アクセンチュアへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

アクセンチュアへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームであり、高年収の転職先としても有名な外資系企業です。
日本のITベンダーの中では、ナンバーワンの成長率を誇っており、転職先としても非常に人気です。

  • アクセンチュアへの転職は後悔しやすい?
  • アクセンチュアは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • アクセンチュアに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、アクセンチュアへ転職した方の評判をもとに、アクセンチュアへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

アクセンチュアは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・後悔したことを網羅しましょう。

この記事を読み終えることで、アクセンチュアへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

アクセンチュアへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

アクセンチュアと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、アクセンチュアの候補者が並列してよく検討する企業です。
アクセンチュアと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

アクセンチュアへの転職で後悔する理由は?

アクセンチュアに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

アクセンチュアへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、アクセンチュアに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

アクセンチュアでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 日系大手企業よりは残業が比較的長い
  • マネージャー以上は長時間労働しがち
  • 効率的な働き方が求められている

▼入社してよかった理由

  • 以前よりも残業時間がセーブされている
  • 有休や傷病休暇、産休・育休休暇に対しては柔軟に取得可能
  • 仕事がしたくても会社に管理される

▼具体的な評判・口コミ

マネージャーより下のスタッフのワークライフバランスは社をあげて改善を行っている。全社的な取り組みの結果、サービス残業は無くなり、36協定に則った残業内に必ずおさまるように管理されている。他方、マネージャー以上は依然として長時間勤務の体質が治らない。自身が体調を崩した場合は無理して働かされるということは絶対に無い。女性は産休・育休は当然のようにとることもでき、男性の育休も問題ない。

プロジェクトプライドという取組みが推進されており、残業時間はセーブされる傾向にある。ストラテジーグループも例外ではなく、80時間以上の残業は原則NGな状況。さらに、2022年4月からPCの稼働状況までモニタリングされ始めたので、いよいよ効率的な働き方を徹底しなければ、、、という風潮がより高まっている印象。長時間労働でバリューを発揮するスタイルでは生き残れなくなりつつある。

アクセンチュアは以前は長時間労働の会社というイメージがありましたが、直近は働き方がかなり改善されているようです。

ただし、マネージャー以上の役職の方の中には、今も月間最大80時間程度働く方もいるようです。

メンバーには生産性の高い働き方が求められ、年々残業時間が減っています。

コンサル業界である程度ワークライフバランスを保ちたい方にとっては、おすすめの会社となっています。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

アクセンチュアの社内文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • ITコンサルのプロジェクトが多い
  • 戦略コンサルの業務は少ない
  • 入社後は雑用的な仕事が多い
  • 希望先への異動はしづらい

▼入社してよかった理由

  • 課題抽出からサービスのデリバリーを一貫して関われる
  • テクノロジーに長けたコンサルタントが多い
  • コンサルの基本を一から学べる
  • キャリアを築いていけば、戦略コンサルタントにも異動可能

▼具体的な評判・口コミ

アクセンチュアには元々ITソリューションで課題解決するイメージが強く、思っていた以上に業務課題レベルの課題解決が多かった。

IT化がどの企業でも推進されているため、年々システム基盤の構築やITサービスのプロジェクトに関するプロジェクトが多くなってきた。戦略コンサルや経営コンサルはITコンサルと協同で解決していくケースが多い。

メーカーでの経験や知見を高く見出され、経営コンサルタントになることができた。途中で戦略コンサルを目指したが、トップ戦略コンサルティングファーム出身の方が多く、コンサルでのキャリアを積む必要があった。

アクセンチュアの強みは課題の調査からサービスのデリバリーまでを一貫してできるところに強みがあります
特にアクセンチュアではテクノロジーに長けたコンサルタントが他社よりも圧倒的に多いことが特徴です。

戦略コンサルタントは外資系の戦略コンサルティングファームであるマッキンゼーやボストンコンサルティングなどが担うことが多く、戦略コンサルタントを担える人材は、アクセンチュアの中でも優秀な一部の人材です。

未経験者の配属後の仕事ははプロジェクトの主要メンバーとしてアサインされることは多くなく、まずはデータをまとめたり、資料を作成するなど、コンサルタントになるために必要な基礎を身に付けていきます。

また、アクセンチュアは成果重視の会社のため、成果を出さなければ希望の配属先には異動が難しいでしょう。

未経験でコンサルに挑戦したい方や経営コンサルやITコンサルとしてまず実力をつけたい方にとっては、おすすめの転職先です。

年収に対する評判・口コミ

アクセンチュアの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 給与が1年に1回しか上がらない
  • 成果を出さないと成果が上がらない
  • 昇進しないと一気に年収を上げられない

▼入社してよかった理由

  • ベース給与が高い
  • 実力があれば、どんどん年収が上がる

▼具体的な評判・口コミ

アクセンチュアの給与体系は年俸制のため、1年に1回しか上がるタイミングがない。途中で成果を出しても、1年間は年収が上がらないので、少し不満を感じることもあった。

正直、昇進しないと大幅な年収アップは見込めないなと感じた。優秀な社員が多く、昇進する難易度は高かった。しかし、ベース給与がそもそも高いので、職種自体を変えて年収アップを目的とした転職先はぴったりなのではないかと思っている。

アクセンチュアの職位は、アナリスト<コンサルタント<マネージャー<シニアマネージャー<パートナーと上がっていき、一つの職位が上がると200万円程度増えます

しかし、職位が上がらなければ、年収の上げ幅は100~200万程度が限度です。アクセンチュアは年俸制でもあるため、一気に年収を上げることは難しいでしょう。

ただし、コンサルとは異業界から転職する方にとっては、ベース給与が非常に高いです。
実力があれば、転職後の年収を200万程度上げることも可能です。

コンサル経験者の場合は、役職アップを狙って転職する方が多いです。
アクセンチュアは案件が豊富で、上層部の席が埋まりきっているわけではないため、実力があれば役職付きで転職可能です。

異業界からの転職で年収を上げたい方やコンサル経験者で役職を上げたい方にとっては、おすすめの転職先といえるでしょう。

アクセンチュアに向いている人とは?

次に、アクセンチュアへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、アクセンチュアに向いている人についてまとめました。

以下の8つのいずれかに当てはまる方は、アクセンチュアへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 20代で高いスキルや給与を得たい方
  2. これまでの専門知識をコンサルに生かしたい方
  3. 経営/ITコンサル〜戦略コンサルまで幅広く経験したい方
  4. 異業界から年収アップを目指している方
  5. コンサル業界で役職を上げたい方
  6. コンサルの基本を一から学びたい方
  7. コンサル業界志望の方で、多少残業時間が少ない職場で働きたい方
  8. 成果主義の職場で働きたい方

アクセンチュアへの転職は、スキルの向上とともに、年収アップを目指す方におすすめできる企業です。

異業界からの転職も可能で、自分のこれまで身につけたスキルを生かすことが可能です。

アクセンチュアはIT系のプロジェクトから戦略コンサルまで幅広い経験ができます。

一方で残業時間が多少長いですが、コンサル業界の中では、比較的セーブされています。

成果重視でありつつも、ワークライフバランスを重視している方にとっても、おすすめです。

アクセンチュアへの転職難易度は高い?

アクセンチュアでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年300名程度、中途採用は1,000名程度の採用人数となっています。

アクセンチュアの転職難易度は、応募する職種によって異なります。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材などの即戦力が求められる求人では、転職難易度が高いです。

一方で、未経験・専門性がなくても、募集できるポジションがあるため、転職難易度は低くなります。
特にシステム開発やコンサルタントは第二新卒から即戦力まで幅広く募集しているため、論理的思考力が高い方や自分の専門分野とマッチすれば、転職難易度は比較的低くなるでしょう。

転職難易度が高いポジションでも、転職エージェントを使うことでアクセンチュアへ転職できる可能性が高まります。
アクセンチュアへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

ビジネス系の求人

アクセンチュアでビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 経理財務
  • 法務
  • 購買部
  • マーケティング
  • 総務

管理部門の職種がほとんどで、コンサルタント事業部を支えるバックオフィスの役割として、転職するチャンスが広がっています。

アクセンチュアでは、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】アクセンチュア ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

ビジネスコンサルタント系の求人

ビジネスコンサルタント系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • アソシエイト
  • アソシエイトマネージャー
  • シニアマネージャー
  • アナリスト
  • シニアアナリスト

ビジネスコンサルタントは、ビジネス課題に対し、変革のリーダーとして改革の道筋を描き、先端テクノロジーを活用してプロジェクトを推進・実行します。

当職種には以下のような領域が含まれます。
先端テクノロジーに関する知見を幅広く持ちながらフルに活用し、ITデザインや構築、定着化の支援や業務オペレーションをお客様に成り代わって執行するところまで推進します。ビジネス領域にはセールス、マーケティング、サプライチェーン、人材・組織、財務・企業価値創造、など幅広い領域が含まれます。

コンサルタント系への転職には、コンサルタントの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
リクルートエージェントは、求人数が業界No.1のため、コンサルタントの求人も数多く保有しています。

コンサルティング業界に強みを持つ転職エージェントとして、JACリクルートメントもおすすめです。
コンサルティング業界や外資系求人のような高年収の求人が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア・コンサルタント系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】アクセンチュア ビジネスコンサルタント系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

デジタルコンサルタント・エンジニア系の求人

ビジネス系やコンサルタント系以上にかなりの数が募集されているのが、エンジニア系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • テクノロジー/システムコンサルタント
  • ソフトウェアエンジニア
  • マネジメントコンサルタント
  • オペレーションコンサルタント
  • アナリスト
  • セキュリティコンサルタント

ソフトウェアやITサービスのシステム開発、ITコンサルタント、システム営業の経験がある方には、転職するチャンスが非常に広がっています。

アクセンチュアはIT関連やDXの案件を数多く保有しています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア・コンサルタント系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】アクセンチュア デジタルコンサルタント・エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いアクセンチュアを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、アクセンチュアへの転職難易度は高いといえます。

アクセンチュアへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にアクセンチュアに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

アクセンチュアに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

アクセンチュアにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接/ケース面接:現場社員
  3. 2次面接:現場社員の部長クラス
  4. 内定

場合によっては、ケース面接が行われることや現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

アクセンチュアの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

アクセンチュアの選考に対する口コミ・評判

・一次面接ではケース面接があると聞いていたため、十分に対策することで突破することができた。最終面接ではケースはないと聞いていたが、上記のようなケース問題に即した形式の質問があったため、咄嗟に質問されても口頭ベースで答えられるよう用意しておいた方が良い。
(20代後半、経営コンサルタント、男性)
・異業種からの転職の場合はなぜコンサルティングなのか。なぜアクセンチュアなのか。論理的に説明する必要があると思う。その業種でキャリアを積んだ方が良いのでは? といった、質問に対する回答を事前に用意しておかないと現場レベルの担当面接を超えることすら難しいと思います。
(30代前半、経営コンサルタント、男性)
・中途採用がとても多いので、まずはポジションと一致する経験とスキルがあって応募すべき。管理陣も多くの候補者を面接しているためかなり手慣れている。長い説明より簡潔にまとまった回答を好む傾向があるので、自身の売り込みポイントをしっかり用意したほうがいい。
(30代前半、エンジニア、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようですが、端的かつ論理的に回答することが重要です。

面接では、志望理由が明確であることと、アクセンチュアにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

自身が自信を持って答えられるように、自己分析や企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

アクセンチュアへの転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。

面接では、オーソドックスな質問が中心です。

アクセンチュアに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜアクセンチュアに転職したいのか
  • アクセンチュアが今後改善できそうな部分はどこか
  • アクセンチュアにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • アクセンチュアで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「アクセンチュアに本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとアクセンチュアが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、アクセンチュアの企業分析を十分に行っておきましょう。
アクセンチュアへ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・アクセンチュアへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いアクセンチュアに転職できる可能性が高まります

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、日系大手から外資系まで幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

アクセンチュアの企業情報

アクセンチュアの事業や採用についてあまり知らない方は、まずアクセンチュアへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

アクセンチュアへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性を把握しておくことで、自分の納得できる転職につながります。

会社概要

アクセンチュアの会社概要は以下の通りです。

会社名 アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
所在地 〒107-8672 東京都港区赤坂1-8-1
設立日 1995年12月
代表 江川 昌史
資本金 3億5千万円
従業員数 約18,000人(2022年3月1日時点)

事業内容

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームです。
世界中に約32万人以上の社員がいて、120カ国で事業展開しています。

以下の5つの領域で幅広いサービスをソリューションをお客様に提供しています。

  • ストラテジー
    「未来を創る戦略パートナー」として、企業戦略や事業戦略、グローバル戦略やM&Aなどのクライアントの経営課題に対してアプローチを行います。
  • コンサルティング
    「企業変革のパートナー」として営業改革や人材組織改革等、クライアントの経営課題に対してアプローチします。
  • デジタル
    「デジタル変革の先導者」として、クライアントのデジタルマーケティングやユーザーエクスペリエンスに対してアプローチします。
  • テクノロジー
    「イノベーションの実現」を目指し、クライアントの課題に対して、システム開発やDXを通してアプローチします。
  • オペレーション
    「インテリジェントオペレーション」を実現すべく、クライアントの業務課題に対して、世界中で急速に成長を続けているBPO(企業活動における業務プロセスの一部を外部委託し、その業務に対して企画、改善等を期待するサービス)やアウトソーシング(BPOとは違い、単純に業務プロセスの一部を外部に委託すること)という手法でアプローチします。
  • セキュリティ
    「リスクの検知と対応」をすべく、クライアントが持つ戦略リスク管理、サイバー空間におけるリスク対策といった課題に対してアプローチします。

それぞれの部署で、「金融」や「製造業」といった業界ごとに専門的な知識を持った人材が配置されています。あらゆる領域・業界の専門家がクライアントの課題やニーズに対して、サービスを提供できるのが、アクセンチュアの強みです。

売上の推移

アクセンチュアは世界トップクラスのコンサルティングファームです。

アクセンチュアの売上高は2001年の上場時から2018年にかけて、約10倍まで伸びています。
日本のITベンダーの中では、ナンバーワンの成長率を誇っています。

日本のアクセンチュアではそれ以上に売上が伸びています。
近年、日本の製造業がデジタル化を一気に推進していることにあります。

▼売上推移

アクセンチュアの売上

今後のアクセンチュアでの採用は、デジタル化を推進する人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう

アクセンチュアでは直近採用に力を入れていることもあり、ソフトウェアやITサービスの技術を持っている方、IT製品・サービスの営業やコンサルタント経験がある方は転職難易度が低くなるでしょう。
(引用:アクセンチュアのHP)

アクセンチュアの平均年収は高い?

アクセンチュアの平均年収は900万円です。
役職別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
アナリスト 500万円〜600万円
コンサルタント 600万円〜800万円
マネージャー 800万円〜1200万円
シニアマネージャー 1200万円〜1500万円
マネージングディレクター 2000万円〜

アクセンチュアの初任給は500万円以上とされており、30代で多くの方が1000万円以上の年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 570万円
30歳 750万円
35歳 940万円
40歳 1200万円
45歳以上 1300〜1500万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アクセンチュア 900万円
IBM 770万円
アビーム 850万円
NRI 900万円
デロイト 1100万円
PwC 900万円

アクセンチュアの年収は、他のビジネスコンサルティングファームと比べて高いです。
アクセンチュアでは、SEは10年で、ビジネス・デジタルコンサルタントは5年でマネージャーになるモデルであるため一般的な企業と比べて昇進が非常に早いです。

新卒や第二新卒でも年収500〜800万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

何よりも売上が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

アクセンチュアの福利厚生・その他

アクセンチュアの福利厚生についてご紹介します。

アクセンチュアの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フレックス制度
・在宅勤務制度
・短日短時間勤務制度
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・年次有給休暇、私傷病休暇(※試用期間終了後から取得可能)、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合を含む)、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇
など
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・確定拠出金制度
・従業員株式購入プラン
・法人会員及び契約施設・ホテルなどの割引特典
・ポイント・割引サービス
・健康サポート
・時間外勤務手当、深夜勤務手当、出張手当、住宅手当、交通費支給

アクセンチュアへの転職で後悔しない秘訣とは?

アクセンチュアへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にアクセンチュアを理解することが重要です。
アクセンチュアへ転職する際の注意点を気をつけておけば、アクセンチュアへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、アクセンチュアの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとアクセンチュアの転職事情について詳しく知りたいと思った方やアクセンチュアのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

アクセンチュアの企業理解を深める

アクセンチュアの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

転職で後悔しやすい項目 アクセンチュアの口コミ・評判
働き方
  • 日系大手企業よりは残業が比較的長い
  • マネージャー以上は長時間労働しがち
  • 効率的な働き方が求められている
  • 以前よりも残業時間がセーブされている
  • 有休や傷病休暇、産休・育休休暇に対しては柔軟に取得可能
  • 仕事がしたくても会社に管理される
仕事・社内文化
  • ITコンサルのプロジェクトが多い
  • 戦略コンサルの業務は少ない
  • 入社後は雑用的な仕事が多い
  • 希望先への異動はしづらい
  • 課題抽出からサービスのデリバリーを一貫して関われる
  • テクノロジーに長けたコンサルタントが多い
  • コンサルの基本を一から学べる
  • キャリアを築いていけば、戦略コンサルタントにも異動可能
給与・福利厚生
  • 給与が1年に1回しか上がらない
  • 成果を出さないと成果が上がらない
  • 昇進しないと一気に年収を上げられない
  • ベース給与が高い
  • 実力があれば、どんどん年収が上がる
アクセンチュアに向いている人
  • 20代で高いスキルや給与を得たい方
  • これまでの専門知識をコンサルに生かしたい方
  • 経営/ITコンサル〜戦略コンサルまで幅広く経験したい方
  • 異業界から年収アップを目指している方
  • コンサル業界で役職を上げたい方
  • コンサルの基本を一から学びたい方
  • コンサル業界志望の方で、多少残業時間が少ない職場で働きたい方
  • 成果主義の職場で働きたい方

アクセンチュアの特徴を理解した上で、自分がアクセンチュアに転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

アクセンチュアで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

この記事を通して、「アクセンチュアで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「アクセンチュアのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数