英語ができないとGoogleに転職できない?転職難易度や面接内容を紹介

Googleへの転職

Googleで働くことを一度は興味を持った方もいるのではないでしょうか。

  • Googleへの転職難易度は高いの?
  • Googleには英語ができないと転職できないの?
  • Googleに転職するために対策すべきことは?

といった疑問を解決する記事になっています。

この記事を読み終えることで、Googleへの中途採用について知ることができ、Googleに転職する方法がわかります。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

Googleなどの大手企業への転職するには

Googleなどの大手企業や外資系企業への転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

Googleの中途採用情報

Googleは検索エンジンやソフトウェアサービスをはじめ、人々の生活に欠かせないサービスを提供しています。

Googleの主要事業を紹介するとともに、求人の募集内容を紹介します。

事業内容

Googleは検索エンジンの開発からスタートし、広告事業、各種クラウドサービスの提供に展開してきました。

3つの各事業に関する詳細をまとめました。

検索エンジン

検索エンジンはネットワーク上の情報を検索するプログラムのことです。
グーグル独自のプログラムが世界中のウェブサイトを回って情報を集め、検索用の索引を作り続けており、今では世界の検索シェアのトップにまで成長しています。

広告事業

現在グーグルの売上の約7割を占めるのが、インターネット広告の分野です。
提携するウェブサイトや、検索エンジンの結果に表示される広告料のことです。
最近ではYoutubeやGmailなどのアプリに掲載する広告出稿料が伸びており、年々売上が向上しています。

Webメールなど各種サービスの提供

グーグルはソフトウェア開発にも力を入れており、メールサービスのGmail、ウェブブラウザのGoogle chrome、YouTubeなどもグーグルの傘下になっています。
他にもGoogleマップやGoogle Earthなど多岐にわたり、サービスを展開しています。

募集内容

Googleで募集している職種が多い順に、セールス(サービス・サポート含む)、エンジニア、ビジネスストラテジーの3つがあります。

これらの職種は常に募集されている職種のため転職しやすいでしょう。以下にそれぞれのポジションの詳細を説明します。

セールス

Googleのカスタマーソリューションセールスチームは、広告主にGoogleの商品をニーズに合わせて提供するアドバイザーの役割を果たしています。包括的なGoogle広告ソリューションやその他のデジタルソリューションを提供することにより、お客様がビジネス目標とマーケティング目標を達成できるよう支援することに専念しています。

エンジニア

主にGoogle Cloudの開発・活用を推進する人材が求められています。
Google Cloud Platformチームの仕事は、Googleのグローバルネットワーク、ウェブスケールのデータセンター、ソフトウェアインフラストラクチャを使用して、お客様がビジネスを変革し、進化させるのを支援する仕事です。
Google Cloudカスタマーエンジニアリングチームのカスタマーエンジニアは、セールスチームと協力して、GoogleCloudをお客様に紹介する仕事です。具体的には、顧客がビジネス上の課題を解決するためのクラウドソリューションとアーキテクチャを開発し、技術的障害を問題解決するのを支援します。

ビジネスストラテジー

事業開発チームは、効果的なアカウント管理を通じてパイプラインの成長を促進し、顧客維持を高める戦略を打ち出す仕事です。ビジネス開発マネージャーと協力して、ビジネスプロセスと生産性の継続的な改善をサポートします。
また、新規事業を日本市場に展開するために、事業計画や商業活動の実行を主導するマーケット開拓責任者の募集も行われています。

Googleへの転職難易度

Googleへの転職までには、いくつかステップがあり、どれも難易度が高い選考ばかりです。

Googleの面接は圧迫面接のようなものはなく、これまでの実績や志向性、Googleとの親和性を問うものばかりです。

Googleの選考内容

Googleの面接内容は、以下の3つから成り立っています。

  • 書類選考
  • 面接
  • 内定通知

Googleへの応募はGoogleの採用サイト上で応募することが可能です。

書類選考、面接で合格するために、最も重要なのが自己分析していることです。
Googleではこれまでの実績も重要ですが、それ以上に自己理解を通じた将来やりたいことや仕事に対する情熱を持っているかがとても重要です。

面接は1次面接と2次面接に分かれています。

1次面接では、オンラインまたは電話にて、1〜2回の面接を通して、最低限のスキルがあるかどうかを評価されます。

2次面接では、ケース面接を通してビジネススキルが評価されることに加え、Googleに合う人材かどうかについてひたすら質問が繰り返されます。2次面接は1日に3〜4回の面接をGoogle社員と繰り返し行います。

英語ができないとGoogleに転職できない?

Googleへ転職するには、ビジネスレベル以上の英語スキルが必須となります。

面接も英語で行われる場面が多く、ビジネス上で言語に困らないかどうかは選考を通過する上で一つの重要な要素です。

Googleへの転職を成功させている人は外資系企業やグローバル大手日系企業海外プロジェクトでの経験があるコンサル、広告代理店、海外勤務経験がある方から転職するケースが多いようです。

これまでビジネス上で英語を活用した経験がある方は、Googleへの転職に優位に働くでしょう。

Googleの年収

Googleの平均年収は、1200万円〜1400万円程度といわれています。(引用:OpenWork)

メンバークラスでは600~800万円からのスタートとなり、マネージャーレベルでは1500万円を超える年収になります。

エンジニアはメンバークラスから平均1300~1400万円と高くなっています。
企画系やバックオフィス系も平均1200~1400万円と高いです。

一方で、営業は平均800万円程度とGoogleの職種の中では比較的低い年収となっています。

Googleに転職した方の評判・口コミ

Googleに実際転職した方へのインタビューをもとに、Googleで実際に働いてみた意見をまとめました。

自分がGoogleに向いているかどうかを考えながら見てみて下さい。

・Googleに転職できるスキルがあるかどうか不安だったが、思った以上に自分がやりたいこととGoogleが求める人物像が一致し、採用側に評価してもらえた。Google社員との面接を通して、仕事に向き合う姿勢に惹かれたことが転職を決めるきっかけだった。
(WEB広告代理店、30代前半)
・Googleではセールスの役割を任せてもらっているが、成果重視の環境でついていことで精一杯だった。転職を決断する際に、Google社員の雰囲気や働き方をもっと知っておくべきだった。英語力を存分に生かせるという点では楽しい。
(外資系IT企業、20代後半)
・Googleは本当に優秀な方が多く、刺激を毎日受け続けられる環境です。海外で働いたこともあったが、それ以上に多様性を感じられる会社で「こんな会社で働いてみたかった」という目標が実現できた。ただし、優秀な人が多すぎて、自分には出世は難しいとも感じている。
(大手IT企業、30代前半)

Googleへ転職成功するポイント

英語力に自信がある方や専門スキルを持っている方、マネジメント経験がある方などは、Googleへ転職できる可能性が高いです。

一方で、Googleはスキルを持っているだけでは選考を通過することができません

転職成功するために、以下に説明する3点を実践してみてください。

これまで身につけた経験・スキルを整理する

まずはGoogleで応募する求人を見つけましょう。
応募する求人が見つかれば、、転職先に生かせる経験やスキルを明確にしやすくなります。

専門的な職種や異業界からの転職を目指している方であれば、より転職難易度も高くなるため、職務経歴書や面接でアピールできるポイントを言語化しておきましょう。

強みやスキル、仕事の実績を整理する際のポイントを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

キャリアの棚卸し
転職成功者が実践するキャリアの棚卸し (自己分析) のコツを徹底解説

キャリアの棚卸しって何? キャリアの棚卸しはなぜやるの? どのように棚卸しすればいいの?

LinkedInから応募する

LinkedInに登録しておくことで、興味を持った企業の求人に応募することができます。

LinkedInは、SNSとして活用される一方で、企業の採用ツールとして利用されています
日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では一般的な採用ツールです。

LinkedInを通じて、応募できる求人は他の転職サイトよりも高年収や外資系の求人が多いです。

Googleも求人を掲載しているため、LinkedIn上で応募したい求人を見つけることができます。

LinkedIn上のGoogle求人ページはこちら

LinkedInの詳細が気になる方は以下の記事を読んでみてください。

LinkedInを活用した転職
LinkedInは転職に役立つ!使って分かったおすすめの活用法を解説
LinkedInを転職活動で使うメリットとは? LinkedInを転職活動で使いこなす方法とは?

高年収の方向けの転職エージェントを活用する

Googleへの転職を考えている方は、高年収の方向けの転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは自分に適した求人を提案してくれるだけでなく、Googleなどの大手外資系企業への転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策なども行ってくれます。
転職初心者の方なら、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

高年収求人を保有する転職エージェントを使うことで、Googleなどの自分の希望に沿った求人を提案してくれます。

特におすすめの転職エージェントを2つだけご紹介します。Googleなどの外資系企業や大手IT企業に転職したい方ににおすすめのサービスは「JACリクルートメント」と「キャリアカーバー」です。

他におすすめの転職エージェントが気になる方は、以下の記事を読んでみてください。

20代に役立つおすすめの転職サイト
20代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
新卒から数年が過ぎ、自分にマッチした仕事で働きたい、次のキャリアに挑戦したいと思い始めた方も多いのではないでしょ
30代に役立つおすすめの転職サイト
30代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
30代はこれまでのビジネス経験が身を結び、転職で大きくキャリアアップできる可能性が高まります。一方で、20代より

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する