マイクロソフトへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

マイクロソフトへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • マイクロソフトへの転職は後悔しやすい?
  • マイクロソフトは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • マイクロソフトに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、マイクロソフトへ転職した方の評判をもとに、マイクロソフトへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

マイクロソフトは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・後悔したことを網羅しましょう。

この記事を読み終えることで、マイクロソフトへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

マイクロソフトへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。​​

大手企業や有名企業の求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収500万以上の高年収求人に興味がある方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。スキルにまだ自信がなくても、職務経歴書を見たエージェントからスカウトが届くため、自分のスキルにぴったりな高年収求人が見つかりやすいです。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

マイクロソフトと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、マイクロソフトの候補者が並列してよく検討する企業です。
マイクロソフトと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

マイクロソフトへの転職で後悔する理由は?

マイクロソフトに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

マイクロソフトへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、マイクロソフトに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

マイクロソフトでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 残業時間が長い
  • 目標達成するには、長時間労働が必要
  • プライベートと仕事のバランスが保てない

▼入社してよかった理由

  • 個人の裁量次第で業務時間を調整できる
  • リモートワーク可能
  • プライベートや家庭を重んじる

▼具体的な評判・口コミ

結局のところ個人の裁量次第。とてもワークライフバランスが取りやすいか否かは個々のハンドリングスキルによる。
プライベートと仕事のバランスは非常に調整しやすい会社であると感じます。 まず、オフィスに出社しなくてもリモートワークで仕事を完了できる環境が整備されています。
外資系企業の特色の一つでもありますが、当たり前のこととしてプライベートや家庭を大切にする文化が浸透しています。勤務地、働き方の相談含め上長に希望を伝えることで、例えば実家に帰省し、家族と共に暮らしながらリモートワークにて家庭と仕事を両立している人も少なくありません。 一日の勤務時間内での働き方は個人の裁量に任されているため、働きやすさを実感できます。

マイクロソフトの働き方は、成果を達成することが大前提にありながら、プライベートとのバランスを保てる声も多くありました。

成果目標のハードルが高いため、入社直後は残業時間が長くなってしまう傾向が多いようです。

成果を安定して出すことができれば、強制的に労働させる文化はなく、ワークライブバランスが安定します。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

マイクロソフトの社内文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 日本特有の年功序列的な文化とギャップがある
  • 実力が乏しく、周りの社員についていけない

▼入社してよかった理由

  • 外資系特有の成果や主体性を重んじる文化
  • 社会的な認知度が高い
  • 中途採用社員が活躍できる環境

▼具体的な評判・口コミ

外資系特有の「自分の成果を数値とインパクトを明確化し、上司に正しく報告すること」ができなければ生きていけない、という文化はこの会社にも当てはまる。日本の会社では当たり前な「上司から言われたことをやれば、上司は働きを見てくれて正当に評価をしてくれる」や「アピールだけが上手い人が昇進する」ということはない。
日本のみならず世界のITインフラを担っているという圧倒的なブランド力は安心。会えないお客様はまずいないというぐらい社会で認知されているし、一目置かれていると思う。昔は目立ちたがり屋が他人の成功をかっさらっていくような文化があったが、今は他人の成功を支援することでも評価されるようになった。
新卒を育てる文化はIBMと比べると非常に弱いが、中途採用を活かす環境はIBMより高い。IBMが組織的なオペレーションであるのに対し、Microsoftは個人的なオペレーションで動く人が多い。(総社員数からみて、やはり日本マイクロソフトは、育成するよりも中途採用を活かす方が適している。)従って、実力があれば、非常に働きやすい環境である。

日本マイクロソフトの文化は、いわゆる日本の大企業と正反対と言っていいでしょう。

年功序列や言われたことをやることで評価される文化ではなく、自ら考えて成果を出すことが重要視されます。

社会的な認知度も高く、中途社員が活躍できる機会が豊富にあることから、とても人気の転職先となっています。

年収に対する評判・口コミ

マイクロソフトの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 給与構成の一部に個人の成果達成度が加味される
  • 目標が高くて、達成のために労力がかなり要る

▼入社してよかった理由

  • 基本給が70%以上の割合
  • トップレベルの給与水準がある
  • 各種手当が手厚い

▼具体的な評判・口コミ

原則としてBase Salaryが70%でIncentiveが30%(例えば、ベースが700万だとするとインセンティブは300万) インセンティブはRevenue Based Incentiveという業績連動の部分とCommitment Based Incentiveという個人のコミットメント達成度に基づくものの二つで構成される。営業職だと前者が75%であるが、非営業職では後者が100%のロールもあるなど、その比率はロールによってまちまち。 これに加えて、一定以上のJob LevelになるとStock Awardが付与される。
20代後半でスキルレベルを考慮するとほぼトップレベルの給与。しかし高すぎる目標とそれを達成するための努力を考えたらそのくらいの待遇でないと割に合わない。
日本では高めの基本給に加え、年一度の賞与と昇給制度が設けられている。 各種手当なども手厚いと感じ、年に数万ポイントのベネフィットポイントが賦与され、娯楽や自己鍛錬など幅広い面で利用できる。

マイクロソフトの給与は、月給に加えて、賞与やインセンティブももらえます。

インセンティブを得るには一定の成果をあげる必要があり、達成難易度は非常に高いです。

しかしその分、インセンティブは高く、日系大手企業と比較して非常に高い年収が得られます。
プライベートを充実させるために、福利厚生が整っているメリットもあります。

マイクロソフトに向いている人とは?

次に、マイクロソフトへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、マイクロソフトに向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、マイクロソフトへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 年収アップを目指している方
  2. 若い内に多少無理をしても大きく成長したい方
  3. 成果重視や主体性重視の環境を望む方
  4. 多少の残業時間を許容できる方
  5. 福利厚生が整っている企業で働きたい方

マイクロソフトへの転職は、スキルの向上とともに、年収アップを目指す方におすすめできる企業です。

ただし、外資系企業ならではの文化が強く、日系企業の昔ならではの文化を望む方にとってはやや希望とずれる可能性があります。

成果を出せていれば、ワークライフバランスは安定し、自らチャンスを掴める環境と言えます。

マイクロソフトへの転職難易度は高い?

マイクロソフトでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年30名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

マイクロソフトの転職難易度は、応募する職種によって異なります。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材などの即戦力が求められる求人では、転職難易度が高いです。

一方で、未経験・専門性がなくても、募集できるポジションがあるため、転職難易度は低くなります。

転職難易度が高いポジションでも、転職エージェントを使うことでマイクロソフトへ転職できる可能性が高まります。
マイクロソフトへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

セールス&マーケティング

マイクロソフトでビジネス系として、頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 営業
  • ビジネスディベロップメント
  • マーケティング
  • カスタマーサクセス
  • カスタマーサービス
  • ビジネスオペレーション

マイクロソフトでは既存事業の拡大や新規事業開発に必要な人材が通年で募集されています。その求人は非常に多岐に渡っています。

システムやマーケ、人事、メーカーなどにおける専門領域を持っている方はもちろん、未経験・第二新卒の方でも転職するチャンスが広がっています。
以下はビジネスのオープンポジション(職種を問わない求人)であり、応募資格は幅広く、未経験の方でも応募可能です。

ビジネス系のオープンポジションへの応募資格

  • 3年以上のビジネス経験を有し、戦略の立案から実施までを経験されている
  • これまでのビジネス経験において、圧倒的な成果を残された方
  • 中期計画策定、営業企画、事業企画、商品企画、サービス企画・開発、事業推進、営業推進、業務改善といった経験を自ら『主体者』となってやり切った経験をお持ちの方

第二新卒から即戦力まで幅広く募集しているため、論理的思考力が高い方や自分の専門分野とマッチすれば、転職するチャンスは広がります。

マイクロソフトでは、採用HPや社員紹介経由で採用されることもありますが、中途採用の多くは、転職エージェントに採用を依頼しています。

そのため、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】マイクロソフト ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

テクニカル

マイクロソフトでは直近、マイクロソフトが運営する各サービスのプロダクト開発が強化されています。

  • データセンター
  • エンジニアリング
  • サポートエンジニア

サービス開発を担うエンジニアから社内のDXを推進する担当者など、専門スキルを問わず、エンジニア経験がある方が募集されています。

マイクロソフトのサービスが多様化している今、エンジニア採用のニーズがマイクロソフトで急速に広がっています

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニアで高年収を狙いたい方の転職には、高年収求人かつエンジニアに強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手企業や外資系企業の求人における高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】マイクロソフト エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

コーポレート

マイクロソフトではコーポレートの各職種も募集されています。

  • ファイナンス
  • 人事
  • ITオペレーションズ
  • 政策渉外・法務

大手外資系企業のコーポレート職のため、転職難易度は比較的高いです。

海外とのやり取りもあるため、英語力が必要な職種もあります。

選考難易度の高いマイクロソフトを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、マイクロソフトへの転職難易度は高いといえます。

マイクロソフトへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にマイクロソフトに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

マイクロソフトに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

マイクロソフトにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 面接(3回〜5回)
  3. 内定

1次面接は人事、2次面接以降は現場、最終面接は役員のことが多いようです。

1日に数回面接することもあります。

中途採用の面接対策

マイクロソフトでの中途面接では、以下のような質問を想定しておきましょう。

  • これまでの仕事でやってきたことはなんですか。
  • これまでの仕事で最も困難だった課題を解決できた経験を教えてください。
  • 今まで一番成果をあげた経験はなんですか。
  • 仕事で大切にしていることはなんですか。
  • 英語力はありますか。
  • 顧客対応で気をつけていることは何ですか。
  • マイクロソフトへの志望動機
  • マイクロソフトについては知っていますか。
  • マイクロソフトでやりたいことはなんですか。
  • 将来はどんなキャリアを歩みたいですか。

面接官からの質問に対しては、マイクロソフトとの親和性や自らのスキル、高い志望度をアピールし続けることが重要です。

面接対策に不安がある方は、過去の中途採用面接のノウハウが豊富な、大手の転職エージェントに相談することをおすすめします。リクルートエージェントは、幅広い転職実績が豊富で、面接対策のポイントを教えてくれます。

▶︎【3分で完了】リクルートエージェントに登録して相談する

マイクロソフトの企業情報

マイクロソフトの事業や採用についてあまり知らない方は、まずマイクロソフトへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

マイクロソフトへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性を把握しておくことで、自分の納得できる転職につながります。

会社概要

日本マイクロソフト株式会社の会社概要は以下の通りです。

会社名 日本マイクロソフト株式会社
所在地 108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
設立日 1986 年 2 月
代表 代表取締役 社長 吉田 仁志
従業員数 3,040 名 (2022 年 4 月 1 日 現在)

マイクロソフトの事業内容

マイクロソフトは、ソフトウェアやクラウドサービスを提供する世界有数のIT企業です。

ビルゲイツ氏が創業し、時価総額世界トップクラスの世界的企業になっています。

マイクロソフトの主な事業は、以下の3つです。

  • Productivity and Business Processes
    「Microsoft Office」など、様々なソフトウェアやプラットフォームを提供しています。
  • Intelligent Cloud
    クラウドサービスである「Azure(アジュール)」や、サーバ関連ソフトウェアを提供しています。
    市場シェアはアマゾンのAWSに次ぐ2位となっており、AWS以上の成長率を誇っています。
  • More Personal Computing
    PC関連デバイスやゲームなど、個人向けの商品・サービスを提供しています。
    Windows OSのライセンス収入、Surfaceなどの携帯端末、Xboxなどのゲーミング製品、検索エンジン「Bing」からの広告収益などから構成されています。

事業の将来性

マイクロソフトの売上は、純増しており、高い成長率を維持し続けています。

以下は売上・営業利益の推移です。

Productivity and Business ProcessesやIntelligent Cloudの事業の成長が著しく、OfficeやAzureを中心とした法人むけソフトウェアやクラウドサービスの売り上げが好調です。

特にAzureは、AmazonのAWSに次ぐシェアを誇り、今後のさらなる成長にも期待できます。

マイクロソフトの平均年収は高い?

マイクロソフトの平均年収は1,281万円です。(引用:Openwork
企業全体として年収が高く、優秀な方には高待遇を惜しみません。
高年収の転職を狙うなら、おすすめの企業です。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
営業 1,385万円
エンジニア 1,019万円
マーケティング 1,373万円
コンサルタント 1,435万円
サポート 860万円

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 812万円
30歳 907万円
35歳 1,058万円
40歳 1,234万円
45歳以上 1,419万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アップル 598万円
アマゾン 900~1,000万円
Google 1,200~1,400万円
日本IBM 770万円
アクセンチュア 900万円

マイクロソフトの年収は、他の外資系IT企業と並び、高い水準です。

新卒や第二新卒でも年収1000万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

売り上げ純増や1人あたりの生産性の高さが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

マイクロソフトの福利厚生・その他

マイクロソフトの福利厚生についてご紹介します。

マイクロソフトの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フルフレックスタイム制
(コアタイム・フレキシブルタイムともになし)
・1日の標準労働時間:7時間30分
裁量労働制 ・あり
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・夏季休暇(年3日)
・年次有給休暇
・傷病欠勤(年5日)
・ファミリーケア休暇(年5日)
・忌引休暇
・結婚休暇
・ボランティア休暇
・永年勤続休暇
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・交通費全額支給
・社員持株会、退職金制度(確定拠出年金)
・カフェテリアプラン(生活スタイルやニーズにあった福利厚生メニューを各自で選択)
・社内クラブ活動
・資格取得支援制度
・育児支援制度
・ベネフィット・ステーション
・提携銀行等によるローン優待
・提携会社による不動産優待
・社内研修(テクニカルトレーニング、英会話補助、海外研修など)
・社食、無料の自販機あり
・メディカルルーム、マッサージルーム、メンタルヘルスケアサポート、EAP (無料カウンセリングサービスあり)
・社内公募制度(毎年200名以上がキャリアアップやキャリアチェンジを実現。スペシャリスト、コンサルタント、プリセールス、製品開発を行うR&D職など、さまざまなキャリアを目指せます。)

マイクロソフトへの転職で後悔しない秘訣とは?

マイクロソフトへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にマイクロソフトを理解することが重要です。
マイクロソフトへ転職する際の注意点を気をつけておけば、マイクロソフトへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、マイクロソフトの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとマイクロソフトの転職事情について詳しく知りたいと思った方やマイクロソフトのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

マイクロソフトの企業理解を深める

マイクロソフトの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

転職で後悔しやすい項目 マイクロソフトの口コミ・評判
働き方
  • 年間休日120日以上
  • 個人の裁量次第で業務時間を調整できる
  • リモートワーク可能
  • プライベートや家庭を重んじる文化
  • 残業時間が長い
  • 目標達成するには、長時間労働が必要
  • プライベートと仕事のバランスが保てない
仕事・社内文化
  • 外資系特有の成果や主体性を重んじる文化
  • 社会的な認知度が高い
  • 中途採用社員が活躍できる環境
  • 日本特有の年功序列的な文化とギャップがある
  • 実力が乏しく、周りの社員についていけない
給与・福利厚生
  • 平均年収は1,281万円
  • 給与の構成は、基本給+業績連動賞与+個人業績連動賞与
  • トップレベルの給与水準
  • 各種手当の内容が充実
  • 給与構成の一部に個人の成果達成度が加味される
  • 目標が高くて、達成のために労力がかなり要る
マイクロソフトに向いている人
  • 年収アップを目指している方
  • 若い内に多少無理をしても大きく成長したい方
  • 成果重視や主体性重視の環境を望む方
  • 多少の残業時間を許容できる方
  • 福利厚生が整っている企業で働きたい方

マイクロソフトの特徴を理解した上で、自分がマイクロソフトに転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

マイクロソフトで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

この記事を通して、「マイクロソフトで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「マイクロソフトのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数