日本オラクルへの転職難易度は高い?求人や面接内容、年収を紹介

日本オラクルへの転職難易度は高い?求人や面接内容、年収を紹介

日本オラクルはクラウド&ライセンス事業をメインとした外資系大手企業であり、高年収の転職先としても有名です。
セールスやエンジニアの求人など幅広いポジションが募集され、転職先として非常に人気になってきています。

  • 日本オラクルへの転職難易度は高い理由とは?
  • 日本オラクルの人材要件のレベルは高い?
  • 日本オラクルの選考は難しい?

といった日本オラクルへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、日本オラクルへの転職難易度について紹介し、日本オラクルの募集職種や選考内容・年収・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します。

この記事を読むことで、日本オラクルへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

日本オラクルへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、リクルートダイレクトスカウトです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

日本オラクルへの転職難易度が高い理由①:人材要件のレベルが高い

日本オラクルの転職難易度が高い理由の一つは、日本オラクルが求める採用要件のレベルが高いことです。

採用要件として、「日本オラクルの企業風土に合う人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」が設けられています。

オラクルの企業風土と求められるスキルについて詳しく解説していきます。

日本オラクルへの転職に向いている人

日本オラクルへの転職に向いている人は、「顧客の立場に立って、誠実に対応できる人」です。

オラクルが掲げる「コア・バリュー」(引用:オラクル採用HP)の一番最初に掲げられているのが、「誠実さ」と「お客様満足度」です。

お客様のニーズに真摯に応える姿勢や責任感がなければ、オラクルで順応することは難しいでしょう。

顧客の課題解決を柔軟かつ主体的に行いたい方には、おすすめの転職先といえます。

日本オラクルへの転職を検討する際は、風土が自分に合うかどうかも重要です。

日本オラクルへの転職に求められる経験・スキル

日本オラクルへの転職に求められるのは、募集求人関連の3年以上の実務経験と情報システム関連に関する知識です。
この2つの要件を満たす方は、転職難易度の高いオラクルへ転職できる可能性が高まります。

営業職への転職の場合、「3年以上のセールス経験」や「テクニカルセールスの経験」が必須要件です。
サポートエンジニアへの転職の場合、「主要製品にエンジニアとして従事した経験が3年以上」が必須要件となっています。

営業職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、情報システムやソフトウェア関連の知見がある方は、日本オラクルの求める人材に近くなります。

オラクル製品を扱った経験がある方は、さらに高い評価を受けられます。

日本オラクルへの転職難易度が高い理由②:中途採用の選考難易度が高い

日本オラクルへの転職に興味がある方の中には、中途採用の選考を受けても、受かるかどうか不安な方も多いのではないでしょうか。

選考難易度の高い日本オラクルでも、事前に自己分析や想定される質問を知っておけば対策できます。

実際に日本オラクルに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、転職難易度の高い日本オラクルの選考を突破しましょう。

選考内容

日本オラクルの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

面接官は、人事、マネージャー、部長、役員のいずれかであり、面接フェーズが進むたびに、上の役職の方が出てきます。

いずれの面接も、基本的な質問が繰り返されます。オラクルのコア・バリューに基づいて、求める人物像やカルチャーにフィットする人材かどうかが見極められます。

日本オラクルの面接で、実際にどんな質問を受けるのか事前に把握しておきましょう。

中途採用の面接突破の対策

口コミサイトの 転職会議(2021年10月時点)をもとに、日本オラクルでよく聞かれる質問をご紹介します。

自身の強み・弱み、日本オラクルへの転職理由について問われる口コミが多かったです。

▼日本オラクルの中途採用でよく聞かれる質問

  • 今まで一番大変だったことは?
  • 自分の強みを発揮できた経験は?
  • 日本オラクルへの志望動機は?
  • 日本オラクルでやりたいことは?

日本オラクルの面接は基本的な質問が多く、自分の強みをアピールできる経験や日本オラクルへの入社意欲を効果的に伝えられる根拠を明示することが重要です。

特別な対策は必要ありませんが、伝えたいことを端的に話す必要があります。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

日本オラクルへの転職難易度が高い理由③:求職者からの人気が高い

日本オラクルは「年収が高い企業」「エンジニアのスキルを高められる」といった口コミが多く、求職者からの人気が高いです。

口コミサイトの Openworkをもとに、日本オラクルがなぜ人気が高いのかを解説します。

働いている社員の評判を確認することで、日本オラクルの年収や働き方、やりがいなどについて詳しく知ることができます。

  1. 年収に関する評判:基本給のベースが高い!
  2. ワークライフバランスに関する評判:日系企業より良好な環境!
  3. 社風に関する評判:主体的な行動が求められる!
  4. 仕事のやりがいに関する評判:成長可能な機会が豊富!

年収に関する評判:基本給のベースが高い!

基本年俸制、目標売上に対してのインセンティブが支払われます。また毎年の昇給は基本的にはありません。しかし、交渉次第では昇給は可能です。在籍中一度交渉を行い20%程度のベースアップがありました。 よって中途で入る場合は入社時の年俸が数年はそのままとなるためなるだけ入社時のに納得のいく年俸を交渉したほうがいいと思います。
(プリセールス・男性)

コンサルは基本的に年俸制で、年俸の12分の1が毎月支払われ、それに年に4回のインセンティブが加わります。インセンティブは年収全体で見ると1割以下しか占めていないので、中途入社の場合は入社時にベース年俸をどれだけ盛れるかが重要になると思います。
(コンサルタント・男性)

日本オラクルは基本給とインセンティブで構成されていますが、入社時の基本給の高さで年収の高さが決まります。

入社後に昇給することはやや難しいため、オラクルへの転職を考えている方は、希望年収がそのまま年収になると思って伝えましょう。

日本オラクルへの転職は、現職よりも高いベース給与を目指したい方におすすめの転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:日系企業より良好な環境!

部署にもよりますが、基本的に一般日本企業よりもワークライフバランスを保てる環境です。 リモートワークに対する周囲の理解もありますし、それを可能とする環境も用意されております。
(クラウド・男性)

非常にワークライフバランスが良いと思います。 コンサルタントの場合は裁量労働制であるため、やるべきことをやっていれば、プライベートとのバランスをかなり柔軟に調整することができます。
(コンサルタント・男性)

日本オラクルは、日系大手企業と同様、もしくはそれ以上にワークライフバランスを取れるといった声が多かったです。

一方で、成果がある程度出ていないと、残業を強いられる場合もあります。

仕事とプライベートのバランスを保ちたい方にはおすすめの転職先です。

社風に関する評判:主体的な行動が求められる!

とにかくセルフサービスの文化です。 細かいところに手厚いサポートは期待できないので、基本的に自分で調べて対応する必要があります。 自由度が高い会社のため、その点はすごく快適だと思います。 上にいくなら英語は必須かと思います。
(バックオフィス・女性)

副業兼業制度あり。社内での、キャリアアップや昇給・昇格、また適正な業績評価は期待できないが、社内の制度や資源を上手に使って、自ら主体的に、会社に頼らず、セルフエンパワーメントに励むことはできる。
(ITエンジニア・男性)

制度や職場環境は整備されており、自主的に行動すれば、自身の成長を促すことができます。

自主的に行動する人には周りからのサポートも得られる文化といえそうです。

日本オラクルは、自由度が高く、主体的に仕事を進めたい方にとってはおすすめの転職先です。

仕事のやりがいに関する評判:成長可能な機会が豊富!

幅広くて深い知識が求められるため成長した分だけ役に立てると感じる。 また動きも早いため常にアップデートする必要がある。  優秀な人が多く、自分の成果にフォーカスしているため、くだらないことに拘って人の足を引っ張る人とかはあまりいないように感じる。
(ITエンジニア・女性)

働きがいはあった。若い年次からエンドユーザーやSIベンダーと直接コミュニケーションしながら、プリセールス及びポストセールスできるチャンスを与えてくれる。 人間的に出来た人が多く、働きやすさについても申し分ない。
(セールスコンサルタント・男性)

日本オラクルでは、新しい仕事の機会が広がっており、幅広いスキルや知識を身につけることができます。

優秀な社員も多く、短期間での成長を促してくれるでしょう。

日本オラクルは入社後給与が上がりづらいですが、自身が成長できる豊富な機会を望む方にとっては非常に魅力的な転職先です。

日本オラクルの中途採用の求人情報

日本オラクルが募集中の代表的な職種と求人内容をご紹介します。

日本オラクルへの転職を検討している方は、募集要件を知っておきましょう。

日本オラクルの採用HPをもとに、日本オラクルで頻繁に募集されている職種をご紹介します。

セールスの求人内容

日本オラクルのセールス職には以下のような職種があります。

  1. インサイドセールス
    オラクルのソリューションを活用頂くために、ご契約のリードを獲得する仕事です。
  2. 新規営業
    オラクルの製品に関する新規契約まで導く仕事です。
  3. カスタマーサクセス
    オラクルのソリューションをうまく活用してもらい、情報システムの課題解決を行う仕事です。
  4. パートナーセールス
    オラクルの製品を提供するパートナーの売上を上げるべく、パートナーのマネジメントを行う仕事です。
  5. セールスディレクター
    セールス部門の全体的な戦略を作成し、実行する仕事です。採用や教育、営業戦略など全体的な責任を担います。

オラクルの製品は数多くの顧客が活用しており、日本オラクルのセールス職を経験することで、ソフトウェア製品・ITソリューションの営業スペシャリストになることができるでしょう。

営業への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 3年以上のセールス経験
  • テクニカルセールス経験
  • アプリケーションセールスの経験

日本オラクルで募集している営業職は、少なくとも3年以上の営業経験が必要となります。
テクニカル製品やアプリケーションを扱った営業職の方であれば、転職できる可能性が高まります。

転職サイトに掲載されている営業職の求人内容をご紹介します。
2021年10月時点で、dodaでは、日本オラクルのソリューションセールスの求人が掲載されていました。

日本オラクルの求人1

興味を持った人や応募条件を満たしている人は、以下より登録してご確認ください。
掲載が終了している場合でも、転職エージェントに相談することで非公開求人を紹介してくれる可能性があります。

サポートエンジニアの求人内容

日本オラクルのサポートエンジニアは、顧客の技術的な問い合わせに対して問題解決する仕事です。

サポート内容は、ソフトウェア製品やデータベースに関する質問への回答から、トラブルシューティング、製品のインストールなど多岐に渡ります。

サポートエンジニアへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 主要製品にエンジニアとして従事した経験が3年以上
  • アプリケーション製品を扱った経験
  • オラクル製品の実務経験

基本的なトラブルシューティングのスキルがあることが条件なので、転職難易度は比較的低いでしょう。ただし、顧客に対してクオリティーの高いサポートが求められるため、責任の大きい仕事といえます。

2021年10月時点で、採用HPでは、日本オラクルのサポートエンジニアの求人が掲載されていました。

日本オラクルの求人2

他のエンジニアの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。
dodaエージェントでは、日本オラクルのような外資系企業の求人など、非公開求人を扱っているため、希少な求人に出会うことができます。

コンサルティングの求人内容

日本オラクルのコンサルティングの職務は、顧客のニーズを理解し、オラクル製品や技術的なソリューションを提供します。

コンサルティングを担当する社員は、顧客のビジネスや自社のITソリューション、設計部分に知見のある人材です。

セールスと協働して、顧客のニーズに応えられるようにソリューションを設計する仕事です。

コンサルティングへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 3年以上のコンサルティング経験
  • 製品、技術に関する広範な知識
  • チームやメンバーと協力関係を確立できる能力

システム関連の製品や技術のコンサルティング経験が必要になるため、転職難易度は比較的高いでしょう。

転職サイトに掲載されている営業職の求人内容をご紹介します。
2021年10月時点で、dodaでは、日本オラクルのソリューションエンジニア(コンサルティング)の求人が掲載されていました。

日本オラクルの求人3

興味を持った人や応募条件を満たしている人は、以下より登録してご確認ください。
すでに掲載が終了している場合でも、転職エージェントに相談することで非公開求人を紹介してくれる可能性があります。

日本オラクルへ転職後の年収は高い?

日本オラクルでは高い成果が求められますが、どれくらいの年収を得られるのでしょうか。

日本オラクルは基本給が高いことで有名です。

日本オラクルへの転職後の年収を職種別・年齢別に解説します。
日本オラクルへどれくらいの年収で転職できるのか、以下から気になるデータをご確認ください。

日本オラクルの平均年収は919万円!

口コミサイトの Openwork(2021年10月時点)によると、日本オラクルの平均年収は919万円です。

日本オラクルの給与は、年俸制となっており、基本給+インセンティブの構成になっています。

基本給は、入社時に決められた給与額です。入社後に昇給する社員もいますが、多くの社員は入社時のままの給与となることが多いようです。

インセンティブは、職種によって異なり、営業職の基本給とインセンティブの割合は多くて6:4、技術職は8:2となります。ほとんどの社員のインセンティブは、1割以下となることが多く、年収を決めるのは基本給といえます。

高い基本給を目指せることから、転職市場で非常に人気のある企業です。

職種別の平均年収

日本オラクルの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 959万円
コンサルタント 801万円
エンジニア 794万円
※引用:Openwork

営業はインセンティブの割合が高い分、平均年収が1,000万円近いです。

一方で、コンサルタントやエンジニアは800万円程度ですが、安定した年収を得ることができます。

基本給が高く、安定している分、入社した後は安心して働くことができるでしょう。

年齢別の平均年収

日本オラクルの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 578万円
30歳 695万円
35歳 826万円
40歳 954万円
45歳 1,067万円
50歳 1,163万円
55歳 1,255万円
※引用:Openwork

20代で年収600〜700万円を得られる可能性が高く、若い内に安定した高年収を得られる会社です。

入社後の昇給幅は大きくないため、元々スキルが高くないと、高い基本給を得られない可能性もあります。
しかし、40代では1,000万円を高確率で得られる可能性が高いです。

これまでのスキル・経験を生かして、安定した高年収を目指して転職を検討している方に非常におすすめの会社です。

年収を高めたい方は、高年収の転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトにに登録して高年収のスカウトを受け取る

日本オラクルの企業情報と将来性

日本オラクルの企業情報をより詳細に理解するために、会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

日本オラクルへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、日本オラクルへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

日本オラクルの会社概要は以下の通りです。

会社名 日本オラクル株式会社
所在地 東京都港区北青山二丁目5-8オラクル青山センター
設立日 1985年10月15日
代表 内海 寛子
資本金 24,957百万円
従業員数 2,280人(2020年5月31日時点)

事業内容

日本を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア・ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。

日本オラクルの主な事業をご紹介します。

  • クラウド&ライセンス事業
    日本オラクルで最も売上高が大きい事業です。以下の2つのサービスで構成されています。
    └ソフトウェア・ライセンスの販売:データベース管理ソフトウェア、各種ミドルウェア、業務アプリ関連のソフトウェアなど
    └技術サポート:ソフトウェア・ハードウェアの提供、顧客へのサポートなど
  • ハードウェアシステムズ事業
    以下の2つのサービスで構成されています。
    └ハードウェアの販売
    └ハードウェア製品の技術サポート
  • サービス事業
    以下の3つのサービスで構成されています。
    └オラクル製品導入の「コンサルティングサービス」
    └運用保守管理サービス
    └利用者向け研修サービス、技術資格の認定サービス(エデュケーションサービス)

日本オラクルでは、ソフトウェア・ライセンスの販売事業が牽引しています。

売上の推移と将来性

日本オラクルの売上はここ数年伸び続けており、経常利益も純増です。
2021年5月期は、やや減収ですが、利益は安定して増えています。

日本オラクルの増収増益の要因は、クラウド&ライセンス事業が牽引していることです。

一方、一時的な減収の要因は、新型ウイルスに伴い、一部プロジェクトに遅延や保留が生じたためです。

日本オラクルの利用者は増え続けており、何よりライセンスの継続利用率が非常に高いです。今後の増収も見込め、日本オラクルへの転職を検討している方は、転職を考える良きタイミングといえそうです。

まとめ:1分で日本オラクルの中途採用情報がわかる

日本オラクルへの転職に興味をお持ちの方は、日本オラクルの企業情報や中途採用情報をはじめ、転職を検討する際に必要な情報を一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、日本オラクルの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

日本オラクルへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
日本オラクルへの転職難易度
  • 日本オラクルへの転職に向いている人は、「コア・バリュー」に順応できる人
  • 日本オラクルの転職に求められる経験・スキルは、募集求人に関連する3年以上の実務経験と情報システム関連に関する知識。
  • 営業職への転職の必須要件は、「3年以上のセールス経験」や「テクニカルセールスの経験」。
  • エンジニア職への転職の必須要件は、「主要製品にエンジニアとして従事した経験が3年以上」。
中途採用の選考難易度
  • 面接官は、人事、マネージャー、部長、役員のいずれか。
  • オラクルが掲げる「コア・バリュー」に基づく質問が繰り返される。
  • 自身の強み・弱み、日本オラクルへの転職理由について問われる。
転職後の年収
  • 平均年収は919万円
  • 給与は年俸制。給与の内訳は、基本給+インセンティブ。
  • 営業はインセンティブの割合が高く、年収1,000万円超えが可能。
ワークライフバランス
  • 日系企業より良好な環境。
  • 裁量労働制
  • リモートワークで働ける。
社風
  • 主体的な行動が求められる。
  • 副業兼業制度あり。
やりがい
  • 成長可能な機会が豊富
  • 優秀な人が多い
中途採用の募集職種
  • セールス
  • サポートエンジニア
  • コンサルティング
将来性
  • ここ数年の経常利益は純増。
  • クラウド&ライセンス事業が牽引
  • サービス利用者は純増しており、継続利用率が高い。

日本オラクルは基本給が高く、業績も安定しているため、転職市場で非常に人気のある転職先です。

日本オラクルで求められるのは、システム周りの実務経験と知識がある人材です。
選考自体は、自身のこれまでの経験や志望動機を深ぼられるようなごく普通な面接です。

幅広いポジションが募集されており、日本オラクルへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

日本オラクルへの転職におすすめの転職エージェント

日本オラクルへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、日本オラクルのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まるでしょう。

転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートダイレクトスカウトに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

外資系企業や大手企業の求人に興味がある方は、高年収の転職実績が多いJACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで見つからない求人でも、JACリクルートメントでは高確率で見つけることが可能です。

ぜひこの記事を参考に、日本オラクルへの転職を検討してみてください。