残業40時間をきついと感じるパターンと対策|残業を減らす方法とは

残業40時間をきついと感じるパターンと対策|残業を減らす方法とは

残業が多いと、優先したいことができなかったり、仕事をすることが辛くなります。

  • 残業40時間はきついの?きつくなるパターンは?
  • 残業40時間を乗り切る方法は?
  • 残業を減らすにはどしたらいい?

といったお悩みをお持ちではありませんか。

残業40時間が何ヶ月も続くと精神的にきつくなります。

この記事では、残業40時間がきつくなる理由を解説し、残業を乗り切る方法や残業自体を減らす方法を解説します。

この記事を通して、残業がきつい現状を客観的に知ることができ、残業が多い現状を変える術がわかります。

現職の仕事にやりがいを持ち、生き生きと働ける状態を目指しましょう。

残業40時間は一般的にきつい!

残業40時間は、1日2時間程度の残業時間です。

2時間程度であれば、きつくないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それが1ヶ月以上続く生活はきついと感じる人が多いです。

一般的な残業時間と比較してみましょう。

残業の平均時間は?

1ヶ月あたりの平均残業時間は、9.2時間でした。(引用:厚生労働省『毎月勤労統計調査 令和2年分結果確報』
パートタイム労働者を除いた平均の残業時間でも、12.4時間です。

厚生労働省の統計調査は、会社からの申告に基づいて行われているものです。そのため、実態とは異なる可能性もあります。

大手転職サイト「doda」のアンケート結果(2020年)によれば、1ヶ月あたりの平均残業時間は「20.6時間」となっています。こちらのアンケートは、ビジネスパーソンに聞いたデータのため、実態に近い数値といえるでしょう。

残業時間40時間は、一般的な残業時間よりも20時間ほど超過していることになります。ここ数年の残業時間は、顕著に少なくなっており、働き方が変わりつつあることがわかります。

残業40時間をきついと感じる働き方のパターン

残業40時間でも、残業が毎日一定ある場合と不規則な残業がある場合で、精神的な辛さが変わってきます。

残業が不規則な場合に、きついと感じやすいパターンを3つご紹介します。

週に長い残業が複数回ある

1日2時間の残業(1ヶ月40時間の残業)を毎日行う場合より、週に2時間以上の残業を数回行う方がきつい場合があります。

週に2回定時退勤の場合、週に3回3〜4時間の残業を行う生活になります。

18時が定時で3時間残業がある場合、21時に退勤することになります。21時以降の退勤になると、リフレッシュする時間や自分が好きなことをする時間が少なくなります。

1日の残業時間が長いと、リフレッシュする時間が絶対的に少なくなるのです。

シフト制で残業がある

シフト制の場合、退勤から出勤までの空き時間が少ない場合があります。

21時まで残業して、早朝6時から働く場合、睡眠時間を6時間しか取れなくなります
残業40時間ある働き方だと、1ヶ月に数回睡眠時間が6時間未満になることも少なくないです。

シフト制で遅番・早番を連続して勤務すると、睡眠時間を十分に取れない場合があります。

睡眠時間が少ないと、自律神経を整えられないまま、ストレスが貯まった状態で仕事をすることになります。

睡眠時間を十分に取れないと、残業に対して大きいストレスを感じやすくなります。

休日出勤が度々ある

休日出勤が隔週であることが原因で、ストレスを感じやすくなります。

土曜日に隔週で出勤がある場合、2週間に1回、6連勤となってしまいます
6連勤かつ残業時間が40時間ある働き方だと、身体的にもかなり疲れやすくなります。

1日しか休めないことになり、休暇の時間が1日減ります。1週間に1日の休暇だけでは、精神的なストレスを緩和しにくいのです。1日の休みだと、遊ぶ時間も限定されてしまいます

また、友人と遊ぶタイミングも合いにくくなることも、ストレスを感じやすい要因となります。

残業40時間をきついと感じる原因は自分?

残業40時間をきついと感じる原因には、働き方以外に、自分の意識が影響している可能性があります。

残業40時間を乗り切るには、その意識を変えてみるのも一つの手段です。きついと感じている根底にある意識を3つご紹介します。

現職の仕事が自分に合わないから

現職の仕事が自分に合っていないと感じていないでしょうか。

今の仕事が自分に合わないと感じている人は、主体的に仕事を進めることができていない可能性があります。

仕事が合っていると感じている人と比べると、自分の強みを生かしたり、積極的にアイデアを出すことができます。

現職の仕事が合わないと思っている人は、一度自分の経験や強みを発揮できる仕事を探してみましょう

現職の仕事を好んでいないから

現職の仕事は嫌々している人は、残業に対してきついと感じる人が多いかもしれません。

残業をする意味がわからずに、ただただ仕事をやらされてしまう気持ちに支配されます

現職の仕事や嫌で、辛い思いをしている人は、好きと思える仕事を一つでも多く見つけてみましょう

現職の職場を好んでいないから

現職の職場環境や上司が自分と合わないことで、残業に対して大きなストレスを感じていませんか。

周囲の社員や上司との信頼関係は、仕事のやりがいに大きく影響します

現職の職場を好んでいない人は、自分が無意識に周囲を遠ざけていないか振り返ってみましょう

周囲とのコミュニケーションを見直すことで、仕事にやりがいを持つことができ、残業も苦ではなくなる場合があります。

残業40時間を乗り切る方法

自分の仕事や職場に対する意識が原因で、残業40時間をきついと感じている場合は、自分の意識を変えるだけで、現職での残業40時間が苦ではなくなる可能性があります。

残業40時間を乗り切るために持つべき意識は、以下の通りです。

  • 自分ならではの価値を発揮できているか
  • 今の仕事のやりがいを持つことに諦めていないか
  • 自ら周囲とのコミュニケーションを絶っていないか

これらの意識を持つことで、残業をポジティブに考えられる可能性があります。

今の仕事や職場に対して、嫌悪感を持っている人は、ぜひ一度根底の意識を振り返ってみることをおすすめします

残業が40時間になっている原因

仕事とプライベートのバランスを重視したい、残業を減らして他にやりたいことがある、といった業務時間を減らしたい方もいるのではないでしょうか。

そんな方に、残業が40時間になっている原因と残業を減らす方法を解説していきます。

会社の人員が足りない

残業が40時間ある会社は、基本的に人員が足りていない場合が多いです。

人員が足りていないせいで、仕事の質が低くなったり、社員のモチベーションが低くなったりと負のスパイラルに陥ります。

会社から与えられたリソースに対して、仕事量が多くないかどうか確認しましょう。社員の多くが残業している場合は、会社の人員が足りていないことが多いです。

会社に残業文化が根付いている

会社の人員は足りている場合でも、会社に残業文化が根付いていると、退勤しにくくなります

経営陣の方針が残業しないことに対して、後ろ向きの場合があります。

上司も会社の方針に伴い、残業を抑制することはしなくなるのです。

上司が残業していれば、残業を抑制することは難しくなるでしょう。

残業40時間を避ける方法

会社の方針や文化のせいで、残業を少なくできない場合は多々あります。

どうしても、会社のリソースや上司の考え方が変わらない場合は、新しい職場で働くことも一つの選択肢です。

もし現職に対して、少しでも不安を持っている方は、転職先を探してみることをおすすめします。今、転職を考えていなくても、新しい転職先を前もって探しておくことで、残業をし続けて疲弊することや後悔することがなくなります

残業40時間がきついと感じている方は、自分の体や気持ちを大事にして、次の職場を探してみましょう。

残業時間の少ない業界に転職する

残業時間が少ない会社かどうかは、職種や業界別の平均残業時間(引用:DODAの90職種別残業時間ランキング)を参考にしてみましょう。

残業の多い仕事には、職種や業界別の特徴が現れます。残業の多い職種ランキング1位は教育/スクール、2位は施工管理、3位は物流でした。サービス業界や建築土木系、営業、ITエンジニアは、残業が多い傾向にあるようです。

残業が少ない業界に挑戦することで、より確実に残業時間の少ない会社に転職できるでしょう。

また、残業時間が少ないかどうかを正確に見極めるには、選考時に面接官に聞いてみることで、残業時間の目安を把握できるでしょう。ただし、面接官から聞いた残業時間は現場の残業時間と異なることもあります。

残業時間の少ない求人を紹介してもらう

転職先として気になる企業の残業時間を客観的な視点で知りたい場合は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは、企業や求人の情報を詳細に把握しているため、気になる求人の残業時間を教えてくれます。求人の希望条件を伝える際に、「1ヶ月の残業時間◯時間以内」と伝えることで、希望の仕事が見つかる確率が高まります。

また、希望する転職先企業の残業時間の目安がわからない場合は、転職エージェントから企業に聞いてくれます。転職エージェント経由で知りたい情報を聞くことができるため、転職後に後悔しにくくなるのです。

ただし、転職エージェントを実際に活用する場合、転職エージェントの担当者の質が悪いと、自分が希望する求人をなかなか紹介してくれない場合もあります。

転職エージェントは慎重に選びましょう。「どの転職エージェントがいいかわからない」という方のために、おすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【20代・未経験の転職】に特化した転職エージェント
  • スキルに自信がない方におすすめのサービス
  • フリーター・既卒・第二新卒の求人が豊富
  • 未経験の転職実績が豊富


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

3.6点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

ハタラクティブはスキルに自信がない20代でも、転職成功する確率が他のサービスより高いです。
未経験の求人が豊富にあり、自分に合った求人を提案してくれます。
未経験で転職できるように選考対策も十分に実施してくれるため、未経験で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】ハタラクティブに
登録する

残業40時間以上あり、現職の仕事がきついと感じている人に、「現職での仕事のきつさを緩和することができた」「迷っていたが転職する決断ができた」という後押しをすることができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数