転職難易度の高い30代後半・未経験で異業職種に転職するコツとは!

30代後半の未経験転職
  • 30代後半になると、転職するのが難しくなるのは本当か
  • 30代後半かつ未経験での転職を決断するのが不安
  • 30代後半で転職活動をうまく進める方法がわからない

といったお悩みを解決できる記事になっています。

30代後半の求職者の方々の声の成功事例や失敗事例をもとに、30代後半の転職活動における実情をまとめています。

記事の前半では、「30代後半、未経験での転職難易度」について解説し、記事後半では、「30代後半・未経験で転職するコツ」を具体的に解説します。

30代後半であっても、この記事を読み終えることで、「30代後半の転職の実情」が理解できるだけでなく、「30代後半・未経験でも転職可能なノウハウ」を身に付けることができます。

30代後半・未経験で異業職種の転職は難しい?

30代転職限界説といわれることもありますが、30代後半での転職は一般的に難しいといわれています。

「20代と比べて、該当する求人が減った」「スキルがあっても書類選考が通らない」といった声もあり、30代後半の転職はこれまでの転職よりハードルが高いようです。

年齢が上がるにつれて、転職難易度も上がる

20代・30代前半より、30代後半は転職の難易度は上がるといえます。
一般的に、年齢が上がるごとに求人への応募数は増えています。

転職での応募社数平均は8.4社。年齢が上がると増える傾向に
引用先:平均応募者数や選考通過・泣いての確率はどれくらい?

応募通過率

応募数が多いのは、書類選考の通過率が低いことがその理由です。

30代後半での転職は難しいだけでなく、転職するまでに多くの時間と工数が必要となるでしょう。

企業は即戦力を求めている

企業は年々即戦力人材を求めています。
人口減少に伴い、20代〜30代に対する高い費用対効果を作り出せる人材を欲していることが理由です。

少子高齢化が急速に進展した結果、2008年をピークに総人口が減少に転じており、人口減少時代を迎えている。
引用先:人口減少時代のICTによる持続的成長

人口減少の様子

30代後半、異業職種未経験への転職を決断する上で重要なポイントは?

30代後半、未経験での転職はリスクが伴います。
30代後半が最もアピールできる「これまでの経験・スキル」の強みが次のキャリアに生かしにくいからです。

実際に、「異業職種への転職の希望条件を抱いていたが、職歴にアピールできる点が見当たらなかった」といった声もありました。

以下の3つのポイントをチェックすることで、本当に未経験での転職をすることにメリットが大きいかどうかを、転職活動前に整理しておきましょう。

  1. 希望の仕事ができるかどうか
  2. 市場価値が高い仕事かどうか
  3. 今後の年収が上がる見込みがあるか

自分のやりたい仕事ができるかどうか

まずは転職しようとしている業職種が希望の仕事であるかどうか、これまでの経験から振り返りましょう。
あなたが未経験へ転職したい理由は、2つのポイントを混在させないようにしましょう。

  • 今トレンドの業職種へ転職したい
  • トレンドではないか、自分が好きな業職種へ転職したい

1つ目のポイントを重視しすぎて失敗する方がいらっしゃいます。
2つ目のポイントを大前提に転職活動することで、後々、後悔しない転職ができるでしょう。

希望の仕事かどうかを判断する軸を整理して、企業との面談から実際に行う仕事に関する情報を聞き出しましょう。

市場価値が高い仕事かどうか

希望の仕事かどうは判断した上で、「1. 今トレンドの業職種へ転職したい」を重視しましょう。

  • 今後成長する業界かどうか
  • 人材市場で希少な職種かどうか

この2つのポイントからずれると、最悪の場合、業界悪化やリストラに巻き込まれることもあります。
異業界かつ同職種への転職は比較的しやすいと言われています。

一方で、異職種への転職は、希少性が高ければ高いほど、専門知識が要求されることから、転職難易度は上がるでしょう。
自らの情報のみで判断しきれない場合は、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

今後の年収が上がる見込みがあるか

異業職種への転職は、年収が下がることが多々あります
特に、異職種への転職は顕著に下がる場合があります。

希望する転職先と募集要件のギャップを理解し、入社時の年収から上がる見込みがあるか確認しましょう。

30代後半・異業職種未経験で転職するコツとは?

未経験での転職を合理的に決断できたら、転職するための3つのポイントを抑えましょう。

  1. スキルを生かせる業職種を選ぶ
  2. 年収ダウンを覚悟する
  3. 転職後の年収推移を調べる

3つのポイントを抑えれば、30代後半・未経験でも転職できる可能性が高まります。

スキルを生かせる業職種を選ぶ

異業職種での未経験転職でも、これまでの経験を少なからず生かせるか否かで、転職のしやすさが異なります。

例えば、メーカー勤務で営業をやっている方は、営業力を生かして、IT業界に転職できるでしょう。
一つでもスキルを生かせれば、アピールすることができるでしょう。

年収ダウンを覚悟する

未経験での転職は、年収ダウンするケースが多いです
ただし、スキルを生かせれば、年収ダウン幅を押さえることもできます。

自分がやりたい仕事と許容できる年収のバランスを整理した上で、転職先を決めましょう。

年収ダウンを可能な限り免れたい方は下記の記事を参考にしてください。

年収アップの方法
年収ダウンでも転職すべき場合とは?年収ダウンで転職成功するコツ
年収ダウンで転職するのは仕方ない? 年収ダウンでも転職するべき場合は、どんなとき? 年収ダウンを避けるコツを紹介してほしい といった、年収ダウンでの転職に対する悩

転職後の年収推移を調べる

年収を下げたくない方は、入社時の年収だけでなく、入社数年後の年収を把握しておきましょう。

人事や転職後の配属先の方と面談することで、給与周りの事情を教えてくれます。

年収アップの条件と未経験で転職した方の年収アップ事例の2点を確認することで、入社後の収入に対する認識のギャップが小さくなります。

30代後半、異業職種未経験での転職を成功させるには?

ここまで解説した3つのコツを実践することで、未経験で転職する可能性は高まりますが、転職経験がない方や転職経験が浅い方には、実践することが難しいものもあるでしょう

そういった方には、転職サービスを活用することをおすすめします。

転職サイトを活用する

転職サイトで求人に応募することで、30代後半の方にとって、3つのメリットがあります。

  • 興味のある求人が見つかる
  • 書類選考を通して、希望する仕事への転職難易度がわかる
  • 転職したい仕事の年収相場がわかる

当たり前かもしれませんが、転職サイトを通して得られる情報は、自らの転職を客観的に確認できる良い材料になります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録して、担当者に相談することで、30代後半の方にとって、2つのメリットがあります。

  • 希望条件(業職種、年収、未経験での転職難易度)を加味した上で、求人を提案してくれる
  • 採用企業に対し、条件交渉を行ってくれる

転職エージェントから得られる情報は、一人一人の求職者にカスタマイズしてくれるため、自分にマッチした転職先が見つかりやすいです

まとめ

30代後半・未経験で、納得した転職ができるように、3つのポイントに注意することを解説しました。

  1. 希望の仕事ができるかどうか
  2. 市場価値が高い仕事かどうか
  3. 今後の年収が上がる見込みがあるか

これらポイントに当てはまれば、自分にとって未経験でも「価値のある」転職ができます。
そして、未経験で転職成功するには、3つのコツを抑えましょう。

  1. スキルを生かせる業職種を選ぶ
  2. 年収ダウンを覚悟する
  3. 転職後の年収推移を調べる

3つのコツを抑えれば、未経験での転職でも転職成功に近くことができるでしょう。
ぜひ意識して、転職活動してみてください。