パナソニックへの転職で後悔するパターンとは?成功の秘訣を解説!

パナソニックへの転職

パナソニックへ働くことに関して、悪い印象を抱いている方もいるのではないでしょうか。

  • パナソニックへの転職は後悔しがち?
  • パナソニックへの転職に向いている人は?
  • パナソニックへの転職で後悔しないためには?

といったパナソニックへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。

この記事は、パナソニックに転職して、「後悔した」「失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「パナソニックに転職して後悔しがちなパターン」を解説し、記事の後半では、「パナソニックの転職で後悔しないようにするための対策」について解説します。

この記事を読み終えることで、自身がパナソニックに向いているか否かがわかるとともに、パナソニックへの転職活動で注意するべきポイントが身に付きます。

本記事で解説する次の4つの点に当てはまれる方であれば、パナソニックに転職しても後悔する可能性は低いでしょう。

  1. 20代〜30代前半で高い給与を得たい方
  2. 社会に影響力のあるプロジェクトに関わりたい方
  3. 突出した専門性を得たい方
  4. プライベートを保ちたい方

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

パナソニックなどの大手電機メーカーへ転職するには

パナソニックなどの大手企業や外資系企業への転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

パナソニックの中途採用事情とは?

パナソニックは日本を牽引する総合電機メーカーです。

パナソニックの事業内容や直近の売上推移を紹介し、パナソニックで募集している内容や平均年収などの中途採用事情をご紹介します。

パナソニックへこれから転職することが後悔しないか、転職難易度が高くないかどうかを考えながら見てみてください。

事業内容

パナソニックでは、カンパニー制を敷いており、6つのカンパニーに分かれています。

1. アプライアンス社
家電、美容、健康などのBtoC事業、業務用冷熱機器、デバイス、エネルギーなどのBtoB事業を領域とし、家庭からオフィス・店舗まで幅広いソリューションを提供します。

2. ライフソリューションズ社
電設資材や住設建材、建築事業などを事業領域とし、住宅やオフィス、商業施設やスマートタウンなど、人々の「くらし」に関わるソリューションを提供します

3. コネクティッドソリューションズ社
「流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」の6つを重点事業領域とし、B2Bのソリューションを提供します。

4. オートモーティブ社
車載に関わるサービス提供を事業領域とし、移動時のライフスタイルの変革や、ドライバーの運転負荷軽減、さらには環境対応車向けに革新的なソリューションを提供します。

5. インダストリアルソリューションズ社
電子部品、FA・産業デバイス、電子材料、電池などBtoB事業を領域とし、幅広いソリューションを提案します。

6. 中国・北東アジア社
本部は北京に設置し、パナソニックが日本で培った強みを持つ家電と住宅設備を組み合わせた「くらし空間の提案」と、コールドチェーンを中心とした「生鮮食品サプライチェーン」への貢献を現地目線で提案していきます。

売上の推移

パナソニックは、ソニー・日立製作所に続き、業界第3位の電機メーカーです。

売上高は2019年までは安定した業績を誇り、2020年以降に業績が悪化しています。

2021年4~9月期決算は、売上高が前年比20.4%減、営業利益は同31.1%減と減収減益となりました。

新型コロナウイルスの影響で、航空機や自動車向け製品、住宅事業などの売上高が大きく落ち込み、大幅減益や赤字に転落した事業が出ています。

新型コロナの影響が如実に出たのは第1四半期(4~6月)だ。第2四半期(7~9月)には業績回復の兆しが出てきています。

パナソニックの売上

(引用:パナソニック決算報告資料)

売上が伸長している家電事業や電子機器の事業や、赤字から黒字に転換している車載事業は回復傾向にあり、募集範囲の拡大に伴い、転職難易度も高まっておらず、転職する良きタイミングといえそうです。

求人の募集内容

パナソニックでは、180件程度のポジションを募集しています。(2021年1月時点)

中途採用人数は公開されていませんが、募集ポジション数から予測すると、年間200人以上は採用していると考えられます。

募集職種の多くは、技術職であり、その中でも「ソフトウェア開発」「生産技術」「機械設計」「回路システム設計」が多くのポジションを募集しています。

やはり、家電事業や電子機器の事業の採用は常に行われているようで、専門性がある方であれば、転職難易度は低いようです。

「売上が回復しているパナソニックへの転職をするなら今」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

平均年収

パナソニックの平均年収は、700〜750万円程度です。
パナソニックでの20代の年収は500万円を超える可能性も高く、一般的なメーカーの年収よりも高いといえます。

給与制度は、一般職、主務職、基幹(主幹)職の3つに分かれています。
詳細には、一般→主務→係長→課長代理→主幹と上がっていきますが、主幹というランクになると非組合員となります。

主幹以上は完全月給制となり、残業代はつきませんが、年収は約1000万円となります。

一般職から主務になるには、主務(係長クラス)・主幹(課長クラス)昇格試験に合格する必要があり、基本給・賞与が大幅に上がります。
試験は1年がかりで業務が高負荷の人は両立するのが大変です。試験は普段業務で接点のない役員に向けたプレゼンを2回突破する必要があります。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 650万円
開発 750万円
技術 780万円
企画 800万円
研究開発 750万円

エンジニア系や開発系の職種が全体的に高い傾向にあるようです。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 役職 平均年収
25歳 一般 430万円
30歳 主務 600万円
35歳 係長 750万円
40歳 課長代理 850万円
45歳 主幹(幹部候補) 1000万円
50歳 役員(幹部) 1100万円

パナソニックで年収を上げるには、いかに昇格試験で役職を上げられるかが重要です。
昇格すれば、年収は100万円以上上げることができるため、20代後半〜30代の方が年収アップを目指し、挑戦するにはとても都合の良い会社といえます。

(引用:Openwork)

パナソニックに転職して後悔するパターンは?

他の電機メーカーと比べて、パナソニックならではの特徴があるため、向いている人と向いていない人がいます。

実際にパナソニックに転職した方からお聞きした評価・口コミをもとに、後悔しがちなパターンをご紹介します。

自身がそのパターンに当てはまりそうか否かを考えながら、読んでみてください。

昇進しないと年収がアップしづらい

・10−20年前は「なんでこの人が」と思うような人事もあったようだが、今は主務に上がる際も面接とプレゼン、課長に上がる際も同様のガッチリとした選考があり、そこで落ちる人も普通にいました。逆に選考を通らないと次の職務へは上がれないので、結果を出し続ける必要があります。優秀な方が多く、埋もれるのではないかと入社を後悔しています。
(技術系、男性)

パナソニックでは、若手のうちは年収は他の電機メーカーと比べると高くありませんが、昇進すれば一気に年収が上がるような給与体系となっています。

しかし、優秀な人材の中で埋もれる可能性があり、昇進するには一定の年月と高いスキルが必要になるでしょう。

年収を短期間で上げたい方は、後悔する可能性があることには注意しましょう。

意思決定に時間がかかる

・複数の部門と連携する必要があるが、調整や申請が多く、業務時間をそれに割く必要がありました。事業部制をとっているが、本社部門への申請なども必要でこちらも調整が必要になっています。
(開発、男性)

大企業であるため、まだ一つの承認を通すにも上司、課長、部長といった複数の人を通す必要があります。

そのため、中小企業やベンチャーにいた方には、かなり遅いスピード感で仕事が進んでいるように感じられるかもしれません。

速いスピード感で仕事がしたい方は後悔する可能性があります。

年功序列の社風

・年功序列の体制が未だに残り、働いている人がシニアでそれなりのポジションについてしまって中々、辞めることもないです。20代30代の有能な人は、フラストレーションがたまることが多く、入社したことを少し後悔してます。若い人にとって、ビジネスを動かすためにはどうしても報告が多くなってしまい、立場が上の人の意見を気にしながらの仕事になってしまいます。
(営業、男性)

年功序列の社風がいまだ残っており、実力が高い方が昇進されるわけではなく、上司の指示を遂行できる人が評価されるような側面があるようです。

成果主義を重視して仕事を進めていきたい方はやや不満に感じるかもしれません。

社員一人一人が対等に近い立場で仕事がしたい方は、後悔しやすい可能性が高いです。

専門範囲が広がりにくい

・大企業なので、職務が細分化されており、専門家になれる可能性はあるもののパナソニックでしか通用しない可能性が高く、仕事の幅を広げるには、時間がかかります。特に不満はなく非常に良い会社でしたが、専門性を広げにくいと思ったことは、入社して後悔した点でした。
(技術開発、男性)

パナソニックは企業規模が大きく、専門性の高い人が多い一方で、一つの専門性しか高められないことが多いようです。

専門性を広げるには、一つの分野で大きな実績を出すことに加え、部署異動を行うために社内調整が必要になります。

専門分野を広げるには時間も労力もかかることが多く、自分の市場価値を高めていきたいという志向性がある方は、入社を後悔する可能性もあることに気をつけてください。

パナソニックに転職してよかったことは?

パナソニックへの転職で「後悔した」という声がある一方、パナソニックでの環境や仕事を好み、「転職してよかった」という声も多数あります。

後悔したという声に反して、転職してよかった理由を4つご紹介します。

  • 昇進すれば、年収が大幅アップする
  • 専門知識が深められる
  • 優秀な人が多い
  • 実力があれば、昇進できる文化になりつつある

パナソニックに転職した方から聞く声なので、転職してよかったパターンを知っておけば、自身がパナソニックでの仕事を好めるかどうかがわかります。

パナソニックでは、昇進試験に合格すれば、確実に昇進できるため、公正な制度に移行しています。

大企業ならではの恩恵も受けることができ、給与が安定していることや一つの専門分野を確実に深められることはメリットです。

新卒採用を多く行っている会社であり、優秀な大学の学生を採用していることから、社員全員の平均レベルが高いです。

パナソニックに向いている人とは?

パナソニックに転職して失敗した・転職してよかったという声から、パナソニックに向いている人は以下の要素を満たした人といえそうです。

  1. 20代〜30代前半で高い給与を得たい方
  2. 社会に影響力のあるプロジェクトに関わりたい方
  3. 突出した専門性を得たい
  4. プライベートを保ちたい

4つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、パナソニックに向いている人といえるでしょう。

自身の嗜好や今後歩みたいキャリアを照らし合わせてみてください。

「20代からキャリアアップしていきたい」「今後困らない専門知識を身につけたい方」「社会に大きな影響力のある会社に行きたい」という志向性がある方は、パナソニックへの転職に向いているといえるでしょう。

パナソニックへの転職難易度は高い?

日本中の多くの方が知っている人気企業のため、パナソニックへの転職難易度は高いといえます。

実際にLINEに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

パナソニックにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接/適性検査
  4. 内定

パナソニックでの選考難易度は、面接の難易度が高いという評判が多く、入念に対策しておきましょう。

1次面接では、転職理由や志望動機などオーソドックスな質問を聞かれます。

2次面接では、オーソドックスな質問に加え、「これまで何をしてきかた」「パナソニックに本当に転職したいか」を深く聞かれます。ここが鬼門です

面接突破対策

面接で聞かれる質問をいくつかご紹介します。

  • これまで出した大きな実績とその経緯は?
  • 将来何をやるために、パナソニックに転職したの?
  • 他の電機メーカーではなく、パナソニックの何がいいの?
  • パナソニックに入社したら、どんな形で貢献できそうか?

以上の質問を通じて、仕事に対する考え方や姿勢、自身の強みや弱み、パナソニックへの転職意向などを把握しようとしています。

質問に対する回答をこれまでの仕事に対する考え・自身のアピールポイント・パナソニックへの入社理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いパナソニックに転職できる可能性が高まります

パナソニックへの転職で後悔しないようにするには?

パナソニックに転職したいと思っている方は、パナソニックへの転職で後悔しないように、徹底的にパナソニックを理解することが重要です。

パナソニックに転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、パナソニックへの入社後も納得して働くことができます。

入社後に後悔しないようにすることは、転職活動で事前に対策できます。

パナソニックへの企業理解を深める

パナソニックの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

パナソニックへの口コミや評判をもとに、パナソニックへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 ソニーの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 給与は安定。
  • 年収アップには昇進試験に合格する必要がある。
  • 残業代は支払われる。
  • 自分に必要な手当てをメニューから選べる
ワークライフバランス
  • 20時以降の残業には上司の許可が必要。
  • 有休は取りやすい。
  • 一週間に一日以上の定時退社を推奨。
社風
  • 年功序列
  • 意思決定が遅い
  • 社内ルールが厳しい
働き方
  • 在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)の導入有り。
  • フレックスタイム制度有り。

パナソニックの特徴を理解した上で、自分が本当にパナソニックに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

転職相談会を活用する

パナソニックが主催の転職相談会では、パナソニックへの応募に迷っている方に向けて、中途採用担当者が個別に30分~1時間程度、情報提供および質疑応答を行うものです。

転職相談会を通して、パナソニックに転職することに対する不安や入社後、後悔しないようにギャップを払拭することができます。

「自分はパナソニックで活躍できそうか」「中長期的なキャリアプランを相談したい」「面接内容を知りたい」など、パナソニックへの転職やキャリアに関して、気になる方はエントリーしてみてください。

大手転職エージェントを併用する

パナソニックへの転職を考えている方は、大手電機メーカーを多く扱った転職エージェントを使うことがおすすめです。

大手の転職エージェントは電機メーカー以外にも、圧倒的に多くの業界の求人を保有しており、大手企業〜中小・ベンチャー企業まで他では出会えない求人を保有しています。

転職エージェントはパナソニックの社内事情について教えてくれるため、気になる不安を払拭することができ、入社後に後悔する可能性も低くなります

パナソニックなどの大手電機メーカーへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手電機メーカーに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

 

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する