ソニー生命への転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

ソニー生命への転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • ソニー生命への転職は後悔しやすい?
  • ソニー生命は中途採用でどんな求人を募集してる?
  • ソニー生命に実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、ソニー生命へ転職した方の評判をもとに、ソニー生命へ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

ソニー生命は魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・悪かったことを網羅する必要があります。

この記事を読み終えることで、ソニー生命への転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

ソニー生命への転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。

リクルートエージェント

ソニー生命への転職で後悔する理由は?

ソニー生命に転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

ソニー生命へ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、ソニー生命に転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

ソニー生命での働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • プライベートとの境目がない
  • 休みは不定期
  • 余裕を持って働けるまで、相当な苦労がかかる

▼入社してよかった理由

  • 総合職や管理部門は柔軟に働くことが可能
  • プライベートの延長線で仕事ができる
  • 成果を出せば、好き勝手に働ける

▼具体的な評判・口コミ

残業時間は月30-40時間程度。フレックスなので朝早く出社し早く帰宅する事も、遅めの出勤でゆっくり帰宅する事も可能。家族との生活サイクルに合わせて家族との時間を確保できるようになりました。 本社制度社員は転勤がほぼ無いため、数年毎に転勤をする不安も無い。住宅を購入できました、子どもの転校も無く家族も喜んでいます。
(20代後半・男性・管理部門)
プライベートと仕事の見境はあまりない。すべてが直結する可能性があるため、常にアンテナを張っている必要があるかも知れない。ただ、趣味の延長線上で知り合った方とも仕事になる可能性も秘めており、趣味が多い人などはプライベートを仕事にすることが出来ます。 土日が休暇であった方にとっては個人のお客様については、土日に対応することも多いため、平日に休みを取ることも多くなると思います。
(30代前半・男性・営業)
完全実力主義のため、アポイント、契約をコントロールできるようになれば、完璧なワーク・ライフ・バランスが達成できると思います。ただ、それに至るまでは365日働く覚悟が必要です。
(20代後半・男性・営業)

総合職や管理部門では、残業も少なく、時間に縛られない働き方が可能ですが、営業職(ライフプランナー)は人によっては365日休みなく働く方もいるようです。

営業職はインセンティブ型の給与体系のため、自身の成果次第で休みを取れるかどうかが決まります。成果が出ないと、プライベートも顧客探しに奔走する必要があるため、大きなストレスを抱える方もいるようです。

一方で、ライフプランナーの仕事をプライベートの延長線と捉えられる方は、仕事を楽しむことができます。
成果を出せば、自分の趣味の時間や家族との時間も多く確保することができるため、軌道に乗ると余裕を持つことができます。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

ソニー生命の社会文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 成果を出さなきゃいけないプレッシャーが強い
  • 常に人とのつながりを意識する必要がある
  • 信頼関係のあった人から拒絶される
  • 営業を尊重する風潮が強い

▼入社してよかった理由

  • 成果主義
  • 先輩から営業ノウハウを学べる
  • 人と話すことがやりがいになった
  • コンプラ遵守を重要視する文化
  • 営業職の社内的地位は高い

▼具体的な評判・口コミ

やればやっただけ給料が上がる。 先輩も聞けば教えてくれる良い人ばかり。逆に聞かなければ何も教えてくれないので、学びたければ自ら学ぼうとする姿勢が大切。我流の一匹狼でももちろん大丈夫。 人と話すのが好きが前提でないと厳しいと思う。知らない人と仲良くなり、保険の話を聞いてもらい、契約し、その後もフォローする。知り合いはめちゃめちゃ増えますが、それが苦になる人にはできない仕事です。断られることも、交遊関係が途絶えることもあるので、それに耐えて進むメンタルも必要。
(20代後半・男性・ライフプランナー)
コンプライアンス遵守への取り組みが非常に先端的。また、社員間での実力主義な風潮は否めないが、嫌な感じでは無いと思う。それぞれライフプランナーが高い志で転職して来ているため、切磋琢磨する風潮もまた感じられる。 活躍している方々を観察してみると個性はバラバラであるが、目標を達成したい気持ちの強さから感じるバイタリティは同じ。また、この会社に転職するまではそんな方々がこれだけ集まっている組織を見たことがない。一緒に活動していて楽しい。
(20代前半・男性・ライフプランナー)
最近はガバナンス強化のため是正の向きもあるが、とにかく営業を尊重する風潮が強い。 ある程度年次を重ねると、自分の知人を何十人か見込み顧客として営業社員に紹介しなければならない制度がある。 本当にプロフェッショナルとして尊敬に値する、人格と知識を兼ね備えた営業職員がたくさんいる一方、本社にクレームまがいの問い合わせをしたり、バックオフィスを軽視するような態度の営業職員も一部存在することが残念。(この点が経営上問題視されていないことが更に残念)
(20代後半・男性・システム開発)

ライフプランナーの仕事に対する口コミでは、成果主義かつ人と常に話す仕事であることを好めない声が多かったです。一方で、営業のノウハウを学べたり、人と話すことが仕事のやりがいと思える人もいました。

社内文化としては、協力する風潮があり、困ったことがあれば助けを求められる環境です。
営業職とその他の職種で社内的地位に差がある風潮があり、管理部門や総合職の方にとっては、やや心配な点です。

年収に対する評判・口コミ

ソニー生命の年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 安定した給与は保証されない
  • 完全歩合制の給与体系
  • 初期活動がかなりきつい

▼入社してよかった理由

  • 数千万円を稼ぐことも可能
  • 社内評価に関係なく、成果次第で給与が変動する
  • 契約継続手数料が安定してくると、働き方が安定する

▼具体的な評判・口コミ

営業職種は、労基法の最低賃金から億以上の幅がある。但し、マーケット開拓に成功すると、一千万円以上で安定している人も多い。  知識・営業力はもちろんだが、収入を安定させるかどうかは、マーケティング能力によるものが大きい。生保の営業職種としては、驚異的に離職率は低い。
(30代後半・男性・営業)
給与制度: フルコミッションという完全歩合の仕組みです。 保険契約を取り続けないと収入は下がり続け、逆に取り続けることができれば、収入は青天井で上がります。 契約による手数料は一年経過するとガクンと減りますので、常に新しい契約を取り続ける必要があります。
評価制度は、契約による、ある意味絶対評価です。 営業所長や支社長はいますが、いわゆるサラリーマンでのゴマスリや上司からの評価というのはありません。 全て自分次第です。
(20代後半・男性・営業)
契約をとり続けられれば報酬は天井がありません。月収で200万稼いでいる人と20万に満たない人が机を向き合わせて同じ仕事をしている不思議な会社です。 基本的に活動初期がかなりきついです。5年くらいはなかなか厳しい時期が続きますがそこを乗り越えると継続手数料がしっかり立ち上がってくるので給与が安定してきて精神的にもかなり楽になります。しかしそこまでたどり着けずに辞めざるをえない人がたくさんいるのも事実です。
(30代前半・男性・営業)

ソニー生命の給与は自分の成果次第であるため、プレッシャーを感じる方が多い一方で、年収をどんどん高めていくことが可能です。

やはり営業活動初期が新規契約を取って、給料を賄わなければならないため、苦しい時期が続くようです。ただし、契約数がある程度増えてくると、継続契約の手数料が収入として入ってくるため、安定した給与を得ることが可能です。

ソニー生命に向いている人とは?

次に、ソニー生命へ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、ソニー生命に向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、ソニー生命へ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 普通の会社では得られない収入を得たい方
  2. 人脈を作ることや人と話すのが好きな方
  3. 営業スキルを伸ばしたい方
  4. 収入にレバレッジを効かせたい方

ソニー生命に転職する何より大きなメリットは、普通の会社では得られない給与を得ることができることです。成果次第で給与が変動する不安定さはありますが、一定の契約数を超えると、既存契約分の給与を得続けることが可能です。

そして、生命保険の営業の仕事を好めるかどうかも非常に重要です。ライフプランナーの仕事は、常に人に商材を売る仕事なので、人との信頼関係が重要です。人と話すのが好きな方や営業としてキャリアを築いていきたい方にはおすすめの企業といえるでしょう。

自分自身がソニー生命に向いていそうか、しっかり見極めましょう。

ソニー生命への転職難易度は高い?

急成長中の企業かつ人気企業のため、ソニー生命への転職難易度は比較的高いといえます。

ソニー生命への転職難易度は高いですが、頻繁に募集する求人があります。頻繁に募集するポジションは、転職するチャンスが広がっている可能性が高いです。

ソニー生命で頻繁に募集する求人について、詳しく解説していきます。

採用人数・求人の募集内容

ソニー生命では毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年50名程度採用していますが、中途採用人数は100名程度です。

過去募集されていた求人を中心に、ビジネス系とエンジニア系のポジションを紹介します。

ビジネス系

ビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  1. ライフプランナー
  2. 代理店営業
  3. 総合職(本社内勤)
    └商品開発
    └アクチュアリー
    └システム開発
    └人事

以上の通り、ソニー生命ではライフプランナーをメインに募集している一方で、総合職の本社勤務のポジションや代理店営業を募集しています。

総合職では生命保険の知識が必要な商品開発やアクチュアリー、社内の業務システムの開発、バックオフィスなど幅広く募集しています。

今後も事業拡大が見込まれるからこそ、営業の人材を含めて、様々なスキルをソニー生命は必要としており、新たに挑戦する機会が広がっています。

ソニー生命ほどの大手企業になると、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

もう少し詳細な求人を見てみたい方は、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録をおすすめします。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ詳細な求人をみてみてください。

【厳選】ソニー生命への転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

選考難易度の高いソニー生命を突破するには?

ソニー生命への転職までには、いくつかステップがあります。

実際にソニー生命に転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

選考内容

ソニー生命における中途採用の内定までの流れは、本社勤務の総合職とライフプランナーで異なります。

▼総合職の選考フロー

  1. 書類選考
  2. 1次面接:現場社員
  3. 2次面接〜4次面接:本部長
  4. 内定

▼総合職の選考フロー

  1. 書類選考
  2. CIP試験
  3. 1次面接:現場社員
  4. 2次面接:本部長
  5. 内定

ライフプランナーとして採用されるには、面接の前にCIP試験に合格する必要があります。

CIP試験とは

ライフプランナーの採用試験では、試験前にCIPという試験を受験する必要があります。
ただし、ライフプランナーの選考を受ける前に、生命保険の販売経験者や生命保険会社での勤務経験がある場合は、参加を断られることもあります。

CIP試験は求職者の適性を見極めるための面談形式の試験で、スカウト・応募を問わず必ず受ける必要があります。

CIPとはキャリア・インフォメーション・プログラムの略で、企業側と求職者側が互いに希望する条件を満たしているかどうかを確認するために、会社の考え方や仕事の内容などについて一通り説明を行い、理解してもらいます。

CIPでは求職者の適性も見極めており、合格率は20%ほどと言われています。

ソニー生命の選考に対する口コミ・評判

ソニー生命の中途採用の選考に対する口コミをもとに、ソニー生命の選考の特徴を以下にまとめました。

  • 人生や仕事に対する考え方を問われ、生保営業の適応できるかを見られる
  • 強い口調で質問される
  • これまでの経験について深く問われる

▼中途採用の選考に対する評判

・なぜ、転職したのか明確に言えること、自信をもって話せることが大事だと思います。営業は厳しい世界なので、心が折れないよう自分自身の仕事に対しての在り方を相手に伝えらえるように準備しておく必要があるかと思います。
(30代後半、営業、男性)
・現在の業務の内容と応募先の仕事内容について一通りまとめておくとよい。またこの会社の特徴として他の保険会社とは営業の手法が違うのでそこも把握しておくとよい。ほかには自分の今までの人生についてきかれることがあるのでそこもまとめておくとよい
(20代前半、リスク管理、男性)
・尋問のような面接で非常に疲れる。嘘も見抜かれれる。独特の面接手法の為、一般的な面接対策は何の役にも立たない。気合い根性やる気…全部不要。過去の自分を振り返り、今まで自分がどうのような行動をしてきて、どのような結果を出してきたのか、自分が出した成果とその理由を明確に説明出来るのかが大事。全く取り繕う事は出来ない面接だと思う。
(20代後半、営業マネージャー、男性)

面接内容はオーソドックスは質問に加えて、生保の営業に向いているかどうかを注意深く確認されます

プレッシャーに強いかどうかを確認するために、面接途中で厳しい口調で質問されることもあります。

面接では、これまでの経験に基づいて自分の考えを論理的に答えることで、ライフプランナーとしての適性があるかアピールすることができます。

これまでの仕事での経験で、困難な仕事を乗り越えた経験や精神的な強さを示す経験をアピールすることは効果的です。
(引用:転職会議)

面接突破対策

ソニー生命の中途採用面接で、よく聞かれる質問をいくつかご紹介します。

ソニー生命に転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、ピックアップしてみました。

  • これまでの人生で大事にしてきたことは何か
  • なぜソニー生命に転職したいのか
  • 将来やりたいことは何か
  • 今までどんな挫折をしてきたか
  • これまでの仕事でどんな成果を出したか
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「ソニー生命で働く精神面・体力面の強さがあるか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「ソニー生命でやりたいことがマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、これまでの仕事でアピールできる経験を整理するとともに、ソニー生命の企業分析を十分に行っておきましょう。
ソニー生命へ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・ソニー生命への志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、ソニー生命に転職できる可能性が高まります。

ソニー生命の企業情報

ソニー生命の事業や採用についてあまり知らない方は、まずソニー生命への転職に関する概要を把握しておきましょう。

ソニー生命への転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性、直近の採用情報を把握しておくことで、最低限自分が転職したいと思える会社かどうかが判断できます。

ソニー生命の事業内容

ソニー生命はは創業以来、ライフプランニングに基づくコンサルティングを通じて、一人ひとりに最適なオーダーメイドの生命保険を届けています。また、お客さまのライフプランをかなえるため、ご契約後もきめ細やかなアフターフォローを継続的に提供しています。

2004年4月には、ソニー損保、ソニー銀行などとともに、金融持株会社ソニーフィナンシャルホールディングス(株)に参画し、生命保険・損害保険・銀行の3社の連携を強化することにより、お客さまのニーズに合わせた総合的な金融サービスの提供を推進しています。

ソニー生命の従業員数は、8,642名、その内ライフプランナーは5,792名と、生命保険事業が主要事業であることがわかります。

事業の将来性

ソニー生命の売上はここ数年、経常収益・経常利益とも純増です。

純増の要因は、新契約獲得にかかる費用の減少および保有契約高の拡大による利益の増加などです。
特に、個人保険の契約高が伸び続けていることが事業が安定している要因になっています。

▼ソニー生命の経常利益

ソニー生命の経常利益

▼ソニー生命の個人保険契約高

ソニー生命の保険契約高

(引用:ソニー生命の企業情報から抜粋)

ソニー生命の個人保険契約高は継続と新規とも安定した契約高を誇り、今後も安定した売上・利益を維持できるでしょう。

ソニー生命の平均年収は高い?

2020年6月期のソニー生命の有価証券報告書によると、平均年収は923万円でした。

日本の平均年収が440.7万円(「平成30年民間給与実態統計調査」から引用)であるため、ソニー生命は高年収を得られる会社といえるでしょう。

次に、職種別、年齢別に年収の差があるかどうかを確認してみましょう。

▼職種別の平均年収

職種 平均年収
ライフプランナー 1170万円
総合職 746万円
管理 663万円
事務 643万円
※引用:Openwork

生命保険会社のライフプランナーの平均年収は1000万円を超えています。給与制度が自分の成果に応じたインセンティブ報酬のため、年収の水準は非常に高いです。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 505万円
30歳 582万円
35歳 704万円
40歳 825万円
45歳 907万円

ソニー生命では、30代で700万円台、40代で800〜900万円台の年収が基準といえそうです。ただし、成果に応じた年収を得られるため、平均よりも高い年収を得られる可能性は高いです。

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
ソニー生命 923万円
プルデンシャル生命 1,100万円
アフラック生命 800万円
オリックス生命 700万円

ソニー生命の年収は業界の中で、トップクラスの年収を誇ります。
ソニー生命より年収が高い企業は、プルデンシャル生命です。フルコミッション型の給与体系のため、成果を上げた分、年収に還元される割合が高いです。

ソニー生命も20代で600万円以上の年収を得られる可能性も十分高いため、若いうちに年収を上げたい方にはおすすめの転職先です。

30代以降も年収が上がり続けるため、今よりも年収を上げたい場合にうってつけの転職先です。

何よりも売上・利益が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職すると、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方もいると思います。そんな方には、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

ソニー生命への転職で後悔しない秘訣とは?

ソニー生命への転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にソニー生命を理解することが重要です。
ソニー生命へ転職する際の注意点を気をつけておけば、ソニー生命への入社後も納得して働くことができます。

以下に、ソニー生命の企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとソニー生命の転職事情について詳しく知りたいと思った方やソニー生命のような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

ソニー生命の企業理解を深める

ソニー生命の社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

項目 ソニー生命の概要・口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 保険や退職金などに関する制度有り
  • 平均年収は923万円。業界内でもトップクラスの年収。
  • 安定した給与は保証されない
  • 完全歩合制の給与体系
  • 初期活動がかなりきつい
  • 数千万円を稼ぐことも可能
  • 社内評価に関係なく、成果次第で給与が変動する
  • 契約継続手数料が安定してくると、働き方が安定する
ワークライフバランス
  • プライベートとの境目がない
  • 休みは不定期
  • 余裕を持って働けるまで、相当な苦労がかかる
  • 総合職や管理部門は営業に比べて、柔軟に働くことが可能
  • プライベートの延長線で仕事ができる
  • 成果を出せば、好き勝手に働ける
仕事・社風
  • 成果を出さなきゃいけないプレッシャーが強い
  • 常に人とのつながりを意識する必要がある
  • 信頼関係のあった人から拒絶される
  • 営業を尊重する風潮が強い
  • 成果主義
  • 先輩から営業ノウハウを学べる
  • 人と話すことがやりがいになる
  • コンプラ遵守を重要視する文化
  • 営業職の社内的地位は高い
働き方
  • 営業職は、働きたい時間に働ける。
  • 営業職以外は、フレックスタイム制あり。

ソニー生命の特徴を理解した上で、自分がソニー生命に転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ソニー生命で働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

転職エージェントは、優良企業や大手企業が募集する、求人サイトには載っていない非公開求人を多く保有しています

以下に紹介する大手の転職エージェントは、非公開求人を数多く扱っていることはもちろん、ソニー生命のような人気企業の求人を数多く保有しています。

大手の転職エージェントは人気企業の転職情報だけでなく、社内事情について教えてくれるなど、転職難易度の高い大手人気企業とのパイプを生かし、内定までサポートしてくれます。

転職に関する気軽な相談から、面接対策、年収交渉など幅広いサポートを行ってくれます。
転職初心者の方でも、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、非常におすすめです。

転職エージェント選びをどうしていいかわからない方に、万能型のエージェントと、高年収を目指せるエージェントをいくつかご紹介します。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

自分の希望に合った高年収求人を確実に見つけたい方は、JACリクルートメントがおすすめです。リクルートエージェントで高年収の求人が見つからなくても、JACリクルートメントでは見つかることが多いです。

この記事を通して、「ソニー生命で働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「ソニー生命のような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。