転職面接の結果が遅い理由とは?結果が遅い場合に準備しておくこと

転職面接の結果
  • 面接の結果が遅いと、不合格?
  • 面接結果はどれくらい待てばいい?
  • 面接結果は問い合わせていいもの?

といった悩みを解決できる記事になっています。

転職者の面接後の体験談や転職エージェントの声をもとに、記事を作成しています。

記事の前半では、「面接結果を待つ必要がある背景」を解説し、記事の後半では、「面接結果を待っている間にできること」を解説します。

この記事を読み終えることで、面接を待っている間の不安を解消できるとともに、面接結果を待っている時の過ごし方を理解することができるでしょう。

転職の面接の結果が遅いと、不合格なの?

面接の結果が遅くても、不安を抱えすぎることはありません。
面接の結果が遅い背景には、あなたを採用したい企業側が採用に対して大きなコストをかけていることにあります。

1名採用するということは、売上の一部を還元していることと同じなのです。

転職の面接結果に時間がかかる理由とは?

面接結果が遅いのは、不合格だからというわけではなく、慎重に選考している可能性があります

企業が慎重に選考している背景には、3つのポイントがあります。

  • 社内で合格の可否をを調整している
  • 他の候補者と比べている
  • 次の選考の設定に時間がかかっている

この3つのポイントが理解できれば、企業が選考結果を通達することが遅い理由にも納得できます。

社内で面接結果を調整している

選考結果の合格・不合格の判断は、面接官だけが行っているものではありません。
合否を判断しているのは、人事・該当部署の現場・該当部署の上長の3者です。

面接官が人事だったとしても、現場が欲しい人材かどうかを見極めるため、3者間で合否の認識を合わせるため、時間を要すことことがあります。

他の候補者と見比べている

他の候補者がこれから選考を受ける可能性があります。
他の候補者と見比べているのは、理由があります。

  • 求人の募集要件のレベルが高い
  • 応募している候補者のレベルが均衡している
  • 知名度の高い企業のため、応募が殺到している

いずれかの条件にあてはまる求人内容であれば、他の候補者と見比べている可能性が高いです。

次の面接の設定に時間がかかっている

面接結果で合格が決定していても、選考の設定に時間がかかる場合があります。
設定に時間がかかるのは、理由があります。

  • 次の面接官のスケジュールが合わない
  • 次の面接内容をすり合わせている

面接官が現場から出てくることも多く、候補者の希望スケジュールと合わないことがあります。

そして、面接官が決まっても、候補者が活躍できる人材かどうかを見極めるために、あらかじめ面接で確認したいことを前回の面接官とすり合わせています。

転職の面接結果はどれくらい待てばいいの?

面接結果は焦らずに長い目で待ちましょう。

企業の採用状況によって、事前に共有されていた報告日から前後する場合があります。

1週間程度は待つことが多い

どの選考ステータス(書類選考、1次面接など)でも、おおよそ1週間程度は待つことが多いです。

長くて、2週間程度待つことも少なくありません。

選考ステータスによって、待つ時間も変わる

書類選考の選考結果を待つ時間は、応募企業や求人の人気度によって変わります
大手企業に応募した場合は、当日〜1週間以上待つこともあるでしょう。

1次面接から2次面接にかけては、企業の合否に時間がかかるため、当日〜1週間以上待つこともあります。

最終面接の選考結果は、3日〜2週間以上待つことになるでしょう。
最終面接は、内定か否かの判断や、他の候補者との比較、待遇面の調整も必要なため、時間を要します。

面接結果を問い合わせてもいい?

1週間待っても連絡が来なければ、問い合わせてみましょう。

ただし、最終面接の結果は、遅い場合があるので、10日程度待ってみましょう。

メールで問い合わせる

問い合わせる手段は、基本的にメールで行いましょう。
採用側に差し支えない程度に、選考結果を伺いましょう。

問い合わせるポイントは2つです。

  • 選考結果の報告日が過ぎている旨を伝える
  • 結果の報告が遅れている理由を間接的に聞く

この2つのポイントを守れば、失礼のないメールを作成できます。

問い合わせの文面例

 

〇〇株式会社
人事部 ○○様お世話になっております。
先日貴社の面接を受けさせていただいた、鈴木太一と申します。

貴重なお時間を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

面接時にお伺いしました選考結果の報告日が過ぎているようで、
念のため、確認させて頂きたく、ご連絡差し上げました。

何か状況が変わってましたら、ご共有いただけますと助かります。

大変恐縮ですが、ご確認お願いいたします。

 

面接結果を待っている時にすべきことは?

結果を待っている時は、不合格になった時のことを想定しておきましょう

不合格になり、他の転職先の候補がない状態だと、転職活動が滞ってしまいます。
転職したい時期に転職するために、転職活動では最悪の事態を考えておくことが重要です。

他の選考を進めておく

第一希望の転職先が落ちても、その代わりとなりうる企業の選考を受けておきましょう。

選考中も複数の選択肢を持っておくために、転職サイトを活用することをおすすめします

新たな求人に応募しておく

転職サイトを活用することで、求人を探したいタイミングで、興味のある求人を探せます。

転職活動中に転職先の条件が移り変わっても、転職サイトを活用すれば、探したい条件で探すことができます。

面接結果をできる限り早く知りたい方へ

できる限り早く次の転職先を決めたい方や、転職活動にかける時間があまりないという方は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することには、興味のある求人の提案や面談・面接に関する相談に加え、応募企業とのコミュニケーションを円滑にしてくれる役割があります。

応募企業に対して、選考結果を聞いてくれたり、選考スケジュールの調整まで行ってくれます。

転職エージェントに相談することで、複数の企業を受けていたとしても、選考を滞りなく進めてくれます。

まとめ

転職者の面接後の体験談や転職エージェントの声をもとに、面接結果を待つ目安の期間や企業が結果を出すのに時間がかかる理由を解説しました。

採用する企業は、合否の判断や他の候補者との兼ね合い、次回面接の調整が必要なことから、1週間程度は時間を要すことも多いのです。

結果が遅い場合には、他の選考を進めたり、新たな求人に応募することも並行して行っていきましょう。
結果が悪くても、最悪の状況を想定しておけば、転職活動をスムーズに進められます。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する