ソフトバンクへの転職難易度は?中途採用の求人・選考・年収を紹介

ソフトバンクへの転職難易度は?中途採用の求人・選考・年収を紹介

ソフトバンクは携帯電話やロボット、そして人工知能、IoT事業の領域まで事業展開している日本トップクラスのIT企業です。
ソフトバンクは、ここ数年売上が純増しており、中途採用が活発なこともあり、転職先として非常に人気になってきています。

  • ソフトバンクへの転職難易度は高い?
  • ソフトバンクへの転職後年収はどれくらい?
  • ソフトバンクへ転職する方法は?

といったソフトバンクへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ソフトバンクへの転職難易度について紹介し、ソフトバンクの募集職種や選考内容・年収・社員の評判・口コミなどを詳しく解説します。

この記事を読むことで、ソフトバンクへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

ソフトバンクへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、リクルートダイレクトスカウトです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ソフトバンクへの転職難易度が高い理由①:人材要件のレベルが高い

ソフトバンクの転職難易度が高い理由の一つが、ソフトバンクが求める人材要件のレベルが高いことです。

転職難易度を上げている要素は、「ソフトバンクの企業風土に合う人材かどうか」と「求めているスキルと合致する人材かどうか」です。

ソフトバンクへの転職に向いている人や求められるスキル・経験を中心に、転職難易度が高い理由を詳しく解説します。

ソフトバンクへの転職に向いている人

ソフトバンクへの転職に向いている人は、何事も楽しむことができる人です。

ソフトバンクの求める人物像は、「ソフトバンクの変化を楽しみ、何事もチャンスと捉え挑戦する人」です。
高い目標を設定して、逆算した上で、達成するために考え続ける、そんな性格の持ち主がソフトバンクへの転職に向いているでしょう。

主体的な挑戦を望まない方は、ソフトバンクの求めるバリューからずれてしまう可能性があります。

ソフトバンクへの転職を検討する際は、風土が自分に合うかどうかしっかり理解しておきましょう。

ソフトバンクへの転職に求められる経験・スキル

ソフトバンクへの転職に求められるのは、一定の職務に関する実務経験や特定の領域に関する専門知識です。

営業職への転職の場合、「法人営業経験」が必須の要件です。さらに、IT分野(ネットワーク、セキュリティなど)に関する基礎知識がある方は歓迎されます。
エンジニアへの転職の場合、「アプリケーションの設計・開発経験」「各種プログラミング言語に対する理解」が必須要件となっています。

営業職、エンジニア職とも実務経験があることに加え、特定の専門知識がある方は、ソフトバンクへの転職にさらに生かせるでしょう。セールスやエンジニア以外にも多くの求人が頻繁に募集されているため、募集の間口は比較的広がっています。

ソフトバンクへの転職難易度が高い理由②:中途採用の選考難易度が高い

ソフトバンクへの転職に興味がある方の中には、中途採用の選考を受けても、受かるかどうか不安な方も多いのではないでしょうか。

選考難易度の高いソフトバンクでも、事前に自己分析や想定される質問を知っておけば対策できます。

実際にソフトバンクに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、転職難易度の高いソフトバンクの選考を突破しましょう。

選考内容

ソフトバンクの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 複数回の面接
  3. 内定

いずれの面接も、これまでの行動や考えについて問われ、ソフトバンクが掲げるバリューに沿った人材であるかどうかを見極められます

基本的な質問が多いため、質問されることを想定し、言語化しておくことが重要です。

中途採用の面接突破の対策

ソフトバンクのバリューに基づいて聞かれる質問が多く、ソフトバンクで聞かれる代表的な質問をご紹介します。

突飛な質問はあまりなく、これまでの経験を通じた強み・弱みなどの性格、ソフトバンクへの転職理由について問われる口コミが多かったです。

また、職種によっては、ソフトバンクに関する経営方針や事業戦略、事業の強みなど、ソフトバンク関連の知識を聞かれることもあるようです。

▼ソフトバンクの中途採用でよく聞かれる質問

  • これまで頑張ってきたこと
  • 目指す人物像
  • 周りの人からどのように評価されているか。
  • 志望動機
  • ソフトバンクでやりたいこと
  • 理念についてどう思うか。
  • ソフトバンクの強みはなんですか。

ソフトバンクの面接は自分の価値観について色々な角度から質問を受けます。
そのため、自分がどんな人であるかを言語化した上で、自分の価値観を表す経験や周囲からの評価を整理しておくことが重要です。

志望動機を聞かれる際に、ソフトバンクに関する知識が求められることがあるため、理念やバリュー、事業状況、今後の方針に関しては最低限理解しておきましょう。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

ソフトバンクへの転職難易度が高い理由③:求職者からの人気が高い

ソフトバンクは「年収が高い企業」「エンジニアのスキルを高められる」といった口コミが多く、求職者からの人気が高いです。

口コミサイトの Openworkをもとに、ソフトバンクがなぜ人気が高いのかを解説します。

働いている社員の評判を確認することで、ソフトバンクの年収や働き方、やりがいなどについて詳しく知ることができます。

  1. 社風・やりがいに関する評判:仕事のスピード感は早い!
  2. ワークライフバランスに関する評判:有休・育休とも取得しやすい!

社風・やりがいに関する評判:仕事のスピード感は早い!

元はベンチャーから立ち上がった会社であるため、企業のスピード感は非常に速い。かつ評価も年齢関係なく実力に応じた評価をされるため、出世が早いものは20代で管理職に上がるが、成績が芳しくないようであれば50代でも平社員というのはざら。
(営業・男性)

新規事業を進めるうえでは、上場企業/大企業としてのスピード感の低さ(承認プロセス等々)がネックではあるものの、他の会社よりはかなり早い方だという。その意味では、大企業でありながらもベンチャーマインドを失わずに新規事業を行うことができている会社に分類されるのだと思う。
(エンジニア・男性)

ソフトバンクは仕事のスピード感やコミットに対する意識が比較的強いです。

ここまでの大企業になりながら、仕事をスムーズに進められる風土が残り続けている会社はあまり存在しないといえます。

新規事業を手がけるチャンスも豊富で、ベンチャーマインドを維持した会社といえそうです。

ベンチャー企業の文化を持ちつつ、安定した働き方を望む方にはぜひおすすめしたい転職先です。

ワークライフバランスに関する評判:有休取得しやすい!

年休取得については、会社でも積極的に奨励しており、全般的に周りが理解してくれる雰囲気です。 また働き方改革に力を入れており、在宅勤務も月数回実施することを奨励しています。
(総合職・男性)

そのほかワークライフバランスのために
– 毎週水曜日ノー残業デー (社内全体放送で早く帰るようアナウンス)
– 毎月4週目金曜日 プレミアムフライデー (午後3時に帰ることを奨励)
– 連休中の中日有給取得奨励 (人事通達メール)
のような取り組みがされています。
(総合職・男性)

ソフトバンクでは、部署によりますが、有給が取得しやすい雰囲気のようです

休む時間を多くできるように、様々な制度が整備されていることも特徴的です。

柔軟に働くことを望んでいる方にはおすすめの転職先です。

ソフトバンクの募集職種と中途採用求人

ソフトバンクの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

ソフトバンクへの転職を検討している方は、仕事内容や求められるスキル・経験を知っておきましょう。

ソフトバンクの採用HPDODAの求人情報をもとに、ソフトバンクで頻繁に募集されている職種をご紹介します。

他にも様々なビジネス職、コーポレート職、クリエイティブ職などが募集されています。

セールスの求人内容

ソフトバンクの営業職の役割は以下のように多岐に渡ります。

  1. 法人ソリューション営業
    顧客の課題を洗い出し、ソフトバンクのサービスやソリューションを提案・解決に導く仕事です。
  2. 法人パートナー営業
    ソフトバンクのサービスをパートナーを通じて、販売推進、そしてサポートする仕事です。
  3. 事業推進/営業企画
    セールス業務の上流業務であり、セールスが課題解決できるように、サービス自体の企画運営を推進する仕事です。
  4. コンサルタント
    顧客のIT化やDXに関する課題に対して、技術的な提案を行い、サービス提供までサポートする仕事です。

ソフトバンクのセールスは、営業力に加えて、IT関連のテクニカルな知識も必要とされるため、IT業界のセールスとして市場価値を高めることができます。

営業への転職における必須要件は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • ネットワーク・サーバー・クラウド・音声・セキュリティ分野に関する基本的な知識
  • 法人営業経験
  • サービス改善、課題解決のPDCAを主体的に進められること

ソフトバンクで募集している営業職では、営業経験に加えて、多少のIT基礎知識が必要となるため、他企業の営業に比べると、やや転職難易度は高いです。

2021年11月時点で、DODAでは、ソフトバンクの営業職の求人をはじめ、90件の求人が掲載されていました。

ソフトバンクの求人1

他の営業の求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。
dodaエージェントでは、ソフトバンクのような大手企業の求人など、非公開求人を扱っているため、希少な求人に出会うことができます。

エンジニアの求人内容

ソフトバンクのエンジニア職の役割は以下のように多岐に渡ります。

  1. 先端技術エンジニア(AI、データ、研究開発)
  2. クラウドエンジニア
  3. インフラエンジニア
  4. ソリューションエンジニア
  5. 開発エンジニア
  6. 運用保守エンジニア

上流の事業開発やプロジェクトマネージャーとして関わる仕事から、設計・開発の仕事まで幅広く募集されています。

エンジニアへの転職における必須要件の一部は、以下の通りです。

▼必須要件:

  • アプリケーションの設計・開発経験
  • クラウドに関する知識
  • プロジェクトマネジメント能力
  • 各種プログラミング言語に理解がある
    (C, C++, C#, Ruby, ActionScript, Java, Swift, Objective-C)
  • OSの構築ができる
    など

ソフトバンクで募集しているエンジニアの職種では、どれも専門知識や一定の実務経験が求められるため、転職難易度は比較的高いでしょう。

2021年11月時点で、DODAでは、ソフトバンクのエンジニア職の求人をはじめ、90件の求人が掲載されていました。

ソフトバンクの求人2

他のエンジニアの求人も見てみたい人は、転職・求人サイトのdodaへの登録がおすすめです。
dodaエージェントでは、ソフトバンクのような大手企業の求人など、非公開求人を扱っているため、希少な求人に出会うことができます。

ソフトバンクへ転職後の年収は高い?

ソフトバンクは仕事の難易度が高い一方、ソフトバンクの年収が見合うものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクでは、成果を出せば出すほど、年収が非常に高くなることで有名です。

ソフトバンクへ転職する際に、魅力的な要素である転職後の年収について解説します

ソフトバンクの平均年収は821万円超

2021年の有価証券報告書によると、ソフトバンクの平均年収は821万円です。

ソフトバンクの給与は、基本給・ボーナスから構成されています
ボーナスの割合が大きく、基本冬季・夏季で最低2.5ヶ月づつ供給されます。賞与は半年に1回の目標達成率に応じて決まり、業績によっては上乗せされます。

昇給するタイミングは年1回のグレードの評価によって決まり、グレードが上がれば基本給が上がります。

IT企業の中では基本給はそこまで高くないですが、ボーナスが非常に高いことから、転職市場で人気になっています。

ここ数年の平均年収の推移

有価証券報告書に基づいた、ソフトバンクの平均年収の推移は以下の通りです。

2019年から2021年にかけて、平均年収が100万円弱増えています
従業員1人あたりの売上高・営業利益ともに純増していることが影響しています。

今後も売上高が増え続ければ、今後さらなる平均年収アップが期待できるでしょう。

確実に年収を高めたい方は、高年収の求人を多く保有し、転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトにに登録して高年収のスカウトを受け取る

ソフトバンクの福利厚生

ソフトバンクの福利厚生をいくつかご紹介します。

  • 社員持株会
  • 関東ITソフトウェア健康組合
  • カフェテリア
  • ソフトバンク野球観戦
  • ベネフィット・ワン

ソフトバンクの福利厚生には、関東ITソフトウェア健康組合が含まれています。
ディズニーランドや温泉、ジムなどの利用料を補助してくれます。IT業界では有名な福利厚生なので、比較的大きな恩恵を受けられるでしょう。

年収に加えて、福利厚生の良さもソフトバンクへ転職する一つのメリットになります。

ソフトバンクの企業情報と将来性

ソフトバンクの企業情報をより詳細に理解するために、会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

ソフトバンクへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、ソフトバンクへの転職を検討する際の参考としてください。

会社概要

ソフトバンクの会社概要は以下の通りです。

会社名 ソフトバンク株式会社
所在地 〒105-7529 東京都港区海岸一丁目7番1号
設立日 1986年(昭和61年)12月9日
代表 代表取締役会長 宮内 謙
資本金 204,309百万円
従業員数 単体:18,173人(2021年3月31日現在)
連結:47,313人(2021年3月31日現在)

なお、ソフトバンク株式会社はソフトバンクグループの子会社という関係性です。

ソフトバンクグループの代表は、孫 正義さんです。

事業内容

「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、AIやIoT、ロボット、セキュリティ、自動運転などの革命を起こし、人々を幸せにすることがソフトバンクの使命です。

ソフトバンク=モバイル事業を連想される方も多いですが、既にモバイルインターネットの枠を越え、総合IT企業として多様な事業へ参入しています。
ソフトウェアの流通から始まり、携帯電話やロボット、そして人工知能、IoT事業の領域までどんどん事業を拡大しています。

  • 持株会社投資事業
    様々な企業に対して、投資や資⾦調達を行なっています。
  • ファンド事業
    主にスタートアップ企業に対して投資を行なっています。
  • ソフトバンク事業
    AIやロボットなどの最先端テクノロジーを活用して製品やサービスを展開する事業です。スマホをはじめとした通信サービスや、インターネット広告などを提供しています。
  • アーム事業
    アーム社のプロセッサーを用いて、ソフトウェアツールの販売・提供を行う事業です。

これ以外にも、プロ野球団の運営やスマホ決済事業、ロボット事業など、多岐にわたり事業展開しています。

M&Aを繰り返しており、急激に企業規模が拡大している日本の中でナンバーワンのIT企業です。

売上の推移と将来性

ソフトバンクの売上・営業利益ともにここ数年伸び続けています

ソフトバンク好調の要因は、法人個人のモバイル事業の需要増大や、ブロードバンド(ソフトバンク光が中心)事業が契約増加したこと、ヤフーのZOZOの売上が好調に推移したことです。

市場の需要が増加した影響がソフトバンクの各事業にもプラスの要因をもたらしています。

ソフトバンクは中長期的にさらなる投資や人材調達を行っていることから、企業規模はさらに拡大していくでしょう。ソフトバンクへの転職を検討している方にとって、転職を考える良きタイミングといえそうです。

まとめ:1分でソフトバンクの中途採用情報がわかる

ソフトバンクへの転職に興味をお持ちの方は、ソフトバンクの企業情報や中途採用情報をはじめ、転職を検討する際に必要な情報を一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、ソフトバンクの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

ソフトバンクへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
ソフトバンクへの転職難易度
  • ソフトバンクへの転職に向いている人は、「何事も楽しむことができる人」です。
  • ソフトバンクの転職に求められるのは、一定の職務に関する実務経験や特定の領域に関する専門知識です。
中途採用の選考難易度
  • 面接では、ソフトバンクが掲げるバリューに沿った人材であるかどうかを見極められる。
  • これまでの経験を通じた強み・弱みなどの性格や価値観、ソフトバンクへの転職理由について問われる。
社風・やりがい
  • 仕事のスピード感が早い。
  • ベンチャーマインドを維持した会社。
ワークライフバランス
  • 有給取得しやすい
  • ノー残業デー、プレミアムフライデーなどの制度がある
中途採用の募集職種
  • セールス
  • エンジニア
  • マーケティング
  • クリエイティブ
  • コーポレート

など多数。

転職後の年収
  • 平均年収は821万
  • 給与は年俸制。給与の内訳は、基本給+ボーナス。
  • とりわけ、ボーナスの割合が大きい。
将来性
  • ここ数年の売上・営業利益ともに純増。
  • 好調な要因は、モバイル事業やブロードバンド事業、通販事業が好調に推移したこと。
  • 今後も売上は増え続ける見込み。

ソフトバンクはボーナスが高いことで有名で、業績も安定しているため、転職市場で非常に人気のある転職先です。

ソフトバンクの中途採用の選考は、バリューに沿った人材であるかを見極めるために、候補者の価値観に関する質問が繰り返されます

求められるスキルや経験のレベルは一定求められますが、採用人数は他のIT企業より非常に多く、一流IT企業の採用難易度としては挑戦しやすいレベルとなっています。

自分のスキルを生かせる職種に応募した上で、想定される質問の対策を行なっておくことで、転職できる確率が高まります。

ソフトバンクへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談することもおすすめです。

ソフトバンクへの転職におすすめの転職エージェント

ソフトバンクへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っており、ソフトバンクのような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まるでしょう。

転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートダイレクトスカウトに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

外資系企業や大手企業の求人に興味がある方は、高年収の転職実績が多いJACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで見つからない求人でも、JACリクルートメントでは高確率で見つけることが可能です。

ぜひこの記事を参考に、ソフトバンクへの転職を検討してみてください。