リクルートへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

リクルートへの転職で後悔する理由とは?成功の秘訣を徹底解説!

  • リクルートへの転職は後悔しやすい?
  • リクルートは中途採用でどんな求人を募集してる?
  • リクルートに実際に転職する方法とは?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、リクルートへ転職した方の評判をもとに、リクルートへ転職後に後悔するパターンを解説していきます。

リクルートは魅力的な企業である一方で、良くない印象を持っている方もいるため、転職してよかったこと・悪かったことを網羅しましょう。

この記事を読み終えることで、リクルートへの転職で注意するべきポイントがわかり、一通り中途採用の情報を知ることができます。

リクルートへの転職における良い部分も悪い部分も徹底的に理解していきましょう。​​

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

20代・第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。

年収アップを目指している方におすすめの転職サイトは、リクルートダイレクトスカウトです。企業の人事や、経験豊富な人材エージェントから、高年収のスカウトが届きます。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

【厳選】おすすめの転職サービス3選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

リクルートダイレクトスカウト

登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる
年収800万〜2000万円求人多数

リクルートと一緒に検討したい「転職先の候補」

これらの企業は、リクルートの候補者が並列してよく検討する企業です。
リクルートと「同じくらいの年収を目指せる」、もしくは「生かせるスキル・経験が似ている」転職先をピックアップしています。

自分にとってベストな選択肢をするために、他の転職先についてもぜひご覧ください。

リクルートへの転職で後悔する理由は?

リクルートに転職する方は、どのような理由で後悔する人が多いのでしょうか。

リクルートへ転職した方で、後悔したという声とともに、転職してよかった声もご紹介していきます。

Openworkの口コミをもとに、リクルートに転職した方の声の中で、傾向の多いご意見をまとめています。

働き方に対する評判・口コミ

リクルートでの働き方に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 長時間労働の人が多く、退勤しづらい
  • 成果が出ていないと休みづらい風潮がある
  • 有給を取っている人が少ない

▼入社してよかった理由

  • 在宅、もしくは出社での勤務、どちらでも可能
  • 好きなだけ仕事ができる環境がある
  • 労働時間がしっかりと管理されている
  • 残業をよしとししない風潮がある

▼具体的な評判・口コミ

ここ数年で働き方は大きく変わった。残業時間の管理もしっかりしていて、早く仕事を切り上げても大丈夫な雰囲気に。またコロナ禍で在宅ワークが進み、以前より格段と仕事がしやすくなった。ただ、働き者が多い会社なので早く終えたいと思っても、長時間労働になりがちになる人が多い。また、有給を取っている人は少ない印象。
残業をよしとしない風潮。夜間はシステムで外部との接点を取るツール(メール等)が遮断されるので、過剰な働き方はできない。休日はPCを開くと出勤扱いになるため開かない。労働時間が超過しそうになると上司から気をつけるよう指示が入る。
いつでも自由に休もうと思えば休めるし、早く帰ろうと思えば帰れる。ただし、ほぼ確実に業績が犠牲になるので誰も余計な休みは取りたがらない。 21年度からは、有給の強制消化(半期6日、年間12日の取得)や、全社公休日の設定などによって休日が年間145日に増えた。 その他、年度毎に取得権利のある長期休暇なども合わせれば、年150日は休んでいる

リクルートは、残業や有給取得に対しての風土がここ数年は改善されてきているようです。
有給の消化を強制とするなど、制度面も整ってきています。

ただ、まだ長時間残業する人や有給をあまり取らない人も多く、帰りづらい部署もあるようです。

良くも悪くも成果重視な面があり、成果が出ていない人は残業せざるを得ない風土があります。
成果重視で働きたい方にとっては、好きなだけ仕事ができ、在宅もしくは出社でも働き方を変えられるリクルートはおすすめの会社です。

仕事・社内文化に対する評判・口コミ

リクルートの社会文化に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 成果を出せば出すほど、目標が高まっていく
  • 自分と合わない上長に当たってしまう場合がある
  • 自分の意見を持てないと、周囲から置いていかれる

▼入社してよかった理由

  • メンバーに対して質の高いマネジメントをしてくれる
  • 主体的な姿勢が評価される
  • 自分なりに創意工夫できる機会が多い
  • 自分が望むキャリアにも異動可能

▼具体的な評判・口コミ

メンバーの成長を第一にマネジメントをしてくれるという感覚が強い。 目標値が四半世紀ごとに設定されるが、基本的に1.2倍ずつくらいに膨らんでいくため、どうしても激務な労働環境にもなりやすいことは事実。
風通しは非常に良い。誰もが自身の意見を述べることが推奨されている。さらに学び合う姿勢や、新しいことにチャレンジする姿勢が尊重されており、これまでの得意領域以外に取り組む機会が与えられている。
仕事の自由度が高いため、自分なりに創意工夫が出来て、顧客のためになったり成果が出たときにはやりがいを感じる。 また、マネジメントに関しても、優秀な上長から多く学ぶことが多い。しかしながら、上長との相性によっても変わってくるかと思う。

リクルートの文化の一つに、マネージャーとメンバーとの1on1制度が週に1回あります。
1on1を通して、仕事やキャリアの相談など、メンバーが正しい方針で働けるようにマネジメントしてくれます。

リクルートでは、自分の意見を主張することが重視され、発信できないと周りから高い評価を受けにくく、成果にも悪影響を及ぼします。

自ら仕事を自由にデザインしていきたい方にとっては、創意工夫できる機会が多く、様々なキャリアを経験できるでしょう。

年収に対する評判・口コミ

リクルートの年収に関して、後悔する理由と入社してよかった理由は以下の通りです。

▼後悔した理由

  • 営業はインセンティブをもらえるかどうかが年収に影響する
  • 会社の売上や利益に応じて、賞与が変動する

▼入社してよかった理由

  • インセンティブがある
  • 1,000万円前後の年収を稼げる
  • 評価制度は明瞭かつ公平

▼具体的な評判・口コミ

グレードはあまり細かくはわかれていないため、1つ上がるだけで月給が5万円〜10万円あがったりする。目標達成するごとに月間でもインセンティブや四半期ごとにもインセンティブがあったり各表彰等でももらえる。
元々は給与の高い会社として知られていたが、直近は上がり幅で言うとそんなことは全くない。2018年度→2021年度比較で会社営業利益が上がってるにも関わらず、査定が同じでもボーナスが半減したという営業は多くいた。 代わりに、休暇が多く「休みはもういらないから給料を上げてほしい」と言う声が多い
30代前半までの給与水準の高さはピカイチだと思う。ただそれ以降の水準は商社やメーカーなどと比べるとかなり低く感じるはず。 30までに1000万近く行くがそれ以降は部長になっても1500万そこそこ。 早めに経験と人脈を積んでキャリアを変えていくことが大事。
WCM面談というものを四半期に1度づつマネージャーと行い、そこに定性と定量で目標設定がなされており、その評価軸に則って最終的な査定が行われる。明瞭性もあるし、公平性もかなり高い制度と運用がなされていると感じる。

リクルートの給与は、月給に加えて、賞与やインセンティブももらえます。
30代前半までは、1,000万前後の給与を得ている人も多く、給与を上げやすい会社です。

ただし、市況の影響を受けやすく、賞与が半減することもあるようです。
年収が頭打ちになる社員も多く、早めに転職したり、起業する方もいます。
年収を上げるには、ベースの評価を高く上げるか、目標達成によるインセンティブをもらうかです。

四半期に一度の面談で高い評価を受ければ、基本給を上げることができます。
評価制度に対しては公平な制度という声が多く、正当に評価を受けられるようです。

リクルートに向いている人とは?

次に、リクルートへ転職した方が入社後、後悔した理由や転職してよかった理由をもとに、リクルートに向いている人についてまとめました。

以下の4つのいずれかに当てはまる方は、リクルートへ転職しても後悔しにくい方といえます。

  1. 仕事が好きな方
  2. リクルートでの経験を通過点に、キャリアアップしたい方
  3. なんでも自由に言い合える社風を好む方
  4. 成果重視で働きたい方
  5. 若いうちに年収1,000万円前後を目指したい方

リクルートへの転職は、若い内から成長にコミットしたい方におすすめの会社です。
常に良いものを取り入れようとする姿勢や社員一人一人が成長に貪欲な姿勢、主体的なキャリア形成ができる風土が築かれているなど、成長できる環境が築かれています。

リクルートに入社した方は、将来企業したい方や自分で事業を立ち上げたい方、外資系企業へのステップアップとして考えている方など、通過点として考えている方が多いです。

そのため、成長に重きを置き、何にでもチャレンジする社員が多く、自らの意思で速いスピード感で成長できます。

一方で、ワークライフバランスを保つには、スキルを身につけて成果を出す必要があります。

総じて、プロフェッショナルの意識が高いリクルートであれば、ビジネスマンとして一人前のキャリアを歩むことができます。

リクルートへの転職難易度は高い?

リクルートでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年400〜500名程度採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

リクルートの転職難易度は、応募する職種によって異なります。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材などの即戦力が求められる求人では、転職難易度が高いです。

一方で、未経験・専門性がなくても、募集できるポジションがあるため、転職難易度は低くなります。

転職難易度が高いポジションでも、転職エージェントを使うことでリクルートへ転職できる可能性が高まります。
リクルートへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

ビジネス系

リクルートでビジネス系として、頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • オープンポジション
  • コーポレート
  • ビジネスデベロップメント

リクルートでは既存事業の拡大や新規事業開発に必要な人材が通年で募集されています。その求人は非常に多岐に渡っています。

システムやマーケ、人事、メーカーなどにおける専門領域を持っている方はもちろん、未経験・第二新卒の方でも転職するチャンスが広がっています。
以下はビジネスのオープンポジション(職種を問わない求人)であり、応募資格は幅広く、未経験の方でも応募可能です。

ビジネス系のオープンポジションへの応募資格

  • 3年以上のビジネス経験を有し、戦略の立案から実施までを経験されている
  • これまでのビジネス経験において、圧倒的な成果を残された方
  • 中期計画策定、営業企画、事業企画、商品企画、サービス企画・開発、事業推進、営業推進、業務改善といった経験を自ら『主体者』となってやり切った経験をお持ちの方

第二新卒から即戦力まで幅広く募集しているため、論理的思考力が高い方や自分の専門分野とマッチすれば、転職するチャンスは広がります。

リクルートでは、採用HPや社員紹介経由で採用されることもありますが、中途採用の多くは、転職エージェントに採用を依頼しています。

そのため、転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】リクルート ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

エンジニア系

リクルートでは直近、リクルートが運営する各サービスのプロダクト開発が強化されています。

  • オープンポジション
  • テクノロジー

サービス開発を担うエンジニアから社内のDXを推進する担当者など、専門スキルを問わず、エンジニア経験がある方が募集されています。

リクルートのサービスが多様化している今、エンジニアのニーズがリクルートで急速に広がっています

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、エンジニアで高年収を狙いたい方の転職には、高年収求人かつエンジニアに強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、大手企業や外資系企業の求人における高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】リクルート エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いリクルートを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、リクルートへの転職難易度は高いといえます。

リクルートへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にリクルートに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

リクルートに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

リクルートにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. SPI
  3. 1次面接:マネージャー or 人事
  4. 最終面接:部長 or 役員
  5. 内定

場合によっては、現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

リクルートの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

リクルートの選考に対する口コミ・評判

・面接アドバイスとして、とびぬけた何かへのこだわりがあればそれを主張してほしいです。とびぬけた何かをチームで補完しあって最強の組織を形成するのがリクルートです。
(20代後半、法人営業、男性)
・自分がどうなりたいのか、何を目指していて、入社後どういうふうになりたいのかを明確に持ち、伝えることが重要だと思います。仕事を通して何を得たいか、その得たいもののためにどれだけ一生懸命になれるか、その本気度を見られていたと思います。
(20代後半、法人営業、男性)
・特に準備はしませんでした。
書類選考→web筆記試験→一次面接→最終面接
過去の行動の理由を深堀して聞かれることが多かったです。飾らず正直に答えました。筆記試験は、あまりできた気がしませんでしたが、通りました。参考程度なのかも、と思います。
(20代後半、法人営業、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようで、奇をてらった質問はあまりないようです。

志望理由が明確であることと、リクルートにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

「不合格だった・内定した」という口コミ・評判から、リクルートの中途採用面接で重要なポイントをまとめました。

  1. 他人と差別化できる強みを明確にする
  2. 過去の経験に対する自己分析を徹底する
  3. 自分のビジョンに圧倒的な熱意がある

リクルートの中途面接は、かなり過去の体験や将来やりたいことを深ぼられることで有名なので、自身が自信を持って答えられるように、自己分析や企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

リクルートへの転職難易度が高い理由の一つが、通常面接の難易度が高いことにあります。
面接では、オーソドックスな質問が中心ですが、自分なりの仕事観や人生観を明確にしておくことが重要です。

リクルートに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜリクルートに転職したいのか
  • なぜ他のIT企業ではダメなのか
  • リクルートが今後改善できそうな部分はどこか
  • リクルートにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • リクルートで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯
  • これまでで一番成果をあげた経験

以上の質問は、「リクルートに転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとリクルートが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、これまでリーダーシップを発揮した経験や成果をあげた経験を率直に伝える必要があります。
自信をアピールできるエピソードをいくつか用意しておきましょう。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・リクルートへの志望理由につなげることで、自分自身を一貫してアピールできれば、面接難易度の高いリクルートに転職できる可能性が高まります

選考対策を自分だけで行うことに不安が大きい方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは大手IT企業への多くの転職成功例をもとに、書類選考対策から面接対策まで幅広く行ってくれるので、企業HPから応募するよりも選考通過率が格段に高まります。

選考を通過できるか心配な方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】大手IT企業の転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

転職支援実績No.1
幅広い業界・職種の転職成功事例・選考対策事例が多数

JACリクルートメント

コンサルタントの質No.1
業界・職種別のコンサルタントがサポート

リクルートの企業情報

リクルートの事業や採用についてあまり知らない方は、まずリクルートへの転職に関する概要を把握しておきましょう。

リクルートへの転職を本格的に考える前に、事業内容や将来性、直近の採用情報を把握しておくことで、最低限自分が転職したいと思える会社かどうかが判断できます。

リクルートの事業内容

リクルートホールディングスの事業は「HRテクノロジー」「メディア&ソリューション」「人材派遣」という3つのセグメントに分かれています。

各セグメントの詳細をご紹介します。

  • HRテクノロジー
    先進的なテクノロジーを活用して、オンライン求人プラットフォームの運営や、人材ビジネスに関するソリューションの提供により、個人ユーザーの求職活動と中小企業を含む企業の採用活動をサポートしています。
    2012年に買収したIndeedと、2018年に買収したGlassdoorで構成され、60か国以上でサービスを展開しています。

リクルートのHRテック事業

  • メディア&ソリューション
    販促領域と人材領域の2つの事業領域で構成されています。販促領域では、住宅・美容・結婚・旅行・飲食などの多様な分野において、オンラインプラットフォームの運営などを通じた広告ビジネスを展開しています。また、SaaS (Software as a Service)ソリューションの提供などを通じた、業務負荷の削減および生産性向上を支援するサービスを、主に中小企業向けに提案しています。
    人材領域では、個人ユーザーの求職活動と企業クライアントの採用活動を支援するメディアの運営と、人材紹介サービスなどを展開しています。

リクルートのメディア事業

  • 人材派遣
    国内派遣領域および北米・欧州・豪州などの海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業の派遣ならびに各種専門職の派遣などの総合的な人材派遣サービス事業を世界各国で展開しています。変化し続けるグローバルな労働市場環境において、求職者と企業のニーズに合わせて柔軟かつ多様な働き方を提供することに貢献しています。

リクルートの人材派遣事業

事業の将来性

リクルートは2019年までは売上を拡大しており、どの事業も非常に好調です。

最も売上の大きいセグメントは、人材派遣事業で、次いで、販促領域・人材領域、HRテクノロジーとなっています。販促領域や人材領域の事業拡大に注力しており、スーモやホットペッパーのサービスをはじめ、リクルートエージェントやタウンワークなどのサービスでの人員拡充は引き続き続いていくでしょう。

また、ここ数年でのHRテクノロジー事業の成長は著しいです。特にIndeedでは営業人員の拡大に注力しており、求人情報専門検索エンジンのマーケットシェア拡大を狙っています。

▼リクルートの売上
(青:売上、紫:営業利益)

リクルートの売上

▼セグメント別の売上

リクルートのセグメント別売上

リクルートは長期ビジョンとして、2020年までに人材領域で、2030年までに全事業領域でグローバルNo.1企業となることをあげています。このビジョン達成のために、国内と国外では異なる成長戦略を立てています。

既に高いシェアを獲得している国内事業では、持続的な成長のために、クライアント基盤/カスタマー基盤のさらなる拡大強化を行っていきます。

新規事業としてはITを活用した新たな成長分野の創出を狙っており、特に「中小企業向け業務支援分野」「ヘルスケア産業」「教育産業」に力を入れています。

一方海外事業では更なる成長を実現するために、国内でのノウハウ移管による既存事業の成長強化と、積極的なM&Aによる事業基盤の拡大強化を目指しています。

今後のリクルートでの採用は、既存事業の基盤を強化できる人材や新規事業を推進する人材、M&Aを中心としたグローバルに活躍できる人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう
(引用:リクルートのHP)

リクルートの平均年収は高い?

リクルートの平均年収は962万円です。(引用:2019年3月期の有価証券報告書)
リクルートの年収はここ3年で90万円ほど上がっており、高年収の転職を狙うなら、おすすめの企業です。

役職別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
メンバー 500万円〜650万円
チームリーダー 700万円〜900万円
マネージャー 1000万円〜1200万円
部長 1300万円〜

リクルートの初任給は450万円程度とされており、30代で多くの方が700万円以上の年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 962万円
30歳 800万円
35歳 1000万円
40歳 1200万円
45歳以上 1500万円〜

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
リクルート 962万円
JACリクルートメント 774万円
パーソルHD 637万円
ワールドHD 606万円
メイテック 600万円

リクルートの年収は、他の人材紹介会社と並び、高い水準です。

新卒や第二新卒でも年収1000万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

何よりも年々売上を純増させていることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、転職エージェントに相談してみましょう。

リクルートへの転職で後悔しない秘訣とは?

リクルートへの転職に興味をお持ちの方は、転職で後悔しないように、徹底的にリクルートを理解することが重要です。
リクルートへ転職する際の注意点を気をつけておけば、リクルートへの入社後も納得して働くことができます。

以下に、リクルートの企業概要や働き方などを一覧にまとめました。

もっとリクルートの転職事情について詳しく知りたいと思った方やリクルートのような魅力的な企業の求人を見てみたいと思った方には、転職エージェントを活用することがおすすめです。

リクルートの企業理解を深める

リクルートの社風や働き方など、入社後のギャップが生じて転職に後悔しないように、さらに企業理解を深めていきましょう。

以下は基本情報にはなりますが、今後働いてみたい企業かどうか判断する上で、参考にしてみてください。

転職で後悔しやすい項目 リクルートの口コミ・評判
給与・福利厚生
  • 語学学習/資格取得支援制度あり
  • 平均年収は962万円
  • 営業はインセンティブをもらえるかどうかが年収に影響する
  • 会社の売上や利益に応じて、賞与が変動する
  • インセンティブがある
  • 1,000万円前後の年収を稼げる
  • 評価制度は明瞭かつ公平
ワークライフバランス
  • 年間休日130日以上
  • 年間有給休暇15日
  • 平均残業時間29時間
仕事・社内文化
  • 成果を出せば出すほど、目標が高まっていく
  • 自分と合わない上長に当たってしまう場合がある
  • 自分の意見を持てないと、周囲から置いていかれる
  • メンバーに対して質の高いマネジメントをしてくれる
  • 主体的な姿勢が評価される
  • 自分なりに創意工夫できる機会が多い
  • 自分が望むキャリアにも異動可能
働き方
  • 全職場対応の在宅勤務(テレワーク/リモートワーク)制度あり。
  • フレックスタイム制あり。
  • 長時間労働の人が多く、退勤しづらい
  • 成果が出ていないと休みづらい風潮がある
  • 有給を取っている人が少ない
  • 在宅、もしくは出社での勤務、どちらでも可能
  • 好きなだけ仕事ができる環境がある
  • 労働時間がしっかりと管理されている
  • 残業をよしとししない風潮がある
リクルートに向いている人
  • 仕事が好きな方
  • リクルートでの経験を通過点に、キャリアアップしたい方
  • なんでも自由に言い合える社風を好む方
  • 成果重視で働きたい方
  • 若いうちに年収1,000万円前後を目指したい方

リクルートの特徴を理解した上で、自分がリクルートに転職した際に、失敗・後悔しない会社といえるかどうかしっかり見極めていきましょう。

大手の転職エージェントを活用する

リクルートで働くことや実際の求人に興味を持った方は、大手の転職エージェントを通じて、具体的な求人情報を見てみましょう。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、希望の求人が見つからなかったり、情報が偏るリスクがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

20代・第二新卒の方であれば、若手の転職に特化しているマイナビエージェントがおすすめです。未経験でも豊富な求人があります。

今よりも高年収を目指したい方は、年収500万以上の求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートエージェントやマイナビエージェントで見つからない求人でも、リクルートダイレクトスカウトでは高確率で見つけることが可能です。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【ハイクラス転職サイト】
  • 年収アップを目指す方におすすめのサービス
  • 年収800万〜2000万円求人多数
  • 登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを記入したら、優良企業や一流のヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

リクルートダイレクトスカウトに
相談する

 

この記事を通して、「リクルートで働く魅力や気をつけるべき点がわかった」「リクルートのような大手人気企業へ転職してみたいと思った」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数