転職活動はいつから行うべき?転職活動を優位に進めるコツとは

転職活動の進め方に関する疑問
  • 転職活動の期間は通常どれくらいかかる?
  • いつから転職活動するのがベスト?
  • 希望時期に転職するために今からどう転職活動を進めればいいの?

というお悩みを解決する記事になっています。
転職活動が始めての方でも、経験がある方でも悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

「転職活動を後回し」にしたことで後悔した方々の声をもとに、転職活動を優位に進める3つのコツをまとめました。

記事の前半では、「ベストな転職活動を始めるタイミング」について説明し、後半では「効果的な転職活動の進め方」について説明します。

この記事を読み終えることで、転職活動を始めるタイミングが明確になるだけでなく、転職活動の進め方も明確になるため、自信を持って転職活動を始めることができます。

転職までのステップは?

転職活動は3ヶ月以上かかる場合が多いです。
内定までに2~3ヶ月、入社までに1~2ヶ月かかることを想定して、転職活動しましょう。

転職活動までの流れと期間

転職の進め方

通常の転職活動は、図のような流れで進んでいきます。
「転職の準備」や「情報取集」では職務経歴書を作成したり、次のキャリアを探します。
「応募・面談」では転職サイトを用いて気になる企業の選考を受けます。
「退職」では在職企業への退職手続きと内定企業への入社手続きを進めます。

転職活動を優位に進める3つのコツ

以下で転職活動で抑えてほしい3つのコツを解説します。

  1. 転職希望時期を決めること
  2. 転職活動は入社時期より3〜4ヶ月以上前に始める
  3. こまめな情報収集を行うこと

転職活動期間は短くて3ヶ月はかかる?

転職活動は一般的に3ヶ月と言われていますが、それ以上かかることの方が多いです。
転職活動をスムーズに進めるためのポイントを抑えていきましょう。

ポイント1:転職希望時期を決めること

希望時期を決めることで、逆算した転職活動を行えます
いつ何をやればいいかが明確になるため、転職期限を定めることは必須です。

転職期限を決めないばかりか、在職で不安を感じたまま仕事を行っている方々も多いです。
「転職する決断ができずに、結局在職での仕事を退職してしまった」という声もありました。

ポイント2:転職活動は入社時期より3〜4ヶ月以上前に始める

転職活動が長引く要因で最も大きいのは、「退職」です。
退職するには、会社への申し入れ、仕事の引継ぎが必要になるからです。
上司からの引き止めに1ヶ月以上あったり、引継ぎが2ヶ月でも終わらなかったといった事例もあります。

転職の希望時期を見定めて、余裕を持って3~4ヶ月以上前には転職活動を始めることで、思わぬ問題があっても転職活動を計画通りに進めることができます。

転職活動はいつからがベスト?

転職活動を開始するタイミングは、転職したいと思った時がベストです。
転職したいと思いながら、転職活動を後回しにしてしまうと、キャリアアップするタイミングが後ろ倒しになるからです。

求職者の方々には「転職市場が活発な時期を逃した」「気になっていた求人が埋まってしまった」のように、機会損失して後悔することも少なくありません。

しかし、忙しい方にとっては今すぐには転職活動できないといった方もいるでしょう。
そういった方への損をしない転職活動の方法もご紹介しています。

転職したいと思った時がベスト

転職活動は早く始めることに越したことはありません。
早く始めることで、転職成功を実現できるメリットを享受できるからです。

早く始めるメリット
  • 転職する前に自らの市場価値を把握することができる
  • 自らにマッチする求人に多く出会える

情報収集するにあたり、転職サイトに掲載している求人を多く見ることで、これまでの経験や年収を見直すことに繋がります。
さらに、自らが希望する業職種や条件での仕事も見つかる可能性が高くなります。

在職で転職活動する方へ

在職で忙しい方におすすめしたい転職活動の始め方は、「こまめな情報収集」と「気になった企業への面談」を複数回実施してみることです。

在職中に定期的に情報収集しておくことで、転職したいタイミングがきた時にスムーズに転職しやすくなります。

在職中に転職活動するメリットは大きいです。
退職中は企業から退職している理由を懸念されるため、書類選考の通過率が低くなりかねません。
気になった企業への応募は在職中に行うことをおすすめします。

退職後に転職活動する方へ

退職後での転職活動が致し方ない方は、退職交渉を前もって実施することが重要です。
まだ転職先が決まっていないと、在職での引き止めに強くあう可能性があります。

「転職先が決まってからでもいいのでは?」と引き止めやすいのです。

退職交渉のポイントは2つです。

  • 「退職したい」旨を率直に伝えること
  • 退職希望時期を一貫して伝えること

上司への退職の申し入れが曖昧になり、在職で以前と変わらぬままの条件下で働き続ける方もいらっしゃいます。
強い意志を持って、伝えましょう。

ポイント3:こまめな情報収集を行うこと

在職もしくは退職後に転職活動する方に共通しておすすめしたいことは、

  • 転職サイトで求人情報を受け取ること
  • 転職エージェントに相談すること

で定期的に情報収集することです。
仕事の合間や通勤時間などの隙間時間に転職サイトやエージェントが勧めてくれる情報を受け取りましょう。

転職サイトで求人情報を受け取ること

転職サイトがおすすめしてくれる求人や転職情報に目を通しておくことで、まとまった時間が取れた際に、一気に転職活動を進められる準備ができます。

転職サイトで受け取れる情報は、「おすすめの求人」「求人特集」「転職ノウハウ」「転職成功体験談」など多岐に渡ります。

転職エージェントに相談すること

転職エージェントと面談することで、次の仕事の希望条件や転職活動の進め方をアドバイスしてくれます。
面談のヒアリング内容から、個々にカスタマイズした情報をメールで送ってくれるため、欲しい情報を適宜受け取ることが可能です。

在職で忙しい方であれば、厳選した求人を提案してくれたり、職務経歴書の魅力的な書き方までフィードバックしてくれます。

まとめ

 

  1. 転職希望時期を決めること
    まずは次の仕事で働きたい時期を定めましょう。
  2. 転職希望時期の4~5ヶ月前に活動し始めること
    転職活動ではうまくいかないこともあるため、余裕をもって転職活動を始めましょう。
  3. こまめな情報収集を行うこと
    求人情報や転職ノウハウを転職サイト・転職エージェントから拾っていきましょう。

この3つを意識することで、転職したいタイミングで転職するための準備が整います。
余裕をもって情報収集している方が自分が心から望むキャリアに転職することができます。