三菱電機への転職で後悔する理由を解説!転職成功の秘訣とは

三菱電機への転職で後悔

三菱電機で働いてみたいけど、働き方にマイナスイメージがあるという方もいるのではないでしょうか。

  • 三菱電機は残業が多いイメージだから、転職後後悔しないか心配
  • 三菱電機の現状の働き方を詳しく知りたい
  • 三菱電機に転職する方法を知りたい

といった方の不安を明確にする記事になっています。

三菱電機への転職で後悔した声をご紹介した上で、三菱電機に自分が向いているかどうかがわかります。

この記事を読み終えることで、三菱電機に転職する際の不安を払拭できるとともに、実際に三菱電機に転職する方法もわかります。

リクルートエージェント

三菱電機への転職で後悔する理由は?

三菱電機へ転職する方の中には、転職後に後悔する方がいます。

実際に三菱電機に転職した方の意見をもとに、「後悔しやすい理由」をまとめました。

長時間労働しやすい環境

三菱電機では自分の専門性を生かせると思って転職したが、多くの人が残業していて、遅くまで働く文化が根強い印象だった。制度自体はあるものの、上司もあまり理解していなかった。
(30代男性)

後悔する声の中で多かったのは、三菱電機が残業しやすい環境であることが要因で、疲弊するような働き方をしていることです。

三菱電機での長時間労働は、2018年まで根付いていた「裁量労働制」(現在は廃止)の文化が影響しています。

2018年以降、働き方改革を実施していますが、残業が通りやすい環境にあるようです。

有給消化率は5割未満とまだ社内での浸透に時間がかかりそうです。

業務量が多い

三菱電機は大手企業で安定した生活を送れると思っていたが、一人当たりの業務量が多く、最初はついていくのが大変だった。3年目の今でも仕事に追われ、土日の疲れが抜けず、転職を後悔している。
(40代男性)

三菱電機の残業時間は、40時間を超える方もいらっしゃるようです。

40時間を超えると、平日の仕事だけでなく、土日にサービス残業を行うことも可能になっています。

競合の三菱電機などの大手電機メーカーでも業務時間は疑問視され、電機メーカーの業務量は比較的多いことには注意しましょう。

休暇が柔軟に取りにくい

以前は中小企業に所属していたが、三菱電機に入社して、有給の取りにくさを強く感じた。有給を積極的に取る文化が社内になく、いつも1ヶ月以上前から有給を取れるよう上司に依頼している。
(20代男性)

大手企業は有給休暇を前もって取る必要があります。

大手企業特有の文化があり、休暇は夏季休暇や年末年始を始め、決まった休日はあるものの、自分が取得したい休暇は上司の許可を得る必要があります

上司も休暇が取りづらい文化を経験してきているため、休暇を取るには事前に相談する必要があるのです。

三菱電機への転職に向いている人とは?

三菱電機に後悔する理由の傾向がわかれば、三菱電機への転職に向いている人がわかってきます。

以下の3つに当てはまれば、最低限三菱電機に向いているといえるでしょう。

残業を好める人

三菱電機では比較的柔軟に残業が可能なので、

  • 若いうちはたくさん働いても大丈夫
  • 残業した分、収入を増やしたい

といった方には、適している会社といえます。

一方で、プライベートに余裕を持ちたい方や業務効率を高めたい方は、他の電機メーカーの選択肢も見ておきましょう。

生活レベルを安定させたい人

三菱電機は、長年、売上・利益共に安定した会社です。

あらゆる産業や社会のインフラに留まらず、宇宙開発まで幅広く事業展開しているため、日本の産業を今後も支えていくでしょう。

多事業に渡り展開していることから、収益を事業間で補完できることが強みです。

生活に支障をきたしたくない方にとっては、おすすめの会社です。

中長期的に年収を高めたい人

三菱電機の平均年収は806.9万円(2020年3月期有価証券報告書)と高い水準です。

キャリコネによると、三菱電機の年代別年収は、以下のようになりました。

20代 500〜600万円
30代 700〜800万円
40代 900〜1100万円

20代から比較的高年収を狙えると共に、40代になると1000万円近くの年収を得られる可能性もあります。

労働時間が長い一方で、年収を高められる可能性があるのはとても魅力的です。

三菱電機への転職難易度は高い

三菱電機の転職難易度はとても高いです。

レベルの高い人材採用を行っており、新卒採用では有名どころの大学院の学生を多く採用していることからも、転職難易度が高いといえます。

しかし、職種によっては転職エージェントを使うことで三菱電機へ転職できる可能性が高まります。
三菱電機へ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

事務系

三菱電機で事務系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 営業
  • マーケティング
  • 調達・生産管理
  • 経理財務
  • 人事総務
  • 法務

営業やコーポレートの職種が多く、転職するチャンスが広がっています。

三菱電機では、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】三菱電機 事務系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

技術系

事務系以上に募集されているのが、技術系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 研究開発
  • 電気設計
  • 機械設計
  • ソフトウェア設計
  • システム設計
  • 生産技術
  • 品質管理

メーカーでの経験がある技術系の方には、転職するチャンスがとても広がっています。

技術系への転職には、技術系の転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
JACリクルートメントは、高年収で転職可能な転職サービスで知られていますが、特定の専門分野に特化した求人が多く、技術系の職種に関する知見も多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一般のエージェントよりも技術系の転職で成功する確率が格段に上がります。

 

【厳選】三菱電機 技術系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

キャリアカーバー

ヘッドハンターから直接スカウトが届く
これまで出会えなかった求人が見つかる

選考難易度の高い三菱電機を突破するには?

認知度の高い人気企業のため、三菱電機への転職難易度は高いといえます。

三菱電機への転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際に三菱電機に転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

三菱電機に転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

三菱電機における中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接/筆記試験:現場社員、人事
  3. 2次面接:役員、現場の部長クラス
  4. 内定

場合によっては、現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

三菱電機の書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

面接突破対策

三菱電機への転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。

面接では、オーソドックスな質問が中心です。

三菱電機に転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜ三菱電機に転職したいのか
  • なぜ電機メーカーで働きたいのか
  • 三菱電機が今後改善できそうな部分はどこか
  • 三菱電機にどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • 三菱電機で具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「三菱電機に本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンと三菱電機が求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、三菱電機の企業分析を十分に行っておきましょう。
三菱電機へ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・三菱電機への志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高い三菱電機に転職できる可能性が高まります

選考対策を自分だけで行うには不安が大きい方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは電機メーカーへの多くの転職成功例を生かし、書類選考対策から面接対策まで幅広く行ってくれるので、企業HPから応募するよりも選考通過率が格段に高まります。

選考を通過できるか心配な方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

転職支援実績No.1
幅広い業界・職種の転職成功事例・選考対策事例が多数

JACリクルートメント

コンサルタントの質No.1
業界・職種別のコンサルタントがサポート

三菱電機へ転職する方の転職元・転職先は?

三菱電機へ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

三菱電機へ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業を紹介します。
自分が三菱電機へ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • パナソニック、東芝などの大手電機メーカー
  • シャープ、キャノン、村田製作所などの電機メーカー
  • ブラザー工業、安川電機、カシオなどの中規模電機メーカー

特に電機メーカーで働いていた方は、スキルが高いことや専門知識に長けているため、三菱電機に転職しやすいようです。
また、電機メーカーで働いた経験がなくとも、エネルギー業界や機械メーカー、ヘルスケア分野などのスキルを持っていれば、転職しやすくなります。

次に、三菱電機から退職した後の転職先をご紹介します。
自分が三菱電機からどんなキャリアを歩めるか確認してみてください。

転職先の例
  • ソニー、パナソニックなどの大手電機メーカー
  • エネルギー業界や機械メーカー

三菱電機から転職する方は、電機メーカーへの転職はもちろん、ソニーのマネージャークラスやソニーの部長クラスなどにキャリアアップできるようです。

三菱電機への転職で内定しやすい人は?

三菱電機への転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、三菱電機への転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. 電機メーカーに在籍した経験がある方
  2. エネルギーや機械、半導体などの専門分野に関わっていた経験がある方
  3. システム開発に長けている方
  4. 調達から生産プロセスに関わっていた方
  5. メーカーでのシステム・製品の営業経験がある方

5つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、三菱電機に内定しやすい人といえるでしょう。

特に、上記の経験で3年以上経験がある方は即戦力の部類に入ります。
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

30代以上の即戦力から第二新卒まで幅広く中途採用を強化しているため、職種によっては、転職難易度は低くなっています。

電機メーカーでの経験がない方でも、マネジメント経験やリーダーシップ、前職で実績をあげた経験がある方は内定しやすいでしょう。

三菱電機の中途採用事情とは?

代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、三菱電機の最近の中途採用情報や転職難易度について触れていきます。

事業内容

三菱電機は日本の大手総合機器メーカーで、売上高は業界4位の大手企業です。
三菱電機の業績推移は近年は安定しており、経営基盤も安定しています。

三菱電機の売上

事業内容は以下のように多岐に渡ります。

  • 重電システム(エレベーター・発電機など)
  • 産業メカトロニクス(配電用変圧器・自動車電装用品など)
  • 情報通信システム(人工衛星・ネットワークシステムなど)
  • 電子デバイス(液晶装置・パワーモジュールなど)
  • 家庭電器(テレビ・エアコンなど)

年間の中途採用人数は1350人三菱電機, 2020年度計画)と非常に多く、特に技術系を中心とした採用が中心になっています。

直近の採用状況は、2018年 1650名、2019年 1530名とやや減衰傾向にはありますが、転職するチャンスは広い企業といえるでしょう。

求人の募集内容

三菱電機では毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
中途採用人数は毎年500~600名程度と非常に多いです。

具体的に、実際にHP上で募集されている中途採用の求人を紹介します。
中途採用の求人は、11個の事業部にわたり、数多く募集されていました。(2021年1月時点)

  1. 電力システム開発
  2. システム設計
  3. 研究開発
  4. セキュリティエンジニア
  5. 電気設備施工管理
  6. 人事総務

三菱電機で数多く募集されているのは、システム開発とシステム設計の求人です。
他にも、研究開発やエンジニア、施工管理などは事業拡大に必要な人材とされ、常に募集されています。

また、マーケティングやコーポレート、営業なども、今後の事業拡大を担う重要なポジションのため、随時募集されることもあるようです。

自分の専門分野とマッチする職種であれば、転職難易度は比較的低くなる可能性が高いでしょう。

「日本の産業を牽引する企業で働けるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

他の電機メーカーと比べると勤続年数が短い

三菱電機では、退職率が他の電機メーカーよりも高いといわれています。

三菱電機の勤続年収は16.3年であり、三菱電機やパナソニックが20年程度という中で、比較的短いです。

新卒で入社して3年未満に退職する人の退職率(離職率)は5%程度と低いです。

退職する人が多いという見方もできますが、自分のキャリアに応じて転職しやすい企業とも捉えられます。
採用人数が多いことからも、入れ替わりが比較的多い会社といえます。

三菱電機の平均年収は高い?

三菱電機の有価証券報告書(2020年3月期)によると、三菱電機の平均年収は807万円です。
三菱電機のここ5年の平均年収の推移は、10万円程度増加しています。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 500万円
30歳 650万円
35歳 750万円
40歳 800万円
45歳以上 900〜1100万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
三菱電機 807万円
日立製作所 903万円
ソニー 1050万円
東芝 870万円
三菱重工業 870万円
パナソニック 750万円

三菱電機の年収は電機メーカーの中で比べると、やや劣る部分はありますが、社員数が多いことを踏まえると、非常に高い年収といえます。

新卒や第二新卒でも年収500〜600万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

何よりも社会のインフラとなる事業の売上が安定していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】高年収の転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

年収アップ事例が多数
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

高年収転職実績No.1
年収600万円~1,500万円の求人多数

(引用:Openwork)

三菱電機へ転職した方の評判・口コミは?

三菱電機に転職した方の評判から、三菱電機に転職して成功したことや後悔したことを紹介します。
自分が三菱電機に転職して成功するかどうかを考えながら見てみてください。

・堅いが堅実でもある。文書管理規定が厳しく内部牽制、内部統制が徹底されていてコンプライアンスに重点的に取り組んでいる。
(営業、男性)
・風通しは大企業にしては比較的良い。社員数が多いため優秀な人材、そうでない人材が共存しており会社の利益の再分配に無駄がある。また年齢層が上の社員が多いが若手が不足している感じがある。表彰金など臨時報奨金の制度があるが、適正な評価はされず運任せであるところが大きい。人数が多ければ多いほど人の査定や評価は難しいということだと思う。
(営業、男性)
・典型的な大企業体質:大企業のイメージ通り(良くも悪くも、安定性と仕組みはしっかり出来上がっている)
– 新しい事にどんどん挑戦したい人/専門性に特化したい人よりも、安定的に広く着実に長く務めたい人に向いている
– 年功序列(昇給/昇格):個人評価で多少変動するが、ほぼテーブル通り/順番通り
– 意思決定の遅さ:時間もかかり慎重でスピード感はない
– 前例主義:攻めの姿勢/積極的な変化よりも、事なかれを優先する感が強い
(技術系、男性)
・昨今の働き方改革等の影響にて、就業時間管理は年々厳しくなっている。平日は21時退社が原則であり、緊急性が高いトラブル対応等でない限り21時以降の就業は認められない。加えて、週末日(金曜日)は定時日となっており、残業する場合は上記と同様のパターンのみ。ただ、仕事量は以前と変わらずの為、平日は目一杯残業をして、更に休日出勤で間に合わせる場面も多々見受けられる。
長期連休は、連続して取得できるように会社として休日を調整しており、プライベートな時間はとれる。したがって、長期連休などはしっかりとれる。が、日常的には、特に業務負荷が高い社員は中々プライベートとのバランス調整が難しい。
(生産技術、男性)

以上の口コミから、三菱電機の特徴をまとめました。

  1. 堅実な文化
  2. 年次が上がるごとに年収が上がる
  3. 年齢層が高い
  4. 残業は比較的多い
  5. 事業の安定性は非常に高い

三菱電機はすでに電機メーカーの中で有数の大手企業であることや年齢が全体的に高いことから、安定志向の方や保守的な方が多く、自ら仕事を生み出したり、上司に進言したりする人は少ないようです。

一方で年次が上がるたびに年収が上がるため、長く勤めたい方にはおすすめの会社です。

残業は直近は制限する取り組みを行っているようですが、浸透には時間がかかりそうです。

三菱電機への転職を実現するには?

三菱電機に少しでも向いていると思った方は、三菱電機へ転職する際に押さえるべき対策や注意点を理解しておきましょう。

三菱電機は転職難易度が高いため、選考を無事通過していけるように対策していきましょう。

三菱電機へ転職成功するコツ

これまでの経験やスキルをアピールできるようにしておきましょう。

特に技術系の方は、自分の専門性と三菱電機で貢献できることがマッチしていることを十分にアピールしておきましょう。

三菱電機では新卒採用で大学院生を始め、優秀な学生を採用しているため、働いている社員全体のスキルが高いです。

ここ数年は海外事業に注力しているため、語学力や海外での経験はアピールしやすいでしょう。

  • 現職の仕事内容
  • 三菱電機に転職しようと思ったきっかけ
  • 三菱電機でやりたいこと
  • 三菱電機で生かせそうなスキル

この4点は最低限、アピールできるレベルまで言語化しておきましょう。

三菱電機への転職を後悔しないようにするコツ

三菱電機への転職は、自分にマッチしていないと後から後悔することになります。

後悔しないように、三菱電機と自分が求めるものが合うかどうか見極めましょう。

OBを通じて、企業文化・風土を理解する

三菱電機へ転職した社員の声の中で、最も後悔した理由として多かったのは、企業文化や風土とのアンマッチでした。

文化や風土が合わなければ、やりたい仕事だとしても、自分のモチベーションや働きがいに大きく関わってきます。

企業文化や風土を知る手段3つです。

  1. サイトや転職エージェントなど、第3者から聞く
  2. 選考中の面談で社員に聞く
  3. 学生時代のOBに聞く

おすすめはOBに聞くことです。
第3者や選考中の面談では、良くも悪くも企業の良い側面を知ることが多いです。

OBを通じての面談は、同じ学校という比較的近い関係性のため、リアルな側面を聞きやすいのです。

転職エージェントに相談する

三菱電機への転職を考えている方は、大手企業の求人を多く扱った転職エージェントを使うことがおすすめです。

特に、他のサイトでは公開していない非公開の求人を多く保有している転職エージェントを活用しましょう。

以下に紹介する転職エージェントは、三菱電機の求人を保有していた実績があります

大手の転職エージェントであれば三菱電機のような大手企業の求人を紹介してくれる可能性が高く、他にも様々な業界の求人を保有しています。

転職エージェントは三菱電機の社内事情について教えてくれたり、転職難易度の高い三菱電機などの大手IT業界への転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策、年収交渉なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手電機メーカーに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

 

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する