アマゾンへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

Amazon(アマゾンジャパン)へ転職する!中途採用の難易度・年収を紹介

アマゾンジャパンはEコマースサイト「Amazon.com」を運営する日本法人であり、高年収の転職先としても有名な外資系企業です。
アマゾンジャパンは、流通総額が年々拡大し、販売事業者・ユーザー数とも伸び続けています。ここ数年の売上の成長率はさらに高くなり、転職先として非常に人気になってきています。

  • アマゾンへの転職は後悔しやすい?
  • アマゾンは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • アマゾンに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、アマゾンへ転職した方の評判をもとに、アマゾンへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

アマゾンは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・後悔したことを網羅しましょう。

この記事を読み終えることで、アマゾンへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

アマゾンへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

アマゾンと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、アマゾンの候補者が並列してよく検討する企業です。
アマゾンと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

アマゾンへの転職で後悔する理由は?

アマゾンに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

アマゾンへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、アマゾンに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

アマゾンでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 働く時間が長い
  • 仕事量が膨大
  • プライベートを最優先することが難しい

▼入社してよかった理由

  • 個人の裁量次第で業務時間を調整できる
  • フルフレックス
  • 仕事が好きな人が多い

▼具体的な評判・口コミ

有給は取りやすい(申請して断られることはない)が、休暇中でも仕事をしている人も部内には一定数いる。また勤務時間も全体的に長く、現在在宅ということも相まって朝の8時〜22時ぐらいまでは常にメールが飛び交っている。休暇中の仕事や残業が奨励されているわけでは無いので個人の判断だが、タスクが多すぎて時間に追われているチームが多い印象。
(管理・女性)

時間が自由になるという意味では、非常に働きやすいです。 フルフレックスのためいつ仕事を抜けても問題ありません。 ただし仕事量は膨大であり、有給を取ろうが休み中にカバーしてくれることは無いので結局家で週末など働くことになります。 仕事が大好きだけど、フレキシブルに働きたいという方はぴったりですが、第一優先でなく、プライベートを優先、充実させたい人にはとても荷が重いです。
(プログラムマネージャー・女性)

アマゾンジャパンのワークライフバランスについては、勤務時間が比較的長い人が多くいるようです。

働く時間に縛りはないものの、仕事量が多いため、結局平日の夜や週末まで仕事をしているという口コミが多かったです。有給休暇は自由に取ることができるようです。

アマゾンジャパンは、自分の裁量で働き方を自由に変えられる会社ですが、仕事を効率的に行わないと、長く働く方も多いようです。

仕事を最優先にして働きたい方にはおすすめの転職先です。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

アマゾンの社内文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 行動規範への共感ができない
  • 自分のスキルやスピードが周りについていけない
  • 仕事もキャリアも自分で形成していく必要がある

▼入社してよかった理由

  • アマゾンの行動規範が浸透している
  • 無駄なタスクを行う必要がない環境
  • 自身でキャリア形成が行える環境

▼具体的な評判・口コミ

OLPの熟読と理解、Amazon Writingの事前練習が入社前に絶対必要。 OLP(Our Leadership Principles)という企業理念、行動規範が非常に細部まで行き届いており、社員は皆それを意識して働いているし、それ自体が評価される。 入社検討している方は事前に面談などで同意できる行動規範を積極的に言葉にし、自身のバックグランドや過去の業績と結び付けた話し方をする必要がある。
(管理・男性)

会社として進むべき方向が全員にわかりやすく共有されており、日本企業にありがちな人間関係や組織間の余計な仕事がない。そのため自分の仕事に自信がある人にとっては非常にやりやすく、成果も出しやすい。 その代わりに、能力不足やスピードについていけない人には、大変厳しい職場。
(エンジニア・男性)

社内では、内示のようなものは一切なく、自分で挑戦したいポジションやロールを常に探しながら、それに対して社内公募に応募していく必要がある。
(営業・男性)

アマゾンジャパンの社風は、OLPという行動規範に基づいて、成果を追求する人が多いです。
成果主義をもとに働く社員が多く、自身の成長にも主体的な方が多いです。

その行動指針や成長スピードについていけない人は、短期間で転職してしまうこともあるようです。

アマゾンジャパンは難易度の高い仕事が多いですが、成果や成長を重視したい人にとって非常に魅力的な転職先です。

年収に対する評判・口コミ

アマゾンの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 入社時の年収が低下しやすい
  • 昇給するハードルが高い
  • 成果を出さないと、良い評価が得られない

▼入社してよかった理由

  • RSUが支給される
  • 入社4年目にRSUを全額売却可能
  • 4年以上働くなら、基本給+RSUで大きな年収アップ可能

▼具体的な評判・口コミ

Total compensation はrole、job level、peformanceでかなり狭い幅の範囲内で決まります。 前職の給料が安いとbaseが低いです。例えばRetailのL6だと900万〜1400万くらいまで幅があります。 ですがbaseが低い場合はそれを埋めるためにRSUが多く付与されます。私の職種だと、結果として、真ん中の評価でその時の株価でTotal compensationが1500万になるように調整されます。 ご存知の通り株価が上がり続けているので、baseが低い方が(RSUのウエイトが高い方が)結果的な資産は多くなります。RSUが実際に自分のものになるのは2年後とかです。私の年収も当時の価格では1500万の予定でしたが、株価上昇により2000万になったということです。 ちなみに4年目マジックというものがあり、入社4年目に入社時に付与されたRSUが全額もらえるので、年収が高騰します。一つ下のレベルでも年収2300万とかになります。そのため、4年目に転職する人も多いです。
(Retail・女性)

給与制度: 非常に高い。転職時は年収が下がるケースが大半。基本給とは別にサインボーナス(入社後2年間)とRSU(制限付きの株)が支給される。株価は未だに上がり続けているため、収入に占める割合はかなり高い。
評価制度: 評価/昇給は年に一度。昇格は年に4回タイミングあり。年功序列の概念は一切なく、成果主義。特に昇格するには顕著な成果が必要となるため、ハードルは高い。
(ベンダーマネージャー・男性)

アマゾンジャパンでは、RSUが付与されるため、かなり高い年収を狙うことができます
そして、成果さえ出せば、良い評価をしてくれる会社です。

入社して3,4年目の付与比率が高く、その後売却すれば、一気に手元の年収が高騰します。株を売価しないまま、保持し続ければ、株価上昇とともに見込み年収は上がり続けます。

アマゾンジャパンの事業売上は年々成長しており、利益率も高いため、人材雇用への投資も惜しみません。
アマゾンジャパンへの転職は、好待遇の企業で働きたい方にはおすすめの転職先です。

アマゾンに向いている人とは?

次に、アマゾンへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、アマゾンに向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、アマゾンへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 年収アップを目指している方
  2. 成果重視や主体性重視の環境を望む方
  3. プライベートよりも仕事を第一に考えたい方
  4. アマゾンで5年以上長く働きたい方
  5. 福利厚生が整っている企業で働きたい方

アマゾンへの転職は、スキルの向上とともに、年収アップを目指す方におすすめできる企業です。

ただし、仕事量が多く、成果を出さないと良い評価を受けられません。

アマゾンの給与構成には、RSUが多くの割合含まれるため、入社4年目までは実質の年収は下がる傾向にあります。
ただし、その後売却可能であり、保持することも可能です。

アマゾンは成果を出せていれば、年収も非常に高く、働き方も柔軟な環境です。

アマゾンへの転職難易度は高い?

アマゾンでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年50~100名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

アマゾンの転職難易度は、応募する職種によって異なります。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材などの即戦力が求められる求人では、転職難易度が高いです。

一方で、未経験・専門性がなくても、募集できるポジションがあるため、転職難易度は低くなります。

転職難易度が高いポジションでも、転職エージェントを使うことでアマゾンへ転職できる可能性が高まります。
アマゾンへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

エンジニアの求人内容

アマゾンジャパンのエンジニア職は2つに分類されます。

  1. 物流センターの社内SE
  2. 総合オンラインストアの開発

物流センターの社内SE

アマゾンジャパンの配送センター(FC)において、ITインフラを支えるエンジニアです。アマゾンジャパンのFCは膨大な物流量を迅速かつ効率的に処理することが求められるため、多くのプロセスがITにより支援されています。

物流センターの社内SEへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • ネットワークの設計・構築のご経験(DNS、DHCP、SSL、OSIモデル、TCP / IPなど)
  • Microsoft Administration、Linux Administration、またはCisco IOS(CLI)のいずれかでのご経験
  • 日本語のネイティブレベルのコミュニケーションスキル
  • 英語のビジネスレベルのコミュニケーションスキル(TOEIC(R)テスト:650+)

総合オンラインストアの開発

ファッション・テクノロジー、モバイルショッピング、Amazonポイント・プラットフォーム、カスタマーエクスペリエンスの4つのチームに分かれ、日本ならではの習慣を踏まえた新たな機能開発や日々の改善などを行っている部署に配属されます。Amazon.co.jpという非常に多くのお客様に利用されている総合オンラインストアの開発に携われます

総合オンラインストアの開発への転職における必須要件は、以下のいずれかをお持ちの方です。

▼必須要件:

  • Java、または他のオブジェクト指向言語の豊富なプログラミング経験
  • Linux環境での開発経験
  • 拡張性の高いシステムの構築経験
  • Java Script、CSSの知識
  • サービス指向の技術
  • AWSやその他のクラウドプラットフォームの知識
  • チームメンバーや他部門とのコミュニケーション力
  • ビジネスレベルの英語力(TOEIC800点以上のレベル目安)

アマゾンジャパンで募集している社内SEの職種では、インフラエンジニアとしての経験をお持ちの方であれば挑戦しやすい職種のため、転職の難易度は比較的低いといえます。

一方、総合オンラインストアのソフトウェア開発は、システム開発の高い専門性が求められ、比較的転職の難易度は高いでしょう。
モダンなプログラミング言語・ツール・技術に習熟している方や要件定義からローンチまでのプロジェクト遂行能力がある方はさらに高い評価を受けられます。

アマゾンでは、採用HPや社員紹介経由で採用されることもありますが、中途採用の多くは、転職エージェントに採用を依頼しています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニアで高年収を狙いたい方の転職には、高年収求人かつエンジニアに強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手企業や外資系企業の求人における高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】アマゾン エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

セールスの求人内容

アマゾンジャパンの営業職が配属する代表的な部門は以下の4つです。

  1. セラーサービス
    Amazon.co.jpの品揃えをさらに拡大するための新規販売事業者様の開拓や販売サポートを行います。
  2. 広告
    メーカー様などに向けたAmazon.co.jpでの購買に直結するインターネット広告やブランディング広告のソリューション提案を行います。
  3. Amazonビジネス
    法人もしくは個人事業主様向けの購買サイトを活用した購買プロセスの改善やコスト削減の提案を行います。
  4. Amazon Pay
    Amazon Payのサービスを主に販売事業者様などに対する導入提案を行います。

いずれもAmazonならではの強みを生かすことで、顧客のビジネスの成長に大きく貢献することができます。

営業への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 3年以上の営業、またはコンサルティングの経験(業界不問)
  • 自ら進んで新しい知識を吸収する意欲
  • 新しいビジネスを開拓することへの情熱
  • 長期的、かつ多角的にお客様とWin-Winの関係を築く力
  •  ネイティブレベルの日本語力
  •  基本的な英語のスキル(メールの読み書き)

アマゾンジャパンで募集している営業職では、3年以上の営業またはコンサルタントとしての経験が必要なため、比較的転職の難易度は高いでしょう。
英語による実務経験や営業経験がある方はアマゾンジャパンへのセールスに挑戦しやすいです。

以下に多数のセールス求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】アマゾン ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

物流センターの運営・業務改善の求人内容

倉庫におけるセキュリティ体制の構築・管理業務を担当します。各協力会社や警備チームとの連携や活発なコミュニケーションを通じて業務に携わりながら、盗難や火災等の各種事件・事故の発生を予防、解決します。

物流センターの運営・業務改善への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 2年以上の社会人経験
  • PCスキル初級(Excel Word Powerpointの基礎知識。Excelは一般的な関数概念をお持ちの方)

アマゾンジャパンで募集している物流センターの運営・業務改善の職種では、最低限のエクセルスキルが求められ、転職の難易度は比較的低いといえます。

HRビジネスパートナーの求人内容

HRビジネスパートナーは、担当する物流拠点で働く従業員をカスタマーと考え、物流拠点のリーダーの戦略パートナーとしてビジネス成長に欠かせない組織・人材面の意思決定をサポートする上での重要な役割を担います。組織開発、人材育成・配置、キャリア形成の機会、組織文化の醸成など、短期・中長期にわたるさまざまなHRソリューションを人事部門の他チームやメンバーと連携・協働しながら提供します

HRビジネスパートナーへの転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • 人事業務経験を5年程度お持ちの方(労務の知識必須)
  • 日常会話レベルの英語力
  • MS Word, Excel, PPT使用経験
  • 人事データの収集とデータ分析経験

アマゾンジャパンで募集している人事の職種では、人事の実務経験が求められ、未経験からの転職難易度は高いとみられます。

選考難易度の高いアマゾンを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、アマゾンへの転職難易度は高いといえます。

アマゾンへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にアマゾンに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

アマゾンに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

アマゾンジャパンの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接・最終面接(ループ面接)
  4. 内定

1次面接では、応募した求人と同じ部署のマネージャーと面接を行います。
2次面接以降は、同じ部署や異なる部署、人事社員との面接が複数行われます。

いずれの面接も、 Amazonが掲げる「OLP」という行動指針に基づいて、選考基準が設けられています。

どんな選考基準が設けられているか、実際にどんな質問を受けるのか事前に把握しておきましょう。

中途採用の選考基準

Amazonでは、「チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、全員がリーダーである」という考えに基づいて、「Our Leadership Principles(以下OLP)」という、全社員が大切にすべき16項目の行動指針があります。

OLPは、採用選考をする際にも重視しているポイントです。

例えば、OLPの1つに「オーナーシップ」に関する行動指針があります。この行動指針に基づいた質問の中では、「今までで一番オーナーシップを発揮したことは?」という質問がよく聞かれます。

Amazonの選考を受ける前に、16個のOLPから質問を想定しておくことが重要です。

中途採用の面接突破の対策

AmazonのOLPに基づいた質問をいくつかご紹介します。

突飛な質問はあまりなく、これまでの経験を通じた強み・弱み、Amazonへの転職理由について問われる口コミが多かったです。

▼アマゾンジャパンの中途採用でよく聞かれる質問

  • 今まで一番大変だったことは?
  • 最も難しかった課題解決の事例は?
  • 過去最もクライアントに対して貢献したと思われることは?
  • 主体的に取り組み成果を残した経験はあるか?
  • 今までで一番オーナーシップを発揮したことは?
  • Amazonの企業理念のなかで一番大切にしたいことは?

アマゾンジャパンでは、これらの質問を通じて、OLPの16項目を満たす人材かどうかが見極められます。

基本的な質問を想定し、自身の経験や転職理由を端的かつわかりやすく答えられるように準備しておくことが転職成功につながります。

ループ面接(2次面接以降)は複数回ありますが、面接官の中には、Amazonが望む行動指針を実践できる人材か見極めるため、広い角度からの質問が繰り返されることもあります。1次面接以上に、自分のこれまでの経験や伝えたいポイントを整理しておきましょう。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

アマゾンの企業情報

アマゾンの事業や採用についてあまり知らない方は、まずアマゾンへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

アマゾンへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性を把握しておくことで、自分の納得できる転職につながります。

会社概要

アマゾンジャパンの会社概要は以下の通りです。

会社名 アマゾンジャパン株式会社
所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1
設立日 2000年7月
代表 ジャスパー・チャン、ジェフリー・ハヤシダ
資本金 1,000万円
従業員数 9,393名

事業内容

Amazon.comは、1995年に書籍販売サイトとして誕生しました。今では書籍だけにとどまらず、家電や玩具、衣料品や食料品等、幅広いジャンルの商品を販売し、世界15カ国にてECサイトを展開、100を超える物流センターを抱える世界的なリーディングカンパニーへと成長を遂げました。

日本においても、2000年にアマゾンジャパンを設立。総合オンラインストアとして顧客志向を起点とした数多くのイノベーションを起こしながら、「品揃え、低価格、利便性」を追求した結果、Amazon.co.jp は取り扱い商品が数億点を超える国内最大級の総合オンラインストアへと進化を続けています。

売上の推移と将来性

アマゾンジャパンの売上はここ数年、拡大し続けています。

どの業界・企業も業績が落ち込んでいる中で、アマゾンジャパンの売上は毎年10%〜20%程度成長しています。製品売上や第三者が販売するサービス手数料、サブスクの売上が拡大し続けていることが好調な要因となっています。

アマゾンジャパンの流通総額は年々成長しており、日本の中小企業からの出品・出店や購入者が増加しています。

アマゾンジャパンはさらなる開発投資の拡大・営業体制の強化をさらに行っていることから、さらに売上の成長が見込める企業といえるでしょう。アマゾンジャパンへの転職を検討している方にとっては、絶好な機会といえます。

アマゾンの平均年収は高い?

口コミサイトの Openwork(2021年9月時点)によると、アマゾンジャパンの平均年収は1,022万円です。

アマゾンジャパンの給与は、年俸制となっており、基本給に加えて、RSUが加算されます。
昇進時の給与の上げ幅は自分の職種・ジョブレベルのレンジでどこに位置してるかによります。

非常に高い年収を誇ることから、転職市場で人気のある企業であることがわかります。

アマゾンジャパンの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,098万円
マーケティング 1,257万円
管理 944万円
バイヤー 1,215万円
オペレーション 722万円
事務 632万円
※引用:Openwork

営業、バックオフィス系の年収とも1,000万円近くの年収となっており、いずれの職種も1,000万円超の年収を狙うことができます。

どの職種も自社株をもらえるため、安定した企業で長く働いて、とにかく高年収を目指して転職したい人にとってはうってつけの転職先といえるでしょう。

アマゾンジャパンの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 578万円
30歳 722万円
35歳 903万円
40歳 1,037万円
45歳 1,095万円
※引用:Openwork

アマゾンジャパン では、20代から30代前半の平均年収は1,000万円を超えておらず、仕事の難易度の高さが伺えます。

一方で成果を出せば、新卒や第二新卒でも年収1,000万円程度を目指すことができ、早期に高年収を得られる希少な会社です。
40代になると、2,000万円近くの年収を稼ぐ社員も多くいるようで、アマゾンジャパンで長いキャリアを考えている方にとって、年収の上げ幅も申し分ないものといえます。

アマゾンジャパンでは、世界中に莫大なユーザー数やクライアント数を抱えるサービスを複数保有していることが、社員の高年収を実現しており、20代だけでなく30代以上で年収アップを目指して転職を検討している方にも非常におすすめの会社です。

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アップル 598万円
マイクロソフト 1,281万円
Google 1,200~1,400万円
日本IBM 770万円
アクセンチュア 900万円

アマゾンの年収は、他の外資系IT企業と並び、同じくらい高い水準です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

アマゾンの福利厚生・その他

アマゾンの福利厚生についてご紹介します。

アマゾンの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フルフレックスタイム制
(コアタイム・フレキシブルタイムともになし)
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・年次有給休暇初年度14日
・傷病欠勤
など
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・制限付株式(RSU)の付与
・確定拠出年金(DCプラン)
・社内公募制度
・通勤交通費
・社員割引 (Amazon.co.jpの商品を社員割引価格で購入可能)

アマゾンへの転職で後悔しない秘訣とは?

アマゾンへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にアマゾンを理解することが重要です。
アマゾンへ転職する際の注意点を気をつけておけば、アマゾンへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、アマゾンの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとアマゾンの転職事情について詳しく知りたいと思った方やアマゾンのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

アマゾンの企業理解を深める

アマゾンの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

転職で後悔しやすい項目 アマゾンの口コミ・評判
働き方
  • 年間休日120日以上
  • 個人の裁量次第で業務時間を調整できる
  • リモートワーク可能
  • プライベートや家庭を重んじる文化
  • 残業時間が長い
  • 目標達成するには、長時間労働が必要
  • プライベートと仕事のバランスが保てない
仕事・社内文化
  • 外資系特有の成果や主体性を重んじる文化
  • 社会的な認知度が高い
  • 中途採用社員が活躍できる環境
  • 日本特有の年功序列的な文化とギャップがある
  • 実力が乏しく、周りの社員についていけない
給与・福利厚生
  • 平均年収は1,281万円
  • 給与の構成は、基本給+業績連動賞与+個人業績連動賞与
  • トップレベルの給与水準
  • 各種手当の内容が充実
  • 給与構成の一部に個人の成果達成度が加味される
  • 目標が高くて、達成のために労力がかなり要る
アマゾンに向いている人
  • 年収アップを目指している方
  • 若い内に多少無理をしても大きく成長したい方
  • 成果重視や主体性重視の環境を望む方
  • 多少の残業時間を許容できる方
  • 福利厚生が整っている企業で働きたい方

アマゾンの特徴を理解した上で、自分がアマゾンに転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

アマゾンで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

この記事を通して、「アマゾンで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「アマゾンのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数