アクセンチュアへの就職難易度は?出身大学・選考内容なども解説

アクセンチュアへの就職難易度は?出身大学・選考内容なども解説

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームであり、高年収の転職先としても有名な外資系企業です。
日本のITベンダーの中では、ナンバーワンの成長率を誇っており、転職先としても非常に人気です。

  • アクセンチュアへの就職難易度は高い?
  • アクセンチュアへ就職した方の選考の口コミは?
  • アクセンチュアの新卒採用の求人とは?

といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アクセンチュアへ就職した方の口コミをもとに、アクセンチュアへの就職難易度について紹介します。
さらに、アクセンチュアの求人や選考内容・年収などの就職に関する基本情報を詳しく解説します。

この記事を読むことで、アクセンチュアへの選考対策法が分かるとともに、アクセンチュアへの就職情報を一通り知ることができます。

アクセンチュアへの就職を検討している方も、まだ検討していない方もぜひ参考にしてみてください。​​

就職活動には「オファーボックス(OfferBox)」がおすすめ

就職活動する際に最もおすすめのサービスは、スカウト型就活サービスの企業利用数No.1のオファーボックス(OfferBox)です。

プロフィールに興味を持った企業から直接スカウトが届くため、今まで出会えなかった企業の求人や自分に合った求人に出会うことができます。

マイナビやリクナビなどの応募型の就活サイトではなかなか納得のいく企業に出会うことができない方におすすめのサービスです。

  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数10,003社以上
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

アクセンチュアへの就職難易度は高い?

アクセンチュアでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年300名程度、中途採用は1,000名程度の採用人数となっています。

世界トップクラスのコンサルティングファームであることから、就職先として人気があり、就職難易度は高いです。

アクセンチュアへの就職難易度を理解するにあたり、以下の4点についてそれぞれ解説していきます。

アクセンチュアの新卒採用の選考

選考フロー、選考内容の詳細を解説していきます。

選考フロー

アクセンチュアの新卒採用の選考ルートは主に2種類あります。

サマーインターンは8~9月頃に実施され、数十名ほどのごく一部の優秀な学生を採用するようです。
採用ポジションは戦略コンサルタントがメインです。

本選考では、戦略コンサルタント以外の職種が採用されます。

  • サマーインターン/本選考
    1. エントリーシート
    2. WEBテスト
    3. グループディスカッション
    4. 1次面接
    5. 最終面接
    7. 内定

選考内容

▼アクセンチュアのエントリーシートの質問項目例をいくつかご紹介します。

  • コンサルティング塾を通じて、あなたはどのように成長したいと考えているかを具体的に教えてください。※改行せず文章は続けて入力してください(200文字以上300文字以下)
  • あなたがチームの一員として課題に取り組む際に意識している点を挙げ、それがチームの成果にどのようなインパクトを与えたか、具体的な経験を交えて教えてください。※改行せず文章は続けて入力してください(300文字以上400文字以下)
  • あなたが注目しているTechnology関連の動向を簡潔に1つ挙げ、特に興味を持ったポイントを具体的に教えてください。※改行せず文章は続けて入力してください(300文字以上400文字以下)
  • どのような軸で就職活動を行っていますか。(400文字以内)
  • 「未来のアクセンチュアに必要なDNA 」のうち共感できるものは何ですか。選択した理由をご自身の経験を踏まえて記述してください。(400文字以上600文字以下)
  • アクセンチュアを「社員一人一人が夢を実現するプラットフォーム」ととらえたとき、あなたはアクセンチュアで何を実現したいですか(400文字以上600文字以下)
  • 第1志望の職種を選択された理由をお聞かせください。(200文字以下)

主に、学生時代に一番頑張ったことと、アクセンチュアの志望理由の2つのパートに分かれており、論理的かつ端的に記述することが重要です。

▼アクセンチュアのWEBテストは玉手箱です計数理解と言語理解、性格の3つの検査が行われます。

▼アクセンチュアの面接では、以下のような質問が行われます。
学生時代に頑張ったこと・志望動機の質問に対する対策以外に、ケース問題の練習を行っておきましょう。

  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れたこと
  • ITにおける最近気になったニュースについて。
  • 読んだ本の内容を忘れないようにするためのアプリを考えよ(ケース問題)
  • 酒を製造しているメーカーがコロナによってダメージを受けているため、その売り上げを向上させる施策を考えよ(ケース問題)
  • 今までの選考を振り返ってみた感想。
  • なぜコンサルティング業界に興味を持ったのか。
  • アクセンチュアに入社したら具体的に何がやりたいか。
  • 入社してからどのようなキャリアを歩みたいか。
  • 学生時代にリーダーシップをとった経験は?
  • 他社の選考状況について。
  • 英語能力の確認
  • 逆質問

アクセンチュアへ就職した方の口コミ・評判

アクセンチュアへの就職に成功した勝ち組の方や、落ちた方の声をいくつかご紹介した上で、実施すべき選考対策を解説していきます。

アクセンチュアへの就職勝ち組の口コミ

・ケース対策をしておけば問題ないと思います。また、複数回募集の締め切りがある場合には早めに受けた方がいいとGDの最中に痛感しました(第三次募集で出したため、コンサルを受けることやGDは初めてという学生が多くやりにくかった)。
・コンサルタントを目指す際にはいずれかの形で論理的思考能力やプレゼンスキル、ディスカッションの能力が問われると思いますので練習しておくといいと思います。
・自分自身についてよく知ること。
自分を生かせる業界の面接は、スイスイいく。
普段から、論理的に話す癖をつけたり、物事をよく考えるようにしていれば上手くいくと思う。
※引用:楽天みん就

アクセンチュアの内定獲得のポイント

アクセンチュアに就職した方の口コミをもとに、内定獲得するべきポイントをまとめました。

  1. ケース問題への対策を行っておくこと
  2. どの選考フェーズでも論理的に対応すること
  3. 自己分析をよく行っておくこと

アクセンチュアの選考で最も重要なのは、論理的に対応することです。

GDやケース問題、面接での質問など、どの場面でもロジカルに展開していきましょう。
コンサルでは、一定のロジカルさがなければ、通用しません。

ケース問題でポテンシャルの高さをアピールできれば、選考通過しやすいですが、自己分析で学生時代に一番頑張ったことをさらにアピールできれば、より内定に近づくでしょう。

自己分析でも、論理的に回答することに加えて、課題解決能力の高さをアピールしましょう。

アクセンチュアの新卒採用求人

アクセンチュアの新卒採用は、大きく2つの職種を採用しています。

コンサルタント 職

アクセンチュアでコンサルタント職として、募集されている求人は以下の通りです。

  • ビジネスコンサルタント
  • デジタルコンサルタント
  • データドリブンコンサルタント
  • 戦略コンサルタント

ビジネスコンサルタントは、ビジネス課題を整理した上で、先端テクノロジーを活用してプロジェクトを推進するポジションです。

デジタルコンサルタントは、先端テクノロジーの専門家として、ソリューションを提供する役割です。

データドリブンコンサルタントは、セールス&マーケティング・サプライチェーン・人材・組織・ファイナンスなどの領域でデータを活用して課題解決するポジションです。

戦略コンサルタントは、顧客の企業価値・組織価値を高めるために、根本的な課題抽出を行い、今後の成長戦略を描きます。

スペシャリスト職

アクセンチュアでスペシャリスト職として、募集されている求人は以下の通りです。

  • ソリューション・エンジニア
  • データサイエンティスト
  • AIアーキテクト
  • クリエイティブ
  • マーケティング
  • デザイン
  • コンテンツデザイン

アクセンチュアのスペシャリスト職は、コンサルタント職とともに、専門的なコンサルティングやサービスを提供する役割です。

エンジニアリングやマーケティング、デザイン領域などの専門性を持ち、顧客の体験や価値を想像していくポジションです。

アクセンチュアへ就職する人の出身大学

アクセンチュアへの就職実績を確認したところ、MARCH以上の学歴のある大学で内定された方が多いようでした。

早慶、旧帝大、難関国公立、上智、MARCHあたりの大学であれば、就職しやすいようです。

もちろん、自身のスキルが高ければどこの大学でも就職可能ですが、上記の大学にレベルの高い学生が集まっているため、実際には上記以外の大学からの就職は少ないようです。

アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアの平均年収は900万円です。
役職別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
アナリスト 500万円〜600万円
コンサルタント 600万円〜800万円
マネージャー 800万円〜1200万円
シニアマネージャー 1200万円〜1500万円
マネージングディレクター 2000万円〜

アクセンチュアの初任給は500万円以上とされており、30代で多くの方が1000万円以上の年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 570万円
30歳 750万円
35歳 940万円
40歳 1200万円
45歳以上 1300〜1500万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アクセンチュア 900万円
IBM 770万円
アビーム 850万円
NRI 900万円
デロイト 1100万円
PwC 900万円

アクセンチュアの年収は、他のビジネスコンサルティングファームと比べて高いです。
アクセンチュアでは、SEは10年で、ビジネス・デジタルコンサルタントは5年でマネージャーになるモデルであるため一般的な企業と比べて昇進が非常に早いです。

新卒や第二新卒でも年収500〜800万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

項目 詳細
初任給 ・初年度年俸 4,300,000円(基準年俸)+業績賞与 年1回(12月)(2023年入社者初年度年俸予定)
なお、賞与支給月は変更になる可能性があります選考過程において、高い技能・適性が認められた方については、それらの要素を加味した上で、上記以上の基準年俸を定める場合があります。
昇給 ・年1回
賞与 ・上記の通り
賃金形態 ・年俸制

アクセンチュアの福利厚生・その他

アクセンチュアの福利厚生についてご紹介します。

アクセンチュアの手当は、ご覧の通り豊富な内容になっています。

項目 詳細
就業時間 ・フレックス制度
・在宅勤務制度
・短日短時間勤務制度
休日 ・年間休日120日以上・完全週休2日制
・年次有給休暇、私傷病休暇(※試用期間終了後から取得可能)、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合を含む)、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇
など
社会保険 ・各種社会保険完備
各種手当 ・確定拠出金制度
・従業員株式購入プラン
・法人会員及び契約施設・ホテルなどの割引特典
・ポイント・割引サービス
・健康サポート
・時間外勤務手当、深夜勤務手当、出張手当、住宅手当、交通費支給

アクセンチュアのワークライフバランス

マネージャーより下のスタッフのワークライフバランスは社をあげて改善を行っている。全社的な取り組みの結果、サービス残業は無くなり、36協定に則った残業内に必ずおさまるように管理されている。他方、マネージャー以上は依然として長時間勤務の体質が治らない。自身が体調を崩した場合は無理して働かされるということは絶対に無い。女性は産休・育休は当然のようにとることもでき、男性の育休も問題ない。

プロジェクトプライドという取組みが推進されており、残業時間はセーブされる傾向にある。ストラテジーグループも例外ではなく、80時間以上の残業は原則NGな状況。さらに、2022年4月からPCの稼働状況までモニタリングされ始めたので、いよいよ効率的な働き方を徹底しなければ、、、という風潮がより高まっている印象。長時間労働でバリューを発揮するスタイルでは生き残れなくなりつつある。

アクセンチュアは以前は長時間労働の会社というイメージがありましたが、直近は働き方がかなり改善されているようです。

ただし、マネージャー以上の役職の方の中には、今も月間最大80時間程度働く方もいるようです。

メンバーには生産性の高い働き方が求められ、年々残業時間が減っています。

コンサル業界である程度ワークライフバランスを保ちたい方にとっては、おすすめの会社となっています。

アクセンチュアの社風・やりがい

アクセンチュアには元々ITソリューションで課題解決するイメージが強く、思っていた以上に業務課題レベルの課題解決が多かった。

IT化がどの企業でも推進されているため、年々システム基盤の構築やITサービスのプロジェクトに関するプロジェクトが多くなってきた。戦略コンサルや経営コンサルはITコンサルと協同で解決していくケースが多い。

メーカーでの経験や知見を高く見出され、経営コンサルタントになることができた。途中で戦略コンサルを目指したが、トップ戦略コンサルティングファーム出身の方が多く、コンサルでのキャリアを積む必要があった。

アクセンチュアの強みは課題の調査からサービスのデリバリーまでを一貫してできるところに強みがあります
特にアクセンチュアではテクノロジーに長けたコンサルタントが他社よりも圧倒的に多いことが特徴です。

戦略コンサルタントは外資系の戦略コンサルティングファームであるマッキンゼーやボストンコンサルティングなどが担うことが多く、戦略コンサルタントを担える人材は、アクセンチュアの中でも優秀な一部の人材です。

未経験者の配属後の仕事ははプロジェクトの主要メンバーとしてアサインされることは多くなく、まずはデータをまとめたり、資料を作成するなど、コンサルタントになるために必要な基礎を身に付けていきます。

また、アクセンチュアは成果重視の会社のため、成果を出さなければ希望の配属先には異動が難しいでしょう。

未経験でコンサルに挑戦したい方や経営コンサルやITコンサルとしてまず実力をつけたい方にとっては、おすすめの就職先です。

アクセンチュアの企業情報と将来性

アクセンチュアの会社概要や事業内容、直近の売上について解説します。

中長期的な将来性も含めて、アクセンチュアへの就職を検討する際の参考としてください。

会社概要

アクセンチュアの会社概要は以下の通りです。

会社名 アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
所在地 〒107-8672 東京都港区赤坂1-8-1
設立日 1995年12月
代表 江川 昌史
資本金 3億5千万円
従業員数 約18,000人(2022年3月1日時点)

事業内容

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームです。
世界中に約32万人以上の社員がいて、120カ国で事業展開しています。

以下の5つの領域で幅広いサービスをソリューションをお客様に提供しています。

  • ストラテジー
    「未来を創る戦略パートナー」として、企業戦略や事業戦略、グローバル戦略やM&Aなどのクライアントの経営課題に対してアプローチを行います。
  • コンサルティング
    「企業変革のパートナー」として営業改革や人材組織改革等、クライアントの経営課題に対してアプローチします。
  • デジタル
    「デジタル変革の先導者」として、クライアントのデジタルマーケティングやユーザーエクスペリエンスに対してアプローチします。
  • テクノロジー
    「イノベーションの実現」を目指し、クライアントの課題に対して、システム開発やDXを通してアプローチします。
  • オペレーション
    「インテリジェントオペレーション」を実現すべく、クライアントの業務課題に対して、世界中で急速に成長を続けているBPO(企業活動における業務プロセスの一部を外部委託し、その業務に対して企画、改善等を期待するサービス)やアウトソーシング(BPOとは違い、単純に業務プロセスの一部を外部に委託すること)という手法でアプローチします。
  • セキュリティ
    「リスクの検知と対応」をすべく、クライアントが持つ戦略リスク管理、サイバー空間におけるリスク対策といった課題に対してアプローチします。

それぞれの部署で、「金融」や「製造業」といった業界ごとに専門的な知識を持った人材が配置されています。あらゆる領域・業界の専門家がクライアントの課題やニーズに対して、サービスを提供できるのが、アクセンチュアの強みです。

売上の推移

アクセンチュアは世界トップクラスのコンサルティングファームです。

アクセンチュアの売上高は2001年の上場時から2018年にかけて、約10倍まで伸びています。
日本のITベンダーの中では、ナンバーワンの成長率を誇っています。

日本のアクセンチュアではそれ以上に売上が伸びています。
近年、日本の製造業がデジタル化を一気に推進していることにあります。

▼売上推移

アクセンチュアの売上

今後のアクセンチュアでの採用は、デジタル化を推進する人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう

アクセンチュアでは直近採用に力を入れていることもあり、ソフトウェアやITサービスの技術を持っている方は就職難易度が低くなるでしょう。
(引用:アクセンチュアのHP)

アクセンチュアへの就職におすすめの就活サービス

アクセンチュアや大手コンサルティング業界への就職を検討している方や募集求人に興味を持った方は、大手の就活サービスの求人もご覧ください。

スカウト型の就職サービスでは、自分のプロフィールに興味を持った企業から直接スカウトが届くので、今まで選択肢になかった企業や自分の希望に合った企業と出会うことができます。

マイナビやリクナビなどの応募型の就職サイトと比べて、受動的な活用法ができるので、忙しい就活生でも併用して使うことができます。

おすすめのスカウト型就職サービスを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

オファーボックスは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人の中からスカウトが届くため、非常におすすめです。

【スカウト型就活サイトの企業利用数No.1】
  • 大手からベンチャー企業まで登録企業数10,003社以上
  • スカウト受信率93.6%
  • 企業は学生のプロフィールを見て、スカウトする


総合満足度 利用企業数 大手企業数

5.0点/5.0点

10,003社以上

4.5点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.0点/5.0点

4.0点/5.0点

4.5点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

OfferBoxでは企業から学生に送れるオファーの数が限られています。 そのため、企業側は学生のプロフィールをしっかり読み、 きて欲しいと思う学生を厳選してオファーを出しています。さらに、OfferBoxでは、無料で受けられる精度の高い適性診断を受けられます。 それによって自己分析を行い、プロフィールに反映することもできます!
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】オファーボックスに
登録する

【国公立・MARCH以上の学生が6割以上】の就活サービス
  • 本気度の高いスカウトが企業から届く
  • 選考結果が次のスカウトや選考に生かされる
  • 就活コンサルタントに相談可能


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.5点/5.0点

950社以上

3.8点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

4.0点/5.0点

4.0点/5.0点

4.2点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

キミスカは優秀な大学の学生が多く登録しており、優良企業からのスカウトが豊富に届きます。他のサービスとの違いは、選考結果が実績として残るので、自分に合った企業からのスカウトが届きやすくなります。スカウト型のサービスとしては珍しく、就活コンサルタントに就活全般の相談ができます。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キミスカに
登録する

【逆求人型就活サービスNo.1】
  • プロフィール入力無料サポート
  • 人気・優良企業をはじめ、契約企業は6,800社以上
  • プロフィールをしっかり記載することで、スカウト受信率が97%


総合満足度 利用企業数 大手企業数

4.0点/5.0点

6,800社以上

4.0点/5.0点
スカウトの質 スカウト受信数 使いやすさ

3.7点/5.0点

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活支援サービスです。大手企業の契約が多く、自分のプロフィールに興味を持った大手企業からスカウトが届きます。就活の疑問や悩みを解消してくれるコラムも充実しています。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】dodaキャンパスに
登録する

まとめ

アクセンチュアへの就職に関して、一通りの情報を紹介してきました。

アクセンチュアでの新卒採用は、コンサルティング職とスペシャリスト職が募集されています。

就職先として非常に人気ですが、年間300名程度と比較的多くの採用人数のため、一定のロジカルさがあれば挑戦してみましょう。

選考では、過去の就職成功者の口コミを参考にした上で、内定獲得のポイントを押さえておきましょう。

アクセンチュアはIT関連のプロジェクトに強みがあり、高い成長率を維持し続けています。
就職難易度は比較的高いですが、高年収で働くことができるので、興味を持った方はアクセンチュアにぜひ応募してみてください。

アクセンチュア以外の企業も探してから応募したい方は、以下の就活サービスの中から、自分の気になるサービスを活用してみてください。今まで出会えなかった思わぬ企業や求人に出会えるかもしれません。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数