プルデンシャルへの転職で失敗するパターンとは?成功の秘訣を解説!

プルデンシャルへの転職

プルデンシャルへ働くことに関して、悪い印象を抱いている方もいるのではないでしょうか。

  • プルデンシャルへの転職は失敗しがち?
  • プルデンシャルへの転職に向いている人は?
  • プルデンシャルへの転職で後悔しないために、どんな対策をしておけばいいの?

といったプルデンシャルへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。

この記事は、異業界からプルデンシャルに転職して、「後悔した」「失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「プルデンシャルに転職して失敗しがちなパターン」を解説し、記事の後半では、「プルデンシャルの転職で失敗しないようにするための対策」について解説します。

この記事を読み終えることで、自身がプルデンシャルに向いているか否かがわかるとともに、プルデンシャルへの転職活動で注意するべきポイントが身に付きます。

本記事で解説する次の4つの点に当てはまれる方であれば、プルデンシャルに転職しても失敗する可能性は低いでしょう。

  1. 20代で高い営業スキルや給与を得たい方
  2. 営業として、顧客に価値ある提案をしたい方
  3. 自分のキャリアの幅を広げたい
  4. 難易度の高い仕事に挑戦したい

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

プルデンシャルなどの大手保険会社へ転職するには

プルデンシャルなどの大手企業や外資系企業への転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

プルデンシャルの中途採用情報

プルデンシャル生命は1987年の創業より、日本の生命保険事業の在り方に変革をもたらすことをVisionに掲げてきました。
現在では、保有契約高41兆円を突破するほどにまで成長を遂げて参りました。

ここでは、プルデンシャルの事業内容をはじめ、プルデンシャルでの仕事内容や年収、転職難易度について解説します。

事業内容

プルデンシャル生命保険では、社名の通り、生命保険業が主要事業となっています。

プルデンシャル生命が誇るライフプランナーは生命保険のプロフェッショナルであり、お客様にオーダーメイドで必要な保障を提案します。

「保有契約件数」は416万、「保有契約高」は41兆と順調に推移し、31期連続で増加しています。(引用:プルデンシャル公式サイト)

プルデンシャルの売上

生命保険事業が非常に安定しており、年収を高めたい方にはおすすめの会社といえます。

募集内容

プルデンシャル生命が最も多く採用しているポジションが、事業成長には欠かせない「ライフプランナー」(営業職)です。

ライフプランナーは、保険・金融・経済・税務などの専門家です。
豊富な知識を活かして、顧客に最適な保険や保障内容の提案する仕事です。

ライフプランナー以外にも、本社スタッフを募集しています。
本社スタッフは最適な戦略・仕組みや制度を考える等、幅広い領域での活躍が求められています。

1.本社スタッフ(総合職)
・カスタマーサービス部門
・営業企画部門
・コーポレート部門
2.本社スタッフ(IT)
・IT部門
3.本社スタッフ(ファイナンス)
・ファイナンス部門
4.アクチュアリー
・保険数理部門
5.フィールドサービススタッフ
・保険契約管理業務、営業支援サポート、本社との連絡事務など

年収

プルデンシャル生命保険の年収の平均は、800万円~900万円程度です。(引用:編集部調査)

スタッフとライフプランナーで平均年収に差があるようです。
スタッフは500万円〜800万円、ライフプランナーは900万円〜1300万円程度です。

ライフプランナーの平均年収が高いのは、全社で完全歩合制の給与体系のため、20代でも1000万円程度の年収をもらえるレベルです。

選考内容

選考プロセスは、書類選考、筆記試験、面接(2回以上)です。

筆記試験は、本社で会社説明会と同日もしくは面接の前後に実施されます。
筆記試験は、SPIの問題集などで対策をすると良いでしょう。

プルデンシャルの面接でよく聞かれる質問は下記です。

・「これまでの成功体験と失敗事例について」
過去の経験で、どう考え、どんな決断をして、その結果どうなったのかを深ぼられます。
・「今後やりたこと」
生命保険の営業と将来の自身の展望がマッチしているかどうかが見られます。
・「プルデンシャルを志望した理由」
企業理解や入社意欲が強いかどうかを計る質問です。

CIP試験とは

ライフプランナーの採用試験では、試験前にCIPという試験を受験する必要があります。
ただし、ライフプランナーの選考を受ける前に、生命保険の販売経験者や生命保険会社での勤務経験がある場合は、参加を断られることもあります。

CIP試験は求職者の適性を見極めるための面談形式の試験で、スカウト・応募を問わず必ず受ける必要があります。

CIPとはキャリア・インフォメーション・プログラムの略で、企業側と求職者側が互いに希望する条件を満たしているかどうかを確認するために、会社の考え方や仕事の内容などについて一通り説明を行い、理解してもらいます。

CIPでは求職者の適性も見極めており、合格率は20%ほどと言われています。

プルデンシャルへの転職難易度

プルデンシャルへの転職難易度は他の大手保険会社よりも高いといえます。

プルデンシャルでは、スカウト経由での採用が多いため、声がかけられなければ転職するハードルは高くなります。

スカウトとは、知人や友人から「プルデンシャルで一緒に働かないか?」と勧誘を受けることです。

知人・友人から企業側に推薦されるため、内定する確率も高まるのです。

CIP試験など適性を見られる選考も含まれるため、プルデンシャルへの転職難易度は高いです。

プルデンシャルに転職して失敗するパターンは?

他の保険会社と比べて、プルデンシャルならではの特徴があるため、向いている人と向いていない人がいます。

実際にプルデンシャルに転職した方からお聞きした評価・口コミをもとに、失敗しがちなパターンをご紹介します。

自身がそのパターンに当てはまりそうか否かを考えながら、読んでみてください。

完全歩合制で給与が安定しない

・成果を出さないと給与がもらえない環境なので、常に不安な中仕事に取り組んでおり、転職に失敗したと思った時期があった。転職したてのときは知人や友人が契約してくれたので、前職よりも給与が増えたが、その後は給与がかなり低い時期もあった。
(20代後半、男性、ライフプランナー)

プルデンシャルのライフプランナーは、2年目まで固定の給与が支給されますが、3年目以降は完全歩合制になります。

本社スタッフの給与体系が固定給となっている一方で、ライフプランナーは成果を出さなければ、給与が安定することはありません。

自分の実力次第では、1000万円を超える年収を得られるため、営業力に自信がある方にはおすすめの会社です。

人間関係が不安定になる

・ライフプランナーになった当初は、知人や友人に生命保険の提案をすることが億劫だった。一度友人に紹介したところ、あまり良い反応をしてくれず、転職したことをとても後悔した。数年働いてからは、生命保険の提案で、お客様が喜んでくれた経験を経て、仕事に誇りを持てるようになってきた。
(30代前半、男性)

プルデンシャルでの保険の販売業は、自分自身で顧客を見つけ、開拓しなければなりません。

知人に紹介できるため、信頼関係があれば、契約する確率も高まる一方で、信頼関係を壊しかねない仕事でもあります。

周囲の人間関係に悪影響を及ぼすまでの仕事をしたくないという方は、プルデンシャルを転職先の候補として慎重にお選びください。

プルデンシャルでは、営業力を徹底的に高められる会社のため、自己成長したい方にはおすすめの会社です。

自分の営業力が通じない

・前職でトップの営業成績でしたが、プルデンシャルに転職した結果、最初はほとんど成果を出すことができなくて、転職に失敗したと思った。生命保険という商材のハードルの高さに最初は苦しみましたが、その商材を提案する経験を通じて、成果は徐々に上がった。
(20代後半、男性)

生命保険は顧客にとって今後数十年支払い続ける商材のため、契約のハードルは高いといえます。

前職でメーカーやサービスの営業をやっていた方からすると、ライフプランナーの職種はやや難易度が高い職種といえます。

不動産営業や金融商品を扱う営業、SaaSビジネスの営業をされていた方などは、比較的大きな商材を扱っているため、プルデンシャルでの保険営業をおすすめします。

研修がハード

・プルデンシャルの研修は、入社後2年間あり、しかもとてもとても大変。OJTがメインというわけではなく、毎日のように講義が続くため、現場に本格的に出るまでにステップを踏む必要がある。ただ営業スキルがまだ低いと思っていた私には、成果を確実に出すための研修だと捉え、基礎スキルを高めることに専念することができた。
(20代前半、男性)

プルデンシャルでは、入社して最初の2年間はTAPという研修期間があります。

研修内容は、保険の知識に関する講義やビジネスマナー・営業の基礎知識に関する講義などです。

研修期間とは言いつつ、実務以上にハードな生活を送る必要があると言われています。

2年間の中で、基礎的なスキルをみっちり教えこまれ、それを身につけていく必要があるのです。

2年間は休みを取る余裕もなく、資格の取得や基礎知識の習得に奔走することになるでしょう。

一緒に働く人と性格が合わない

・プルデンシャルに転職して、一番後悔した理由は、一緒に働く人の価値観と大きくずれていたこと。プルデンシャルに働いている方は、様々な方がいますが、年功序列、体育会系の名残が残っていた。ただ営業力の高さだけは認めざるを得ず、スキルを高めることに専念した。
(20代後半、男性)

大手保険会社の文化には、まだ年功序列の文化が残っているという口コミが多く見られました。

働き方の改革に伴った、社内の制度改革は追いついていないようです。

保険会社に入社する方は、不動産営業や銀行マンなど、営業に一定長けている人が多い一方で、体育会系の方や年功序列の文化に臆さない方が多いようです。

プルデンシャルに転職してよかったことは?

プルデンシャルへの転職で「失敗した」という声がある一方、プルデンシャルでの環境や仕事を好み、「転職してよかった」という声も多数あります。

失敗したという声に反して、転職してよかった理由を4つご紹介します。

  • 同年代より圧倒的に年収が高まる
  • 圧倒的に営業力が高まる
  • 保険営業を通じて、顧客に価値ある提案ができる
  • 研修内容が充実
  • どの企業でも順応できる力が身に付く

プルデンシャルに転職した方から聞く声なので、転職してよかったパターンを知っておけば、自身がプルデンシャルでの仕事を好めるかどうかがわかります。

プルデンシャルでは最初の2年間の研修で基礎スキルを身につけられることが、他の営業会社よりも優位な点です。

その2年間で自力を付けられるからこそ、営業力の向上、年収アップにつながっていくのです。

完全歩合制でプルデンシャルが成り立っているのも、2年間の研修で一定のスキルが身に付くからです。

保険営業に対する悪い口コミもありますが、身近な人に保険の提案を通じて、仕事に対するやりがいを感じる社員も多いです。

ライフプランナーの仕事は文字通り、保険の提案を通じて、その人の人生のあらゆる部分を設計していく仕事です。

プルデンシャルでは研修や商材のハードルの高さ、一緒に働く上司の厳しさなど、営業マンとして必要なあらゆるスキルをアップさせてくれる会社です。

プルデンシャルに向いている人とは?

プルデンシャルに転職して失敗した・転職してよかったという声から、プルデンシャルに向いている人は以下の要素を満たした人といえそうです。

  1. 20代で高い営業スキルや給与を得たい方
  2. 営業として、顧客に価値ある提案をしたい方
  3. 自分のキャリアの幅を広げたい
  4. 難易度の高い仕事に挑戦したい

4つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、プルデンシャルに向いている人といえるでしょう。

自身の嗜好や今後歩みたいキャリアを照らし合わせてみてください。
営業力に多少自信がなくても、「20代からキャリアアップしていきたい」「将来のために自力を身につけたい」「営業マンとして正しい価値を提案したい」という志向性がある方は、プルデンシャルへの転職に向いているといえるでしょう。

プルデンシャルへの転職で失敗しないようにするには?

プルデンシャルが自分の嗜好と合っていると思った方は、プルデンシャルへの転職で後悔しないように徹底的に転職活動で事前対策をとっておきましょう。

転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、プルデンシャルへの入社後も納得して働くことができます。

入社後に後悔することは、転職活動で事前に対策できます。

生命保険営業を通じたキャリアの必要性を問う

生命保険の営業でのキャリアが、自身が中長期的に思い描くキャリアにどのような影響を与えるのかを明確にしましょう。

ライフプランナーの営業は、他の営業会社の商材や営業の仕方と大きく異なるため、求められる営業力の高さや受けるプレッシャーの大きさが異なってきます。

以下の3点を明確に言語化した上で、プルデンシャルへの転職活動を行いましょう。

  • ライフプランナーになぜ転職する必要があるのか
  • プルデンシャルになぜ転職する必要があるか
  • 現職ではその転職理由を満たすことができないか

この3点が明確になっていれば、プルデンシャルで転職活動する際の転職理由の軸になります。

大手転職エージェントを併用する

大手保険会社を多く扱った転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントでは、求職者にカスタマイズされた求人を提案してくれます。
求人の内容やどんな企業かをある程度理解した上で、提案してくれるため、信頼度の高い求人が多いでしょう。

大手の転職エージェントは圧倒的に多くの業界の求人を保有しているため、大手企業〜中小・ベンチャー企業まで他では出会えない求人を保有している可能性があります。

大手生命保険会社に転職したい方におすすめの転職エージェント
幅広い求人を持つ大手の転職エージェント

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する