人材業界は転職しやすい?人材業界転職者に聞いた転職するコツとは!

人材業界への転職
  • 人材業界は転職しやすいの?
  • 異業界から人材業界へ転職しても、活躍できるの?
  • 異業界から人材業界へ転職するコツは?

といった悩みを解決できる記事になっています。

他の業界から人材業界へ転職した方の成功談と失敗談から、重要な部分を切り出して記事を構成しています。

記事の前半では、「人材業界への転職や人材業界の仕事」を解説し、記事の後半では、「人材業界へ転職するコツ」を解説します。

この記事を読み終えることで、「人材業界への転職事情」を理解できるとともに、「人材業界へ転職する際に重要なポイント」を身につけられるので、自信を持って人材業界への転職活動を進められるようになります。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。 リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。 20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。 転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。
リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

人材業界はどんな業界?

人材業界は、企業と求職者をつなぐ役割を担っています。

人材業界は、2つの役割を果たしています。

  • 求職者が就職・転職・派遣を通じて働く
  • 企業が必要な人材を戦略的に採用する

求職者は「この企業で働きたい」というニーズを、企業は「こんな人を採用したい」というニーズをお互い満たせるようなサポートを行っているのが人材業界といえます。

人材業界の市場規模

人材サービス産業の市場規模は、売上ベースで約9兆円(派遣事業や請負事業含む)と推定されています。

転職者が仕事を見つけた方法のなかで、求人広告や人材紹介を含めた民間の人材サービス産業経由で見つけた割合は3割程度を占め、転職サイトや転職エージェントは人材サービスの中核を担う事業といえます。

引用先:2020年の労働市場と人材サービス産業の役割

人材業界のビジネスモデル

人材業界の種類は大きく4つの分野に分類されます。

  • 人材紹介
    求職者と採用企業との仲介を担い、双方をマッチングさせる
  • 求人広告
    企業の求人情報を自社メディアに掲載し、求職者に情報提供する
  • 人材派遣
    派遣会社に登録している求職者を企業に派遣する
  • 人事コンサルティング
    企業の人事戦略や人事評価等、人材に関するコンサルティングを行う

人材紹介や人材派遣、求人広告は未経験でも比較的転職しやすく、人事コンサルティングは専門知識が要求されます。

未経験の方が人材業界に転職するには、まず人材紹介や人材派遣、求人広告を中心に調査してみるとよいでしょう。
リクルートやパソナ、パーソルキャリアは、人材業界の最大手であり、多くの方に知られた企業といえるでしょう。

人材業界は転職しやすい?

人材業界は転職しやすいという声を聞くことは多いです。

  • メーカーのみの経験しかなかったが、人材業界の企業との面談を通じて、活躍できそうなイメージが湧いた。(30代男性)
  • 広告業界での経験しかなく、人材業界の知識がないので受からないと思ったが、未経験でも通用する業界だと思った。(20代女性)

 といった声もありました。
人材業界へ転職した方の声から、転職しやすい理由が見えてきました。

  • 異業種での転職も可能
  • 営業職は未経験でも転職しやすい

といった理由がありました。

異業種からの転職もしやすい

異業種からの転職が可能なのは、人材業界の専門知識は、入社してからでも比較的身につけやすいことからです。

人材業界のビジネスモデルは決まった型があるため、ビジネスモデルを理解するとともに、求職者や採用企業の動向を理解できれば、知識を後追いで身に付けられます。

人材業界の基礎知識については、この後にまとめてあります。

営業職は未経験でも転職しやすい

人材業界での営業は、比較的未経験でも、営業先との対話が多いため、専門知識が付けやすいです。

人材業界の営業職で折衝する相手は、求職者や採用企業、転職エージェントのいずれかです。

いずれかの営業先と折衝する経験が多いため、たくさんの声が聞けるため、知識も自ずと付いてくるのです。

人材業界の入社後は活躍できる?

入社できても、「活躍する人は、結局同業界の人が多いのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

  • 金融業界での従事経験しかなかったが、金融で身につけた知識を生かし、金融業界への転職についてアドバイスできることが多かった。(20代後半男性)
  • 飲食店の店長をしていたのだが、営業職であれば、人材業界でも接客スキルを生かすことができた。(30代前半男性)

といった声もありました。
人材業界で働いている人の声には、異業界からの転職でも活躍できるという声が多いようです。

人材業界では、他業界での経験が活きる

業界経験がなくても、ビジネススキルがあれば、他業界でも活躍することが可能です。

活躍している業界の例には、金融業界・広告業界・インターネット業界・不動産業界・メーカーなど多岐に渡っています。

人材業界に転職するコツは?

 

  • 異業界からの転職で何を強みにすればいいかわからない
  • 人材業界での志望理由が明確ではない
  • 人材業界の仕事で築けるキャリアイメージが湧かない

といった悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

2つのポイントを押さえることで、他の業界からでも転職しやすくなります。

  • 生かせるスキルを明確にする
  • 人材業界を通じた目標のキャリアを明確にする

といったポイントについて解説します。

生かせるスキルを明確にする

これまでの経験を棚卸ししていきましょう。 棚卸しすることで、生かせるスキルが明確になります。

棚卸しするコツは2つです。

  • 「モチベーションが高い」と思える仕事を見つける
  • これまでの経験から、「強み」を見つける

次のキャリアを選んでいく際に、自らがこれまで生き生きと仕事ができたり、自らのスキルを生かせたと思える瞬間を振り返ってみましょう。

これらを振り返ることで、あなたが次に進みたいキャリアより明確になります。

人材業界を通じた目標のキャリアを明確にする

人材業界の仕事を通じて達成できることと自己実現したいことの共通項を明確にしましょう。
これまでの仕事を振り返り、改めて今後のキャリアをどの方向に進めていきたいかを描くことが重要です。

異業界から人材業界に転職する価値が、自分にとってどのように意味付けできるかを明確にしていきましょう。
明確になれば、人材業界で働きたい志望理由が明確になり、納得して転職することができます。

人材業界に転職したい方におすすめの転職サイト・転職エージェントは?

人材業界に転職したい方におすすめの転職サービスは、2つのポイントで選びましょう。

  • 人材業界の求人が多いこと
  • 人材業界への転職のアドバイスをもらえる

大手の転職サイトや転職エージェントほど、保有する求人数が多いです。
人材業界の求人も多く保有している可能性が高いです。

また、転職エージェントであれば、自分の希望に応じて、人材業界の求人を紹介してくれたり、応募から内定まで一貫してサポートしてくれます。

リクルートエージェント

総合評価:★★★★★

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの保有する求人数は、業界最上位とも呼ばれる求人数を誇っています。
20代にとっては、求人の選択肢が多い中で転職活動ができるサービスといえそうです。

転職経験が少ない方にとっては、今後の転職活動の進め方や業界知識を豊富に持っているエージェントからサポートを受けられる絶好の機会となり得ます。
20代で転職にお悩みの方は、利用して損がないサービスと言えるでしょう。

登録はこちら

DODA

総合評価:★★★★★

公式サイト: https://doda.jp/

DODAは、転職サイトと転職エージェント機能を同時に保有するサービスです。
求人数は10万件以上保有しているため、転職サイトで求人を探し、転職エージェントにその求人を紹介してもらうことが可能です。

業界大手であるため、有名企業の求人も多いです。
転職サイトとエージェントの2つの恩恵を同時に受けることができます。

登録はこちら

まとめ

他の業界から人材業界へ転職した方の成功談と失敗談から、人材業界へ転職するコツを2つ紹介しました。

  • 生かせるスキルを明確にする
  • 人材業界を通じた目標のキャリアを明確にする

人材業界は異業種からの転職でも、転職しやすい業界といえます。
2つのコツを意識することで、人材業界で実現したいキャリアが明確になり、これまでの経験をアピールできるようになるでしょう。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する