スマートニュースへ転職!中途採用の求人・選考内容・難易度を解説

スマートニュースへ転職!中途採用の求人・選考内容・難易度を解説

スマートニュースは世界各国にニュース配信アプリを提供している日本発のグローバル企業です。
スマートニュースは、多額の資金調達を行い、今後の成長がさらに期待できることから、転職先として非常に人気になっています。

  • スマートニュースの中途採用求人はどんな職種がある?
  • スマートニュースの中途採用の選考内容は?
  • スマートニュースの採用難易度は高い?

といったスマートニュースへの転職に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、スマートニュースの求人情報や選考内容など中途採用について紹介し、年収・福利厚生・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します

この記事を読むことで、スマートニュースへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

スマートニュースへの転職を検討中の方も、まだ未検討の方もぜひご参考ください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

スマートニュースの中途採用求人について

スマートニュースの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

スマートニュースへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのようなスキルや経験が求められるのか知っておきましょう。

スマートニュースの採用HPLinkedIn上の求人ページをもとに、スマートニュースで募集されている代表的な職種をご紹介します。

セールスの求人内容

スマートニュースの営業職の役割は、顧客の種類に応じて以下の4つに分かれます。

各営業の役割の概要を解説していきます。

  1. アカウントエグゼクティブ
    広告主や広告代理店などのクライアントのマーケティング課題を特定し、スマートニュースの広告ソリューションを提案するコンサルティング業務です。
  2. アカウントマネージャー
    アカウントエグゼクティブによるビジネスソリューションの提案を実現するために、クライアントのKPI設計や広告パフォーマンスの改善、メディアプランニングを提案する仕事です。
  3. 広告代理店へのセールス
    広告代理店と協業して、スマートニュースの広告配信面に広告主が出稿することを促進する仕事です。広告代理店との関係構築や戦略的にソリューションの提供を推進していきます。
  4. クーポンパートナーセールス
    スマートニュースでは、店舗や法人のクーポンの掲載を開始しています。クーポンパートナーセールスは、代理店と協業して、店舗・法人にスマートニュースの広告を販売する仕事です。

いずれのセールス職も、スマートニュースの広告ソリューションを提案し、広告主のビジネス、マーケティング上の課題を解決する仕事となります。

営業への転職における必須要件は、以下のいずれかの経験をお持ちの方です。

▼必須要件:

  • デジタル広告営業経験
  • 広告運用ディレクション経験
  • 業界トップクライアントへの広告営業経験
  • マーケティング戦略の提案を行った経験
  • 広告代理店と協業した経験
  • 飲食や理美容業界の店舗・法人への営業経験

スマートニュースで募集している営業職では、広告やマーケティングに関する営業経験が必須となるため、転職の難易度は高い職種といえます。
その中でも、転職難易度が低い職種は、クーポンパートナーセールスです。必須要件は、「飲食や理美容業界の店舗・法人への営業経験」としていますが、法人経験が豊富な方であれば、転職可能なレベルです。

営業職の求人例を1つご紹介します。
2021年9月時点で、採用HPでは、スマートニュースのアカウントマネージャーの求人が掲載されていました。

スマートニュースの求人1

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

エンジニアの求人内容

スマートニュースのエンジニア職で、代表的な職種をいくつかご紹介します。

  1. ソフトウェアエンジニア
  2. プロダクトマネージャー

ソフトウェアエンジニア

スマートニュースで最も募集しているのが、アプリ内のコンテンツや広告、プラットフォームなどアプリの品質を高めるために開発する仕事です。

ソフトウェア開発の仕事は、アプリケーション開発やサーバーサイド、広告プラットフォームの構築、コンテンツ処理プラットフォームの改善、マーケティングプラットフォームの構築など多岐に渡ります。

ソフトウェアエンジニアへの転職するには以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • JavaScriptやTypeScriptの使用に関する高度なスキルと経験
  • アルゴリズムとデータ構造の基本的な知識
  • Java、Scala、Kotlin、Python、Rubyのいずれかの言語での高度なプログラミングスキル
  • AWSでの開発経験
  • SpringBoot、MySQL、PipelineDB、Elasticsearch、Hive、Hadoop、Spark、Docker、Kubernetes、Consul、Istioなどの経験。
  • iOS or Androidアプリケーション開発経験

など

プロダクトマネージャー

スマートニュースのプロダクトマネージャーの代表的な役割を2つご紹介します。

  1. アプリユーザーのエンゲージメントを促進するプロジェクト
  2. 広告の売上を拡大するプロジェクト

新規ユーザーの獲得やユーザーのアクティブ率を高めるプロジェクトでは、SmartNewsアプリのKPIを設定し、戦略的にソリューションを実行していきます。

広告の売上を増やすプロジェクトでは、広告製品計画を策定し、KPIを達成するために実行していきます。

プロダクトマネージャーへの転職には以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • プロダクトマネージャーorプランナーとして3年以上の経験がある
  • KPIの設計とデータ分析の実施の経験
  • プロジェクト計画の実行を推進するためにエンジニアリングチームとアジャイル環境で作業した経験
  • インターネットマーケティングキャンペーンの実施に関する経験と基本的な知識
  • 広告配信に関連するインターネットの基本的な知識(cookie / IDFA.GAIDなど)

プロダクトマネージャーの職種では、プロダクトマネージャーとしての経験と、ユーザーのアクティブ施策や広告配信に関する知識が求められるため、比較的転職の難易度は高いでしょう。

必須要件を満たす方は、スマートニュースのエンジニア職に転職できる可能性が高くなります。

エンジニアの求人例を1つご紹介します。
2021年9月時点で、採用HPでは、スマートニュースのバックエンドエンジニアの求人が掲載されていました。

スマートニュースの求人2

他のエンジニアの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

中途採用の選考内容

スマートニュースの中途採用を受けても、転職できるかどうか不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。

スマートニュースの選考の特徴は、エンジニア職とそれ以外の職種で全く選考内容が異なることです。

選考合格率を高めるには、各職種の選考フローを把握しておくことが重要です。

実際にスマートニュースに転職活動した方の口コミをもとに、各職種における中途採用の選考内容やその対策を解説します

エンジニア以外の中途採用フロー

スマートニュースのエンジニア以外の中途採用フローは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 4〜5回の面接(Behavioral Interviewという面接形式)
  3. 内定

ビジネス職は、エンジニアの選考と異なり、コードテストなどの実技テストはありません。

ただし、様々な社員と面接が繰り返されるため、いろいろな観点から質問を受けます。多い場合は、10人ほどの社員と面接を行う場合もあるようです。

質問に対する受け答えに一貫性があるかが見られるため、嘘偽りなく素のままを回答していくことが重要です。

エンジニア以外の職種の面接内容は、下記で説明するエンジニア面接の「Behavioral Interview」に近いものとなっています。

エンジニアの中途採用フロー

スマートニュースのエンジニア採用では、「Structured Interview(構造化面接)」というGoogleやFacebookも実施している採用手法が取り入れられています。

どの候補者にも、あらかじめ決められた形式で質問を行う面接方法です。評価基準が構造化されており、どの候補者にも同じ評価基準でアプローチできます。

一次選考から内定まで平均して5~6ステップのプロセスがあります。

職種により異なりますが、代表的なエンジニアの中途採用フローは以下の通りです。

  1. 書類選考+自動テストツール「Codility」によるコードテスト
  2. 5〜6回の面接
  3. 内定

エンジニアの面接には、いくつか特徴付けられた面接があり、面接ごとに候補者を見極める内容が非常に明確です。

エンジニア面接の種類と内容をいくつかご紹介します。

  1. Behavioral Interview
    これまでの経験に関連するエピソードを深掘りされます。仕事で活躍したことや困難を乗り越えたことを通して、スマートニュースで活躍できるかどうかが総合的に判断されます。
    質問の回答を通じて、論理的思考力や問題解決力、コミュニケーション力など、総合的な能力が見極められていることを意識しましょう。
  2. System Design Interview
    具体的なシステムやアーキテクチャの設計案を提示することで、設計能力があるかどうかを判断されます。
  3. Programming Interview
    候補者と担当者間で要件をすり合わせながら、プログラムを組み立てていく面接形式です。エンジニアの基礎力を測ることが目的です。
  4. Specific Knowledge Interview
    応募求人の仕事で必要な専門知識について問われる面接です。プログラミング言語やツールなどの専門知識の深さが問われます。

エンジニアの面接フローでは、これまでの経験を整理しておくことと、普段の仕事同様に課題解決のプロセスをアピールすることが重要です。

経験や実技が問われるインタビュー形式が多いため、対策のしようがない部分もありますが、その分スマートニュースの待遇や環境が優れていることは非常に魅力的です。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

スマートニュースの採用難易度

セールス、エンジニアとも、スマートニュースの求める人材要件の難易度は全体的に高いです。
しかし、クーポンパートナーセールスの職種など、転職難易度が低い職種もあります。

スマートニュースへの転職難易度を理解するにあたり、重要なポイントをいくつかご紹介します。

自身がスマートニュースで働いてみたいか、活躍できるかを考えながらご覧ください。

スマートニュースの中途採用の難易度が高い理由

採用難易度を上げている要素は、「スマートニュースの企業風土に沿った人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

スマートニュースはすでにグローバル企業になりつつあり、多国籍な文化になりつつあります。一人一人が多様性を受け入れる必要があるのです。

企業規模も大きくなり、年々経験やスキルが伴った即戦力の人材が求められる傾向にあります。求められる専門性が一致していることが転職できる可能性を高めてくれます。

詳しくは、以下にスマートニュースに向いてている人と求められるスキルについて解説していきます。

スマートニュースへの転職に向いている人

スマートニュースへの転職に向いている人は、「当事者となって行動し続けられる人」です。

これは、スマートニュースのサービスを作る上で、重要な考え方でもあります。

サービスを作るものとして、ユーザーやパートナーのことを常に考え続けられる社員を採用の軸に置いています。
周囲の社員と仕事を進める上で基本的な考え方のため、当事者として考えられない人はスムーズに仕事が進められないでしょう。

お客様の立場になってサービスを作るために、行動をし続けられる人であるかが、最も面接で見極められる点です。

主体的な行動で切り開いていく環境や顧客の体験を突き詰めたい方には、おすすめの転職先といえます。

スマートニュースへの転職に求められる経験・スキル

スマートニュースへの転職に求められるのは、スマートニュースで働きたい仕事に関連する実務経験と特化した専門性です。

営業職への転職の場合、「広告営業の経験」「マーケティング戦略の提案を行った経験」などが必須の要件となっています。

エンジニアへの転職の場合も、「Java、Scala、Kotlin、Python、Rubyのいずれかの言語での高度なプログラミングスキル」「iOS or Androidアプリケーション開発経験」など、特化した専門性と実務経験が必須要件となっています。
エンジニアの必須要件には、職種によって、求める経験やスキルが異なり、上流職の場合は転職難易度が上がります。

ビジネス職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、特筆したスキルがある方は、スマートニュースへの転職に生かせるでしょう。一方で、専門性が深くなくとも、法人営業経験やソフトウェアの開発経験があれば転職可能な職種もあるため、採用難易度の低い求人への応募も狙い目です。

スマートニュースへ転職後の年収

スマートニュースは仕事の難易度が高い一方、スマートニュースの年収が見合うものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

スマートニュースでは、成果を出せば出すほど、年収が非常に高くなることで有名です。

スマートニュースへ転職する際に、魅力的な要素である転職後の年収について解説します

スマートニュースの平均年収は1,000万円超

口コミサイトの Glassdoor(2021年9月時点)によると、スマートニュースの平均年収はどの職種も1,000万円超えです。

スマートニュースの給与は、基本給・ボーナス・自社株から構成されています
自社株は株価が上がれば上がるほど、収入が増えるため、見込み年収も増えていきます。

日本国内のスタートアップ企業の中では、ほぼ間違いなくトップクラスの年収が期待できます。

営業・エンジニアとも非常に高い年収を誇り、日本発のグローバル企業に成長していることから、転職市場で人気になっています。

職種別の平均年収

スマートニュースの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
ソフトウェアエンジニア 967万円
エンジニアマネージャー 1,655万円
ビジネス開発 1,000万円
データサイエンティスト 1,200万円
※引用:Glassdoor

ビジネス職、エンジニアの年収とも1,000万円付近の年収となっています。マネージャーなど役職がアップすると、1,200万円〜1,700万円程度の年収になります。

年収1,000万円付近で転職したい人にとってはうってつけの転職先といえます。

確実に年収を高めたい方は、高年収の求人を多く保有し、転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】キャリアカーバーにに登録して高年収のスカウトを受け取る

スマートニュースの福利厚生

スマートニュースの福利厚生をいくつかご紹介します。

  • ランチ代無料
  • 通勤費
  • ヘルスケア関連費
  • ジム代
  • 旅行費
  • 通信費

スマートニュースの福利厚生は、食費や通勤費など、生活費の一部費用を補填してくれるものです。
社員が心地よく働けるように、社員の仕事以外の部分でもサポートしてくれます。

年収に加えて、福利厚生の良さもスマートニュースへ転職する一つのメリットになります。

スマートニュースへ転職した方の評判・口コミ

スマートニュースは「年収が高い企業」「業務の難易度が高い」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にスマートニュースに転職した社員はどのように感じているのでしょうか。

口コミサイトの Openworkをもとに、スマートニュースに転職した方の評判・口コミをご紹介します

働いている社員の声を確認することで、スマートニュースの気になる評判を知ることができます。

  1. 社風・やりがいに関する評判:様々な国籍の社員が在籍!
  2. ワークライフバランスに関する評判:有休・育休とも取得しやすい!

社風・やりがいに関する評判:様々な国籍の社員が在籍!

トップ2人がエンジニアというバックグラウンドがあるため、超優秀なエンジニアがかなり多い。NYとSFにオフィスがあり、社員は向こうのオフィスに定期的に行き来したりとグローバル志向を持った人には非常に恵まれている環境と言える。
(エンジニア・女性)

外国籍社員が非常に多く、社内では英語や中国語が飛び交っている。多様性のある文化醸成に力を入れている印象が非常に強い。
(エンジニア・男性)

スマートニュースの社員は優秀かつ、多国籍に富んでいます。

エンジニアの優秀さは際立っており、高度なスキルを身につけられるでしょう。

グローバル企業で働いてみたい方にはぜひおすすめしたい転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:有休・育休とも取得しやすい!

現時点において、ワークライフバランスはとても優れていると感じている。例えば子供が熱を出して保育園に預けられない・幼稚園に登園できないといった状況が発生した場合に何の気兼ねもなく当日に休みをとることができる。
(エンジニア・男性)

普通の有給休暇も上司にお伺いを立てる必要は一切なく、自身の都合により気兼ねなく取得できる。
(エンジニア・男性)

スマートニュースでは、家族事情の緊急時でも、柔軟に休暇を取得できます。

休暇が取りにくい文化はなく、縛られない働き方を実現したい方にはおすすめの転職先です。

スマートニュースの事業内容と将来性

スマートニュースの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

スマートニュースへの転職を検討中の方には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、スマートニュースへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

スマートニュースの会社概要は以下の通りです。

会社名 スマートニュース株式会社
所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F
設立日 2012年6月
代表 鈴木 健
資本金 95億7500万円
従業員数 400名

事業内容

スマートニュースは、全国紙をはじめとするニュースメディアと連携し、インターネット上で話題になったニュースを配信するアプリです。

アプリ上で読めるようになっているスマートフォン向けのアプリケーションです。

アプリは世界各国で配信されており、特に日本とアメリカでは合わせて5,000万ダウンロードを記録し、月間2,000万人の利用者がいるとされています。

売上の推移と将来性

スマートニュースはまだ上場しておらず、売上は非公開となっています。

スマートニュースのアプリは5,000万ダウンロードを記録していること、そして多額の資金調達を行っていることから、順調に成長していることが伺えます。

累計の資金調達額は400億円超となっており、2021年9月には251億円の大型調達が行われています。

米国への展開をさらに促進する狙いが大きく、さらなる成長が見込める企業です。

まとめ:1分でスマートニュースの中途採用情報がわかる

スマートニュースへの転職に興味をお持ちの方は、スマートニュースの中途採用関連の情報をを一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、スマートニュースの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた内容を一覧にまとめました。

スマートニュースへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
中途採用の募集職種
  • セールス
    └アカウントエグゼクティブ
    └アカウントマネージャー
    └広告代理店へのセールス
    └クーポンパートナーセールス
  • エンジニア
    └ソフトウェアエンジニア
    └プロダクトマネージャー
中途採用の選考内容
  • エンジニア職とそれ以外の職種で全く選考内容が異なる
  • エンジニア以外の採用フローは、これまでの経験や今後のキャリアプランに対する質問がメインの面接。
  • エンジニアの採用フローは、構造化面接という採用手法が行われる。
    これまでの経験が聞かれる通常の面接に加え、システムの設計案やプログラミングの知識が問われる。
スマートニュースの採用難易度
  • スマートニュースへの転職に向いている人は、「当事者となって行動し続けられる人」。
  • 営業職への転職では「広告営業の経験」「マーケティング戦略の提案を行った経験」などをお持ちの方が必須要件。
  • エンジニア職への転職では、「Java、Scala、Kotlin、Python、Rubyのいずれかの言語での高度なプログラミングスキル」「iOS or Androidアプリケーション開発経験」など特化した専門性をお持ちの方が必須要件。
転職後の年収
  • 平均年収は1,000万円超
  • 給与の内訳は、基本給・ボーナス・自社株。
  • 役職がアップすると、1,200万円〜1,700万円程度の年収となる。
代表的な福利厚生
  • ランチ代無料
  • 通勤費
  • ヘルスケア関連費
  • ジム代
  • 旅行費
  • 通信費
社風・やりがい
  • スマートニュースの社員は優秀かつ、多国籍に富んでいる。
  • エンジニアは高度なスキルを身につけやすい環境。
ワークライフバランス
  • 柔軟に有給休暇や育児休暇を取得可能。
  • 急な休暇も気兼ねなく休める。
将来性
  • アプリのダウンロード数が急成長中。
  • 資金調達により、米国市場を拡大させることに注力していく予定。

スマートニュースの魅力は、アプリがグローバルに拡大し続けていること、優秀な社員が多いこと、年収が高いことなど、転職者に非常に人気があります。

転職難易度が高い求人もありますが、専門性が高くなくても挑戦可能な求人も多いです。

スマートニュースへの転職を考えている方は、ぜひ応募してみてください。

自分だけで転職活動を進めるのが不安な方は、一度転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

スマートニュースへの転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、スマートニュースのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、転職までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあります。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、年収アップの転職実績が多いJACリクルートメントもおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

ぜひこの記事を参考に、スマートニュースへの転職を検討してみてください。