PwCあらた監査法人の年収は?転職後の年収や転職のコツも解説

PwCあらたの年収

PwCあらた有限責任監査法人は、大手会計事務所を指す「big4」の一つであり、PwCのメンバーファームです。

いわゆる「4大監査法人」の一つ。 大手監査法人の年収や具体的なキャリアについての情報は少ないですが、本記事では、以下のような方々の疑問を解決できるようにまとめました。

  • PwCあらた監査法人の年収が気になる
  • PwCあらた監査法人の仕事やキャリアが気になる

本記事を通して、これらの疑問を解決した上で、これからPwCあらた監査法人を転職の候補として考えている方にとっても、転職するコツがわかる記事になっています。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。 リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。 20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。 転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。
リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

PwCあらた監査法人の平均年収は?

PwCあらた監査法人の平均年収を、他社監査法人との比較や役職別でみたときの比較の観点から、まとめてみました。 どの監査法人の年収が良いのか、どれくらい年収が伸びるのかがわかります。

大手監査法人とPwCあらたの平均年収

PwCあらたの平均年収は、他の大手監査法人よりも高く、トップクラスの年収といわれています。

大手監査法人(Big4)の平均年収 700-750万円
PwCあらたの平均年収 750万円~800万円

大手監査法人の年収よりも50万円以上高い水準でした。

PwCあらたは、他の大手監査法人よりも社員数は最も少ないですが、少数精鋭体制を構築しており、資格保有者やスキルが高い方の割合が多いです。

年収が高い点やスキルが高い社員のなかで働ける魅力のある企業といえそうです。

会計士とPwCあらたの平均年収の比較

厚生労働省の賃金構造基本統計調査※1によると、公認会計士の平均年収は992万円でした。

PwCあらたの平均年収と比較すると、開きがあるように見えますが、公認会計士の場合、初任給が大手監査法人よりも1.5倍程度異なるためです。

大手監査法人では、一つ役職が上がるだけで、大幅な年収アップが見込めます。

PwCあらたの役職別年収についても、まとめたのでぜひご覧ください。

※1 厚生労働省 賃金構造基本統計調査 職種別(企業規模1000人以上)2017~2019年平均値より算定。職種区分において公認会計士の他に税理士も含む。

PwCあらた監査法人の役職別平均年収

PwCあらたの役職は大きく5つの役職に分けられます。

役職 PwCあらた監査法人の年収 (参考)大手監査法人の年収
スタッフ(役職なし) 600万円 450~650万円
シニアスタッフ 800万円 600~850万円
マネージャー 1000万円 1,000万円
シニアマネージャー 1300万円 1100~1300万円
パートナー 1500万円 1,500万円

役職別の大手監査法人の年収帯をみると、役職別でみてもトップクラスの年収であることがわかります。

スタッフでも600万円の年収を得られるため、20代で会計の知識を生かし、年収を高めたい場合はおすすめの転職先といえます。

また、会計事務所の年収と比較すると、初任給は50~100万円程度の差が開く可能性もありますが、年齢・役職が上がれば、監査法人でも会計事務所と同じくらいの年収を得られる可能性があります。

年齢 (参考)会計士の年収
20代 500~700万円
30代 800~900万円
40代 1000~1200万円
50代 1000万円~1300万円

20代のうちは、会計事務所と大手監査法人で働く年収が異なってきますので、どれくらいの年収を得られるか参考にしてみてください。

PwCあらた監査法人で歩めるキャリアとは

PwCあらたで歩める具体的なキャリアを説明した上で、PwCあらたで年収を高められるチャンスがどれくらいあるのかを解説します。

PwCではスキルが身に付くとともに、年収を上げられるチャンスがあります

PwCあらたでの仕事内容

監査法人が行う業務は、大きく3つに分けることができます。

自分が身につけたいスキルややりたい仕事かどうかを考えながら、読んでみてください。

監査法人の業務はあくまで企業側が作成する会計・財務情報を確認する役割といえます。

監査証明業務

監査証明業務とは監査法人がメインに行う業務で、企業をはじめ地方公共団体や学校法人などの幅広い組織を対象に、それらが公表・提示する会計情報が適正かどうかについて、第三者の立場から調査を行う業務のことです。

非監査業務

非監査業務は、株式公開に関わる支援業務やM&Aに関するアドバイザリー業務、地方自治体を対象とする経理業務や包括外部監査などの業務です。

コンサルティング業務

コンサルティング業務とは、公認会計士が持つ専門的な知見をもとに、企業における会計・財務関連のあらゆる相談に応じる業務のことで、会計・財務についての調査・立案をはじめ、取り組み内容は多岐に渡ります。

PwCあらたで実現できる監査としてのキャリア

監査法人と会計事務所で歩めるキャリアは異なるため、自分が進みたい方向に沿って、選ぶようにしましょう。
会計士として転職する際に、監査法人か会計事務所に転職するかは誰しも悩むポイントです。

監査法人は会計情報をチェックする業務です。

会計監査のとして、一部上場の大手企業を対象に監査業務を行ってみたいというような場合は、PwCあらたをはじめとした大手監査法人に務めることをおすすめします。

監査法人でのキャリアパスとしては、まずは勘定科目等の基本的な監査業務から取り組み、昇進していくと、連結決算の監査等を行います。マネージャークラスでは、管理業務、労務管理・人材育成などに携わります。

また、公認会計士を目指している方にとっては、監査法人で収入を得つつ、公認会計士になるため(試験合格後、2年以上の実務経験と約3年の実務補習が必要)の実務補習に通えるため、一石二鳥なキャリアを歩むことができます。

会計事務所で実現できるキャリア

会計事務所は監査法人と異なり、お客様である法人や個人に代わって、税務申告や経理処理を行っています。
顧客は個人事業主から中小、大手企業と規模もさまざまです。

税務、会計の実務のプロフェッショナルを目指す方は、会計事務所に所属することをおすすめします。

会計のプロになれば、企業や個人を対象とした税務顧問、経営のアドバイザリー業務など、活躍できる範囲が監査以外にも広げることができます。

自分が目指すキャリアを見極めた上で、大手監査法人か会計事務所へ転職するか決めましょう。

PwCあらた監査法人への転職で年収を上げるには?

会計士として次のキャリアを考えている方に、転職活動の際に行うべきことや年収を上げるコツをご紹介します。

もし転職を本格的に考えていない方でも、いずれ転職活動をする際に抑えておくべきポイントをまとめているので、ぜひ読んでみてください。

スキルの棚卸し (自己分析) を行う

スキル(キャリア)の棚卸しは、「これまで仕事で築いてきた経験を整理する」作業です。

具体的には、これまで従事してきた会社やプロジェクト単位で、どんな仕事を経験し、どんな実績を出してきたのかを書き出します。

スキルの棚卸しを行うメリットには3つあります。

  • 経験してきた仕事を俯瞰できる
  • 自分の強みや弱みが見つかる
  • やりたい仕事が見つかる

自分の強みとなるスキルが明確になるとともに、自分が次の転職先に求める要素が導き出されます。

スキルの棚卸しを詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

キャリアの棚卸し
転職成功者が実践するキャリアの棚卸し (自己分析) のコツを徹底解説
キャリアの棚卸しって何? キャリアの棚卸しはなぜやるの? どのように棚卸しすればいいの?

高年収求人を保有する転職エージェントを使う

会計士の求人は年収が高い求人ばかりのため、高年収求人を多数保有する転職エージェントを使ってみてください。

高年収求人を保有する転職エージェントを使うことで、自分の希望に沿った会計の求人を提案してくれます。

特におすすめの転職エージェントを2つだけご紹介します。 会計士の方ににおすすめのサービスは「JACリクルートメント」と「キャリアカーバー」です。

他におすすめの転職エージェントが気になる方は、以下の記事を読んでみてください。

20代に役立つおすすめの転職サイト
20代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
新卒から数年が過ぎ、自分にマッチした仕事で働きたい、次のキャリアに挑戦したいと思い始めた方も多いのではないでしょ
 
30代に役立つおすすめの転職サイト
30代に役立つおすすめの転職サイトと転職エージェント
30代はこれまでのビジネス経験が身を結び、転職で大きくキャリアアップできる可能性が高まります。一方で、20代より

JACリクルートメント

総合評価:★★★★

公式サイト: https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントの特徴は、保有する求人の年収が高く、500万円以上での転職を叶えたい方におすすめの転職エージェントです。

保有する求人は、日系大手や外資系の求人が多く、20代~30代でキャリアップ・年収アップしたい方には魅力的です。

コンサルタントは企業別で専任制のため、応募したい企業の魅力を深く知ることができ、同時に求職者にマッチした求人を紹介してくれる傾向にあります。

登録はこちら

キャリアカーバー

総合評価:★★★★

公式サイト: https://careercarver.jp/

「キャリアカーバー」は国内最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

職務経歴を登録すると、経営幹部層の転職支援実績が豊富なヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトメッセージが届きます。 また、自らヘッドハンターを選んで、相談することも可能です。

高年収の求人が多いことが特徴で、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

登録はこちら

年収アップの交渉を行う

転職エージェントに登録することで、転職に対するアドバイスをもらえるだけでなく、企業側との交渉も進めてくれます。

転職エージェントへ相談することで、希望条件を事前にすり合わせた状態で選考を進めていけます。

企業との選考途中で年収が低いと思っても、転職エージェントが年収を高めるくれるように企業側に交渉してくれます。

転職エージェントは転職のプロなので、自分の転職や年収に対する客観的な意見を聞くことができるため、次の転職先をより納得して決断できるようになります。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する