ソニーへの転職難易度は高い?内定しやすい人の特徴を徹底解説!

ソニーへの転職

  • ソニーへ転職したいけど、転職難易度が高いって本当?
  • ソニーから内定をもらいやすい人はどんな特徴がある?
  • ソニーへの転職で失敗・後悔しないようにするには?

といったソニーへの転職に関する悩みを解決できる記事になっています。

この記事は、実際にソニーへの転職活動をして、「内定した」「失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「ソニーへの転職難易度」について解説し、記事の後半では、「ソニーに内定しやすい人の特徴」について解説します。

この記事を読み終えることで、自身がソニーに転職できる可能性を計れるとともに、実際にソニーに転職成功する方法がわかります。

本記事で解説する次の4つの点に当てはまれる方は、ソニーに転職できる可能性が高い方といえます。

  1. 20代〜30代の方
  2. 事業拡大中の求人に応募した方
  3. 求められる以上の専門知識がある方
  4. ソニーに思い入れがある方

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ソニーなどの大手電機メーカーへ転職するには

ソニーなどの大手企業や電機メーカーへの転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントは 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。

高年収での転職を狙う方は、JACリクルートメントに登録すれば、年収UPは間違いないでしょう。

【厳選】おすすめの転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
年収600万円~2,000万円の求人多数

ソニーの中途採用事情とは?

ソニーが提供する製品と技術は、常に日本の市場をリードしてきました。
代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、ソニーの最近の転職事情や転職難易度について触れていきます。

事業内容

ソニーは8つの事業に渡って、多岐に展開しています。

  1. テレビ・ビデオ
  2. オーディオ
  3. カメラ
  4. 業務用機器・ソリューション
  5. メディカル
  6. 半導体
  7. モバイル
  8. 新規事業

ウォークマンにはじまり、電子機器の製造のトップを走ってきたソニーですが、近年はエレクトロニクス事業以外にも力を入れています

2020年にプレイステーション5の発売を予定しており、ゲーム事業のさらなる成長が期待できます。

近年は半導体事業へ新しく参入し、半導体事業を成長させるために中途採用を多く行っています

売上の推移

直近の売上は安定しており、電機メーカーのなかで日立製作所を押さえ、業界第1位となっています。(引用:2021年3月期決算)

ソニーの2021年3月期は、売上高2兆(前年比0.4%減)、営業利益3,178億円(同13.9%増)となりました。
イメージング&センシング・ソリューション(半導体)が大幅減益となり、映画も振るいませんでしたが、ゲーム、音楽、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション、金融が順調に拡大しました。

具体的な売上(左図)、経常利益(右図)の推移は以下の通りです。(引用:DODA)

ソニーの売上

ソニー事業別売上

特に、ゲームや音楽の事業は売上、利益ともに伸長しており、転職するチャンスが広がっており、転職難易度が低くなっている可能性があります。

また、最も規模が大きい事業であるエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューションの求人の募集は常に行われているようです。

売上が伸びている事業ほど、採用人数を拡大している可能性が高いからです。

求人の募集内容

ソニーでは、152件のポジションを募集しています。(2021年1月時点)

中途採用人数は公開されていませんが、募集ポジション数から予測すると、年間300人以上は採用していると考えられます。

募集職種や事業別で募集している求人の種類は以下の通りです。

ソニーの募集職種

職種別でみると、最も多く募集されている職種は、「ソフトウェア系」(59件、2021年1月時点)でした。
ソフトウェア系の職種はどの事業でも必要とされ、常に需要の高いポジションといえるため、比較的転職難易度の低いポジションといえそうです。

事業別で見ると、「半導体事業」(54件、2021年1月時点)での募集数が最も多いです。
イメージング&センシング・ソリューション(半導体)での人手が足りていないことがわかり、半導体に関する技術者はソニーへの転職難易度は比較的低そうです。

また、テレビ、カメラ、ビデオなどのエレクトロニクス事業も募集数が多く、こちらも通年採用しているようで、転職難易度は低いといえます。

一方、セキュリティや信号処理系、通信技術系などの高いスペシャリストが求められる職種やマーケティング、営業、人事などのビジネス職は募集人数が比較的少ないため、転職難易度は高いといえます。

平均年収

ソニーの平均年収は、1050万円と電機メーカーの中でも高い部類です。(引用:2019年3月期の有価証券報告書

パナソニックが700〜750万円、日立製作所が850〜900万円なので、どの電機メーカーよりも年収が高い会社です。

給与が昇給するペースは、30代以降になって、役職がついてからでないとあまり上がっていきません。

役職がついてからは、30代・課長で600~800万円、40代・部長で、1000~1200万円と年収アップしていきます。

ソニーは30代以上での転職になってくると、高年収が約束されますが、高いスキルを求められるため、年次が上がるごとに転職難易度が高まっていきます。

20代後半から30代前半の間がソニーへの転職難易度が比較的低いです。

ソニーへの転職難易度は高い?

日本中の多くの方が知っている人気企業のため、ソニーへの転職難易度は高いといえます。

ソニーへの転職までには、いくつかステップがあり、どれも難易度が高い選考ばかりです。

実際にソニーに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

ソニーの選考に対する口コミ・評判

・ソニーの選考は非常にシンプルでしたが、「なぜソニーに転職したいのか」について、深掘りされました。なぜ他の電機メーカーよりもソニーがいいのか、新卒でソニーに行こうとは思わなかったのかなど、ソニーへの転職意向を試すような質問ばかりでした。
(20代後半、男性)
・今までのメーカーでの経験を聞かれ、ソニーでやりたいことを固めたつもりでしたが、「ソニーじゃなくてもできることじゃない?」と面接官に問われ、最終的に内定をもらうことできませんでした。人気企業なだけに、実績があるだけでは受からず、転職難易度が高いと思いました。
(30代前半、男性)
・電機メーカーの今後の動向について問われ、今後の市場の動きと自分の専門分野を繋ぐような回答をしたところ、面接官には非常に好評だった。ただし、そもそもスキルや専門知識が低いと見られたのか、2次面接で不合格にされ、改めて転職難易度が高い会社だと思った。
(30代前半、男性)

ソニーの中途採用の応募倍率は人気企業であるからかとても高く、面接の難易度も高かったという意見が多かったです。

ただし、自分のスキルや専門知識が求人の募集内容と合致しているかどうかで、合格率は変わってくるようです。

自分に合った求人を見つけ、十分な面接対策を行えば、転職できる可能性は高まるでしょう。

選考内容

ソニーにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接/適性検査
  4. 内定

ソニーの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

書類選考の対策

ソニーの転職難易度が高い理由の一つが書類選考のハードルの高さです。

ソニーのような大手企業ともなると、一定のスキルや経歴がなければ足切りで不合格にされます。

そのため、応募の際に提出する職務経歴書には、自分がやりたい仕事で求められるスキルを重点的に記載しましょう。

求人で求められるスキルを重点的に記載することで、採用企業側は一定の経験がある人材だと評価してくれます。

そして、職務経歴書にスキルが濃く記載されていると、今後選考が進む中で、どの面接官もその職務経歴書を通じて、高評価をしてくれる可能性が高まります

職務経歴書は内定まで自分のスキルをアピールできる役割を果たし、内定率を高める要素といっても過言ではないのです。

面接突破の対策

転職難易度が高い理由のもう一つが、面接の合格ラインが高いことにあります。

ソニーに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接で聞かれることをご紹介します。

  • なぜソニーに転職したいのか
  • ソニーに転職したいと思ったきっかけは何か
  • なぜ他の電機メーカーではダメなのか
  • ソニーがもっと向上できる点は何か
  • ソニーにどう貢献できそうか
  • ソニーで具体的にやりたいことは何か

以上の質問は、「ソニーに本当に転職したいかどうか」を聞く質問です。

面接を突破するには、ソニーの事業内容や業務内容をはじめ、ソニーの企業分析が欠かせません。

転職難易度が高いソニーの面接突破には、スキルに加えて、ソニーへ働く意欲の高さが必要なのです。

ソニーへの転職で内定しやすい人の特徴とは?

ソニーへの転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、ソニーへの転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. 20代〜30代の方
  2. 事業拡大中の求人に応募した方
  3. 求められる以上の専門知識がある方
  4. ソニーに思い入れがある方

4つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、ソニーに内定しやすい人といえるでしょう。
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

これまでの実績に自信がない方は、ソニーの求人の中でも転職難易度の低い、事業拡大中の事業に応募することをおすすめします。業務が逼迫している可能性があり、内定する可能性が高まります。

また、ソニーへの転職意欲が高い方であれば、20代〜30代に応募することをおすすめします。
専門知識がなくてもポテンシャルを重視される20代であれば、転職難易度が30〜40代よりも低くなります。

ソニーへの転職で失敗しないポイントとは?

ソニーに転職したいと思っている方は、ソニーへの転職で後悔しないように、徹底的にソニーを理解することが重要です。

ソニーに転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、ソニーへの入社後も納得して働くことができます。

入社後に後悔しないようにすることは、転職活動で事前に対策できます。

ソニーの企業理解を深める

ソニーの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、企業理解を深めることが最も重要です。

ソニーへの口コミや評判をもとに、ソニーへの転職で失敗しやすい項目を以下にまとめました。

転職で失敗しやすい項目 ソニーの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 役職が上がらなければ給料は上がりづらい
  • 手当は特になく、福利厚生は充実していない
ワークライフバランス
  • 成果主義
  • 有給休暇は取得しやすい。
  • 残業は月20~30時間。
社風
  • 個人が尊重される。
  • 自社の製品に思い入れがある。
  • 協調性に欠ける
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度有り。
  • フレックスタイム制有り。

ソニーの特徴を理解した上で、自分が本当にソニーに転職して失敗・後悔しないか見極めましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ソニーへの転職を考えている方は、大手電機メーカーを多く扱った転職エージェントを使うことをおすすめします。

大手の転職エージェントは電機メーカー以外にも、圧倒的に多くの業界の求人を保有しており、大手企業〜中小・ベンチャー企業まで他では出会えない求人を保有している可能性があります。

転職エージェントはソニーの社内事情に詳しいため企業の詳細を教えてくれたり、ソニーなどの大手電機メーカーへの転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策なども行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

大手電機メーカーに転職したい方におすすめの転職エージェント
年収がアップするおすすめの転職エージェント

 

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する