Apple(アップルジャパン)へ転職する!中途採用の難易度・年収を紹介

Apple(アップルジャパン)へ転職する!中途採用の難易度・年収を紹介

Apple Japanは「iPhone」の製造販売や「App Store」などのサービスを運営するApple Inc.の日本法人です。
Apple Japanは、世界的に大ヒットしているiPhoneやMacの販売が増え、売上がここ数年伸びています。年収も安定していることから、転職先として非常に人気になってきています。

  • Apple Japanへの転職難易度は高い?
  • Apple Japanへの転職後年収はどれくらい?
  • Apple Japanへ転職する方法は?

といったApple Japanへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Apple Japanへの転職難易度について紹介し、Apple Japanの募集職種や選考内容・年収・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します

この記事を読むことで、Apple Japanへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

Apple Japanへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

Apple Japanへの転職難易度

Apple Japanの求める人材要件のハードルは高いですが、職種によっては転職難易度が低い職種もあります。
上位の専門職は高い要件が求められ、転職の難易度も上がるでしょう。

Apple Japanの年収は安定しており、業界シェアトップの地位を維持していることから、転職希望者にとって非常に人気のある企業です。

Apple Japanへの転職はその後のキャリアアップにもつながるため、転職希望者にとってApple Japanへ転職するメリットが多いのです。

Apple Japanへの転職難易度を理解するにあたり、重要なポイントをいくつかご紹介します。

Apple Japanの中途採用の難易度が高い理由

Apple Japanの中途採用では、高い採用要件が設けられています。
採用要件の難易度を上げている要素は、「Apple Japanの企業風土に合う人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

Apple Japanの風土に合わない人材は、Apple Japanの社員や環境からポジティブな影響を受けにくくなり、活躍しにくくなります。

求めているスキルを持たない人材は、Apple Japanの難易度の高い仕事を遂行できる素養がないとみなされます。

以下に、Apple Japanに向いてている人と求められるスキルについて詳細に解説します。

Apple Japanへの転職に向いている人

Apple Japanへの転職に向いている人は、「Appleの行動指針」に順応できる人です。

Apple Japanの行動指針として、「主体的な行動」と「お客様視点」が重要視されています。

仕事やキャリア、プライベートでさえ自ら考え、動くことが求められます。
仕事では自ら必要な情報を収集することが求められ、キャリアではどんな専門性・職種を突き詰めていくかを考える必要があり、プライベートではどんな時間を過ごすことが自分にとってベストかを描いていく必要があります。

主体的な行動を行う上で、行動の起点になるのが、お客様にどんな体験をしてもらいたいかです。
お客様の体験を自ら描ける人材が評価を受けやすくなります。

常に安定した仕事やルーティンワークを求めている方は慎重に検討するべきですが、主体的な行動が求められる環境や顧客への課題解決を突き詰めたい方には、おすすめの転職先といえます。

Apple Japanへの転職を検討する際は、風土が自分に合うかどうかしっかり理解しておきましょう。

Apple Japanへの転職に求められる経験・スキル

Apple Japanへの転職に求められるのは、Appleで働きたい仕事に関連する実務経験と特化した専門性です。
この2つの要件はアップルのほとんどの職種で共通して求められます。

営業職への転職の場合、「ハードウェア製品を取り扱う会社でのアカウントマネジメント」「パートナーへのコンサルティング営業」が必須の要件となっています。
営業のメンバークラスであれば、コンサルティング営業の経験があれば、応募可能なレベルになります。

エンジニアへの転職の場合も、「アプリケーション開発の経験」「ビッグデータを活用した経験」など特化した専門性が必須要件となっています。
エンジニアの必須要件には、職種によって、求める経験やスキルが異なり、上流職の場合は転職難易度が上がります。

ビジネス職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、特筆したスキルがある方は、Apple Japanへの転職に活かせるでしょう。一方で、自信のあるスキルがなくとも、転職可能な職種も存在しており、挑戦しやすい求人もあります。
以下に、Appleで募集している代表的な求人を紹介し、各求人の応募要件も解説します。

Apple Japanの募集職種と中途採用求人

Apple Japanの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

Apple Japanへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのようなスキルや経験が求められるのか知っておきましょう。

Apple Japanの採用HPや転職サイトdodaをもとに、Apple Japanで募集されている代表的な職種をご紹介します。

エンジニアの求人内容

Apple Japanのエンジニア職は主に3つに分類されます。

  1. ソフトウェア&サービス
  2. ハードウェア

ソフトウェア&サービス

Apple Japanのソフトウェア開発を担う仕事で、ユーザー体験を追求しています。

ソフトウェア開発の部門は、アプリケーション開発やサーバーサイド、コアオペレーティングシステム、エンジニアリングプロジェクトマネジメント、機械学習など多岐に渡ります。

ソフトウェア開発への転職における必須要件の例をいくつかご紹介します。求人に応募するには以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • アプリケーション開発の経験
  • ビッグデータを活用した経験
  • ネットワーク設計の経験
  • プロジェクトマネジメント
  • アプリケーションエンジニアリング
  • データサイエンス・ディープラーニング
  • セキュリティサービスエンジニアリング

など

ハードウェア

Apple Japanのハードウェア開発を担う仕事で、次世代のApple製品を手掛けています。

ハードウェア開発の部門は、アコースティックテクノロジー、アナログ・デジタルシステム、アーキテクチャ、バッテリーエンジニアリング、カメラテクノロジーなど多岐に渡ります。

ハードウェア開発への転職における必須要件の例をいくつかご紹介します。求人に応募するには以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • アコースティックエンジニアリング
  • 電子回路設計
  • システムアーキテクチャ
  • カメラ機械エンジニアリング
  • 画像処理
  • 環境学
  • バイオメディカルエンジニアリング
  • ディープラーニング

など

Apple Japanで募集しているエンジニアの職種では、ソフトウェア・ハードウェアとも高い専門性が求められ、比較的転職の難易度は高いでしょう。

大学や大学院でエンジニアリングの研究経験があり、社会人でもエンジニアとしての実務経験がある方は、転職難易度の高いAppleでも、転職するチャンスが高まります。
一方で、上位エンジニア職のサポートエンジニアであれば、実務経験があれば挑戦しやすいでしょう。

求人サイトに掲載されているエンジニア職の求人内容をご紹介します。
2021年9月時点で、dodaでは、Apple Japanのエンジニアの求人が掲載されていました。

appleの求人1

興味を持った人や応募条件を満たしている人は、以下より登録してご確認ください。

セールスの求人内容

Apple Japanの営業職が配属する代表的な部門は以下の4つです。

  1. ビジネスディベロップメント
    Appleの製品やサービスのために新しいコマーシャルモデルを特定し、創り出す取り組みを行っています。チームの一員になって、地域のパートナーマネージャーやセールスエグゼクティブ、Apple内外のチームと連携しながら、業界やお客様が重視する分野を対象とした販売計画を策定・実行していきます。
  2. アカウントマネージメント
    Apple製品取扱店、通信事業者、ビジネスおよびシステムインテグレーターといった様々な方法を通じて、一般消費者やビジネスカスタマー、教育関係者・政府機関のお客様にアプローチしています。戦略的なアカウントプランニング、アカウント開拓、関係管理、およびパフォーマンスマネージメントなどを担当します。
  3. Apple直営店のセールス
    驚くような顧客体験を提供するチームの仕事は、お客様が大好きなことを新しい方法で行えるよう、適切なApple製品を紹介することです。Apple直営店のセールス職には、スペシャリスト、エキスパート、オペレーションスペシャリスト、ビジネスエキスパートがあります。
  4. リテールパートナーセールス
    近くにAppleの直営店がなくても多くのお客様がAppleのリテール体験を楽しめるのは、リテールパートナーセールス・チームの存在があるからです。このチームは、パートナーストアのApple Shopでお客様に対面で対応するAppleのセールススタッフで構成されます。

いずれのセールス職も、Appleの製品やサービスを多くのユーザーや事業者に届ける魅力的な仕事です。

営業への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • モバイルデバイスまたはハードウェア製品を取り扱う会社でのアカウントマネージメント
  • パートナーへのコンサルティング営業
  • テクノロジーを駆使した製品のセールス経験
  • エンタープライズIT企業での顧客対応

Apple Japanで募集している営業職では、テクノロジー製品を中心としたハードウェア製品の営業またはコンサルタントとしての経験が必要なため、比較的転職の難易度は高いでしょう。
コンサルティング営業としての経験に自信のある方はApple Japanへのセールスに挑戦してみましょう。

20代でコンサルティング営業としての実務経験があり、Apple直営店のセールスへの転職であれば、比較的転職難易度は低くなります

営業職の求人内容をご紹介します。
2021年9月時点で、採用HPでは、Apple Japanのアカウントマネジメントの求人が掲載されていました。

Appleの求人2

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

コーポレート

ほかにないグローバルビジネスの展開という課題に立ち向かえるよう、Appleを支え、投資家への財務説明責任を果たす必要があります。Appleのコーポレート部門は、社会的責任を担う企業市民を牽引する立場として働きかけることが求められます。

Apple Japanのコーポレートが配属する代表的な部門を紹介します。

  • 情報システム&テクノロジー
  • 財務
  • 法務
  • 人事
  • 総務
  • ラーニング&能力開発
  • セキュリティ
  • 不動産管理&開発
  • 飲食サービス

コーポレートへの転職における必須要件は、少なくとも3年以上の実務経験です。

Apple Japanで募集しているコーポレートの職種では、専門的なスキルや大手企業での実務経験が求められ、転職の難易度は比較的高いといえます。

コーポレートの求人例をご紹介します。

2021年9月時点で、採用HPでは、Apple Japanの総務の求人が掲載されていました。

Appleの求人3

興味を持った人や応募条件を満たしている人は、以下より登録してご確認ください。

中途採用の選考難易度は高い

Apple Japanへの転職に興味がある方の中には、中途採用の選考を受けても、受からないのではないかと不安な方も多いでしょう。

Apple Japanの選考難易度は高いですが、事前に自己分析や想定される質問を知っておけば対策することも可能です。

実際にApple Japanに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、転職難易度の高いApple Japanの選考を突破しましょう。

選考内容

Apple Japanの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接・最終面接
  4. 内定

いずれの面接も基本、英語によるWEB面接を行います。

ただし、職種によっては、日本語での面接も可能となっています。最終面接までに、人事、配属部署のマネージャーとそれぞれ必ず1回は行います。

実際にどんな質問を受けるのか事前に把握しておきましょう。

中途採用の面接突破の対策

Appleでよく聞かれる質問をいくつかご紹介します。

面接で聞かれる多くの質問は、これまでの経験を通じた強み・弱み、Appleへの転職理由について問われる口コミが多かったです。

ただし、職種によっては、セールスやカスタマーサポートのロールプレイングが実施されることもあります。

また、論理的思考力を試す答えのないケース問題が聞かれることもあります。

▼Apple Japanの中途採用でよく聞かれる質問

  • 今まで一番大変だったことは?
  • 最も難しかった課題解決の事例は?
  • 顧客対応のロープレをしてください。
  • あなたにとって、イノベーションとはなんですか。
  • あなたは宇宙に行く時、何を持っていきますか。
  • アップル製品の好きなところはありますか。

Apple Japanでは、これらの質問を通じて、活躍できる人材かどうか・最低限の考える力があるか・Appleの文化に合う人材かどうかが見極められます。

基本的な質問を想定し、自身の経験や転職理由を端的かつわかりやすく答えられるように準備しておくことが転職成功につながります。
質問の回答を通じて、論理的思考力や問題解決力、コミュニケーション力など、総合的な能力が見極められていることを意識しましょう。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

Apple Japanへ転職後の年収は高い!

Apple Japanは仕事の難易度が高い一方、Apple Japanの年収が仕事の難易度に見合うものなのか興味がある方も多いのではないでしょうか。

Apple Japanは平均年収が非常に高いことで有名です。

Apple Japanへ転職する際に、魅力的な要素であろう転職後の年収について詳しく解説していきます
Apple Japanへどれくらいの年収で転職できるのか、以下から気になるデータをご確認ください。

Apple Japanの平均年収は598万円

口コミサイトの Openwork(2021年9月時点)によると、Apple Japanの平均年収は598万円です。

Apple Japanの給与は、年俸制となっており、年収を12ヶ月で分割した金額が月収になります。
成果が高い人には、多くはないですがボーナスも出ます。

外資系企業としてはそこまで年収が高くないですが、ワークライフバランスが良好な企業であることから、転職市場で人気のある企業です。

職種別の平均年収

Apple Japanの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 663万円
カスタマーサポート 585万円
テクニカルサポート 491万円
※引用:Openwork

営業、カスタマーサポートの年収とも600万円付近の年収となっており、いずれの職種も500万円超の年収を狙うことができます。

安定した企業で働いて、500〜600万円付近の年収帯を目指して転職したい人にとってはうってつけの転職先といえるでしょう。

年齢別の平均年収

Apple Japanの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 451万円
30歳 541万円
35歳 611万円
40歳 567万円
45歳 527万円
※引用:Openwork

Apple Japan では、20代から30代前半の平均年収は600万円を超えておらず、仕事の難易度の高さが伺えます。

一方で成果を出せば、新卒や第二新卒でも年収600万円程度を目指すことができ、早期に500万円以上の年収を得られる会社です。
40代になると、昇進した人であればどんどん年収が上がりますが、年齢を経るにつれて、安定して給与を上げたい方には年収の上げ幅に不満を抱く方もいるでしょう。

Apple Japanでは、世界中に莫大なユーザー数や事業者を抱える製品やサービスを保有していることが、社員の安定した年収を実現しており、20代だけでなく30代以上で年収アップを目指して転職を検討している方にも非常におすすめの会社です。

年収を高めたい方は、高年収の転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】キャリアカーバーにに登録して高年収のスカウトを受け取る

Apple Japanの充実した福利厚生

Apple Japanの待遇面で、福利厚生についてもチェックしておきましょう。

Apple Japanが転職先として人気の理由は、年収の高さに加えて、福利厚生が他の企業に比べて充実しているためです。

Apple Japanの代表的な福利厚生は以下の通りです。

  • 在宅勤務推奨
  • ジムなどの施設利用料を一部負担
  • リロクラブ(レストランやレジャー施設の割引)
  • Apple製品購入の割引
  • 医療費代の支給
  • メガネコンタクト代の支給

Apple Japanの特徴的な福利厚生は、ジムや食事などのプライベートに関わる一部費用を支給してくれることです。
社員がストレスなく働けるように、他の企業にはない福利厚生もあります。

他の企業では医療費やコンタクトの補助費用が支給されることはあまりありません。

年収だけでなく、福利厚生の情報もApple Japanへの転職を検討する際の参考としてください。

Apple Japanへ転職した方の評判・口コミ

Apple Japanは「年収が高い企業」「業務の難易度が高い」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にApple Japanに転職した社員はどのように感じているのでしょうか。

口コミサイトの Openworkをもとに、Apple Japanに転職した方の評判・口コミをご紹介します

働いている社員の声を確認することで、Apple Japanの気になる評判を知ることができます。

  1. 年収に関する評判:自社株の支給で年収大幅アップ!
  2. ワークライフバランスに関する評判:残業は少ない!
  3. 社風に関する評判:統率された企業文化!
  4. 仕事のやりがいに関する評判:優秀な社員が多い!

年収に関する評判:自社株の支給で年収大幅アップ!

一定のグレードに到達すると毎年パフォーマンスに応じて先数年にわたり株が与えられ、その分の報酬がかなり乗っかってくるので大幅に年収は上がる。そのレンジに到達しないと年収は大きくは上がらない。営業といっても業績連動で大きな成果をあげても大きなリターンが得られる制度にはなっていない。
(営業管理職・男性)

年俸制で12で割った額が毎月支払われます。残業代も1分単位で支払われます。その他に通信費として毎月8,000円ほど支払われます。ボーナスはありませんが、福利厚生が充実してます。特に社販を利用できるのが大きいです。iPhoneやiPadを安く購入できます。自分だけでなく、家族や友人の分も購入できます。
(カスタマーサポート・男性)

Apple Japanでは、高いグレードになると、自社株が付与されるため、かなり高い年収を狙うことができます

ただし、高いグレードにならないと、成果を上げても、賞与が多く出ることはありません。

年収は安定しており、福利厚生も充実していることから、1,000万円程度の年収まで望まない人にとっては特に不満なく働けるでしょう。

Apple Japanへの転職は、好待遇の企業で働きたい方にはおすすめの転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:残業は少ない!

アメリカの企業ですから、考え方は日本企業と根本から違いを感じます。残業は基本なし、有給消化率100%。以前は日本企業で働いていたので、有給で休むのは気が引けましたが、今は会社は休む事に対してなんの咎めもないため(というか、それが普通なのだと思いました。)好きに休みをとってプライベートも楽しめます。ストレスがなければ、仕事すら楽しいものなのだと知りました。
(カスタマーサポート・女性)

多くの社員はsick leaveと年間有給をほとんど使いきっている。自分の仕事と休みとのバランスを取りやすい環境であることは間違いない。またマネージャー次第だが他の部署では子どもを育てている間は労働時間を調整することを認めてもらうケースは非常に多く、全社員はVPNを持っているので仮に休みを取ったとしても在宅で仕事をチェックすることもできる。
(営業・女性)

Apple Japanのワークライフバランスについては、非常にポジティブな意見が多いです。

残業をすることはあまりなく、有給休暇もほぼ消化している人が多いようです。外資系文化のため、休みづらさもありません。

子育ての時間も融通が効きやすく、在宅で働くことも可能です。

自分で時間をコントロールして働きたい方にはおすすめの転職先といえるでしょう。

社風に関する評判:統率された企業文化!

最先端の企業であり、多様性を認め、コンプライアンスを遵守している。 性別や性的趣向、肌の色や出身国地域などに対しての差別を一切許さず、自分自身、同僚、上司、顧客に対しても誰に対しても平等であることを意識している。 もちろん、顧客側の不適切な応対に対しても守ってくれるような企業でもある。 顧客と企業という関係性の前に、多様な世界の中の一人の人間であるということに対して敏感であると感じる。
(カスタマーサポート・女性)

企業文化として指針として方向性は明確です。「お客様視点であること」そして「最高の製品を生み出すこと」これがどの部署でもそのチームでも明確にマインドセットされています。Appleでは自身がビジョンを持ち続け、Whyを持って課題を解決する意識と行動を続けていけば、評価がついてきます。ただその方向性がしっかり整っている分、それにそぐわないアクションや見解は伝え方を考える必要があるとも言えます。自分の伝え方を考えながら企業文化にフィットする心がけは一定基準必要で、そうでないと聞き入れられない企業文化でもあると言えます。
(営業・男性)

Apple Japanの社風は、コンプライアンスに対する意識が高いことや行動指針がに基づく行動が求められることが特徴的です。

多様性を認める文化のため、個性のある社員同士が認め合う文化が築かれています。社員一人一人の言動でもコンプライアンス遵守に対する意識が高いです。

社員一人一人が同じ指針を持って動いているため、自身がAppleの考えや行動指針に慣れていく必要があります。大前提に「お客様視点」を大切にしていないと、慣れるのに苦労するでしょう。

Apple Japanは、多様性を重視したい方やお客様視点で仕事をしたい方にとっておすすめの転職先です。

仕事のやりがいに関する評判:優秀な社員が多い!

インサイドセールスとして、エリアを担当させてもらって、非常に責任感とやりがいを感じました。 人気の高い商品だったので既存顧客以外にも新規顧客様も増えてきて、非常に楽しかったです。 その分、効率性や柔軟性が必要になり、良い経験になったし、大変鍛えられた感じがします。
(営業・男性)

上司が優秀な人が多く学びが大きいです。仕事の面で出来るというよりも、人間的に出来た方が多く、考え方が理知的であるので、話をしていてもすんなりと納得のいくような説明を頂けます。仕事のモチベーションを保ちやすく、目標設定も容易です。
(カスタマーサポート・女性)

Apple Japanは仕事面・環境面からも非常にやりがいのある職場であるという口コミが多数ありました。

次々と新しい製品やサービスを生み出すAppleだからこそ、顧客に大きな価値を提供できる会社です。

優秀な上司から、仕事の基本や専門性のあるスキルを教えてもらえるので、成長を感じやすい環境といえます。

Apple Japanは自分の仕事に誇りを持って働きたい方や若い内から成長したい人にとって非常に魅力的な転職先です。

Apple Japanの企業情報と将来性

Apple Japanの企業情報をより詳細に理解するために、会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

Apple Japanへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、Apple Japanへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

Apple Japanの会社概要は以下の通りです。

会社名 Apple Japan合同会社
所在地 東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ
設立日 1983年6月
代表 ダニエル・ディチーコ
資本金 5,480百万円
従業員数 1,800名

事業内容

Apple Inc.(アップル)は、『iPhone』などのデジタルデバイスの設計・製造・販売や『App Store』などのデジタルコンテンツプラットフォームを提供するグローバル企業です。

扱う製品は、「iPhone」「Mac」「iPad」「Wearables, Home and Accessories」といったカテゴリーの製品を展開しています。

プラットフォーム内で扱うコンテンツは、本、音楽、ビデオ、ゲーム、ポッドキャストなどのアプリケーションやデジタルコンテンツです。
また、AppleMusicを含むサブスクリプションベースでのデジタルコンテンツストリーミングサービス、電話サポートとハードウェア修理の『AppleCare』、クラウドバックアップサービス『iCloud』などのサービスも運営しています。

売上の推移と将来性

Apple Japanの売上はここ数年、拡大し続けています。

どの業界・企業も業績が落ち込んでいる中で、Apple Japanの売上は毎年5%〜10%程度成長しています。iPhoneやMac、ウェアラブル、サービスの売上が拡大し続けていることが好調な要因となっています。

Appleは定期的に新しい製品をリリースしており、ユーザーを飽きさせない製品やサービスが変化するニーズを満たしています。

Apple Japanはさらなる開発投資の拡大・製品の拡充をさらに行っていることから、さらに売上の成長が見込める企業といえるでしょう。Apple Japanへの転職を検討している方にとっては、絶好な機会といえます。

まとめ:1分でApple Japanの中途採用情報がわかる

Apple Japanへの転職に興味をお持ちの方は、Apple Japanの企業情報や中途採用情報をはじめ、転職を検討する際に必要な情報を一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、Apple Japanの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

Apple Japanへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
Apple Japanへの転職難易度
  • Apple Japanの企業風土や求めるスキルに合致している必要がある。
  • Apple Japanへの転職に向いている人は、「Appleの行動指針(主体的な行動とお客様視点)」に順応できる人
  • 営業職への転職では「ハードウェア製品を取り扱う会社でのアカウントマネジメント」や「パートナーへのコンサルティング営業」をお持ちの方が必須要件。
  • エンジニア職への転職では、「アプリケーション開発の経験」「ビッグデータを活用した経験」など特化した専門性が必須要件コミュニケーションスキル」をお持ちの方が必須要件。
  • コーポレートへの転職では、「実務経験3年以上」をお持ちの方が必須要件。
中途採用の募集職種
  • エンジニア
  • セールス
  • コーポレート
中途採用の選考難易度
  • いずれの面接も基本、英語によるWEB面接。
  • これまでの経験を通じた強み・弱み、Appleへの転職理由など、基本的な質問を徹底的に深掘りされる。
  • 職種よっては、ロールプレイングが実施される。
  • 答えのないケース問題が出題される場合もある。
  • 論理的思考力や問題解決力、コミュニケーション力など、総合的な能力が見極められる。
転職後の年収
  • 平均年収は598万円
  • 給与は年俸制。給与の内訳は、基本給のみ。場合によってボーナス有り。
  • 20代から年収600万円〜1,000万円も可能。
代表的な福利厚生
  • 在宅勤務推奨
  • ジムなどの施設利用料を一部負担
  • リロクラブ(レストランやレジャー施設の割引)
  • Apple製品購入の割引
  • 医療費代の支給
  • メガネコンタクト代の支給
ワークライフバランス
  • 残業をすることは基本ない。
  • 有給休暇はほぼ全て消化する人が多い
  • 子育ての融通が効きやすい。
  • 在宅勤務も可能。
社風
  • コンプライアンスに対する意識が高い。
  • Appleの行動指針が社内で徹底されている。
  • 多様性を認める文化。
  • お客様視点を重視した行動が求められる。
やりがい
  • Appleの製品・サービスを通じて、顧客へ大きな価値提供をできる。
  • 優秀な上司と仕事ができる。
将来性
  • ここ数年の売上が年間5%〜10%程度の成長率
  • 成長している要因は、iPhoneやMac、ウェアラブル、サービスの売上が拡大し続けていること。
  • Appleは定期的に新しい製品をリリースしており、ユーザーを飽きさせない製品やサービスを継続して提供している。
  • 開発投資の拡大、製品の拡充が行われている。
  • 今後も売上は増え続ける見込み。

Apple Japanは年収が安定していることで有名で、業績も安定していることから、転職市場でも非常に人気のある転職先です。

仕事の難易度が高いイメージも強いですが、ワークライフバランスがよく、十分な給与が支払われているため、Apple Japanへ転職して満足している社員が多いです。

営業職は、Apple製品取扱店や通信事業者へのアカウントマネジメントやApple直営店のセールス、パートナーストアへのセールスなど様々な職種があり、セールスとしての経験を深めることができます。
エンジニア職は、ソフトウェア・ハードウェアの開発に携わることができ、エンジニアとして高度かつモダンなスキルを身につけることができます。

Apple Japanの中途採用の選考は、Appleへの転職意向や活躍できる素養を見極めるために、これまでの経験を徹底的に深掘りされます。Apple中途面接前に、自己分析と想定される質問を整理しておきましょう。

Apple Japanは今後も製品やサービスの拡充に注力していくため、事業成長の観点でも魅力的な転職先です。

Apple Japanへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談してみましょう。

Apple Japanへの転職におすすめの転職エージェント

Apple Japanへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、Apple Japanのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、転職までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、年収アップの転職実績が多いJACリクルートメントもおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

ぜひこの記事を参考に、Apple Japanへの転職を検討してみてください。