AWSへの転職難易度が高い理由とは?中途採用を突破するコツも解説

AWSへの転職難易度が高い理由とは?中途採用を突破するコツも解説

AWSはクラウド事業をメインに急成長中の企業であり、高年収の転職先としても有名です。
AWSは、顧客のニーズに対して、幅広いサービスを提供しており、毎年30%程度の成長を誇ります。セールスやエンジニアの求人など幅広いポジションが募集され、転職先として非常に人気になってきています。

  • AWSへの転職難易度は高い?
  • AWSへの転職後年収はどれくらい?
  • AWSへ転職する方法は?

といったAWSへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、AWSへの転職難易度について紹介し、AWSの募集職種や選考内容・年収・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します。

この記事を読むことで、AWSへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

AWSへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。​​

転職活動には「リクルートエージェント」がおすすめ

転職活動する際に最もおすすめのサービスは、転職実績業界NO.1のリクルートエージェントです。

筆者が、大手や中小の転職サービスを10個ほど活用し、比較した中で最も信頼できるサービスです。

業界NO.1の求人数を保有しており、その中から人気企業の求人を紹介してくれます。選考対策や年収交渉まで幅広くサポートしてくれるサービスです。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

AWSと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、AWSの候補者が並列してよく検討する企業です。
AWSと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

AWSへの転職難易度が高い理由①:人材要件のレベルが高い

AWSの転職難易度が高い理由の一つが、AWSが求める人材要件のレベルが高いことです。

AWSへの転職に向いている人や求められるスキル・経験を中心に、転職難易度が高い理由を詳しく解説します。

AWSの中途採用の難易度が高い理由

AWSの中途採用では、高い採用要件が設けられています。
採用要件の難易度を上げている要素は、「AWSの企業風土に合う人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

AWSの風土に合わない人材は、AWSで成果を出すことが難しいと同時に、仕事へのやりがいを感じにくくなります。一定のリーダシップや顧客志向、好奇心など多岐にわたる適性が必要とされます。

求められるスキルや経験でも、AWSでは一定の実務経験や専門知識が必要とされています。

以下に、AWSに向いてている人と求められるスキルについて詳細に解説します。

AWSへの転職に向いている人

AWSへの転職に向いている人は、「Amazonの行動指針」に順応できる人です。

Amazonが掲げる「OLP」(引用:Amazon採用HP)に従って行動できる人材であることが求められます。OLPは16項目に分かれており、いずれもリーダーシップのある行動から生まれる指針が示されています。

受動的に働くことを望む方は、AWSの風土に適さない可能性がありす。

主体的に推進したり、キャリア形成をしたい方には、おすすめの転職先といえます。

AWSへの転職を検討する際は、風土が自分に合うかどうかしっかり理解しておきましょう。

AWSへの転職に求められる経験・スキル

AWSへの転職に求められるのは、一定の職務に関する3〜5年以上の実務経験や特定の業界での実務経験、特定の領域に関する専門知識です。
この3つの要件はAWSのほとんどの職種で共通して求められます。

営業職への転職の場合、「3年以上のソリューション営業やコンサルティングの経験」が必須の要件です。
エンジニアへの転職の場合、「5年以上IT業界でのエンジニア経験」が必須要件となっています。

営業職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、特定の業界での知見や特筆した専門知識がある方は、AWSへの転職にさらに生かせるでしょう。セールスやエンジニア以外にも多くの求人が頻繁に募集されているため、募集の間口は比較的広がっています。

AWSへの転職難易度が高い理由②:中途採用の選考難易度が高い

AWSへの転職に興味がある方の中には、中途採用の選考を受けても、受かるかどうか不安な方も多いのではないでしょうか。

選考難易度の高いAWSでも、事前に自己分析や想定される質問を知っておけば対策できます。

実際にAWSに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、転職難易度の高いAWSの選考を突破しましょう。

選考内容

AWSの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. オンラインテスト
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 内定

オンラインテストは、エンジニア職の候補者が実施する技術的なテストです。

1次面接は基本電話面接であり、応募した求人と同じ部署のマネージャーと行います。
2次面接以降は、同じ部署や異なる部署、人事社員、役員との面接が複数回行われます。5回〜10回実施されることもあるようです。

いずれの面接も、 Amazonが掲げる「OLP」という行動指針に基づいて、カルチャーに沿った人材であるかを見極められます。

OLPはどんな行動指針であるか、実際にどんな質問を受けるのか事前に把握しておきましょう。

中途採用の選考基準

Amazonでは、「チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、全員がリーダーである」という考えに基づいて、「Our Leadership Principles(以下OLP)」という、全社員が大切にすべき16項目の行動指針があります。

awsの採用基準

OLPは、AWSの採用選考をする際にも重視しています。

例えば、OLPの1つに「オーナーシップ」に関する行動指針があります。この行動指針に基づいた質問の中では、「今までで一番オーナーシップを発揮したことは?」という質問がよく聞かれます。

AWSの選考を受ける前に、16個のOLPから質問を想定しておくことが重要です。

中途採用の面接突破の対策

AmazonのOLPに基づいて、AWSで聞かれる代表的な質問をご紹介します。

突飛な質問はあまりなく、これまでの経験を通じた強み・弱み、AWSへの転職理由について問われる口コミが多かったです。

▼AWSの中途採用でよく聞かれる質問

  • 今まで一番大変だったことは?
  • 今まで一番困難だった課題、そして解決方法は?
  • クライアントに対して価値提供できた経験は?
  • チームで最も成果をあげた経験は?
  • リーダーシップを発揮した経験は?
  • AWSで挑戦してみたいことは?

AWSでは、OLPの16項目を満たす人材かどうかが見極めるために、徹底的に深掘りされます

AWSの面接は基本的な質問が多いですが、経験に対する定量的な根拠やより具体的なエピソードを求められるため、アピールしたい経験を言語化しておきましょう。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

AWSへの転職難易度が高い理由③:求職者からの人気が高い

AWSは「年収が高い企業」「エンジニアのスキルを高められる」といった口コミが多く、求職者からの人気が高いです。

口コミサイトの Openworkをもとに、AWSがなぜ人気が高いのかを解説します。

働いている社員の評判を確認することで、AWSの年収や働き方、やりがいなどについて詳しく知ることができます。

  1. 年収に関する評判:RSUの支給で年収アップ!
  2. ワークライフバランスに関する評判:基本はフレックスタイム制!
  3. 社風に関する評判:オーナーシップが重視される!
  4. 仕事のやりがいに関する評判:キャリア形成しやすい!

年収に関する評判:RSUの支給で年収アップ!

給与制度: 総報酬は、基本給 + サインアップボーナス + RSU で構成される。総報酬の20 – 30%をサインアップボーナスやRSUが占めるため、年度によって年収のブレが大きい。入社時に付与されるRSUは入社後一定の期間毎に一定の割合で売却する権利を得るという仕組み。売却する権利を得る前に退職すると、売却する権利を得ていない株は失うことになる。
(エンジニア・男性)

評価制度: 年1回の定期昇給がある。また年4回昇進の機会がある。定期昇給では通常数%の昇給。昇進すると基本的に数十%は昇給すると思われる。
(エンジニア・男性)

AWSの年収で多くを占めるのは、RSUです。自社株が付与されるため、株価に応じて見込み年収が高まります。
売却する権利が発生するまで働き続ける方が多いです。
入社して4年後に売却する権利が発生します。

AWSへの転職は、4年以上働くことを前提に、年収をアップさせたい方におすすめの転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:基本はフレックスタイム制!

フレックス勤務が推奨されているものの、米国本社との会議に合わせて7:00頃には出社し、その後は流れでミーティングや業務に入る形が恒常的です。一方で残業が管理されているため、人によっては帰宅後の持ち帰り仕事により長時間勤務に陥る恐れがあります。
(営業・男性)

コアタイムなしフレックスがきちんと機能しています。朝は8時にきても、11時にきても、自分の仕事ができて周りに迷惑かけなければ全く問題ありません。また、出社しないことも可能です。
(企画・女性)

AWSのワークライフバランスは職種や仕事内容によって異なるようです。

外資系企業の特徴として、アメリカ本社の時間に合わせて、早朝に勤務する方もいるようです。

一方で、フレックスタイムやリモートワークで働くことが可能なことは大きなメリットです。

柔軟な働き方を実現したい方には比較的おすすめの転職先です。

社風に関する評判:オーナーシップが重視される!

Our Leadership Principalの元に行動する企業文化。数値化、定量評価、定期的かつ継続的なレビューによる成長、自分の守備範囲を限定せず、自身のオーナーシップを重視するカルチャー。
(アーキテクト・男性)

一般的な会社や組織では理解されることがない、細部までこだわりが持てる高度な技術者が集まっている。技術コミニュティーは割とカジュアルな雰囲気の中、チャットツールや社内WikiなどITインフラを駆使しながら最新情報の情報交換が進められる。
(エンジニア・男性)

AWSではOLPの行動指針に基づいて働くことが重視されます。主体的に行動しない社員は評価されにくいです。

一般的な会社と比較して、サービスやインフラに誇りやこだわりを持てる社員が多いことも特徴的です。

AWSは、優秀な社員の中で主体的に成長したい方にとっておすすめの転職先です。

仕事のやりがいに関する評判:キャリア形成しやすい!

働きがい: 経験豊かで優秀な人が多い。人事評価も透明性があり、妥当だと感じる。オフィス環境も素晴らしく在宅勤務も推奨されており個人のは働き方に沿った勤務が可能。
(エンジニア・女性)

成長・キャリア開発: 会社として週に1度または2週に1度など定期的に上司とミーティングの時間を持ち、キャリアに関すること、業務の悩みなどの話し合いを持つことを義務付けられている。また、年に4回プロモーションのタイミングがある。
(エンジニア・女性)

AWSでは、キャリア形成に優位な環境や制度が整っています

人事評価の妥当性が高いことや、上司とのオープンなコミュニケーションが可能であることなど、主体的なキャリア形成が可能になっています。

AWSは難易度の高い仕事も多いですが、柔軟なキャリア形成を望んでいる方にとっては非常に魅力的な転職先です。

AWSの募集職種と中途採用求人

AWSの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

AWSへの転職を検討している方は、仕事内容や求められるスキル・経験を知っておきましょう。

AWSの採用HPをもとに、AWSで頻繁に募集されている職種をご紹介します。

他にも様々な職種が募集されています。

AWSの求人一覧

セールスの求人内容

AWSの営業職の役割は以下のように多岐に渡ります。

  1. インサイドセールス
    クラウドビジネス拡販のために、日本全国の企業にアプローチし、ご契約のリードを獲得する仕事です。
  2. AWSの導入支援
    AWSのサービスをスムーズに活用頂くとともに、企業の成長を促進する仕事です。
  3. アカウントマネージャー
    アカウントに対する戦略を作成し、企業の売上を成長させる仕事です。

AWSのセールスは、営業力に加えて、テクニカルな知識も必要とされ、IT業界のセールスとしてハイキャリアを築くことができます。

営業への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 法人向けITソリューション営業/セールスデベロップメント/ビジネス開発/プリセールス/コンサルティングでの経験3年以上
  • 5 – 10年のIT関連営業またはビジネス開発の経験
  • 特定の業界へのセールス経験

AWSで募集している営業職では、少なくとも3年以上の営業またはコンサルタントとしての経験が必要なため、比較的転職の難易度は高いでしょう。
さらに、特定の業界への顧客開拓経験やビジネスレベルの英語力がある方はAWSから高い評価を受けやすいです

2021年9月時点で、採用HPでは、AWSの営業職の求人が掲載されていました。

AWSの求人1

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。
dodaエージェントでは、AWSのような外資系企業の求人など、非公開求人を扱っているため、希少な求人に出会うことができます。

エンジニアの求人内容

AWSのエンジニア職の役割は以下のように多岐に渡ります。

  1. ソリューションアーキテクト
    クライアントにクラウドを利用したシステムの戦略をリードする役割です。
  2. プロフェッショナルサービス
    クライアントにクラウドのノウハウを提供し、システムインテグレータを支援する仕事です。
  3. データセンター
    アプリやウェブサイトを実行するためにサーバーやネットワーク機器の運営・管理を行う仕事です。
  4. カスタマーサービス
    クライアントからのテクニカルなお問い合わせに対して、解決を行う仕事です。

クラウド関連の高度なスキルを身につけることができ、クライアントのサービスを支える仕事に携わることができます。

エンジニアへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 5年以上IT業界でのエンジニア経験
  • AWSの知識、経験
  •  ネットワーク・ストレージ・サーバやデータベース・アプリケーションサーバなどのミドルウェア含めた基本的なITインフラ知識と設計能力
  • 最低一つの技術エリアに関する専門的な知識

AWSで募集しているエンジニアの職種では、どれもAWS関連の知識や一定の実務経験が求められるため、転職難易度は高いでしょう。ただし、カスタマーサービスは深い専門知識が求められないため、転職の難易度は比較的低いといえます。

2021年9月時点で、採用HPでは、AWSのエンジニア職の求人が掲載されていました。

AWSの求人2

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。
dodaエージェントでは、AWSのような外資系企業の求人など、非公開求人を扱っているため、希少な求人に出会うことができます。

AWSへ転職後の年収は高い?

AWSでは高いスキルが求められ、どのくらいの年収か気になる方も多いのではないでしょうか。

AWSは平均年収が非常に高いことで有名です。

AWSへの転職後の年収を職種別・年齢別に解説していきます。
AWSへどれくらいの年収で転職できるのか、以下から気になるデータをご確認ください。

AWSの平均年収は1,200万円超!

口コミサイトの Openwork(2021年9月時点)によると、AWSの平均年収は1,232万円です。

AWSの給与は、年俸制となっており、基本給+ボーナス+RSUです。
昇進時の給与の上げ幅は自分の職種・ジョブレベルのレンジでどこに位置してるかによります。

サイニングボーナスは入社時に支払われる賞与のことです。

RSU(譲渡制限付き株式)はAmazon同様に、4年間に分けて付与され、その4年間は売却できません。RSUのメリットは、株価上昇に伴い含み益が増大していくことです。

非常に高い年収を誇ることから、転職市場で人気のある企業です。

職種別の平均年収

AWSの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,333万円
アーキテクト 1,414万円
エンジニア 949万円
※引用:Openwork

営業、エンジニアの年収とも1,000万円近くの年収となっています。
1,000万円超の年収になるには、マネージャークラスの役職に就く必要があります。
メンバークラスは800万円程度の年収を狙うことができます。

どの職種も自社株をもらえるため、安定した企業で長く働いて、とにかく高年収を目指して転職したい人にとってはうってつけの転職先といえるでしょう。

年齢別の平均年収

AWSの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
30歳 1,030万円
35歳 1,274万円
40歳 1,312万円
45歳 1,154万円
※引用:Openwork

30代を超えると、年収1,000〜1200万円程度を目指すことができ、20代で身につけたスキルを生かして高年収を狙えます。

これまでのスキルを生かして、年収アップを目指して転職を検討している方に非常におすすめの会社です。

年収を高めたい方は、高年収の転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトにに登録して高年収のスカウトを受け取る

AWSの企業情報と将来性

AWSの企業情報をより詳細に理解するために、会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

AWSへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、AWSへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

AWSの会社概要は以下の通りです。

会社名 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
所在地 東京都品川区上大崎3-1-1
設立日 2009年8月
代表 長崎 忠雄
資本金
従業員数 341,400名(グループ総数)

事業内容

Amazonが総合オンラインストアの展開で長年培ってきたクラウドコンピューティング技術から生まれたサービスがアマゾンウェブサービス (AWS)です。

サーバやストレージ、DB等、システムインフラの大幅なコスト削減や柔軟な増減を可能とし、世界中に革新をもたらしたサービスです。日本においては2009年からアマゾン データ サービス ジャパンとしてサービスを開始しました。

売上の推移と将来性

AWSの売上はここ数年伸び続けており、アマゾン全体に占める割合も増え続けています。

AWSの売上推移

※引用:AmazonのHP

クラウドサービスを強みとして、AWSの売上は毎年30%程度成長しています

AWSは圧倒的に幅広いツールやサービスを提供しており、多くの顧客にとって必須のサービスとなっています。

AWSはさらなる開発投資の拡大を行っていることから、企業からのニーズは拡大していくでしょう。AWSへの転職を検討している方にとって、転職を考える良きタイミングといえそうです。

まとめ:1分でAWSの中途採用情報がわかる

AWSへの転職に興味をお持ちの方は、AWSの企業情報や中途採用情報をはじめ、転職を検討する際に必要な情報を一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、AWSの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

AWSへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
AWSへの転職難易度
  • AWSへの転職に向いている人は、「Amazonの行動指針」に順応できる人
  • AWSの転職に求められる経験・スキルは「一定の職務に関する3〜5年以上の実務経験」や「特定の業界での実務経験」「特定の領域に関する専門知識」。
  • 営業職への転職の必須要件は、「3年以上のソリューション営業やコンサルティングの経験」。
  • エンジニア職への転職の必須要件は、「5年以上IT業界でのエンジニア経験」。
中途採用の募集職種
  • セールス
  • エンジニア
  • マーケティング
  • カスタマーサービス
  • コーポレート

など多数。

中途採用の選考難易度
  • 1次面接は電話面接、2次面接以降は来社面接で5〜10回程度行われる。
  •  Amazonが掲げる「OLP」という行動指針に基づく質問が繰り返される。
  • これまでの経験に対して、かなり深掘りされるため、経験を整理しておくことが重要。
転職後の年収
  • 平均年収は1,232万円
  • 給与は年俸制。給与の内訳は、基本給+ボーナス+RSU。
  • 営業、エンジニアとも年収1,000万円超えが可能。
ワークライフバランス
  • アメリカ本社の時間に合わせて、早朝勤務する方もいる。
  • フレックスタイム制
  • リモートワークで働ける。
社風
  • OLPという行動規範に順応した社員が多い。
  • サービスやインフラに対してのこだわりが強い社員が多い。
やりがい
  • キャリア形成がしやすい環境が整備されている。
  • 上司との1on1で仕事やキャリアに関する相談を柔軟にできる。
将来性
  • ここ数年の売上が年間30%以上の成長率を誇る。
  • 顧客のニーズに応える圧倒的なツールやサービスを提供できる強みがある。
  • 開発投資の拡大、営業体制を強化するべく、通年採用を実施中。
  • 今後も売上は増え続ける見込み。

AWSは年収が高いことで有名で、業績も安定しているため、転職市場で非常に人気のある転職先です。

AWSの中途採用の選考は、Amazonへの転職意向や活躍できる素養を見極めるために、Amazon独自の行動指針である「OLP」に紐づいた質問が実施されます。

求められるスキルや経験のレベルは高く、一定の実務経験が求められています。

転職難易度の高いAWSですが、自分のスキルを生かせる職種に応募した上で、想定される質問の対策を行なっておくことで、転職できる確率が高まります。

AWSへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

AWSへの転職におすすめの転職エージェント

AWSへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【20代・未経験の転職】に特化した転職エージェント
  • スキルに自信がない方におすすめのサービス
  • フリーター・既卒・第二新卒の求人が豊富
  • 未経験の転職実績が豊富


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

3.6点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

ハタラクティブはスキルに自信がない20代でも、転職成功する確率が他のサービスより高いです。
未経験の求人が豊富にあり、自分に合った求人を提案してくれます。
未経験で転職できるように選考対策も十分に実施してくれるため、未経験で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】ハタラクティブに
登録する

ぜひこの記事を参考に、AWSへの転職を検討してみてください。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数