Twitter Japanでは、成果が出ている人から昇給・昇進していきます。成果が長い間出ていなくても、年功序列で給与が上がることは期待できません。
仕事の裁量は十分に与えられるため、自分の能力や考え方次第で給与が変わります。

成果主義の考え方として、効率的に成果を出すことが求められます。出社や夜遅くまで働くことは強制されることはなく、自分に最も適した方法で働くことが可能です。

常に安定した仕事やルーティンワークを求めている方は慎重に検討するべきですが、成果重視の変化が大きい環境や自由裁量の高い環境を望む方には、おすすめの転職先といえます。

Twitter Japanへの転職を検討する際は、風土が自分に合うかどうかしっかり理解しておきましょう。

Twitter Japanへの転職に求められる経験・スキル

Twitter Japanへの転職に求められるのは、Twitterで働きたい仕事に関連する実務経験と英語力です。
この2つの要件はどの職種でも共通して求められます。

ビジネス職への転職の場合、「大学卒または関連職種での実務経験」「英語による読み書き、基礎的な会話が可能であること」が必須の要件となっています。

エンジニアへの転職の場合も、ITサポートエンジニアの求人では、「プロフェッショナル環境でのITサポート経験が1〜3年以上」が必須要件となっています。ただし、エンジニアでは、求人内で英語力に関する言及はないため、実務経験があることが求められます。
エンジニアの必須要件には、職種によって、求める経験やスキルが異なり、上流職の場合は転職難易度が上がります。

ビジネス職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、特筆したスキルがある方は、Twitter Japanへの転職に活かせるでしょう。以下に、Twitterの代表的な求人で言及されている応募要件を紹介します。

Twitter Japanの募集職種と中途採用求人

Twitter Japanの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

Twitter Japanへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのようなスキルや経験が求められるのか知っておきましょう。

Twitter Japanの採用HPLinkedIn上の求人ページをもとに、Twitter Japanで募集されている代表的な職種をご紹介します。

クライアントパートナー(営業)の求人内容

Twitterは、年々ビジネス規模も拡大しており世界に誇るメディアセールスチームを構築するため、広告主と代理店と共にビジネスを拡大できる経験豊かなクライアントパートナー(営業)を募集しています。
Twitterのあらゆるサービスや製品を駆使しながらクライアント様のマーケティング課題解決に向けたソリューション営業を展開する仕事です。

クライアントパートナーへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • Twitterの理念・価値観への共感・情熱
  • 大学卒または関連職種での実務経験
  • 5年以上のオンラインを含めた広告営業、ビジネス開拓、マーケティング、コンサルティング営業での実務経験
  • 英語による読み書き、基礎的な会話が可能であること

Twitter Japanで募集しているクライアントパートナーの職種では、5年以上の実務経験が求められ、比較的転職の難易度は高いといえるでしょう。
実務経験に加えて、消費財、テクノロジー、メーカー・小売など、各業界における豊富な経験や国内外のメディアへの提案経験があると、なお転職できる可能性が高まります。

求人サイトに掲載されているクライアントパートナーの求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、LinkedInでは、Twitter Japanのクライアントパートナーの求人が掲載されていました。

Twitterの求人1

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

クライアントアカウントマネージャー(アカウント運用コンサル)の求人内容

クライアントアカウントマネージャー(アカウント運用コンサルタント)として、運用型広告の運用改善提案や、ソーシャルリスニングツールなどを活用しながらツイートデータの分析を行うことで、クライアントへ意義ある示唆を提示する仕事です。
クライアントパートナー(営業)と共に、クライアントのマーケティング課題解決に向けたソリューション営業を行います。

クライアントパートナーは新規営業に近い役割で、クライアントアカウントマネージャーは運用広告に関する提案を担う役割です。

クライアントパートナーへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • Twitterの理念・価値観への共感・情熱
  • 大学卒または関連職種での実務経験
  • 5年以上のオンラインを含めた広告営業、ビジネス開拓、マーケティング、コンサルティング営業での実務経験
  • 英語による読み書き、基礎的な会話が可能であること

Twitter Japanで募集しているアカウント運用コンサルの職種では、クライアントパートナー(営業)と同様な経験・スキルが求められ、転職の難易度は高いといえます。

求人サイトに掲載されているクライアントアカウントマネージャーの求人数・求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、LinkedInでは、Twitter Japanのクライアントアカウントマネージャーの求人が掲載されていました。

Twitterの求人2

他のアカウントマネージャーの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

プロダクトマーケティングマネージャーの求人内容

プロダクトマーケティングマネージャーは、日本向けのメッセージング、コミュニケーション戦略、立ち上げ戦略を担当し、広告ソリューションの認知度と活用を促進する仕事です。

プロダクトマーケティングマネージャーへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 学士号または同等の実務経験。
  • 日本語と英語の両方での優れた書面および口頭でのコミュニケーションスキル
  • 5年〜7年以上、IT業界でB2Bソリューションのマーケティング経験
  • 製品/エンジニアリングおよびセールスの利害関係者と緊密に連携した経験
  • 複数の部門の枠を超えたプロジェクトを同時に管理する能力を備えた優れたプログラム管理
  • オンライン広告プラットフォームの実務知識

Twitter Japanで募集しているプロダクトマーケティングの職種では、マーケティング経験やプロジェクトマネジメントのスキルなどが求められ、転職の難易度は高いといえます。

求人サイトに掲載されているプロダクトマーケティングの求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、LinkedInでは、Twitter Japanのプロダクトマーケティングの求人が掲載されていました。

Twitterの求人3

他のマーケティングの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

ITサポートエンジニアの求人内容

ITヘルプデスクで、サポートチケット、メール、チャットを通じてお客様を支援します。ヘルプデスクのスタッフと緊密に連携して、ITサポートのドキュメントとツールを構築および維持していきます。

ハードウェアの修理、アップグレード、および移行なども行います。問題をタイムリーに解決する場合もあれば、お客上級技術スタッフにエスカレーションする役割も担います。

ITサポートエンジニアへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • プロフェッショナル環境でのITサポート経験が1〜3年以上
  • サポートチケットの管理と追跡の経験
  • MacOS 10.13.x、10.14.x、iOS、Androidに関する幅広い技術知識
  • ネットワークの基礎(ラップトップ接続、VPN、印刷)
  • Google Apps for Enterprise(Gmail、GCal、GDocsなど)に精通している
  • ビデオ会議ソリューションとサポートの経験(Google Meet / Hangouts、BlueJeans)

Twitter Japanで募集しているITサポートエンジニアの職種では、ITサポートの実務経験やOS・ネットワーク・ソフトウェアの知識などが求められます。上流のITエンジニアよりは転職の難易度は低いとみられ、必須要件に当てはまる専門知識がある方であれば、転職成功の可能性が上がります。

求人サイトに掲載されているITサポートエンジニアの求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、LinkedInでは、Twitter JapanのITサポートエンジニアの求人が掲載されていました。

Twitterの求人4

他のITエンジニアの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

中途採用の選考難易度は高い

Twitter Japanへの転職に興味がある方の中には、中途採用の選考を受けても、受からないのではないかと不安な方も多いでしょう。

Twitter Japanの選考難易度は高いですが、事前に自己分析や想定される質問を知っておけば対策することも可能です。

実際にTwitter Japanに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、転職難易度の高いTwitter Japanの選考を突破しましょう。

選考内容

Twitter Japanの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 電話面接(人事、現場社員)
  3. 現場での面接(現場社員、マネージャー、役員、社長)
  4. 内定

書類選考通過後、リクルーターから連絡が来て、まずは電話面接が1〜2回行われます。
多くの候補者が、電話面接で不合格となった口コミが多く、電話面接の選考難易度も高いようです。

現場での面接には、1回〜2回来社する必要があり、1回ごとに複数回の面接を実施します。
面接回数は、数回から10回程度まで、候補者によって回数が異なります。面接時間は、数時間〜10時間にも上る候補者もいるようです。

中途採用の面接突破の対策

Twitter Japanでは、面接でよく聞かれる質問が多い一方で、営業力や論理的思考力を試される質問も多いです。

電話面接で聞かれる質問と、現場との来社面接で聞かれる質問をそれぞれご紹介します

電話面接における質問内容

Twitter Japanの電話面接では、基本的な質問が聞かれます。

突飛な質問はあまりなく、これまでの経験を通じた強み・弱み、Twitterへの転職理由について問われる口コミが多かったです。
Twitterの電話面接の特徴として、入社後にどのくらいの給与で働きたいか希望が問われます。希望給与に対するスキル・経験が十分にあるかを見られ、Twitter側もできるだけ希望に応えられるように、オファーに備えています。

  • 今まで一番大変だったことは?
  • 今まで最大の成果は?
  • 今までの経験をTwitterにどう活かしたいか
  • Twitterで働きたい理由
  • どれくらいの給与を期待しているか

Twitter Japanでは、これらの質問を通じて、活躍できる素養や、やりたいこととのマッチ度、Twitter Japanへの志望度が見極められます。

基本的な質問を想定し、自身の経験や転職理由を端的かつわかりやすく答えられるように準備しておくことが転職成功につながります。

現場での来社面接における質問内容

Twitter Japanの来社面接では、特徴的な質問がいくつか聞かれます。

  • 営業のロールプレイング・プレゼンテーション(営業職のみ)
  • Twitterの広告ソリューションをクライアントに販売する方法を説明してください。(営業職のみ)
  • Twitterに関するケーススタディ
  • Twitterのビジネスモデルについて説明してください。
  • クライアントに伝える必要があった困難な状況について教えてください。(営業職のみ)
  • Twitterに転職したい理由は?
※引用:Glassdoor: Twitter

営業職の面接では、実際に営業力が試される要求や質問を受けます
商談のロールプレイングでは、分析力やプレゼン力、論理的思考力、提案力など、幅広く営業の総合力があるかどうかを見極められます。
また、これまでの営業経験や営業の仕事への考え方が問われ、どんな営業マンなのかが徹底的に深掘りされます。

他の職種でも、Twitterに関するケーススタディや知識が問われることもあり、Twitterについて事前に深く調査しておきましょう。

現場での来社面接は複数回ありますが、面接官の中には、Twitterへの転職意欲が本当に強いかどうかを見極めるため、広い角度からの質問が繰り返されることもあります。電話面接以上に、明確な転職理由を固めておきましょう。

来社面接ではTwitterの市場や製品、クライアントについて徹底的に理解することで、転職成功率は高まります。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

Twitter Japanへ転職後の年収は高い!

Twitter Japanは仕事の難易度が高い一方、Twitter Japanの年収が仕事の難易度に見合うものなのか興味がある方も多いのではないでしょうか。

Twitter Japanは平均年収が非常に高いことで有名です。

Twitter Japanへ転職する際に、魅力的な要素であろう転職後の年収について詳しく解説していきます
Twitter Japanへどれくらいの年収で転職できるのか、以下から気になるデータをご確認ください。

Twitter Japanの平均年収は1,000万円超!

口コミサイトの Glassdoor(2021年8月時点)によると、Twitter Japanの平均年収は職種により異なり、900万円〜1,600万円です。

Twitter Japanの給与は、基本給に加えて、成果に応じたインセンティブが加算されます。
基本給は従業員ランクによって決まり、インセンティブは目標達成率に応じて決まります。
特に営業職は、他の職種よりインセンティブの割合が大きく、上限なく年収を高めていけます。

非常に高い年収を誇ることから、転職市場で人気のある企業であることがわかります。

職種別の平均年収

Twitter Japanの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,100万円
ソフトウェアエンジニア 1,400万円
プロダクトマネージャー 1,580万円
データサイエンティスト 1,500万円
カスタマーサービス&サポート 870万円
マーケティング 1,550万円
採用 1,380万円
経理財務 1,260万円

営業、エンジニアの年収とも1,000万円を超える年収となっており、いずれの職種も1,000万円近い年収が約束されるでしょう。

特に営業職の年収は成果次第で決まるため、とにかく高年収を目指して転職したい人にとってはうってつけの転職先といえるでしょう。

Twitter Japanでは、成果を出せば、新卒や第二新卒でも年収1,000万円程度を目指すことができ、早期に高年収を得られる希少な会社です。

マネージャー以上の役職や上級専門職になると、2,000万円以上の年収を稼ぐ社員も多くいるようで、Twitter Japanで長いキャリアを考えている方にとって、年収の上げ幅も申し分ないものといえます。

Twitter Japanでは、広告ソリューションの売上が非常に安定していることが、社員の高年収を実現しており、20代だけでなく30代以上で年収アップを目指して転職を検討している方にも非常におすすめの会社です。

年収を高めたい方は、高年収の転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】キャリアカーバーにに登録して高年収のスカウトを受け取る

Twitter Japanの充実した福利厚生

Twitter Japanの待遇面で、福利厚生についてもチェックしておきましょう。

Twitter Japanが転職先として人気の理由は、年収の高さに加えて、福利厚生が他の企業に比べて充実しているためです。

Twitter Japanの代表的な福利厚生は以下の通りです。

  • ランチ代手当
  • フィットネス費手当
  • 健康保険
  • マタニティ&パタニティ休暇
  • 歯科保険
  • 自社株購入制度

Twitter Japanでは、一般的な手当に加え、従業員の健康やプライベートに焦点を当てたプログラムがあります。
出産・育児休暇も5ヶ月ほど取得可能で、男性も女性も同じく取得できます。

従業員がストレスなく働けるように、ランチ代やフィットネス費が提供されます。

年収だけでなく、福利厚生の情報もTwitter Japanへの転職を検討する際の参考としてください。

Twitter Japanへ転職した方の評判・口コミ

Twitter Japanは「年収が高い企業」「業務の難易度が高い」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にTwitter Japanに転職した社員はどのように感じているのでしょうか。

口コミサイトの Openworkをもとに、Twitter Japanに転職した方の評判・口コミをご紹介します

働いている社員の声を確認することで、Twitter Japanの気になる評判を知ることができます。

  1. 年収に関する評判:給与・福利厚生とも高い水準!
  2. ワークライフバランスに関する評判:働き方はとても柔軟!
  3. 社風に関する評判:グローバルな文化が根強い!
  4. 仕事のやりがいに関する評判:高いスキルを追求できる環境!

年収に関する評判:給与・福利厚生とも高い水準!

給与制度は、ベース + インセンティブに加え、ランチ代、フィットネス費などの福利厚生が充実。
評価制度は、1年毎のサイクルで、パフォーマンスとオーガニゼーションスキル、ゴール、ジョブレベルに対してどれだけmeetしたかが評価される。 MECEなゴール設定と目標の達成状況により判断されるので比較的透明性は高いと思う。
(セールス・女性)

業界構造として高利益構造なのと人的資源に投じている額が大きいので、給与面のみならず様々なベネフィットが得られる。 他方、営業の場合ターゲットインセンティブが大きいのでベース給与以外の部分で上下する。とはいえ、押し並べて待遇面では悪くないと思う。
(営業・女性)

Twitter Japanでは、インセンティブに応じて、かなり高い年収を狙うことができます
成果さえ出せば、良い評価をしてくれる会社です。

福利厚生も充実しているという評判が多く、待遇面では不満の少ない会社といえます。

Twitter Japanの事業売上は年々成長しており、利益率も高いため、人材雇用への投資も惜しみません。
Twitter Japanへの転職は、好待遇の企業で働きたい方にはおすすめの転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:働き方はとても柔軟!

リモートワークがゆるされており、子育ての人にとってなどはかなり調整しやすい。 しかし、あくまで日本の会社なので、チームや周りの目は気にして行かないと孤立する。
(営業・女性)

部署次第。パートナーチームは常にオフィスにいた印象あり。営業は個人個人に任されているため、結果を出しているけれどほぼ全くオフィスにいない人もいれば、常にオフィスにいるけど数字が悪い人も勿論いる。その人次第。
(営業・女性)

Twitter Japanのワークライフバランスは、成果が出ている人と出ていない人で差があるようです。
成果が出ていない人は出社する頻度が多かったり、遅くまで働くこともあるようですが、自分次第で柔軟に業務時間を調整できます。

リモートワークも推奨されていることから、在宅勤務することも可能です。

Twitter Japanは、自分の裁量で働き方を自由に変えられる会社と言ってよいでしょう。

プライベートや家族を大切にしたい方にはおすすめの転職先です。

社風に関する評判:グローバルな文化が根強い!

他のIT企業の中でもかなり組織的にフラットで現場の裁量に任されていると思う。また、中途採用者の集まりなので適度に大人な文化。社内研修や教育機会は多いが「セルフサーブ」の考えが強いので、自分から情報を取っていき自分で考えて柔軟に対応できるタイプでないとフィットできないと思う。社内異動や昇進機会含めて少なくとも他の外資系よりも恵まれていると思う。
(営業・女性)

・モチベーションの高い人が多く、完全成果主義なので年齢は関係なくできる人は昇格していく。
・社内資料やシステムがほぼ英語のため、英語ができない人は苦労するケースが多い。また、英語ができないと昇格もしにくい。
・グローバルでは伸び悩んでいる会社だが、日本だけは調子が良いので今後も拡大していく予定。そういう意味ではFacebookと比較しても、日本の権限が強い。
(広告営業・女性)

Twitter Japanの社風は、本社同様に外資系特有の文化が根強いです
明確な成果主義をもとに働く社員が多く、自身の成長にも主体的な方が多いです。

自ら動くことができる方でないと、フィットするまで時間がかかります。
また、最低限のビジネスレベルの英語力は必須です。英語でのコミュニケーションが多いため、身につけていると楽にフィットできます。

Twitter Japanは、成果を重視して働きたい方にとっておすすめの転職先です。

仕事のやりがいに関する評判:高いスキルを追求できる環境!

働きがい: 業務そのものや研修制度等を通じて、ポータブルスキルを多く持つことができるようになる。人事評価制度はあるものの、どのように評価されて昇進や昇給に結びついているのかは不透明。
成長・キャリア開発: 自分で仕事を作り出して進めていくことが常に求められるため、同業種や異業種スタートアップへの転職は容易だと思われる。
(総合職・男性)

成長・キャリア開発: 社員向けに様々な育成プログラムが用意されております。 育成プログラムは名ばかりことが多いと思いますが、この会社で用意されるプログラムは、実際の業務に役立つものばかりでした。 人事側できちんと選定の上、用意しているため考えられております。
(営業・女性)

Twitter Japanでは、スキルを効率的に身に付けるために、研修制度や育成プログラムが充実しています
業務そのものも、難易度の高い仕事が多い一方で、ポータブルスキルを身につけやすいです。

口コミの中には、Twitterでのキャリアが、次の転職先に生かすことができたという声も多かったです。同業界だけでなく、異業界でも生かせるスキルを身につけられることは、自身のキャリアにとって大きな強みとなります。

Twitter Japanはスキルアップの機会が豊富にあるため、成長したい人にとって非常に魅力的な転職先です。

Twitter Japanの企業情報と将来性

Twitter Japanの企業情報をより詳細に理解するために、会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

Twitter Japanへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、Twitter Japanへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

Twitter Japanの会社概要は以下の通りです。

会社名 Twitter Japan株式会社
所在地 東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン
設立日 2011年4月
代表 笹本 裕
資本金 1,000万円

Twitter Japanの代表取締役は、マイクロソフトで執行役員としての経歴もある笹本裕さんです。

Twitter Japanの従業員数は公開されていませんが、Twitter, Inc.は2020年3月時点で、4,900名となっています。

事業内容

TwitterではSNSプラットフォーム『Twitter』を運営しています。

売上は広告サービス販売を行う「Advertising services(広告サービス)」とデータをサードパーティーにライセンス供与する「Data licensing and other(データライセンス他)」から構成させています。

広告サービスの主な収入は、プロモートコンテンツ販売です。プロモートコンテンツとしては「Promoted Tweets(プロモートツイート)」「Promoted Accounts(プロモートアカウント)」「Promoted Trends(プロモートトレンド)」の3つがあります。

売上の推移と将来性

Twitter Japanの売上はここ数年、拡大し続けています。

どの業界・企業も業績が落ち込んでいる中で、Twitter Japanの売上は毎年10%〜20%程度成長しています。アクティブユーザー数が年々増えていることやクライアントの広告掲載需要が拡大し続けていることが好調な要因となっています。

Twitter Japanは広告やデータライセンスのソリューションの幅を広げるため、開発の投資を増やしており、ユーザーやクライアントのニーズを満たしています。

Twitter Japanは開発投資の拡大・営業体制の強化をさらに行っていることから、さらに売上の成長が見込める企業といえるでしょう。Twitter Japanへの転職を検討している方にとっては、絶好な機会といえます。

まとめ:1分でTwitter Japanの中途採用情報がわかる

Twitter Japanへの転職に興味をお持ちの方は、Twitter Japanの企業情報や中途採用情報をはじめ、転職を検討する際に必要な情報を一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、Twitter Japanの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

Twitter Japanへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
Twitter Japanへの転職難易度
  • Twitter Japanの企業風土や求めるスキルに合致している必要がある。
  • Twitter Japanへの転職に向いている人は、「成果主義」「柔軟な働き方」を望む人
  • ビジネス職への転職では「大学卒または関連職種での実務経験」・「英語による読み書き、基礎的な会話が可能であること」をお持ちの方が必須要件。
  • エンジニア職への転職では、「プロフェッショナル環境でのITサポート経験が1〜3年以上」をお持ちの方が必須要件。
中途採用の募集職種
  • クライアントパートナー(営業)
  • クライアントアカウントマネージャー(アカウント運用コンサル)
  • プロダクトマーケティングマネージャー
  • ITサポートエンジニア
中途採用の選考難易度
  • 電話面接の通過後に、現場での面接が複数回行われる。
  • 電話面接では、基本的な質問が聞かれる。
  • 現場での営業職の面接では、商談のロールプレイングが実施される。
  • 現場での面接では、Twitterの市場や製品、クライアントについて徹底的に聞かれる。
転職後の年収
  • 平均年収は900万円〜1,600万円
  • 給与は年俸制。給与の内訳は、基本給+インセンティブ。
  • 20代から年収1,000万円超えも可能
代表的な福利厚生
  • ランチ代手当
  • フィットネス費手当
  • 健康保険
  • マタニティ&パタニティ休暇
  • 歯科保険
  • 自社株購入制度
ワークライフバランス
  • 成果が出ていれば、柔軟に業務時間の調整可能。
  • リモートワーク推奨
  • 自分の裁量で働き方を自由に変えられる。
社風
  • 外資系特有の文化が根強い
  • 成果が高い人が評価される。
  • 社内で英語を活用する場面が多数。
  • 自ら情報を取りに行く主体的な姿勢のある社員が多い。
やりがい
  • 研修制度や育成プログラムが充実。
  • 研修や業務を通じて、ポータブルスキルが身に付く。
  • Twitterでのキャリアは異業界への転職にも生かせる。
将来性
  • ここ数年の売上が年間10%〜20%以上の成長率
  • 成長している要因は、アクティブユーザーが増加&広告の需要が拡大していること。
  • サービス内のソリューションが拡張しており、ユーザーとクライアントのニーズを満たしている。
  • 開発投資の拡大、営業体制が強化されている
  • 今後も売上は増え続ける見込み

Twitter Japanは年収が高いことで有名で、業績も安定していることから、転職市場でも非常に人気のある転職先です。

成果主義のイメージも強いですが、十分な給与が支払われているため、Twitter Japanへ転職して満足している社員も多いです。

営業職は、広告アカウントの新規開拓とアカウント運用を経験でき、広告営業のスペシャリストのキャリアを歩むことができます。
エンジニア職は、Googleなど外資系IT企業から転職した優秀な社員が多く、高度なスキルを身につけられる環境が用意してあります。ビジネス職もエンジニア職も、関連職種の実務経験が必須となります。

Twitter Japanの中途採用の選考は、Twitterへの転職意向や活躍できる素養を見極めるために、Twitterの市場や製品、クライアントに関するケーススタディやロールプレイングを実施されることもあります。Twitterの企業分析は十分に行っておきましょう。

Twitter Japanは今後もサービス規模の拡大や営業体制の強化に注力していくため、事業成長の観点でも魅力的な転職先です。

Twitter Japanへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談してみましょう。

Twitter Japanへの転職におすすめの転職エージェント

Twitter Japanへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、Twitter Japanのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、転職までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、年収アップの転職実績が多いJACリクルートメントもおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

ぜひこの記事を参考に、Twitter Japanへの転職を検討してみてください。