キーエンスへ転職する魅力とは?年収や転職先・転職難易度を紹介

キーエンスへ転職する魅力とは?年収や転職先・転職難易度を紹介

キーエンスは高年収で有名な、転職先として非常に人気のある大手企業です。
キーエンスは企業向けのファクトリーオートメーション(FA)用センサーをの製造販売を主な事業としています。

  • キーエンスへの転職後年収はどれくらい?
  • キーエンスからの転職先はどこになる?
  • キーエンスの転職難易度は高い?

といったキーエンスへの転職に関して、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、キーエンスへ転職する魅力について紹介し、キーエンス社員の評判・口コミや転職先、転職難易度、募集職種などを詳しく解説します

この記事を読むことで、キーエンスへの転職に必要な情報を一通り知ることができます。

キーエンスへの転職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

キーエンスと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、キーエンスの候補者が並列してよく検討する企業です。
キーエンスと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

キーエンスへ転職する魅力とは?

キーエンスへの転職を検討している方で、激務を心配する方がいる一方で、キーエンスの年収や福利厚生に興味がある方も多いのではないでしょうか。

キーエンスは平均年収が非常に高く、福利厚生も充実した企業で非常に有名です。

キーエンスへ転職する際に、特に魅力的な年収と福利厚生について詳しく解説していきます
キーエンスに転職したい方が多い理由を解明していきましょう。

キーエンスの平均年収は1,000万円超!

キーエンスの有価証券報告書によると、2021年の平均年収は1,752万円です。

キーエンスでは過去5年間、いずれも1,500万円超の平均年収であり、日本トップクラスの年収を誇っています。

キーエンスの平均年収が高い理由は、利益率の高さと社員への還元率の高さからきています。
キーエンスは、自社工場を保有しないこと、そして代理店を通さない直販体制であることが、高収益高収入の一因です。さらに、基本給を基準とした賞与とは別に、営業利益の一定割合を社員に支給する業績連動賞与の制度があります。

特筆すべきことは、キーエンスでは年4回業績賞与が出るため、年収がその分高いことがわかります。
営業利益の10%が新卒社員を含む全社員に分配されます。
非常に高い年収を誇ることから、転職でも人気のある企業であることがわかります。

職種別の平均年収

キーエンスの職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1325万円
開発 1343万円
事務 690万円
※引用:Openwork

営業、開発の年収とも1,300万円を超える年収となっており、いずれの職種も1,000万円超の年収が約束されるでしょう。

キーエンスではビジネス職だけでなく、エンジニア職も同様に年収が高いことは他の企業と違うところでしょう。
営業だけでなく、エンジニアの方で年収アップを目指して転職を検討している方は、キーエンスは非常に魅力的な企業です。

年齢別の平均年収

キーエンスの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 967万円
30歳 1350万円
35歳 1508万円
40歳 1534万円
※引用:Openwork

キーエンス では、新卒や第二新卒でも年収1,000万円程度を目指すことができ、早期に高年収を得られる希少な会社です。
30歳になると、1,300万円超の年収になり、年収の上げ幅も申し分ないものといえるでしょう。

キーエンスは利益率が非常に高いことが平均年収の高さに繋がっており、20代だけでなく30代で年収アップを目指して転職を検討している方にも非常におすすめの会社です。

年収を高めたい方は、高年収の転職実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。
無料で転職のサポートを受けることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトに登録して高年収のスカウトを受け取る

キーエンスの福利厚生は充実!

キーエンスでは様々な福利厚生を用意しています。

キーエンスの代表的な福利厚生は以下の通りです。

  • 時間外手当て
  • 地域住宅補助
  • 通勤手当
  • 借上住宅
  • 社員持株会
  • 慶弔金(結婚・出産祝い金など)
  • 退職金(確定拠出年金など)
  • キーエンスグループ健康保険組合(人間ドック補助など)
  • 自己啓発支援(語学レッスン受講など)

キーエンスでは、一般的な手当に加え、グループの保険組合への加入、自己啓発支援があります。

福利厚生は給料が高い分、特別いいわけではないですが、キーエンスの自社株を購入できるので運用できます。長く在籍している人の中では非常に得した人も多いようです。

年収だけでなく、福利厚生の情報もキーエンスへの転職を検討する際の参考としてください。

キーエンス出身者の転職先は有名企業ばかり?

キーエンスへ転職した後に、その後どのようなキャリアを歩めるのか気になる方も多いでしょう。

結論、キーエンス社員は、同業種だけでなく、幅広い転職先を狙えるくらい、市場価値が高い人材ばかりです。
年収が高い分、一人一人に質の高い業務、そして多くの業務量が与えられます。

キーエンスで活躍した社員はそれだけ質の高い仕事ができる人材とみなされ、転職先の選択肢が増えます。

具体的にキーエンスで得られるスキルやその後の転職先についてご紹介します。

キーエンスで歩めるキャリア

キーエンスで得られる成長機会やスキル、社内異動や昇進機会などを中心に、キーエンス社員からの評判をもとに解説していきます。(※引用:Openwork

キーエンス社員の具体的な声をご紹介します。

キーエンスでのキャリアパスは以下のパターンに分けられると思います。
①営業職(メンバー→リーダー→マネージャー→部責)
②本社勤務(部門多数)
③海外赴任(現地法人の代表や立ち上げを目指す人もいます)
今後、キーエンスは海外に一層注力するため、海外駐在を希望する人にはチャンスの多い会社です。 事業部によると思いますが、海外赴任を希望すれば、わりと優先的に意見を聞いてくれる環境があります。 一方、①と②は自分の希望はほぼ通りません。
(セールス・20代後半・男性)

キーエンスでのキャリアは転職や独立に役立つと思います。
プレイヤーとして量をこなす能力は身に付くと市場からも高く評価されるため、後のキャリアに役立つ部分は多いと考えられます。 キーエンスのキャリアを経て、独立する者も多いです。
キーエンスからの転職先(営業コンサル、youtuber、デザイン会社、FA会社等) も幅広く、コンサル、IT企業、広告業界、SaaS企業、ベンチャー企業、人材系と様々です。 最近は自信のある者はM&A会社に転職する人間が増えています。非常に高い倍率の業界と聞くが、周りを見ると4~5人に1人は内定を取れている印象です。キーエンスの中でもステップUPしたい優秀な人が選考に行ってる前提はあるが、それを踏まえてもキーエンスの看板は強いのだと思います。 30代になると転職が厳し区なる説も聞くが、少し前にM&A会社、コンサル、IT企業から内定量産して転職した30代の先輩がいるので、人によると思います。
(セールス・20代後半・男性)

キーエンスでのキャリアパスは、大半が営業から始めることが多く、成果を出した人から昇進、他部門に異動していくようです。中には、海外赴任する方もいて、キーエンスでは幅広いキャリアが描けることがわかります。

キーエンスのキャリアパスで最も多いのは、メンバーからリーダーへ昇進し、マネージャーになるまでに数年から10年程度経って就くキャリアです。リーダーへの昇進は多くの方が可能ですが、マネージャー以上への昇進にはモチベーションの維持と成果を継続することが必要です。

キーエンスでのキャリアは転職に優位とされ、様々な業界へ転職することができたという声が多かったです
キーエンスでの営業力や専門スキルは他社から高く評価され、20代であれば、業界トップクラス企業や外資系大手企業への転職も難なくする方が多いです。

20代で自分の市場価値を高めたいと考えている方には、キーエンスはおすすめの転職先といえるでしょう。

今は転職を考えていなくても、自分の現状の市場価値を知りたい方は、企業やヘッドハンターからスカウトを受け取れるリクルートダイレクトスカウトを活用してみてください。

思いもよらない企業からのスカウトが来ることがあるので、今の自分の実力を知れるだけでなく、あなたを求めている企業を知ることができます。

▶︎【3分で完了】リクルートダイレクトスカウトに登録して自分の市場価値を知る

キーエンス出身者の転職先

キーエンスで得たスキルを生かせる、キーエンス出身者の転職先企業は多岐に渡ります。

キーエンスからの転職先としてよく挙げられる業界や企業群をご紹介します。

  1. 日系大手・外資系IT企業
  2. 外資系コンサルティングファーム
  3. 日系大手・外資系メーカー(特に、FA機器メーカー)
  4. M&A仲介

IT業界、コンサル業界、メーカー、金融業界など、キーエンスで得た汎用的なスキルは多種多様な業界で生かすことが可能です。

キーエンスから多様な業界へ転職できる理由は、キーエンスで得た営業力や課題解決力、目標達成能力、ストレス耐性などが長けているからです。
キーエンス社員は他の多くの企業が必要な能力を有しており、ご紹介した業界の中でもトップクラスの企業に転職することが可能です。最近では、キーエンスからM&A仲介業への転職実績も多いようで、高年収の業界でもあり、キーエンスよりもさらに年収アップで転職する方もいます。

キーエンスへ転職した方の評判・口コミ

キーエンスは「年収が高い企業」「激務でつらい」といった印象を持っている方も多いでしょう。
実際にキーエンスで働いている社員はどのように感じているのでしょうか。

キーエンスに転職した方の評判・口コミをご紹介します。

働いている社員の声を確認することで、キーエンスの気になる評判を知ることができます。

  1. 年収に関する評判:3年目で年収1,000万円超え!
  2. ワークライフバランスに関する評判:平日は遅くても21時まで!
  3. 社風に関する評判:良くも悪くもルールが多い!
  4. 仕事のやりがいに関する評判:入社3年目までの成長速度が速い!

年収に関する評判:3年目で年収1,000万円超え!

キーエンスの基本給は高くない(むしろ普通の一部上場会社より低い)が年4回の大きなボーナスに、毎月の業績によって変動するボーナスも付くため、平均以上の営業成績であれば3年目で1000万は超えてくる。
キーエンスの評価制度については、役職によって評価基準は変わるが、基本的に営業成績:プロセス=6:4での評価。 そこに上司の定性的な評価が加わり、最終的な評価点が決められる。 その評価点によってボーナスの額が変わる。 昇進するかどうかは、連続で達成しているか(2年〜3年連続)、模範的かどうかで評価される。 売れていても売り方が模範的でなかったり、周りへの影響力がない(一匹狼)だと昇進しづらい。
(セールス・20代後半・男性)

キーエンスでは、許される時間の中で最大限働くという風土であり、自ずと残業時間は長くなってくる。ただしサービス残業などはなく1分単位で平日残業も休日勤務も残業代がつくため、毎月残業代だけでも結構な額になる。実は基本給と残業代だけでもそこそこの企業レベルで給料がもらえるが、そこにさらに業績賞与が上乗せされるためキーエンスの業績が良いうちはかなり高年収となる仕組み。会社の業績に応じて業績賞与がもらえる。さらにその業績賞与は半年ごとの評価により掛け率が変わるため、頑張って結果を残せばしっかりと自分に返ってくる制度にはなっている。
(セールス・30代前半・男性)

キーエンスの基本給は他の企業と比べてとても高いわけではなく、年4回の賞与が大きな割合を占めます。

もっと年収アップを目指して転職したい方は、半年に1回評価を見直す仕組みがあるため、半年ごとに成果に応じて、昇給することが可能です。

もちろん、キーエンスでは、残業代もしっかりと出る仕組みが整えられており、働いた分だけ給与が上がることが魅力的な企業です。

ワークライフバランスに関する評判:平日は遅くても21時まで!

プライベートとの調整はしやすい。 平日はどんなに遅くても21時半以降になることはなく、休日は休み。(本社部門は海外とのやり取りもあるため、この限りではない) GW・お盆・年末年始は必ず長期休みがあり、ケータイやPCを持ち帰って仕事しないといけない、という事も一切ない。 一方、平日18~19時に自由に帰れるような風土ではないため、平日夜に関しては調整しにくい。ただ、自身の市場価値よりも高い給与を貰っていることを考えれば、平日の21時半程度は全然ぬるいだろう。
(営業・30代前半・男性)

キーエンスでは、平日21時頃まで仕事をするが、土日祝日は基本休みで休日の出勤は個人の裁量次第。(年に二回だけ、社員全員参加の休日出勤があるがそれを除けば、一度も休日出勤したこともない人もいる。)また年に3回の大型連休もある。給与体系も申し分ないため、平日は仕事、休日は金銭面を気にすることなく謳歌でき、キーエンスのワークライフバランスは申し分ない。
(営業・20代後半・男性)

キーエンスのワークライフバランスに関する評判の多くは、平日の勤務時間に関して言及されています。
平日は他の大手メーカーと比べて、長い時間働くことが多く、21時まで働く社員もいます。ただし、21時以降まで働くことはあまりなく、上司も制限しているようです。
キーエンスは激務できついという声もありながら、高い年収の分、満足して働けているという声が多くありました。

休日出勤はほとんどなく、大型連休もあるため、休日まで働くということはないです。キーエンスの年間休日は128日が求人にも記載されており、他の大手企業と遜色ない休日数です。

社風に関する評判:良くも悪くもルールが多い!

キーエンス社員は全員が高い意識を持って働いており、非常に良い環境。明らかにやる気のない社員やさぼっている社員は見られない。特に公私峻別の意識は高く、就業中の私用携帯の利用禁止、購入してきた飲食物の飲食禁止、仕事に関係のない会話の禁止、昼寝の禁止など暗黙のルールも合わせるとかなり細かく定められている。
外出時は会社からの出発時刻や客先への到着時刻なども厳しくチェックされ遅れがないか毎日確認される。また訪問時の打ち合わせ内容に関しても事前と事後で上司のチェックを受ける。
平均的には3〜5年に一度営業所の異動がある。
(営業・20代前半・女性)

キーエンスでは、年次に関係なくお互いのことを「さん」づけで呼び合う。 社員同士が年次の序列を意識することなくフラットに意見を出し合える環境は、 かなり社員全員が意識していると感じる。キーエンスはルール化が大好き。たまに過剰なようにも思える。 やろうとすることに対しては、事前に、 「実施したときに期待される効果 ・効果の測定方法 を説明すること」を求められる。 確実に利益が出せるアクションのみを取っていくことを徹底される。
(開発・20代前半・男性)

社員一人一人が成果を安定して出せるように、キーエンスでは細かいルールを定めています。最初はルールに慣れるのに苦労する方もいますが、社員の多くが一定のモチベーションと仕事のレベルを維持しています。

キーエンスでは成果を出すことが目的の最上位に来ているため、上司へのホウレンソウも徹底されています。自由に仕事ができるまで時間がかかりますが、優秀な上司から基礎を徹底的に身につけられることは今後の大きな強みになります。

仕事のやりがいに関する評判:入社3年目までの成長速度が速い!

キーエンスへは、とにかくバリバリ働きたい・できる人と働きたい・お金が欲しい・数年で営業スキルを学びたい、そういった人にはあうとおもいます。
考え抜かれた研修、配属後のOJTなど学生から社会人になる上で必要なスキルは叩き込まれました。営業としての基礎、キーエンスだからこその強み、時間の大切さと何に注力すべきかなどを頭をフル回転させながら働くことは社会人として、営業として大きく成長できると思います。
やる気がなくなり、こなすことを仕事にしてしまうと急にやる気がなくなり成長も止まります。 良くも悪くも本人のやる気次第で成長できるかどうかが決まる職場です。キーエンス社員は大体4ー5年目でこの状態になり辞めていく人も多かったように思います。 まずは営業、そこからは適正をみられながら海外、営業マネジメント、販売促進、マーケティングなどさまざまなキャリアがあります。
(営業・20代後半・男性)

キーエンスでは、現在のポジションに対してやや重いくらいの責任を常に課されるが、それに見合ったバックはあるのでそこにやりがいを感じることができる人と、 重さにつぶれてしまう人に分かれると思う。自分から成長する向上心と努力がつきまとうが、社内に見識の広い人がいて時間が空いていればちゃんと教えてくれる。
(技術開発・30代後半・男性)

キーエンスの仕事のやりがいに関する声として多かったのは、研修のレベルの高さや重要な責務を若手に託してくれることです。

キーエンスの研修は、OJTを中心とした内容であり、実践を通して営業力が磨かれます。
研修の強度が高い分、入社3年目までは成果が出やすいです。

キーエンスでの成長機会に関しても、成果が出ている人からどんどん重要な仕事が与えられ、仕事の強度が高くなっていきます。
ただし一定仕事ができてくると、仕事がルーティン化してしまう人も見られ、自分自身でモチベーションをコントロールする必要が出てきます。
キーエンスには優秀な上司や同期がたくさんいるため、いつでも相談できたり、異動の希望も出すことができます。

キーエンスへの転職難易度は高い?

キーエンスの平均年収は非常に高く、日本でトップクラスの大手企業のため、キーエンスへ転職したい方は非常に多いです。

キーエンスは新卒、中途採用でも非常に人気がありますが、比較的多くのポジションが募集されています。
応募倍率は高いものの、キーエンスへの転職の間口は広がっているでしょう。

実際にキーエンスに転職活動した方の口コミや評判をもとに、中途採用の選考内容やその対策を解説します
中途採用の選考内容を理解し、キーエンスの転職難易度を理解しましょう。

選考内容

キーエンスの中途採用の流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 内定

面接の回数は職種によって様々で、2〜3回行われます。
面接には、現場や事業責任者、人事、人事部長など場合によって変わり、決まっていません。

キーエンスの面接内容は、論理的思考力と仕事で活躍できるポテンシャルがあるかどうかを多様な質問から見極められます
他社では聞かれないような質問も多く、突飛な質問を受けることも覚悟する必要があります。

中途採用の面接突破の対策

キーエンスでは論理的思考力やコミュニケーション力を試す質問が多く聞かれます。

他社と違って、志望動機を深く聞かれることはあまりありません。

  • 自己PRを30秒でしてください。
  • 今まで一番頑張ってきたことは?
  • 組織に必要な3つの要素は?
  • ビジネスで重要なことを3つ上げてください。
  • ビーチリゾート派をシティリゾート派に変えるように説得してください。
  • 旅行嫌いの人を旅行に行かせるように説得してください。

キーエンスではオーソドックスな質問から、考えさせられるような質問を聞かれます

オーソドックスな質問では自己紹介やこれまでの経験から、どんな性格、どんな能力があるのかを見極められます。

考えさせられる質問では、自分の考えを論理的に説明することが求められたり、課題解決のプロセスを示すことが求められます。いずれも仕事を遂行できる能力・ポテンシャルがあるかどうかを見られています。

自己PRやこれまでの経験については事前準備した上で、思考力を問う質問に対しては、いくつか模擬面接を実施し、慣れておきましょう。

中途採用の面接において想定される質問をある程度把握しておけば、転職成功率が高まるでしょう。

キーエンスの募集職種と中途採用求人

キーエンスの募集職種と、各職種における具体的な求人内容をご紹介します。

キーエンスへの転職を検討している方は、どのような仕事が募集されているのか、どのような募集要件なのか知っておきましょう。

キーエンスの採用HPをもとに、募集されている職種をご紹介します。

開発の求人内容

キーエンスの開発職は3つに分類されます。

  1. ソフトウェア開発
  2. ハードウェア開発
  3. デザイン

ソフトウェア開発

自社商品のソフトウェア開発を行う仕事です。

必須の経験は設計実務(5年以上の経験)、必須スキルはC言語、C++/C#です。

ハードウェア開発

様々な機器の構造・筐体・機構設計や光学設計、回路設計やシステム設計の仕事です。

必須けの経験は電気/電子/機械/産業機器/精密機器メーカで構造設計、もしくは回路設計や実務設計の実務経験を5年以上お持ちの方です。

デザイン

キーエンスの製品デザインを行う仕事です。

必須の経験は電機、電子、機械、産業機器、精密機器など製品のプロダクトデザインのご経験をお持ちの方です。

転職サイトに掲載されている開発職の求人数・求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、リクルートエージェントでは、キーエンスの開発職の求人が21件掲載されていました。

キーエンス開発職の求人

ソフトウェア開発、ハードウェア開発、デザインとも、複数の掲載がありました。

興味を持った人は、以下より登録してご確認ください。

技術の求人内容

キーエンスの技術職は、社内SEが募集されています。
キーエンスのグローバル全体でのITインフラ運用を担う仕事です。

必須の経験は、ITインフラの設計・構築・運用経験が必須なことに加えて、専用ツールの利用経験が必要です。

転職サイトに掲載されている技術職の求人数・求人内容をご紹介します。

2021年8月時点で、リクルートエージェントでは、キーエンスの技術職の求人が23件掲載されていました。

キーエンス技術職の求人

社内SEの求人含め、他ポジションでも掲載がありました。

興味を持った人は、以下より登録してご確認ください。

営業の求人内容

営業の求人内容はタイミングによって様々変わり、様々な部門の営業が募集されます。

例えばある営業の求人では、新規事業である機械学習を活用したサブスクリプションサービスの事業立ち上げメンバーを募集しています。商品を通じた課題解決方法の提案、活用支援ができるコンサルティングセールス組織の中核メンバーの求人です。

必須の経験は、B to Bの法人営業、コンサルティング経験です。

転職サイトに掲載されている営業職の求人数・求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、リクルートエージェントでは、キーエンスの営業職の求人が6件掲載されていました。

キーエンス営業職の求人

データ活用を通じたコンサルティング営業の仕事です。新規事業のセールスであり、すでにグローバルにも展開している事業メンバーとして迎えられます。

興味を持った人は、以下より登録してご確認ください。

事務の求人内容

キーエンスの事務職は3つに分類されます。

  1. 技術関連
  2. 生産関連
  3. 経理関連

 

技術関連

国内外の特許技術業務を中心に担当する仕事です。

必須の経験は、事業会社で、電気・電子・機械分野の特許実務経験もしくは特許調査業務経験が5年以上ある方です。

生産関連

日本及び海外の様々な調達先から部材調達を行う仕事です。

必須の経験は、電機・電子・精密・機械・計測機器メーカーで購買(調達)経験がある方です。

経理関連

単体決算、連結決算、会計情報からの経営資料作成、情報発信、各種税務申告、国際税務対応、決算短信・有価証券報告書など、多岐にわたります。

必須の経験は、上場企業(メーカー)で税務申告や開示・管理会計などの経理実務経験、もしくは大手税理士法人や大手監査法人にて、上場企業の税務や監査経験がある方です。
必須のスキルは、国内外の税務・会計に対して知識を有する方としています。

転職サイトに掲載されている事務職の求人数・求人内容をご紹介します。
2021年8月時点で、リクルートエージェントでは、キーエンスの事務職の求人が8件掲載されていました

キーエンス事務職の求人

知的財産、資材調達、経理の求人の他に、海外事務や貿易事務の求人がありました。

興味を持った人は、以下より登録してご確認ください。

キーエンスの企業情報と将来性

キーエンスの企業情報をより詳細に理解するために、事業内容や直近の売上について解説します。

キーエンスへの転職を検討している方の中には、事業の将来性について心配している方も多いでしょう。

中長期的な将来性も含めて、キーエンスへの転職を検討する際の参考としてください。

事業内容

キーエンスの事業はBtoBが主体です。

具体的には、企業向けのファクトリーオートメーション(FA)用センサーをはじめとする、生産現場の生産性・品質向上のための機器の製造販売を主な事業内容としています。

そのため、個人向けの商品を売り出したり広告を出したりということがないため、知名度はそう高くはありません。

特定の業界に捉われずに“生産現場”という枠組みで生産性や品質の向上に取り組み、現在では自動車や半導体、電子・電気機器、通信、機械、科学、薬品、食品など業界問わず、取引のある企業は30万社以上にのぼるグローバルカンパニーでもあります。

売上の推移と将来性

キーエンスの売上は2019年以降、やや低下していますが、2019年までは高い成長率を維持してきました。

ここ数年はB to B事業の売上が低下しており、日本全体で業績が落ち込んでいた影響を受けています。
一時的な影響と見られており、数年前まで年間10%以上の成長をしてきたことから、今後も安定して成長することが期待されています。

キーエンスでは高い利益率を生み出している自社工場を持たない「ファブレス経営」や直販体制の構築を強みとしていますが、新しい製品の開発も頻繁に行われており、常に新しいニーズに沿ったソリューションが開発されています。

キーエンスはグローバルにも積極的に展開しており、国内に依存せず、さらに売上の成長が見込める企業といえるでしょう。キーエンスへの転職を検討している方にとっては、良い機会といえるでしょう。

まとめ:1分でキーエンスの中途採用情報がわかる

キーエンスへの転職に興味をお持ちの方は、キーエンスの企業情報や中途採用情報をはじめ、一通りおさらいしておきましょう。

すべての内容を読む時間がない方でも、キーエンスの中途採用の概要が1分程度で把握できるように、ここまで解説してきた詳細な情報を一覧にまとめました。

キーエンスへの転職を検討する際の参考にしてください。

項目 詳細
年収
  • 平均年収は1,752万円
  • 1年に4回業績賞与が出る
  • 入社3年目で年収1,000万円超え
代表的な福利厚生
  • 借上住宅
  • 社員持株会
  • 退職金(確定拠出年金など)
  • キーエンスグループ健康保険組合(人間ドック補助など)
  • 自己啓発支援(語学レッスン受講など)
ワークライフバランス
  • 平日は遅くても21時までの勤務
  • 休日出勤はほとんどない
  • 年間休日は128日
社風
  • 業務に関する細かいルールが多い
  • 上司へのホウレンソウが徹底されている
やりがい
  • 研修が充実している
  • OJTが研修の中心
  • 若手から重要な責務が任される
キーエンスからの転職先
  • 日系大手・外資系IT企業
  • 外資系コンサルティングファーム
  • 日系大手・外資系メーカー(特に、FA機器メーカー)
  • M&A仲介
キーエンスへの転職難易度
  • 論理的思考力やコミュニケーション力を試す質問が多い
  • ある意見を説得するプロセスを問われる(例:「〇〇が嫌いな人を好きにさせてください」など)
中途採用の募集職種
  • 開発
  • 技術
  • 営業
  • 事務
将来性
  • 数年前まで売上が年間10%以上の成長率を誇っていた
  • 利益率が非常に高い
  • 自社工場を保有しないこと、代理店を通さない直販体制が強み
  • 常にニーズに沿ったソリューション開発に流力
  • グローバルに展開

キーエンスは年収が高いことで有名で、業績も安定していることから、転職市場でも非常に人気のある転職先です。

激務のイメージも強いですが、休日は十分に設けられており、十分な給与が支払われているため、キーエンスへ転職して満足している社員も多いです。

若手からレベルの高い仕事が任されることも多く、キーエンスでのキャリアを通して、さらに高年収の企業や外資系企業に転職することもできます。

一定の論理的思考力がある方でしたら、キーエンスの選考でも通過しやすいでしょう。

キーエンスは今後も新しいソリューション開発や新規事業、グローバル展開に注力していくため、事業成長の観点でも魅力的な企業です。

キーエンスへの転職を検討している方は、この機会に一度転職エージェントに相談してみましょう。

キーエンスへの転職におすすめの転職エージェント

キーエンスへの転職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントに相談してみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

ぜひこの記事を参考に、キーエンスへの転職を検討してみてください。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数