転職エージェントへの断り方とは?転職のプロがパターン別に解説

転職エージェントへの断り方とは?転職のプロがパターン別に解説

これまで転職エージェントを使っていながら、「転職活動をやめて、現職に留まることにした」「他の転職エージェントで転職することになった」という困ったことはありませんか。

  • 転職エージェントのサービス利用を断りたいけど、断り方がわからない
  • 転職エージェントに面接を断りたいけど、どうやって断ればいいのかわからない

といった悩みを解決できる記事になっています。

このような悩みを抱えている方に、パターン別の断り方を例文を含めて解説します。

この記事を読み終えることで、失礼のないように断る方法がわかり、転職エージェントとの関係を崩すことなく、転職活動を進められます。

転職エージェントへの断り方

転職エージェントの利用中に、サービスを断ることは可能です。

決して、転職エージェントからの連絡を無視せず、誠実に対応しましょう。今後、同じサービスを活用する際に使いづらくなります。

転職エージェントのサービス利用の停止や面接のキャンセル、内定辞退など、どのパターンでも転職エージェントにはっきりとお伝えすることで、断ることができます。

可能であればメールと電話の両方で断りの旨を伝えることがベストです。どちらか一方で連絡を行っていれば問題ないので、片方でも構いません。ただし、選考が進むにつれて、担当者との関係性が濃くなってくるので、電話で伝えることで関係性を維持できるでしょう。

パターン別の転職エージェントへの断り方

メールでお断りの申し出をする場合の例文を紹介しています。
それぞれのパターンに合わせ断り方をまとめているので、メールだけでなく電話でも伝えられるように重要なポイントをまとめています。

転職エージェントとの面談前時点の断り方

登録後に転職エージェントとの初回面談を断る場合の断り方を解説します。

選考も進んでいないため、この段階では「面談キャンセルに対する謝罪の旨」だけお伝えすれば問題ありません。

メール例文は、以下の通りです。

〇〇様
お世話になっております。先日貴社サービスに登録させていただきました、〇〇と申します。

大変恐縮ですが、今回はエージェントサービスの登録をキャンセルさせていただきたく存じます。

何卒ご理解くださいませ。

また別の機会がございましたら、何卒宜しくお願いいたします。

署名

面談後にサービス利用中止する場合の断り方

続いて、面談後にサービス利用中止する場合の断り方です。

選考に進んでいないため、この段階でも「サービス利用中止に対する謝罪の旨」だけお伝えすれば問題ありません。

メール例文は、以下の通りです。

〇〇様

お世話になっております。
先日は面談を実施いただき、誠にありがとうございます。

求人をご提案いただきながら恐縮なのですが、
まずは社内でスキルアップしていく方が今後の転職にも役立つと感じました。

お手数をおかけして大変心苦しいのですが、サービスの利用を中止したいと考えております。

何卒よろしくお願いいたします。

企業との初回面接前時点の断り方

書類選考後や面接調整中のタイミングで、企業との初回の面接を断る場合の断り方を解説します。

この段階では、企業側とのやりとりが始まっているため、企業に迷惑をかけることになります。企業への配慮も含めたお詫びをお伝えしましょう。

メールや電話で伝えるべき重要なポイントは2つです。

  • 選考途中で辞退することへの謝罪
  • 辞退理由

面接前時点の断り方には2つのパターンがあります。

初回面接の日程調整がまだ完了していない場合

メール例文は、以下の通りです。

◯◯様

お世話になっております。◯◯です。
先日は次回選考についてご教示いただき、ありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、現在面接を調整いただいている▲▲株式会社様につきまして、次回選考を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

◯◯という軸での転職を優先的に考えており、私が求める求人にマッチングしないのではないかと考えました。
改めて、〇〇という軸を踏まえて、求人をご紹介いただけますと幸いです。

貴社のみならず、企業様にも大変ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。
企業様にも、ご迷惑をおかけすることへのお詫びをしていただけますと幸いです。

お手数をおかけいたしますが、引き続きご協力をいただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

署名

初回面接の日程調整が完了している場合

すでに次回の面接日程の調整が完了している場合の断り方を解説します。

日程調整が完了していない場合のポイントに加えて、伝えるべき重要なポイントを紹介します。

  • 面接日程確定後に辞退することになってしまった理由

 

すでに希望の日程を伝えているため、転職エージェントの担当者から事前に伝えることはできなかったのかと不満を抱かれる可能性があるからです。

メール例文は、以下の通りです。

◯◯様

お世話になっております。◯◯です。
先日は次回選考についてご教示いただき、ありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、現在面接日程が決まっている▲▲株式会社様につきまして、次回選考を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

すでに日程が確定している中で、お伝えすることとなり、大変申し訳ございません。
面接の準備を進めている間に▲▲株式会社様について調査している中で、◯◯という軸での転職が叶わないのではないかと思いに至りました。
現在ご紹介いただいている、■■株式会社様の方がマッチするとも考えており、そちらで選考を進めていただけますと幸いです。

貴社のみならず、企業様にも大変ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。

お手数をおかけいたしますが、引き続きよろしくお願いいたします。

署名

企業との初回面接後時点の断り方

企業との初回面接が終了し、次回の面接の案内がきた後の断り方を解説します。

「現職で働くことを継続することに決めた」「他社から内定をいただいた」ことを理由にお断りの連絡を入れましょう。

メールや電話で伝えるべき重要なポイントは2つです。

  • 選考途中で辞退することへの謝罪
  • 面接を実施いただいたお礼
  • 面接後の辞退理由

メール例文は、以下の通りです。

〇〇様

お世話になっております。
●●株式会社様につきまして、次回面接辞退の相談をさせていただきたくご連絡いたしました。

他の転職エージェント経由で選考が進んでいた▲▲株式会社様から内定をいただき、入社を決意しました。
●●株式会社様のお仕事は非常に魅力的かつ、私が望んでいた環境ではあったのですが、諸々の条件を考慮した結果、▲▲株式会社様の方が活躍できるという結論に至りました。

この度は、○○様に手厚いサポートをいただき、●●株式会社の採用ご担当者様にも丁寧にご対応いただきながら、誠に申し訳ございません。
このような決断となり大変心苦しい部分があるのですが、ご了承くださいませ。

何卒よろしくお願い申し上げます。

謝罪の旨を丁寧に伝えつつ、サポートいただいた担当者へのお礼を誠実にお伝えしましょう。

内定が出た後の断り方

内定が出た後の断り方を解説します。

面接後の対応と同様に、「現職で働くことを継続することに決めた」「他社から内定をいただいた」ことを理由にお断りの連絡を入れましょう。

内定後の断り方のポイントは2つです。

  • 電話とメールでお伝えする
  • 内定を辞退する理由を伝える

内定が出てしまった後に辞退する場合は、すでに担当者や企業側に多くの時間を割いていただいているので、メールだけでなく、電話でも誠心誠意お詫びしましょう

メール例文は、以下の通りです。

〇〇様

いつもお世話になっております。〇〇です。
先日は株式会社〇〇様からの内定のご連絡、ありがとうございました。

内定を受けるかどうか熟慮した結果、株式会社〇〇様につきましては、内定を辞退させて頂きたく存じます。

仕事内容・待遇・条件などで希望とマッチする部分が多かったのですが、やはり他の転職エージェントで現在選考中の株式会社▲▲様の方が魅力的に感じ、このような結論となりました。誠に申し訳ございません。

〇〇様には職務経歴書から面接対策など手厚いサポートをして頂き、株式会社〇〇様にも貴重なお時間をいただき、
大変感謝しております。

大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

署名

内定承諾後の断り方

すでに内定承諾してしまった後の断り方を解説します。

企業側は内定承諾をもらった後、採用活動を終了し、入社の準備を進めていきます。
内定承諾後に辞退を申し入れる影響は多大で、これまで採用にかけてきた時間が無駄になるばかりか、事業運営が遅れることにつながります

非常にレアケースではありますが、最悪の場合、損害賠償請求が為される場合もございますので、慎重にお断りの連絡を入れましょう。

下記に最大限の注意を払い、誠心誠意の対応を心がけましょう。

  • できるだけ早めに辞退の旨を伝える
  • 内定承諾後に辞退する理由を伝える
  • 電話とメールでお伝えする
  • 転職エージェント・企業に謝罪する

メール例文は、以下の通りです。

〇〇株式会社
〇〇様

いつもお世話になっております。〇〇です。
株式会社〇〇様との調整をしていただき、ありがとうございます。

内定承諾後、諸々熟慮したのですが、〇〇という懸念がやはり私にとっては重く、内定を辞退させて頂きたく存じます。

一度内定を承諾していながら、このような身勝手な決断をしてしまい、誠に申し訳ございません。

仕事内容・待遇・条件などで希望とマッチする部分が多かったのですが、〇〇の懸念が家族を養っていくにあたって大きな障害となってしまいました。

他の転職エージェント経由で内定が出ていた株式会社▲▲様の方ではその懸念も払拭できそうでして、このような結論となりました。誠に申し訳ございません。

〇〇様には職務経歴書から面接対策など手厚いサポートをして頂き、株式会社〇〇様にも貴重なお時間をいただき、
大変感謝しております。

大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

署名

退会・求人紹介中止をしたい場合

転職サービスからの退会や求人紹介を中止したい場合は、最終手段として考えましょう

登録しておくことで、以下のようなメリットが後々でてきます。

  • 時間が経つことで、希望の求人案件が見つかる
  • いざというときに、転職エージェントに相談できる

今の段階で希望の求人を紹介してくれなくても、新しい求人が日々更新されるため、希望の求人がいずれ見つかるかもしれません。

転職活動を停止する場合でも、退会していなければ、いつか転職活動を再会する際に、職務経歴書をそのまま利用することができます。

今後転職活動をする可能性があれば、退会せず、アカウントを残しておきましょう。
もし求人紹介を一時中止してもらいたい場合には、担当者や運営事務局にに、求人紹介を停止したい旨だけ伝えましょう。求人情報だけ定期的に欲しい場合は、求人紹介だけ行ってくれます。