メガバンクからの転職先とは?転職理由や転職成功の秘訣を徹底解説

メガバンクからの転職

メガバンクに勤められている方で、転職を考えている方のお悩みを解決するような記事になっています。

  • メガバンクからの転職先の候補はどこになるの?
  • メガバンクで転職を考えている方はどんな理由なの?
  • 実際にメガバンクから転職成功した人が転職した秘訣とは?

といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際にメガバンクから転職した方へのインタビューをもとに、記事を作成しています。

記事の前半では、「メガバンク銀行員が転職する理由や転職先」を紹介し、後半では、「メガバンクから転職する上で重要なポイント」を解説します。

この記事を読み終えることで、希望の転職先が見つかり、実際にどのように転職活動するかがわかります。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

メガバンク銀行員の転職が多い理由とは?

まずはメガバンク銀行員が転職する理由で多いものをご紹介します。

自分がメガバンクから転職する理由を明確にするとともに、メガバンクの銀行員が抱える実情をご覧ください。

業績が低下傾向

メガバンク全体の業績は、2016以降、低下しています

理由は、2016年に施行されたマイナス金利政策が原因です。
銀行の収益は2016年以降、大幅に悪化しています。

メガバンクも含めて、銀行全体でコスト削減が推進されており、AI(人工知能)の導入や人員削減、支店の閉鎖などで効率化を図っています。

人員削減の動きに伴い、2021年卒の新卒採用計画では、メガバンク3行とも前年の2020年卒採用と比べて合計15%減となりました。

一時のピークの売上までの回復は今後もしないとされており、業績低下によって、人員削減や出世の可能性が低くなっていること、年収アップが見込めなくなっていることも生じているようです。

今後の出世が見込めない

人員削減が推進されていることから、今後は管理職ポストが大きく減る可能性があります。

支店の統合や閉鎖が進んでいるため、支店が減った分のポストは減っていくことでしょう。

メガバンクは年功序列で役職が決まっていた側面があったが、年功序列で出世できるとは限らなくなります

メガバンクではこれまで大量の採用を行ってきた点からも、出世の道はより厳しくなったといえます。

上司との相性が合わない

「この仕事をやりたい」と思うことがあっても、部下の意見を聞いてくれない上司がいることで、転職したいという方も多くいます。

メガバンクでは、長年同じルーティン業務を行ったり、事務作業をひたすらやらされたりする場合も多いようです。

上司に要望したとしても、長年在籍している社員にはその文化が根付いているため、自分がやりたいことを実現しにくいのです。

市場価値が高まらない

自分がやりたいことがすぐにはできないため、地道に成果を出していく必要があります。

成果が出なければ、違う仕事を与えてくれないため、自分の市場価値が高まりません。

そして、コスト削減に伴った効率化を目指す施策(支店や部署の統合、閉鎖など)により、部署間の異動もしにくくなるため、スキルや経験値を高めることがさらに難しくなるでしょう。

メガバンクからの転職先とは?

業界や職種別のメガバンクからの転職先をご紹介します。

以下に紹介する転職先は、どれもメガバンクで培ったスキルや経験を生かせるので、転職先の候補として参考にしてください。

スキルを生かせる転職先

メガバンクでのスキルを生かせる主な転職先には、以下の業界があります。

  • M&Aアドバイザリー/仲介
  • コンサルティングファーム
  • 監査法人
  • 投資銀行

各業界でどのような経験を生かせるか、詳細をご覧ください。

M&Aアドバイザリー/仲介

メガバンクからの転職で、M&Aアドバイザリーや仲介で生かせるスキルは、M&A関連業務だけでなく、法人融資審査経験、プロジェクトファイナンス、LBOファイナンス、支店でのRMとして融資を中心とした法人営業業務などです。

M&Aを支援する業界では、日本を代表するような企業や中小企業が経営戦略の一環として海外の企業に対しM&Aを行ったり、成長性に陰りが出てきている企業を買収し再生させることができ、非常に魅力的な業界です。

コンサルティングファーム

メガバンクからコンサルティングファームの転職で生かせるスキルは、企画立案経験、リスク管理経験やコンプライアンス管理経験、ITシステム関連の経験、不良債権処理に携わった経験、法人営業経験、グローバル案件に関わる経験などです。

コンサルタントの業務は、企業の中に入り込み、経営問題を発見し、解決策を提案、実行することで業績アップを目指します。一方で、銀行は経営に関するアドバイスは多少できても、直接企業の経営に介入することはできません。

コンサルファームの業務は、常にクライアント視点に立つ業務であり、銀行出身者はこの点に魅力を感じる方が多くいらっしゃいます。

監査法人、会計事務所

銀行員は企業への融資を行うために、企業の財務状況などを確認し、ときには業績改善などのアドバイスをすることもあります。

一方で公認会計士は、主に上場企業などの規模が大きい会社で監査が必要になる企業で財務諸表のチェックなどを行う仕事です。

財務状況を確認して、経営の健全性をチェックするという意味では、監査業務と銀行業務の親和性は高いのです。

投資銀行

投資銀行への転職は専門性が求められるため、転職難易度は高いといえます。

M&Aアドバイザリー経験がある方が転職で優遇されやすいです。

その他に銀行員から投資銀行へ転職できている方は、会計士資格の保有者や本店のプロダクト部門(例:LBOファイナンス、プロジェクトファイナンス等)での経験をお持ちであれば、M&Aアドバイザリーのご経験が無くとも、転職できるチャンスがあります。

異業界でも活躍できる転職先

法人営業としての折衝経験や財務の専門知識を持っている方は、他業界での営業や財務として活躍できる可能性が高いです。

事業会社の法人営業では、会社のお金の流れを知っている人材を重宝します。
法人営業では、会社内の課題を見つける際に、金融の専門知識を持っていることが有利に働きます

事業会社の財務や経営企画でも、財務知識を持っている人材は活躍できる可能性が高いです。

おすすめの転職先はFintech業界

矢野経済研究所がまとめた国内フィンテック市場調査によると、2021年度には808億円に市場規模が成長すると予想されています。
15年度の市場規模は48億8500万円とみられるため、わずか6年で16.5倍に成長する計算です。

現在も成長し続けている「フィンテック(FinTech)」業界ですが、ITへの知識がなく、銀行でのみキャリアを積んできた人にとっては、ハードルが高いと感じられるかもしれません。

しかし、成長中の業界だからこそ、メガバンクでの経験が求められるのです。

例えば、金融機関向けのシステム開発や金融機関・大企業などとの協業が必要となる大規模なプロジェクトでは、入出金や為替、融資や投資など商品知識、取引の流れといった業務知識が不可欠です。

また、銀行員のコンプライアンスに対する姿勢が、高い評価を受けるでしょう。
銀行で培ってきた、「法令を順守しつつ、利益を生み出す」という経験がフィンテック企業では重宝されるはずです。

営業、商品開発、企画、システム開発など、メガバンクで得られた経験は必ず生きてきます。

メガバンク銀行員が転職成功する秘訣とは?

メガバンクでのスキルや経験は有利に働く場合が多いです。

しかし、より専門知識が求められる職種や異業界への転職の場合は、転職しにくい場合もあるため、より十分に対策しておきましょう。

転職成功するために、以下に説明する3点を実践してみてください。

メガバンクで身につけた経験・スキルを整理する

転職先の業界や職種の方向性がある程度決まったら、転職先に生かせる経験やスキルを明確にしておきましょう。

専門的な職種や異業界への転職を目指している方であれば、より転職難易度も高くなるため、職務経歴書や面接でアピールできるポイントを言語化しておきましょう。

強みやスキル、仕事の実績を整理する際のポイントを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

キャリアの棚卸し
転職成功者が実践するキャリアの棚卸し (自己分析) のコツを徹底解説

キャリアの棚卸しって何? キャリアの棚卸しはなぜやるの? どのように棚卸しすればいいの?

メガバンクから転職する理由を明確にする

メガバンクからの転職で成功する人の多くは、次にやりたいことが明確であることです。

これまで経験してきた仕事を振り返っておくことで、自分が本当に転職したい理由が見えてきます。

転職理由は個人の価値観によって異なりますが、例として以下のような転職理由があります。

  • お金を稼ぐこと
  • 職場環境が自分と合うこと
  • 難しい仕事を乗り越えること
  • 社会貢献できること
  • 安定した業界で働くこと

自分が経験してきた仕事から、どんな転職理由でメガバンクから転職したいのか明確にしておきましょう。

転職サイト・転職エージェントを活用する

メガバンクからの転職を考えている方は、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。

転職サイトは、自分の希望に合う求人を自分自身で見つけることができるため、気になる求人を数多く見つけられることが特徴です。

転職エージェントは銀行員に適した求人を提案してくれるだけでなく、銀行員の転職成功例をもとに、キャリア全般の相談や面接対策なども行ってくれます。
転職初心者の方なら、転職先が決まるまで無料のサポートを受けられるので、おすすめです。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する