日本コカ・コーラへ転職する方法は?求人や選考方法・転職難易度を解説

日本コカ・コーラへ転職する方法は?求人や選考方法・転職難易度を解説日本コカ・コーラは清涼飲料水で日本シェアトップの企業です。
ブランド力が強く、高利益企業でもあることから、転職先として非常に人気になっています。

  • コカ・コーラの中途採用求人はどんな職種がある?
  • コカ・コーラの中途採用の選考内容は?
  • コカ・コーラの転職難易度は高い?

といったコカ・コーラへの転職に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、求人情報や選考内容など、コカ・コーラの中途採用についてご紹介し、転職難易度・年収・社員の評判・口コミを詳しく解説します

この記事を読むことで、コカ・コーラへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。
コカ・コーラへの転職を検討中の方も、まだ未検討の方もぜひご参考ください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

日本コカ・コーラの中途採用求人について

コカ・コーラの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

コカ・コーラへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのようなスキルや経験が求められるのか知っておきましょう。

コカ・コーラの採用HPをもとに、コカ・コーラで募集されている代表的な職種をご紹介します。

マーケティングの求人内容

コカ・コーラのマーケティング職は、ユーザーに製品を届けるべく、サプライヤーのパフォーマンスを最適化するために、プロセスやシステム・製品を改善する仕事です。

調達部門の一員として、製品の提供までのプロセス改善に注力します。

調達部門のマーケティング職の役割は2つです。

  1. メディア(マスメディアや広告):サプライヤーが多くの人に商品を届けるために、キャンペーン等を通してパフォーマンスを向上させる役割
  2. ESP:パートナーと製品製造のための資金調達や設備導入を通して、製品調達のサポートを行う役割

マーケティングへの転職における必須要件は、以下のいずれかの経験をお持ちの方です。

▼必須要件:

  • 製造に必要な調達経験
  • ESP(エネルギーサービスプロバイダー)業界での経験
  • メディア業界での経験
  • 代理店や広告主として上記同様の経験がある方

コカ・コーラで募集している営業職では、広告やマーケティングに関する営業経験が必須となるため、転職の難易度は高い職種といえます。
特に、資材調達計画や資源のデータベース管理、製造プロセスの制御の経験がある方は十分にスキルを生かせるでしょう。

マーケティング職の求人例を1つご紹介します。
2021年9月時点で、採用HPでは、コカ・コーラのマーケティングの求人が掲載されていました。

コカ・コーラの求人1

他のマーケティングの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

経営企画の求人内容

コカ・コーラの事業をさらに成長させるべく、財務観点で今後の投資計画を作成する役割です。

コカ・コーラのビジネスにイノベーションを起こすため、ブランド、そして投資のポートフォリオの分析・戦略・策定まで実行していきます。

経営企画への転職するには以下のいずれかの経験が必要です。

▼必須要件:

  • ファイナンスの経験
  • 飲料業界への理解
  • 消費者のニーズに関する理解

など

経営企画の職種では、ファイナンスに関する経験に加え、飲料業界への知見が求められるため、比較的転職の難易度は高いでしょう。

他の大手企業マーケティングの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

物流企画の求人内容

コカ・コーラの物流企画職は、バリューチェーン、PL、シナリオプランを管理する仕事です。
加えて、競合分析を通して、マクロの経済動向を分析することで、今後のビジネスへの戦略的示唆を提供します。

▼必須要件:

  • ファイナンスの経験
  • 製造工程の管理経験
  • 競争とビジネスモデルに関する深い理解

コカ・コーラで募集している物流企画職は、いわゆる物流企画というよりは経済学の知識を活用して、企業の中長期的な戦略を策定する仕事です。
物流企画の経験に加えて、ファイナンスの職種での経験が必須となるようです。

他のマーケティングの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

ビジネスアナリスト&インサイトの求人内容

コカ・コーラには、あらゆるデータをもとに自社や市場を分析して、中長期的な成長を描く役割があります。

ビジネスアナリスト&インサイトの求人では、コカ・コーラの収益や市場シェア、消費者に関わるビジネスに影響を与えるインサイトを発掘し、長期ビジョンを作成します。

▼必須要件:

  • 高度な分析スキル
  • 優れたコミュニケーションスキル
  • ビジネス関連の学士号
  • 飲料業界の成長戦略に関する知識
  • ビッグデータのスキル

この職種は、コカ・コーラの中でも上流の職種であり、事業企画や事業戦略に長けた人が該当する求人です。

2021年9月時点で、採用HPでは、コカ・コーラのビジネスアナリスト&インサイトの求人が掲載されていました。

コカ・コーラの求人2

他の事業戦略・事業企画系の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。

日本コカ・コーラの中途採用の選考

コカ・コーラの中途採用を受けても、選考通過できるか不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

コカ・コーラの選考の特徴は、特定の職種に関する経験や強みを徹底的に見極められます。

実際にコカ・コーラに転職活動した方の口コミをもとに、各職種における中途採用の選考内容やその対策を解説します

コカ・コーラの面接内容

コカ・コーラの面接では、STARと呼ばれる枠組みをもとに質疑応答が実施されます。

募集求人の要件を満たしているかを見極めるために、これまでに経験した経験について深掘りされます。
深掘りする際に、STARの形式でアピールする必要があるのです。

  • S/T:Situation(状況)とTask(タスク)の説明が求められます。
  • A:実行したAction(行動)についての説明が求められます。
  • R:行動後のResult(結果)の説明が求められます。

これまでの経験をより細かい粒度で説明できるように、事前に整理することが必須となります。

面接の質問例

日本コカ・コーラの面接で実際に聞かれた質問例をいくつかご紹介します。

  • 様々な業務の経験があるが、その中で発揮されている強みは?
  • 今まであなたのアイデアから発売した製品の中で一番のイノベーションはなんですか?
  • 今あなたが発した言葉の意味は?

コカ・コーラでは、自身の強みに関連する質問が繰り返されます

強みを伝える際のポイントは、成果までの詳細なプロセス・行動、そして数値化された実績など具体的な成果を伝えることです。

コカ・コーラの採用HPに記載のある通り、あくまでSTARに基づいて受け答えを意識しましょう。面接官から好感が持たれやすくなります。

かといって、コカ・コーラのような大手企業の面接に自信を持てない方も多いと思います。
面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

日本コカ・コーラの採用難易度

どの職種でも、コカ・コーラの求める人材要件のレベルは高いです。

コカ・コーラへの転職難易度を理解するにあたり、重要なポイントをいくつかご紹介します。

コカ・コーラの中途採用の難易度が高い理由

採用難易度を上げている要素は、「コカ・コーラの企業風土に沿った人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

日本コカ・コーラの風土は外資系企業の雰囲気が強く、個人の上昇志向が強い評判が多いです。

経営層からマネジメント、メンバークラスまで優秀な人が多く、精神的に成熟した人が多いです。

外資系企業の文化を受け入れられるか、そして特筆したスキルが必要になるでしょう。

詳しくは、以下にコカ・コーラに向いてている人と求められるスキルについて解説していきます。

コカ・コーラへの転職に向いている人

コカ・コーラへの転職に向いている人は、「結果を重視して行動し続けられる人」です。

コカ・コーラは結果が最優先で求められるため、結果にコミットできない人は活躍しにくいです。

日本企業ならではの協力する文化もありますが、自己成長を強く望んでいる人の集団という印象が強いです。

若い内に成長を強く望む方や結果が求められる環境に身を置きたい方には、おすすめの転職先です。

コカ・コーラへの転職に求められる経験・スキル

コカ・コーラへの転職に求められるのは、募集求人に関連する実務経験と特化した専門性です。

例えば、マーケティング職の必須要件には、「メーカーでの調達関連の経験」や「広告業界の経験」があります。

また、ビジネスアナリスト職のように、分析スキルが長けている方であれば、転職しやすい職種もありました。

歓迎要件として、飲料業界に対する知見がある方は優遇されます。

いずれのビジネス職でも実務経験があることに加え、特筆した業界での従事経験がある方は、コカ・コーラへの転職に生かすことができます。

日本コカ・コーラへ転職後の年収

コカ・コーラは転職難易度が高い一方、妥当な年収を得られるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

コカ・コーラでは、成果を出せば出すほど、年収が非常に高くなることで有名です。

コカ・コーラへ転職する際に、魅力的な要素である転職後の年収について解説します

日本コカ・コーラの平均年収は800-1,000万円超

口コミサイトの Glassdoor(2021年9月時点)によると、コカ・コーラの平均年収はどの職種も800-1,000万円超えです。

コカ・コーラの給与は、年俸制で、基本給・年度末賞与・ストックオプション・インセンティブから構成されています

昇給のスピードに関しては、ジョブグレード制が採用されており、同じ職務のグレードであればそれほど昇給が見込めません。しかし、ジョブグレードが上がれば一気に昇給できます。

ストックオプションによる見込み年収も含めると、1,500万円程度の年収も目指すことができ、高年収を目指したい人におすすめの転職先です。

職種別の平均年収

コカ・コーラの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
ブランドマネージャー 1,100万円-1,300万円
コンシューマーインサイトマネージャー 700万円-800万円
ビジネスアナリスト 900万円-1,000万円
経営企画 1,000万円-1,100万円
マーケティング 1,200万円
※引用:GlassdoorOpenwork

いずれの年収とも1,000万円付近の年収となっています。マーケティング職やブランドマネージャーは1,200万円超と非常に高い年収です。

年収1,000万円以上を目指して転職したい人にとってはうってつけの転職先といえます。

確実に年収を高めたい方は、高年収の求人を多く保有し、転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】キャリアカーバーにに登録して高年収のスカウトを受け取る

コカ・コーラの福利厚生

コカ・コーラの福利厚生をいくつかご紹介します。

  • カフェテリアプラン
  • 通勤費
  • 退職金制度
  • ストックオプション
  • 食事代
  • ディズニーランドの1日券&食事

コカ・コーラの福利厚生は、食費や通勤費など、生活費の一部費用を補填してくれるものです。
ディズニーランドや高級ホテルへの宿泊代なども安くなることも特徴的です。

年収に加えて、福利厚生が充実していることもコカ・コーラへ転職する一つのメリットとなります。

日本コカ・コーラへ転職した方の評判・口コミ

コカ・コーラは「年収が高い企業」「業務の難易度が高い」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にコカ・コーラに転職した社員はどのように感じているのでしょうか。

口コミサイトの Openworkをもとに、日本コカ・コーラに転職した方の評判・口コミをご紹介します

働いている社員の声を確認することで、コカ・コーラの気になる評判を知ることができます。

  1. 社風・やりがいに関する評判:実力主義の風土が強い
  2. ワークライフバランスに関する評判:労働環境が改善!

社風・やりがいに関する評判:実力主義の風土が強い

組織体制は階層を少なく機動的な作りになっています。 企業文化は能力の高い人達が協力し合いイノベーションを起こそうとしています。一方で実力主義なため自分の成績のみに固執するひともいます。
(マーケティング・男性)

実行された施策は、市場へのインパクトは大きいため、自分がどこまで関与、イニシアティブをとって物事を進められるか次第で、働きがいはとても大きくなる。
(営業・男性)

日本コカ・コーラの社風は実力主義な側面が強く、能力が高い社員が多いです。

仕事自体に強制感はなく、自分自身のイニシアティブで主体的に進められる風土があります。

ブランド力のあるグローバル企業で働いてみたい方にはおすすめしたい転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:労働環境が改善!

近年急激に労働環境改善が進み、深夜残業はほぼなくなった。一部チームではまだハードワークが残ってるが、会社として改善の意識は高い。
(マーケティング・男性)

コカ・コーラでは、過去残業が多く、休暇も取りにくいようでしたが、直近は労働環境がかなり改善されているようです。育児休暇にも柔軟に対応してくれる会社になりつつあります。

日本コカ・コーラの事業内容と将来性

コカ・コーラの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

コカ・コーラへの転職を検討中の方には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、コカ・コーラへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

日本コカ·コーラの会社概要は以下の通りです。

会社名 日本コカ·コーラ株式会社
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷4丁目6番3号
設立日 1957年6月
代表 ホルヘ・ガルドゥニョ(Jorge Garduno)
資本金 36億円
従業員数 538人(2019年12月現在)

事業内容

日本コカ・コーラはアメリカに本社のあるザコカ・コーラカンパニーの日本法人です。

主力事業は清涼飲料水です。コカ・コーラをはじめ、ジョージア、爽健美茶などがあります。日本国内の清涼飲料業界ではシェア1位と大きな事業であることがわかります。

日本コカ・コーラは、製品開発や企画・マーケティング、原液の製造などを担っています。製品の製造販売はフランチャイズ契約をしたボトラー各社に委託しています。

数ある日本企業の中で、法人所得金額で毎年30位以内の高利益企業でもあります。

売上の推移と将来性

コカ・コーラの売上はここ数年、減少傾向となっています。

ただ、食品・飲料業界が落ち込みつつある中、売上の減少を最低限に止めています。
ここ最近は需要が回復しているため、徐々に清涼飲料水の販売数量が拡大しています。

「コカ・コーラ」飲料は、世界一のシェアを維持しており、今後も安定した売上を期待できる企業といえます。

まとめ:1分でわかる日本コカ・コーラの中途採用情報

コカ・コーラへの転職に興味をお持ちの方は、コカ・コーラの中途採用関連の情報をを一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、コカ・コーラの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた内容を一覧にまとめました。

コカ・コーラへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
中途採用の募集職種
  • マーケティング
  • 経営企画
  • 物流企画
  • ビジネスアナリスト&インサイト

など。

中途採用の選考内容
  • STARと呼ばれる枠組みをもとに質疑応答が実施される
  • 自身の強みに関連する質問が繰り返される
コカ・コーラの採用難易度
  • コカ・コーラへの転職に向いている人は、「結果を重視して行動し続けられる人」。
  • コカ・コーラへの転職では、募集求人に関連する実務経験と特化した専門性をお持ちの方が必須要件。
  • 歓迎要件として、飲料業界に対する知見がある方は優遇される。
転職後の年収
  • 平均年収は800-1,000万円超
  • 給与は年俸制で、基本給・年度末賞与・ストックオプション・インセンティブから構成される。
  • 給与制度には、ジョブグレード制が採用されている。
代表的な福利厚生
  • カフェテリアプラン
  • 通勤費
  • 退職金制度
  • ストックオプション
  • 食事代
  • ディズニーランドの1日券&食事
社風・やりがい
  • 実力主義の風土が強い
  • どの仕事も市場へのインパクトが大きい
ワークライフバランス
  • 柔軟に休暇を取得可能。
  • ここ最近、労働環境が改善されている。
将来性
  • 売上の減少から回復しつつある。
  • 日本市場では、清涼飲料水がトップシェア。
  • グローバル市場では「コカ・コーラ」飲料がトップシェア。

コカ・コーラの魅力は、消費者へのインパクトの大きい仕事ができたり、優秀な社員が多い中で成長できるなど、転職者に非常に人気があります。

転職難易度が高い求人が多いですが、その分年収が高いです。ストップオプションも含めると、1,500万円程度の年収を狙うことも可能です。

日本コカ・コーラへの転職を考えている方は、ぜひ採用HPから応募してみてください。

自分だけで転職活動を進めるのが不安な方は、一度転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

日本コカ・コーラへの転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、コカ・コーラのような人気企業の求人を数多く保有しています。

加えて、転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあります。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、年収アップの転職実績が多いJACリクルートメントもおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることがあります。

ぜひこの記事を参考に、コカ・コーラへの転職を検討してみてください。